Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

お客様の印象を見える化し、求められるデザインへ。ユーザーニーズに直結したデザイン戦略とは(MarkeZineDay2011)

4,753 views

Published on

MarkeZineDay2011に登壇した際のプレゼンテーション用資料です。

デザインプロセスの中で仮説検証を行っていないビジュアルデザイン。結局、好みで決めちゃってませんか?

  • Be the first to comment

お客様の印象を見える化し、求められるデザインへ。ユーザーニーズに直結したデザイン戦略とは(MarkeZineDay2011)

  1. 1. 2011-10-07 markzineDayお客さまの印象を見える化し、求められるデザインへ。 ユーザーニーズに直結したデザイン戦略とは RYO TAGUCHI (FOURDIGIT Inc.)
  2. 2. 2011-10-07 markzineDayお客さまの印象を見える化し、求められるデザインへ。 ユーザーニーズに直結したデザイン戦略とは RYO TAGUCHI (FOURDIGIT Inc.)
  3. 3. デザイン制作プロセス
  4. 4. 一般的なWEBデザイン制作プロセス 設計 デザイン メンテ戦略 要件 構造 骨格 表層 運用
  5. 5. 一般的なWEBデザイン制作プロセス 設計 デザイン メンテ戦略 要件 構造 骨格 表層 運用 それぞれ仮説検証を繰り返して、最適化される
  6. 6. 一般的なWEBデザイン制作プロセス 設計 デザイン メンテ戦略 要件 構造 骨格 表層 運用マーケティング リサーチ
  7. 7. 一般的なWEBデザイン制作プロセス 設計 デザイン メンテ戦略 要件 構造 骨格 表層 運用マーケティング ユーザビリティ リサーチ テスト
  8. 8. 一般的なWEBデザイン制作プロセス 設計 デザイン メンテ戦略 要件 構造 骨格 表層 運用マーケティング ユーザビリティ アクセス リサーチ テスト 解析
  9. 9. 一般的なWEBデザイン制作プロセス 設計 デザイン メンテ戦略 要件 構造 骨格 表層 運用マーケティング ユーザビリティ アクセス リサーチ テスト 解析
  10. 10. 一般的なWEBデザイン制作プロセス 設計 デザイン メンテ戦略 要件 構造 骨格 表層 運用マーケティング ユーザビリティ 評価 アクセス リサーチ テスト できてない 解析
  11. 11. デザインってどうやって決まってる?
  12. 12. デザイン決定の実態
  13. 13. デザインの最終的な意思決定者 (n=300)【複数選択】 発注会社の経営者 48% 発注会社の担当者の上司 32% 発注会社の担当者 23.3%発注会社の社内プロジェクトメンバー内管理職の合意 12.3% 発注会社の社内プロジェクトメンバー全員の合意 12% 社外・代理店の契約コンサルタント 5.7% その他 0% 5% 10% 15% 20% 25% 30% 35% 40% 45% 50% FOURDITGIT 、インプレスビジネスメディアの共同調査
  14. 14. デザインの決定のポイント (n=300)【複数選択】 発注会社の経営者・上司・担当者の好みで決まる 54% 特に悪い所が見当たらなければ充分 32% サイト制作のゴールを達成できそうだから 20.7% デザインはよくわからない 7% 著名なクリエイターが出してきたから 4.3% その他 0% 0.23% 6% 12% 18% 24% 30% 36% 42% 48% 54% 60%FOURDITGIT 、インプレスビジネスメディアの共同調査
  15. 15. 現場では・・・ TARGET 20代女性 担当者 制作スタッフ 30代男性 20代女性
  16. 16. 現場では・・・ TARGET 20代女性 担当者 制作スタッフ 30代男性 20代女性 デザイン最終決定者 50代男性
  17. 17. 少数の感性で主観的に決めている、という現実
