Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

リアルタイム分析プラットフォーム「Insight」を活用しよう!

52 views

Published on

セッション:リアルタイム分析プラットフォーム「Insight」を活用しよう!

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

リアルタイム分析プラットフォーム「Insight」を活用しよう!

  1. 1. New Relic INSIGHTSをはじめよう 日商エレクトロニクス株式会社 宮野 真冬
  2. 2. Innovation-Leading Company 2©NISSHO ELECTRONICS CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED. Profile ・日商エレクトロニクス株式会社 (2016~) ・プリセールスエンジニア ・担当製品: ・直近の取組 (job): - 担当製品のkubernetes 連携 - 某SaaSサービス企業へのSRE修行 ・直近の取組 (private): - 植物宮野 真冬
  3. 3. Innovation-Leading Company 3©NISSHO ELECTRONICS CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED. Key Word INSIGHT (洞察) BizDevOps SoI ( System of Insight ) 統合ダッシュボード New Relic INSIGHTS
  4. 4. Innovation-Leading Company 4©NISSHO ELECTRONICS CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED. • 一般的に”INSIGHT”が必要とされる理由 & 利用シーンの理解 • New Relic INSIGHTSの機能 & 使い方の理解 セッションの要点
  5. 5. Innovation-Leading Company 5©NISSHO ELECTRONICS CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED. (一般的に) INSIGHTとは?
  6. 6. Innovation-Leading Company 6©NISSHO ELECTRONICS CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED. • INSIGHT = 洞察、直感、発見 • マーケティング用語として使われてきた • 収集したデータを「洞察」し、サービス向上に「活用」すること • 昨今は「組織を跨いだデータ活用」の象徴として使われている INSIGHT とは?
  7. 7. Innovation-Leading Company 7©NISSHO ELECTRONICS CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED. INSIGHTが注目される背景は?
  8. 8. Innovation-Leading Company 8©NISSHO ELECTRONICS CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED. • Biz (営業部隊、マーケティング部隊) – エンゲージメントなどビジネスKPIはモニタリングします – Google AnalyticsなどのBIツール • Dev (サービス開発部隊) – アプリケーションのモニタリングはします – New RelicなどのAPMツール • Ops (運用部隊) – インフラストラクチャのモニタリングはします – Nagios、Zabbixなどのサーバ監視ツール 従来のデータ活用
  9. 9. Innovation-Leading Company 9©NISSHO ELECTRONICS CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED. • Biz (営業部隊、マーケティング部隊) – エンゲージメントなどビジネスKPIはモニタリングします – Google AnalyticsなどのBIツール • Dev (サービス開発部隊) – アプリケーションのモニタリングはします – New RelicなどのAPMツール • Ops (運用部隊) – インフラストラクチャのモニタリングはします – Nagios、Zabbixなどのサーバ監視ツール 従来のデータ活用 • 部署間のサイロ化… • 優先順位のずれ… • 複数ツール使用… 部署ごとのデータ活用
  10. 10. Innovation-Leading Company 10©NISSHO ELECTRONICS CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED. • 各部署共通の基準とモニタリングデータの不在 – Biz、Dev、Opsで共通のモニタリングデータがない • 各々がやりたいこと、やってほしいことを説得するための材料がない – Biz、Dev、Opsで目指すべき指標が共有されていない • 何ができて、何ができていないかが曖昧 – ユーザに提供すべきサービス、機能の優先順位付けが出来ない • 何にコストをかけて、どのサービス/機能から実装すべきかの齟齬 従来における課題
  11. 11. Innovation-Leading Company 11©NISSHO ELECTRONICS CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED. • “BizDevOps”で共通の指標&データを持つ – アプリケーション、インフラストラクチャ、ビジネスのデータを誰 もが見える場所に集める – 共有されたデータ、指標をもとに、次にどのようなリリースを行う べきか、組織を跨いで一緒に考える 課題解決 = 組織横断的なINSIGHT
  12. 12. Innovation-Leading Company 12©NISSHO ELECTRONICS CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED. • SoI = System of Insight – 顧客思想(SoE)で構成したプロダクト/サービスを洞察(Insight)す ることで、顧客心理や欲求を理解し、サービスの価値を上げていく – 各部署が共通のInsightを持つことで、次に打つべき施策を考える ⇒ サービスの顧客満足度を上げる – 組織横断的なINSIGHT実現により、SoIにつながる SoI ?
  13. 13. Innovation-Leading Company 13©NISSHO ELECTRONICS CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED. INSIGHTをどうやって実現するか?
