Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

20180720 new relic_seminar_session1

41 views

Published on

クラウド監視の定番可視ツール「New Relic」とは。SRE(Site Reliability Engineering)におけるNew Relicの使われ方をご紹介します。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

20180720 new relic_seminar_session1

  1. 1. クラウド運用監視の定番 フルスタックのクラウド監視・分析プラットフォーム より良いユーザ体験の提供はボトルネックの可視化から Digital Intelligence Platform
  2. 2. 管野 智祥(かんの ともよし) • 所属・担当 • 日商エレクトロニクス(2007/4~) • デジタライゼーション本部 デジタルイノベーションサービス部 SoEテクノロジー課(ソフトウェア系/サービス系のチーム) • 職務内容 • クラウドアプリケーション分野・自動化分野の技術担当 • クラウド基盤ソフトウェアの技術担当 • コンサルティング 自己紹介
  3. 3.  商号 日商エレクトロニクス株式会社  本社所在地 〒102-0084 東京都千代田区二番町3-5 麹町三葉ビル6F TEL:03-6272-5011(代表) FAX:03-3261-3336  設立 1969年2月24日  資本金 143億3,687万5,000円  売上高 30,779百万円(2015年3月期)  従業員数 541名(2017年3月31日現在)  CEO 岡村 昌一  事業内容 情報通信設備、IT基盤をはじめとする国内外の最新鋭 ソリューションの提供、およびそのシステム構築、 保守、運用、監視などのサービスの提供。  その他事業所  NETFrontier Center 〒135-0062 東京都江東区東雲1-17-12 KDXグランスクエア8F  品質管理センター 〒135-0001 東京都江東区枝川1-10-24 FACE-1ビル3F  麹町M-SQUARE 〒102-0083 東京都千代田区麹町5-7-2 麹町M-SQUARE7F  支社・支店・営業所・出張所 右図 会社概要
  4. 4. SRE向け定番モニタリングツール New Relic https://newrelic.nissho-ele.co.jp/
  5. 5. New Relic とは インフラからアプリまで、フロントエンドからサーバサイドまで SRE(Site Reliability Engineering)のために開発された フルスタックのクラウド監視・分析プラットフォーム 継続的に発生するシステム変更やデプロイ、環境変化において • その影響や障害原因を即座に容易に把握 • インフラ構成やアプリケーションコードの最適化 New Relicを活用することで ユーザ体験とシステム性能の最適化を実現 https://newrelic.nissho-ele.co.jp/
  6. 6. 市場シェア8割を超えるサイト監視の定番 出典:https://siftery.com/new-relic出典:https://www.datanyze.com/market-share/wpm/
  7. 7. 監視の設定や設計不要でクラウド監視に最適 環境構築時にエージェントを仕込んでおくだけ デプロイと同時に監視開始
  8. 8. Monitoring as a Service New Relic社クラウド Digital Intelligence Platform パブリッククラウド 仮想マシン アプリケーション アプリケーション アプリケーション オンプレミス 物理サーバ 仮想マシン アプリケーション アプリケーション アプリケーション Dev & Ops  Webアクセス、iOS専用アプリからの 監視情報参照  メール、OSSチャット等への通知 エージェント エージェント エージェント エージェント エージェント
  9. 9. フルスタックの洞察 インフラからアプリまで フロントエンドからサーバーサイドまで さらにビジネスデータも ボトルネックを直感的に探索
  10. 10. マイクロサービス間の相関を自動描画 アプリの洞察 個別マイクロサービスへドリルダウン
  11. 11. Java ボトルネックの可視化 ボトルネックの詳細 稼働インフラの状況 エラーの発生状況 品質の可視化 イベントの発生状況 アプリの洞察 コードやクエリレベルでの ボトルネック分析
  12. 12. インフラを環境情報で フィルタ抽出・集計 インフラの洞察 インフラを リソースプールとして監視・分析 フィルタ単位での インフラ状況の一元可視化