  18. 18. 設計 デザイン メンテ戦略 要件 構造 骨格 表層 運用マーケティング ユーザビリティ アクセス リサーチ テスト 解析 戦略立案 行動観察調査
  19. 19. 一般的なWEBデザイン制作プロセス 設計 デザイン メンテ戦略 要件 構造 骨格 表層 運用 評価 できてない
  20. 20. 一般的なWEBデザイン制作プロセス 設計 デザイン メンテ戦略 要件 構造 骨格 表層 運用 つながってない
  21. 21. MARKETING TARGET つながってない
  22. 22. ターゲットへリーチする広告手法の多様化
  23. 23. ターゲティング広告の推移 2015年は 906億 (予測)2008年は 120億
  24. 24. あらゆる広告手法によってせっかくリーチした見込み客
  25. 25. あらゆる広告手法によってせっかくリーチした見込み客 が、見るもの
  26. 26. MARKETING TARGET つながってない
  27. 27. MARKETING TARGET つなげよう
  28. 28. 設計 デザイン メンテ戦略 要件 構造 骨格 表層 運用マーケティング ユーザビリティ アクセス リサーチ テスト ここで 解析 手を抜かず 戦略立案 行動観察調査 定量調査
  29. 29. 設計 デザイン メンテ戦略 要件 構造 骨格 表層 運用マーケティング ユーザビリティ アクセス リサーチ テスト 解析 印象評価 戦略立案 行動観察調査 定量調査
  30. 30. ビジュアルデザインにユーザーの感性を取り入れ、 最適化することで下記の成果を期待できます。 短期的な成果 長期的な成果 CTR・CVRなど ブランディングの実現 数値指標の向上 ロイヤリティの向上
  31. 31. 設計 デザイン メンテ戦略 要件 構造 骨格 表層 運用マーケティング ユーザビリティ アクセス リサーチ テスト 解析 印象評価
  32. 32. 設計 デザイン メンテ戦略 要件 構造 骨格 表層 運用マーケティング ユーザビリティ アクセス リサーチ テスト 解析 印象評価
  33. 33. 22万の会員 ビジュアル ネット調査 集計レポート
  34. 34. 設計 デザイン メンテ戦略 要件 構造 骨格 表層 運用マーケティング ユーザビリティ アクセス リサーチ テスト 解析 印象評価
  35. 35. 印象の差
  36. 36. CREATIVE SURVEY® 調査画像イメージ 印象エンゲージ による定性意見 海で写真を 大自然を感じるバナーA 撮る二人 行ってみたい ワインを 女性がイマイチ。バナーB 飲む二人 美味しそうじゃない
  37. 37. CREATIVE SURVEY® 印象エンゲージ 実際のCTR による支持率バナーA 26バナーB 5
  38. 38. CREATIVE SURVEY® 印象エンゲージ 実際のCTR による支持率バナーA 26 2倍以上バナーB 5 1
  39. 39. A:Bで 50:50の比率で出稿した場合 CTR UU CVR CV 単価 売上バナーA 2 20,000 100 1,000万 0.5% 10万バナーB 1 10,000 50 500万
  40. 40. A:Bで 80:20の比率で出稿した場合 CTR UU CVR CV 単価 売上バナーA 2 32,000 160 1,600万 0.5% 10万バナーB 1 4,000 20 200万
  41. 41. A:Bで 80:20の比率で出稿した場合 CTR UU CVR CV 単価 売上バナーA 2 32,000 160 1,600万 売上合計 0.5% 10万 300万 UPバナーB 1 4,000 20 200万
  42. 42. 海外でのアクティビティ:バナー 良い点 30代 50代 アクティブに楽しめそう 大自然が分かりやすい 世界遺産で遊べるのは贅沢 きれい 写真がキレイ 気持ち良さそう 気持ち良さそう! 世界遺産を二人占めがいい 良くない点 30代 50代 家族でいくので「ふたり」という カヤックしない人はちょっと 言葉に違和感がある。 体力を使うものは妻が苦手なの 「ふたり」がピンと来ない。 で・・・ 体力的に無理 人物が中心になりすぎている