  14. 14. Innovation-Leading Company 14©NISSHO ELECTRONICS CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED. 各部隊が見たいデータを一箇所にまとめた 「統合モニタリングダッシュボード」を作成する
  15. 15. Innovation-Leading Company 15©NISSHO ELECTRONICS CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED. • 単なる「パフォーマンスモニタリングツール」にしない – サービスやサービス基盤のパフォーマンスのみではなく、BIツールで取得した情報も 収集 & 可視化する – 各データを照合することで、サービス改善&ビジネスのスピードを上げる 統合モニタリングダッシュボードの要点① BizDevOpsで取得されるデータ (例) Biz Web解析データ デジタルマーケティングデータ エンゲージメント・行動データ カスタマーリファレンスデータ Dev トランザクションデータ モバイルパフォーマンスデータ Application パフォーマンスデータ Front/Backe endパフォーマンスデータ Ops ログデータ インフラストラクチャデータ
  16. 16. Innovation-Leading Company 16©NISSHO ELECTRONICS CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED. • 「データ民主化」の実践 – 各部署が同じダッシュボードを閲覧できる権限を持つ – 各部署が同じデータを元に会話 & 効果測定できるようにする – クエリ文などを用いたデータの取り出しも各部隊ができるように 統合モニタリングダッシュボードの要点②
  17. 17. Innovation-Leading Company 17©NISSHO ELECTRONICS CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED. • 部署間で共通の指標を定義する – 各部署がどういったロジックで、どういった指標を設定しているか を把握する – 「何ができていて、何ができていないのか」を部署をまたいで可視 化する – 「データに溺れる」を防ぐ 統合モニタリングダッシュボードの要点③
  18. 18. Innovation-Leading Company 18©NISSHO ELECTRONICS CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED. New Relic INSIGHTSの機能説明
  19. 19. Innovation-Leading Company 19©NISSHO ELECTRONICS CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED. • INSIGHTS = New Relicのダッシュボードサービス – 機能/できること ① APM/INFRASTRUCTUREなどで取得したメトリクスの一元管理 ② 外部サービスからのメトリクス取り込み & グラフ描画が可能 ③ パブリッククラウド/コンテナ等のメトリクスをダッシュボード表示 New Relic INSIGHTSとは?
  20. 20. Innovation-Leading Company 20©NISSHO ELECTRONICS CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED. • New Relicの各種メトリクスをダッシュボードで一元管理 – APM/INFRASTRUCTURE/BROWSER etc…で取得しているメトリクスを一元管理 New Relic INSIGHTSの機能 ①
  21. 21. Innovation-Leading Company 21©NISSHO ELECTRONICS CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED. • 外部サービスのメトリクスも取得可能 – 外部サービスのメトリクスをAPI経由でNew Relic INSIGHTSに収集可能 New Relic INSIGHTSの機能 ②
  22. 22. Innovation-Leading Company 22©NISSHO ELECTRONICS CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED. • NRQLにより、メトリクスのグラフ整形が可能 – SQLライクなNRQLにより、収集した全メトリクスのグラフ整形が可能 New Relic INSIGHTSの機能 ②続
  23. 23. Innovation-Leading Company 23©NISSHO ELECTRONICS CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED. • パブリッククラウド/コンテナ等のメトリクスをダッシュボード表示 – INFRASTRUCTUREのOn Host Integrationと連携することで、下記のメトリクスも INSIGHTS上に表示することが可能 • パブリッククラウド (AWS, Azure, GCP) • コンテナ (Kubernetes) • ミドルウェア (MySQL, Redis, NGINX etc…) New Relic INSIGHTSの機能 ③ アカウント連携 エージェント経由 ダッシュボード 表示
  24. 24. Innovation-Leading Company 24©NISSHO ELECTRONICS CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED. • REST API or HTTPS(Agent経由)でデプロイイベントを通知可能 Tips: New Relic APMでのデプロイ記録 curl -X POST 'https://api.newrelic.com/v2/applications/${APP_ ID}/deployments.json' ¥ -H 'X-Api-Key:${API_KEY}' -i ¥ -H 'Content-Type: application/json' ¥ -d ¥ '{ "deployment": { "revision": "REVISION", "changelog": "Added: /v2/deployments.rb, Removed: None", "description": "Added a deployments resource to the v2 API", "user": "datanerd@example.com" } }'

×