Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

サイボウズキャリアBAR kintone devCamp

サイボウズ kintone devCampについてのご紹介

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

サイボウズキャリアBAR kintone devCamp

  1. 1. kintone devCamp キャリアBAR 〜エンジニア向けにサイボウズ製品の魅力や可能性を伝えるお仕事〜 27階フロアは見学自由。ぜひ探検してみてください。 撮影OK!SNSへ投稿OK! 飲み物・お食事は自由にお取りください。
  2. 2. タイムスケジュール ▌会社紹介(15分) ▌kintone devCamp 企画, 運営のお仕事 ~ devCampグループとは ~(~20分) ▌実例に見る業務内容 ~ 主催イベント開催まで ~(~20分) ▌質疑応答(約10分) ▌座談会 *お飲み物、軽食はご自由にお取りください。 *途中抜けもOKです! (お帰りの際はストラップのみ、スタッフに返却ください。) *座談会後、希望者向けにオフィスツアーを行います。
  3. 3. kintone devCamp 企画, 運営のお仕事 システムコンサルティング本部 デベロッパーリーディング部 devCamp グループとは
  4. 4. 目次 ‐ devCamp-Gの立ち位置 ‐ システムコンサルティング本部について ‐ デベロッパーリーディング部について ‐ devCampグループのMissionについて ‐ やっていることとは? ‐ devnet-GとdevCamp-Gの関係性 ‐ まとめ
  5. 5. devCamp-Gの立ち位置 ~SC本部とDL-D~
  6. 6. システムコンサルティング本部について
  7. 7. SC本部の全体像 技術教育 - 社外向け - 社内向け - パートナー様向け 技術マーケティング SI 2ndパーティー - ツール企画/開発 技術支援 - 案件支援 - 技術支援 - トラブル支援
  8. 8. SC本部の全体像 技術教育 - 社外向け - 社内向け - パートナー様向け 技術マーケティング SI 2ndパーティー - ツール企画/開発 技術支援 - 案件支援 - 技術支援 - トラブル支援
  9. 9. デベロッパーリーディング部について
  10. 10. デベロッパーリーディング部 【誰に?】 • 法人、団体内のエンジニア • 個人事業のエンジニア • 学生エンジニア (社会人予備軍) • その他、見込みを含むエンジニア 【何を?】 • API ドキュメント • コードサンプル • 開発手法 • ツール • 開発者ライセンス 【どうやって?】 • developer networkで公開 • developer networkコミュニティの 運営 • Blogで公開 • エンジニア向けのイベント(勉強会) を主催 • ハッカソン、外部イベントに協賛 • 技術同人誌の発行 【Mission】 全世界のエンジニアに対して、 一歩先の技術情報を提供し、導く活動をする
  11. 11. デベロッパーリーディング部 Developer Leading 部 devnet-G devCamp-G
  12. 12. デベロッパーリーディング部 【誰に?】 • 法人、団体内のエンジニア • 個人事業のエンジニア • 学生エンジニア (社会人予備軍) • その他、見込みを含むエンジニア 【何を?】 • API ドキュメント • コードサンプル • 開発手法 • ツール • 開発者ライセンス 【どうやって?】 • developer networkで公開 • developer networkコミュニティの 運営 • Blogで公開 • エンジニア向けのイベント(勉強会) を主催 • ハッカソン、外部イベントに協賛 • 技術同人誌の発行 【Mission】 全世界のエンジニアに対して、 一歩先の技術情報を提供し、導く活動をする DevRel(Developer Relations)チーム
  13. 13. devCamp-GのMissionとは?
  14. 14. ミッション 見込みを含む エンジニア に 直接 出会い、 技術情報を提供し、導く活動をする 製品の可能性を伝え、興味を持ってもらい、 使ってもらう or より活用してもらう
  15. 15. どんなことをやっているの?
  16. 16. 勉強会(kintone devCamp)の企画, 運営 講師, メンターまで
  17. 17. ハッカソン対応 (技術サポート)
  18. 18. オープンソースカンファレンス 技術同人誌の発行 技術書典
  19. 19. ときには… コミケ
  20. 20. ときには… Maker Fair
  21. 21. devnet-GとdevCamp-Gの 関係性
  22. 22. devnetグループのイメージ
  23. 23. コンテンツ発信 (記事執筆など) コンテンツ保守 サイト改善認知・誘導 管理・運営 業務効率化
  24. 24. オフィスにて、 基盤となるサイトの運営 =基地業務
  25. 25. devCampグループのイメージ
  26. 26. 著作者:Vector Open Stock 基地から飛び出して、 可能性をリアルで伝える =飛行部隊のイメージ イベント対応 勉強会の企画/運営 ハッカソン対応 技術同人誌
