Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

Salesforce hands on training cclt@2020

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Upcoming SlideShare
Jla stepup2(20100822)
Jla stepup2(20100822)
Loading in …3
×

Check these out next

1 of 8 Ad
Advertisement

More Related Content

Similar to Salesforce hands on training cclt@2020 (20)

Recently uploaded (20)

Advertisement

Salesforce hands on training cclt@2020

  1. 1. @2020 Copyright(c) Creative Content Lab Tokyo All right reserved. Salesforce Hands-on Training ク リ エ イ テ ィ ブ コ ン テ ン ツ ラ ボ ト ウ キ ョ ウ 1
  2. 2. @2020 Copyright(c) Creative Content Lab Tokyo All right reserved. 開発基礎コース学習内容の詳細 2 コラボレーション ・Chatter と Chatter Free ・メール管理とメールテンプレート ・ToDo と行動のトラッキング 変更管理 ・Sandbox での変更管理 ・変更セットを使った変更のリリース Salesforce の拡張 ・カスタムオブジェクト、タブ、アプリケーションの作成 ・オブジェクト間の関係の作成 ・代理管理者の使用 Salesforce モバイルアプリケーションと クイックアクションによる業務改善 ・Salesforce モバイルアプリケーションのカスタマイズ ・オブジェクト固有のクイック ・グローバルクイックアクションの作成 データ品質の改善 ・データ品質の評価、クレンジング、維持 ・重複管理を使用した重複レコードの防止 承認プロセスによる承認依頼の効率化 ・承認プロセスの管理 ・承認プロセスのトラブルシューティング イントロダクション ・コース内容、進め方の説明 ・Salesforce組織作成からログインまで ・アプリケーションの基本操作 組織とユーザ設定 ・組織プロファイルの設定 ・ユーザの管理(追加・編集・削除) ・プロファイルの管理 ・ライセンスの制限について セキュリティとデータアクセス ・ログインの制限 ・Salesforceのデータアクセス概念 ・オブジェクトアクセスの設定 ・レコードアクセス権の設定 ・ロール階層の構築 ・レコードアクセス例外の処理 ・項目レベルセキュリティの管理 オブジェクトのカスタマイズ ・標準項目の管理 ・新規カスタム項目の作成 ・選択項目の作成 ・数式項目の作成 ・ページレイアウトの使用 ・レコードタイプとビジネスプロセスの使用 データの管理 ・インポートウィザード ・データローダ ・所有権の一括移行 ・データのバックアップ ・一括削除とごみ箱 レポートとダッシュボード ・レポートの実行と変更 ・レポートビルダーによる新規レポートの作成 ・レポート検索条件の使用 ・集計項目とビジュアル集計 ・レポートのエクスポートおよび受信登録 ・ダッシュボードの作成 レポートの拡張 ・カスタムレポートタイプの作成 ・クロス条件を設定した例外レポートの作成 ・結合レポートによるデータの複数ビューの表示 ・レポート作成スナップショットによる時系列データの分析 自動化 ・ワークフロールール ・リードとケースの自動化 設定・カスタマイズ編
  3. 3. @2020 Copyright(c) Creative Content Lab Tokyo All right reserved. 開発基礎コース学習内容の詳細 3 開発編 開発者コンソールの基礎 ・Salesforce の Web ベースの統合開発環境 (IDE) データモデリング ・カスタムオブジェクトと標準オブジェクト ・オブジェクトリレーションの作成 ・スキーマビルダーの使用 フローによる生産性の向上 ・フローのユースケースの理解 ・フローの作成とリリース クイックスタート: Salesforce 開発のための Visual Studio Code ・Salesforce 開発の推奨 IDE(Visual Studio Code の 使用)をインストール ・Visual Studio Code の Salesforce 対応 ・Salesforce 開発での Visual Studio Code の使用 システム管理者のための Apex の基本 ・Apex プログラミング言語の基本を学習します。 Apex の基礎とデータベース ・Apexによるビジネスロジックの追加と Salesforceのデータ 操作します。 Apex テスト ・Apex 単体テストを実行して堅牢なコードを記述します。 Apex トリガ ・カスタムデータベースアクションを実行する Apex トリガを記 述します。 Apex インテグレーションサービス ・Apex REST および SOAP サービスを使用して外部アプリ ケーションと統合します。 非同期 Apex ・非同期処理でより効率的に Apex コードを記述します。 Apex メタデータ API ・Apex からメタデータを操作することで、アプリケーションの 設定およびアップグレード環境を簡略化します。 クイックスタート: Visualforce ・簡単なVisualforce ページを作成します。 Visualforce の基礎 ・Visualforce を使用して、モバイルアプリケーションと Web アプリケーションのカスタムユーザインターフェースを作成します。 ・標準コントローラの使用 ・レコード、項目、テーブルの表示 ・フォームを使用したデータの入力 ・標準リストコントローラの使用 ・静的リソースの使用 ・カスタムコントローラの作成および使用 Visualforce と Lightning Experience ・Visualforce を使用して Lightning Experience をカスタ マイズする方法について説明します。