  43. 43. 印象 印象エンゲージ 予想される反応 シックで CV導線へ いいユーザーA 暗いユーザーB ブランド価値の毀損 CVRの低下 寒々しいユーザーC
  44. 44. 印象 印象エンゲージ 予想される反応 シックで CV導線へ いいユーザーA 暗いユーザーB ブランド価値の毀損 CVRの低下 長期視点 寒々しい での損失ユーザーC
  45. 45. ビジュアルデザインにユーザーの感性を取り入れ、 最適化することで下記の成果を期待できます。 短期的な成果 長期的な成果 CTR・CVRなど ブランディングの実現 数値指標の向上 ロイヤリティの向上
  46. 46. 事例紹介
  47. 47. インテリジェンスさまWEBサイト設計の参考・現状調査コンサルタントの訴求
  48. 48. インテリジェンスさま WEBサイト設計の参考・現状調査 「コンサルタントが重要な 英会話サイトから、評価の高い見せ方を抽出する」 ECC GABA AEON Berlitz 特にコンサルの見せ方、情報の見せ方を調査 コンサルを中心に訴求する上で、 どういった見せ方が印象がよいかを抽出する。
  49. 49. 調査内容 WEBサイトに関する印象調査調査対象 地域 : 全国 / 年齢 : 20∼39歳 / 性別 : 男女 / 年収 : 300万円以上ターゲットユーザー 職業 : 会社員・公務員 対象となるWEBページ1 : 転職サービスを行う4社のサービス導入に該当するページ調査サンプル画像 対象となるWEBページ2 : 英会話サービスを行う4社のサービス案内ページ 画像の入手方法 : WEBサイト画像をインターネット経由でキャプチャ。調査期間 2011/0-/17 18:00 ∼ 2011/0-/18 01:54  (7:54)調査方法 「CREATIVE SURVEY ®」を使用したインターネット調査有効回答数 50回答(人)
  50. 50. 質問 :この英会話サービスのウェブデザインにおける、好きな点および好ましくない点について、各部を選択した上で自由に書き込んでください。【回答数 : 50】  AEON 良い意見のみ 悪い意見のみ -動機付けが明解 -イーオンだとすぐわかる -アジア人はインパクトに欠ける -読みやすく、字体もいい -色使いが爽やか -日本人を交えて -分かりやすい いる意味がない -簡潔である -イメージがわく -文字が小さい
  51. 51. 質問 :この英会話サービスのウェブデザインにおける、好きな点および好ましくない点について、各部を選択した上で自由に書き込んでください。【回答数 : 50】 ECC 良い意見のみ 悪い意見のみ -見やすい -言葉が伝わりやすい -モデルの表情が -読みやすい よくない -下のポップなイラストとのバラン スが悪い -外国人のひげが -分かりやすい -図解されていると見や 印象が悪い すい -イメージしやすい -年齢が若くない
  52. 52. 質問 :この英会話サービスのウェブデザインにおける、好きな点および好ましくない点について、各部を選択した上で自由に書き込んでください。【回答数 : 50】  Berlitz 良い意見のみ 悪い意見のみ -申込が見やすい - 伝わらない -イメージできてよい -良い提案をしてくれそう - 流れが示さ -全体的にごちゃごちゃしている れていてよい - 初心者なの で、イメージ できて安心
  53. 53. 印象調査での分析結果1:コンサルタントの印象が全体の印象形成に大きく影響する2:コンサルタントのみの写真は好かれない(イメージが偏る)傾向がある3:受講者とペアの写真で、具体的なシーン(対面で話すシーン など)は好印象を与えている4:簡潔な説明の評価が高く、特にサービスのフローや流れの説明・図解は評価が高い傾向にある