  27. 27. devnet × devCamp オンライン上で伝える リアルでみなさんに伝える devCamp (勉強会) 連携 ハンズオン ハッカソン
  28. 28. devnet × devCamp チームワーク オンラインとオフラインの両方で製品の可能性を伝えている
  29. 29. まとめ
  30. 30. devCamp-Gとは 見込み含む エンジニア の皆さんへ 製品の 可能性を届ける ために その皆さんと 出会える可能性がある場所 に 積極的に 足を運び 、 活動のエリア広げている グループです!
  31. 31. 実例に見る業務内容 ~ 主催イベント開催まで ~ 例)devCamp ステップ化企画
  32. 32. 「Step で学ぶ kintone カスタマイズ」 アスキー様記事:https://ascii.jp/elem/000/001/850/1850464/ おかげさまで 大人気! 「kintone カスタマイズを これから学びたい」という 方を応援する devCamp グループ主催の勉強会企画 1箇所につき、約2~3週間の間隔で、 全4回 開催
  33. 33. 背景 今まで:kintone エンジニアを増やす活動として、色々な場所で devCamp を実施 ※ ○内は参加者数 39 14 35 8 35 13 100 18 25 130 58 137 47 43 200 11 10 17 14 10 21 200 2015 2016 2017 2/27 4/27 5/22 7/8 7/30 9/16 10/23 12/4 2/5 3/2 5/27 8/3 11/9 12/6 3/1 7/7 11/29 Vol.1 東京 Vol.2 大阪 Vol.3 東京 Vol.4 大阪 Vol.5 東京 Vol.6 大阪 Vol.7 東京 devCamp 2015 Vol.8 大阪 Vol.9 東京 Vol.10 東京 & 大阪 CybozuDays 東京 devCamp 2016 CybozuDays 大阪 Vol.12 札 幌 Vol.11 東京 & 大阪 devCamp 2017 Vol.13 福岡 Vol.14 上海 Vol.15 名古屋 Vol.16 ソウル Vol.17 台湾 devCamp 2018 2018 1/26 4/19 5/29 7/13 8/2 107 32 11/8 12/5 CybozuDays 東京 CybozuDays 大阪 18 30 Vol.18 沖縄 10/12 8 Vol.19 大阪 10/26 126 11/7 CybozuDays 東京 16 Vol.20 仙台 11/20 38 12/6 CybozuDays 大阪
  34. 34. 背景 見えてきたこと ① 地方でも kintone カスタマイズを学びたいという人がいる ② 継続してカスタマイズを学ぶ場が少ない(単発で終わっている) ③ kintone の裾野が広がってきたことで、参加者がエンジニアだけでなく、 【カスタマイズを自分でしたい「ユーザー」(非エンジニア)】の参加が増えてきた 仮説 段階を踏んで、非エンジニアが kintone カスタマイズが出来る(結果、エンジニ アになる)勉強会はニーズが高いのでは?
  35. 35. 企画立案 提案資料より抜粋 イメージ図(ブレスト時) 勿論、全社ミッション、 本部ミッションに沿って いることが前提
  36. 36. 計画作成 タスク管理 Excel 告知系 会場手配 申し込みページ作成 広告 当日準備系 振り返り 上手く担当を割り振って、 全員で協力
  37. 37. コンテンツ作成 Step1 JavaScript StepUp Promise Advance Plug-in 裏話) 絶賛作成中!(まだまだ沢山作らないと・・・)
  38. 38. LP・申し込みページ 作成 https://kintone-devcamp-stepup.qloba.com/ https://eventregist.com/e/devcamp-step3-191212okinaw LP LP 申し込みページ 自分たちで作る!
  39. 39. 広告実施 ポップアップ広告 Facebook/Twitter 実際に出すときは、外部の方に依頼しますが、デザイン や配信エリア、ターゲット層の検討等は、devCamp G で行います
  40. 40. ノベルティ(参加特典)作成 裏話) ・ ピンバッジお荷物行方不明で期日までに届かない ・ 届いたピンバッジに品質に問題があり、2/3返品になる ・・・などなど紆余曲折しました(笑)(業者様を変更してからは、すこぶる良いです!) デザイン作成 実物
  41. 41. 実施(講師・メンター) 名古屋 東京(特別篇) 東京 沖縄メンター風景 講師を録画し、グループのメンバー 同士でフィードバックしたり、改善 点を話し合ったりします
  42. 42. 振り返り LP アクセス分布 各ステップの分析 KPT 申し込み分布 • イベントへの動線は? • 来季の開催地候補はありそうか? • 地域ごとの傾向は? • 正しいターゲットが来ているか? • 正しいバリューを届けられているか? • 潜在しているニーズはないか? 等々分析し、次につなげます。 (ここから新しい施策につながることが多々あり)
  43. 43. Q.マーケみたい? We are Engineer
  44. 44. 長時間ご参加頂き、 ありがとうございました!

×