  4. 4. @2020 Copyright(c) Creative Content Lab Tokyo All right reserved. トレーニングの進め方 4 トレーニング内容や進め方については、オンサイトでもオンラインでもほぼ同様となります。 # オンサイト 説明 オンライン 説明 ① 準 備 説 明 • PCを持参していただき、講師の指示に従って、学習に 必要な設定を行っていただきます。 • コースで学習する内容など単元毎に内容の説明を行 います。※単元ごとに説明と演習、解説の繰り返しな ります。 • 開始時間になったら指定のURLからログインし、オンラ インの状態にします。講師からの指示に従って、学習 に必要な設定を行います。 • コースで学習する内容など単元毎に内容の説明を行 います。※単元ごとに説明と演習、解説の繰り返しな ります。 ② 演 習 • 学習した内容に基づいて、用意された演習をやってみ ましょう。 • 実際に画面の操作をおこなっていただきます。 • ※演習の内容については、主Salesforce社が提供す るオンライン学習サービスのtrailheadの内容をベースに 進めます。 • 学習した内容に基づいて、用意された演習をやってみ ましょう。 • 実際に画面の操作をおこなっていただきます。 • ※演習の内容については、主Salesforce社が提供す るオンライン学習サービスのtrailheadの内容をベースに 進めます。 ③ 解 説 • 演習が終了したら、演習の内容についての解説を行 います。 • 画面操作方法やカスタマイズ設定、コーディングなどに 関して補足。 • 演習が終了したら、演習の内容についての解説を行 います。 • 画面操作方法やカスタマイズ設定、コーディングなどに 関して補足。 ④ QA • 最後に学習した内容について、質疑応答の時間を設 けます。 • 学習した内容で不明な部分や、カスタマイズ・コーディ ングでうまくいかなかった部分などありましたらサポート いたします。 • 最後に学習した内容について、質疑応答の時間を設 けます。 • 学習した内容で不明な部分や、カスタマイズ・コーディ ングでうまくいかなかった部分などありましたらサポート いたします。
  5. 5. @2020 Copyright(c) Creative Content Lab Tokyo All right reserved. トレーニングの実施にあたって 5 本トレーニングコースでは、効率よく学び、知識を定着していただくために、実際にご自身のセールスフォースの環境を使って、設 定やカスタマイズ、またはプログラムの開発やテスト実行などを実施していただくハンズオン形式の内容となっております。 また、本トレーニングと合わせて、セールスフォース・ドットコム社が無償で提供しているオンラインのトレーニングプログラム Trailhead(トレイルヘッド)を利用し、学習を進めていただくことで、より深く理解していただくことができるため、一部の内 容については、こちらを利用して演習を実施いただきます。
  6. 6. @2020 Copyright(c) Creative Content Lab Tokyo All right reserved. TrailHeadについて 6 Trailheadの始め方は別途ご説明するので、ご安心ください。こちらは本トレーニング終了後も、ずっとご利用していただくことができ、 らに上級を目指す方も基礎ができていれば独学でどんどん学んでステップアップしていくことができるものとなっています。また、学習 を終えていくことで単元のバッチが取得できたりポイントが付与され、ポイントを積み上げることでランクがアップします。現時点では 最上位のランクは10万ポイント以上でRangerのランクを取得することができます。認定資格と同様に対外的にアピールすることが できるものです。
  7. 7. @2020 Copyright(c) Creative Content Lab Tokyo All right reserved. 7 Creative Content Lab Tokyo
  8. 8. @2020 Copyright(c) Creative Content Lab Tokyo All right reserved. 本資料のお取り扱いについて 8 Confidential 取扱注意 本 資 料 に 関 し て は 、 著 作 権 で 保 護 さ れ て い ま す 。 資 料 の お 取 り 扱 い に は 十 分 に 、 ご 注 意 く だ さ い 。 本 資 料 は 、 有 償 の 「 S a l e s f o r e H a n d s - o n T r a i n i n g u 」 ト レ ー ニ ン グ 参 加 方 へ 配 布 し て お り ま す が 、 個 人 で の ご 利 用 に と ど め て い た だ け ま す よ う お 願 い い た し ま す 。 著 作 者 に 無 断 で の 資 料 の 転 載 ・ 二 次 配 布 ・ 商 用 利 用 ・ 複 製 を 行 な う 事 は 禁 止 さ れ て い ま す 。 ご理解・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

×