Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

第25回プロコン一関大会課題部門-富山(射水)-「DTN通信を用いた災害時の 安否及び避難所情報収集システム」

905 views

Published on

第25回プログラミングコンテスト課題部門テーマ「防災減災・復興支援」

Published in: Technology
  • Be the first to comment

第25回プロコン一関大会課題部門-富山(射水)-「DTN通信を用いた災害時の 安否及び避難所情報収集システム」

  1. 1. 課題部門 プレゼンテーション番号:6 登録番号:10058 1
  2. 2. 2 ❏災害時に何を求めるか 情報 災害時において情報の需要が高まる
  3. 3. 3 ❏伝えたい・知りたい情報 自分の位置・生存情報 特定の人の情報(位置・生存情報) 避難所情報 情報を取得する手段はあるが、 送信する手段が限られている
  4. 4. 4 ❏情報を送受信できるシステム 誰にでも扱えるようにするには 情報を管理するためには アプリケーションとサーバーを繋ぐには ネットワーク アプリケーションサーバー 3つが揃うことにより、情報を送受信できる システムを作ることができる
  5. 5. 5 ❏津波で破壊された基地局 被災地の電話復旧、メド立たず基地局、津波で被害 http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103240375.html
  6. 6. ❏基地局が復旧するまでの時間 自然災害によって、携帯回線や通信設備が破壊され 6 通信インフラが使えなくなります。 東日本大震災における携帯回線の復旧状況 8000 7000 6000 5000 4000 3000 2000 1000 0 0 10 20 30 40 50 60 被 害 基 地 局 数 震災発生からの日数 N社 K社 総務省「東日本大震災に係る総務省の対応状況」より ほぼ全エリアを 復旧するのに 約30日かかる!!
  7. 7. 7 ❏残された通信手段 スマホ・タブレットのWi-Fi Ad hoc通信で近くの端末と通信し MANETを形成する
  8. 8. 8 ❏MANETについて MANET(Mobile Ad hoc NETwork) Ad hoc通信によって携帯端末自身が 自動でネットワークを構築することができる LAN1 LAN2 より広い範囲で情報伝達を行なうために DTNを使用!!
  9. 9. 9 ❏DTNについて DTN(Delay/Disruption Tolerant Networking) 中断や切断が多発したり,大きな伝送遅延が生じる 通信環境でも,データ転送を実現する通信方式 情報A 情報B DB 送信ノード (LAN1) DB 中継ノード (LAN1) DB 宛先ノード (LAN2) 送信可能な端末に情報をコピーし バケツリレーのように伝搬させる
  10. 10. 10 ❏情報伝達の広域化 LAN1 MANETとDTNにより LAN2 広範囲に情報を伝搬させる
  11. 11. C(中継ノード) B(中継ノード) A(送信ノード) 11 ❏実地試験 D(宛先ノード) 端末4台で360mの通信を確認
  12. 12. 12 ❏実地試験 Slide Shareの上限を超えるため動画は省略させていただきます ※本番ではちゃんと流しました
  13. 13. 避難所サーバー 安否情報管理機能 13 ❏システムの概要 通信インフラの確保手段 MANET DTN 安否情報送受信機能 避難所案内機能 避難所情報収集機能 避難所日誌作成機能 アプリケーション
  14. 14. 避難所サーバー 安否情報管理機能 14 ❏システムの概要 通信インフラの確保手段 MANET DTN アプリケーション 安否情報送受信機能 避難所案内機能 避難所情報収集機能 避難所日誌作成機能
  15. 15. 15 ❏安否情報送受信機能 自動的に近くの端末に安否情報を送信する機能 自分の安否の状態に関わらず、位置情報が送信される 端末を操作できないような状態にある人を 発見する手がかりになる 他の端末 位置情報 安否状態 氏名 写真 メッセージ
  16. 16. 16 ❏安否情報管理登録 アプリケーションで集めた安否情報を 避難所データサーバーへ転送し安否情報の管理が行える機能 各種情報がリスト形式的で表示される
  17. 17. 必要のない物資を記録 17 ❏避難所情報収集機能 避難所内における物資の状態や受け入れ人数の管理、 避難所日誌の作成を補助する機能 必要な物資 問題点や出来事を記録し、後の避難所運営に活かす
  18. 18. 18 ❏避難所誘導機能 GPSと地方自治体のオープンデータから 現在地から一番近い避難所(広域、一時含む)へ案内する機能 県名と市町村を選択するだけで 自動的に距離と方角を計算 設備や収容人数の表示
  19. 19. 19 ❏まとめ 通信インフラがない環境でも 限られた通信手段を最大限に生かすことで これまでより、多くの情報の収集が可能
  20. 20. 課題部門 プレゼンテーション番号:6 登録番号:10058

×