  54. 54. インテリジェンスさま WEBサイト設計の参考・現状調査 コンサルタントの訴求 全体のコンテンツをサービス説明フロー化コンサルタントが正面で明確に見えすぎないよう注意コンサルタントと求職者の関係性が分かるような写真サービスの一連の流れをコンサルタントを中心に訴求
  55. 55. ご提案時の   デザイン(抜粋)
  56. 56. 全体をサービス説明フロー化 コンサルタント 写真の見せ方
  57. 57. インテリジェンスさま WEBサイト設計の参考・現状調査 設計 デザイン メンテ戦略 要件 構造 骨格 表層 運用 印象評価
  58. 58. インテリジェンスさま WEBサイト設計の参考・現状調査 設計 デザイン メンテ戦略 要件 構造 骨格 表層 運用 CREATIVE SURVEY で設計やビジュアル開発を最適化  ユーザーの感性を取り入れたプロセス
  59. 59. インテリジェンスさま WEBサイト設計の参考・現状調査利用意向度・好感度、共に数%∼10%程度の改善「安心できる」「信頼できる」「経験豊富そう」 などのイメージスコアが 30%∼40%の改善
  60. 60. 利用シーン
  61. 61. 競合調査・現状調査メインビジュアル・写真選定ブランド・マネジメント
  62. 62. 競合調査・現状調査メインビジュアル・写真選定ブランド・マネジメント
  63. 63. 競合調査・現状調査メインビジュアル・写真選定ブランド・マネジメント
  64. 64. 画像・メインビジュアル調査ユーザーに良い印象を与えている写真を調査する
  65. 65. 画像・メインビジュアル調査画像の支持率 30% 24% 22% 15% 7% 7%対象画像 ユーザーの支持率は、4倍の差がありました。
  66. 66. 画像・メインビジュアル調査どこがどういいのか? という掘り下げた調査が可能
  67. 67. 画像・メインビジュアル調査1.広々とした空間を感じられる画像の印象が総じて良い。2.寒色系と無彩色に近い色調が強調されている画像の印象が総じて悪い。3.大多数のユーザーはホテルの客室に、日常とかけ離れ、かつリラックスできる空間を求めており、暖色系の暖かみのあるトーンが好まれる傾向にある。4.窓からの景観は非常に大きな訴求ポイントになるが、それよりも「落ち着いた雰囲気」「広々とした空間」といったポイントの重要性が高い。5.ベッドでくつろぐイメージを喚起できる画像が好まれる傾向にある。
  68. 68. 競合調査・現状調査メインビジュアル・写真選定ブランド・マネジメント
  69. 69. 品ブランドから連想する 質 重ポジション 視 UNIQLO H&M GAP FOREVER21 TOPSHOP ZARA お 手 軽 トレンド重視 保守的
  70. 70. 品WEBサイトの印象 質 重ポジション 視 UNIQLO H&M GAP FOREVER21 TOPSHOP ZARA お 手 軽 トレンド重視 保守的
  71. 71. 品ブランド 質 重印象の差マップ 視 1. 2. UNIQLO 1. 2. 2. H&M 1. 2. GAP 2. FOREVER21 1. 2. TOPSHOP 1. ZARA 1.1.ブランドロゴ、ブランドネーム お 手2.ウェブデザイン 軽 トレンド重視 保守的
  72. 72. ビジュアルデザインにユーザーの感性を取り入れ、 最適化することで下記の成果を期待できます。 短期的な成果 長期的な成果 CTR・CVRなど ブランディングの実現 数値指標の向上 ロイヤリティの向上
  73. 73. 設計 デザイン メンテ戦略 要件 構造 骨格 表層 運用 印象評価
  74. 74. 10月よりマーケジンでの月連載もやります http://markezine.jp/article/corner/402
  75. 75. http://www.creativesurvey.jp
  76. 76. ありがとうございましたSNSで最新事例などの更新をお知らせします! facebook http://www.facebook.com/creativesurvey Twitter https://twitter.com/#!/creative_survey

×