  13. 13. インフラの洞察 イベントの発生状況 インフラのリソース状況 アプリ性能 イベント分析 リアルタイムインベントリ管理 AWS各種サービス監視統合
  14. 14. ユーザ体験の洞察 サーバサイドの処理時間 ネットワーク JavaScript レンダリング ブラウザの処理分析 ページロード分析 HTTPレスポンスコード 社外リソース(広告等) リソース詳細 ネイティブアプリのリリース分析
  15. 15. 統合ダッシュボード フルスタックの一元可視化
  16. 16. 統合アラート フルスタックの一元アラート&インシデント管理
  17. 17. SRE(サイト信頼性エンジニアリング)における New Relicの使われ方
  18. 18. SRE (Site Reliability Engineering) システム運用 +ソフトウェアエンジニアリング =「サイト信頼性エンジニアリング」  ソースコードを追跡しパッチを書く  Infrastructure as Codeの実装  サービスデプロイの仕組みづくり  パフォーマンスの改善 etc…
  19. 19. SRE を取り巻く技術トレンド アジャイル開発(CI/CD) 小さな変更を短い開発サイクルで連続 的に行い、即時配備する反復的な改善 計画的な要件定義や運用手順は困難 MTBF重視からMTTR重視へ マイクロサービス アプリを小さな機能サービス 単位にドメイン分割し、高度 にスケーリングされたアプリ を並列的継続的に開発 マイクロサービス間の相関や アプリ全体の把握が複雑化 クラウドネイティブ 継続的デリバリやオートスケールなど インフラ構成をダイナミックに変更 インフラ要件や構成把握が困難に 適切なサイジングが難しい コンテナ アプリのポータビリティと機動性が 増し、永続的な実行環境の確保不要 アプリのライフサイクルが短命化し、 ワークロードの把握が困難に DevOps 開発担当者と運用担当者が密に連携し、共同で 作業することで、迅速なデリバリーやトラブル シューティング、サービス改善を実現 フルスタックエンジニアの育成 Application Infrastructure
  20. 20. SRE (Site Reliability Engineering) 開発的側面 運用的側面 結合テスト&スタックトレース ツールとして 統合監視 ツールとして SRE
  21. 21. 活用例:DBアクセス性能改善 SRE ¥ https://rpm.newrelic.com/... ①APLのパフォーマンス要素のうち、 DB検索時間が突出しているのを検出 ②New Relicダッシュボードで どのクエリが遅いのかなど、APLの ボトルネックを深堀 ③開発者に深堀した情報を共有 ④SREから共有された情報を元に 多くの調査を経ずとも DBテーブルに適切なインデックスを 張る、クエリ条件を見直すなどの 対策が取れる ⑤結果的に、New Relic APM上でも DB問合せ時間が短縮できたことを確認 自社サービス用アプリケーション APM DB process Developer エージェントから 監視情報を NewRelicに送信
  22. 22. New Relic 自動化への応用
  23. 23. さまざまな通知チャネル E-mail や Mobileプッシュ通知のほか、 以下のサービスとも連携可能 Webhookに対応し、世の中の多くのソフトウェアと連携できます
  24. 24. 認知・判断・操作 自動化の実装のなかで センサーの役割を果たす
  25. 25. 自動化への応用例 (InterOP Tokyoにて展示してました!) 例:StackStormとの組み合わせ キャパシティ超過!! スケールアウト  仮想マシン立ち上げ  必要設定投入  LB配下に組み込み
  26. 26. まずはトライアルを!
  27. 27. まずは30日間無料トライアル https://newrelic.nissho-ele.co.jp/ 30日経過後もホスト無制限のLITE(無料)プラン として継続して活用いただけます
  28. 28. 安心の技術サポート https://newrelic-support.nissho-ele.co.jp/ 無償ユーザにも技術サポートを提供!
  29. 29. 日商エレクトロニクス、日商エレクトロニクスのロゴは、日商エレクトロニクス株式会社の登録商標です。 その他記載されている全ての商標、サービスマーク、登録商標、登録サービスマークは、各所有者に所有権があります。 本書記載の仕様はすべて予告なく変更される場合があります。本書の記載内容に誤りがあった場合、 あるいは記載内容を更新する義務が生じた場合も、日商エレクトロニクスは一切責任を負いません。 日商エレクトロニクスは、本書を予告無く変更、修正、または改訂する権利を有します。 本書に記載されている内容を無断で複写、複製することを禁じます。 https://newrelic.nissho-ele.co.jp/

×