Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

第21回 Cloudn(クラウド・エヌ)勉強会 「Compute VPCタイプ(OpenNW)を使って構築してみよう」

2,085 views

Published on

2015年1月21日に開催しました、第21回 Cloudn(クラウド・エヌ)勉強会の内容です。Compute VPCタイプ(OpenNW)を使った実際の構築方法や構築のポイント等をご紹介しております。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

第21回 Cloudn(クラウド・エヌ)勉強会 「Compute VPCタイプ(OpenNW)を使って構築してみよう」

  1. 1. Compute VPCタイプ(OpenNW) を使って構築してみよう NTTコミュニケーションズ株式会社 クラウドサービス部 2015年1月21日
  2. 2. アジェンダ 1. VPCタイプ OpenNWとは 2. VPCタイプ OpenNWを使ってみよう 3. VPCタイプ OpenNWでVMの構築をしてみよう 4. VPCタイプ OpenNWでVMのクラスタリングを構成してみよう 5. クラスタリングの動作確認をしてみよう
  3. 3. 1.VPCタイプ OpenNWとは
  4. 4. 1. VPCタイプ OpenNWとは VPC VPC タイプ プライベートIPアドレス グローバルIPアドレス ポート転送 /NAT - プライベートセグメントで仮想サーバの利用が出来る - NWを自由に設計出来る(Subnet, 追加NIC, セカンダリIP) - IPSec接続が出来る VM VM VPCルータ VM: 仮想サーバ
  5. 5. 1. VPCタイプ OpenNWとは - プライベートセグメントで仮想サーバの利用が出来る - NWを自由に設計出来る(Subnet, 追加NIC, セカンダリIP) VPC(172.16.0.0/16) Subnet(172.16.2.0/24) Subnet(172.16.1.0/24) ポート転送 /NAT VPC タイプ プライベートIPアドレス グローバルIPアドレス VPCルータ VM VM
  6. 6. 1. VPCタイプ OpenNWとは お客様DC VPC Subnet 2 Subnet 1 IPSec VPN - IPSec接続が出来る インターネットVPNが構築できます
  7. 7. 1. VPCタイプ OpenNWとは Cloudn Compute Flatタイプとは違う VPC VPC タイプ プライベートIPアドレス グローバルIPアドレス ポート転送 /NAT VM VM VPCルータ FLAT タイプ VM VM
  8. 8. 2.VPCタイプ OpenNWを使ってみよう
  9. 9. 2. VPCタイプ OpenNWを使ってみよう まずはCloudnにログイン ログインID パスワード
  10. 10. 2. VPCタイプ OpenNWを使ってみよう VPCタイプ OpenNWを選択
  11. 11. 2. VPCタイプ OpenNWを使ってみよう VPCタイプ OpenNWにログイン
  12. 12. 2. VPCタイプ OpenNWを使ってみよう VPCタイプ OpenNWにログイン完了
  13. 13. 3. VPCタイプ OpenNWでVMの構築をしてみよう
  14. 14. 3. VMの構築をしてみよう VPC(192.168.0.0/16) VPC タイプ Internet プライベートIPアドレス グローバルIPアドレス ポート転送 /NAT 踏み台サーバ VPCルータ VPCタイプ OpenNWで基本的な構築をしてみよう 作業者 Web/APサーバ 192.168.1.2/24 192.168.2.2/24 192.168.2.X/24
  15. 15. 3. VMの構築をしてみよう まずは構築手順の確認 ① VPC(VPCルータ)を作成する ② ACLを確認する ③ サブネットを作成する ④ VM2台(踏み台サーバとWeb/APサーバ)を作成する ⑤ ポート転送を設定する ⑥ 追加NICの設定をする ⑦ 踏み台サーバにSSHでログイン ⑧ 踏み台サーバからWeb/APサーバにログイン
  16. 16. 3. VMの構築をしてみよう ① VPC(VPCルータ)を作成する ② ACLを確認する ③ サブネットを作成する ④ VM2台(踏み台サーバとWeb/APサーバ)を作成する ⑤ ポート転送を設定する ⑥ 追加NICの設定をする ⑦ 踏み台サーバにSSHでログイン ⑧ 踏み台サーバからWeb/APサーバにログイン
  17. 17. 3. VMの構築をしてみよう ① VPC(VPCルータ)を作成する
  18. 18. ① VPC(VPCルータ)を作成する 3. VMの構築をしてみよう
  19. 19. 3. VMの構築をしてみよう ① VPC(VPCルータ)を作成する
  20. 20. ① VPC(VPCルータ)を作成する 3. VMの構築をしてみよう
  21. 21. 3. VMの構築をしてみよう ① VPC(VPCルータ)を作成する
  22. 22. 3. VMの構築をしてみよう ① VPC(VPCルータ)を作成する  完了
  23. 23. 3. VMの構築をしてみよう VPC(192.168.0.0/16) VPC タイプ Internet プライベートIPアドレス グローバルIPアドレス VPCルータ 作業者 ① VPC(VPCルータ)を作成する  完了
  24. 24. 3. VMの構築をしてみよう ① VPC(VPCルータ)を作成する ② ACLを確認する ③ サブネットを作成する ④ VM2台(踏み台サーバとWeb/APサーバ)を作成する ⑤ ポート転送を設定する ⑥ 追加NICの設定をする ⑦ 踏み台サーバにSSHでログイン ⑧ 踏み台サーバからWeb/APサーバにログイン
  25. 25. 3. VMの構築をしてみよう ② ACLを確認する
  26. 26. 3. VMの構築をしてみよう ② ACLを確認する
  27. 27. 3. VMの構築をしてみよう ② ACLを確認する  完了
  28. 28. 3. VMの構築をしてみよう ② ACLを確認する (参考)自身でACLの設定が出来る
  29. 29. 3. VMの構築をしてみよう ② ACLを確認する (参考)自身でACLの設定が出来る
  30. 30. 3. VMの構築をしてみよう ② ACLを確認する (参考)自身でACLの設定が出来る
  31. 31. 3. VMの構築をしてみよう VPC(192.168.0.0/16) VPC タイプ Internet プライベートIPアドレス グローバルIPアドレス VPCルータ 作業者 ACL ① VPC(VPCルータ)を作成する  完了 ② ACLを確認する  完了
  32. 32. 3. VMの構築をしてみよう ① VPC(VPCルータ)を作成する ② ACLを確認する ③ サブネットを作成する ④ VM2台(踏み台サーバとWeb/APサーバ)を作成する ⑤ ポート転送を設定する ⑥ 追加NICの設定をする ⑦ 踏み台サーバにSSHでログイン ⑧ 踏み台サーバからWeb/APサーバにログイン
  33. 33. 3. VMの構築をしてみよう ③ サブネットを作成する
  34. 34. ③ サブネットを作成する 3. VMの構築をしてみよう
  35. 35. ③ サブネットを作成する 3. VMの構築をしてみよう
  36. 36. 3. VMの構築をしてみよう ③ サブネットを作成する
  37. 37. 3. VMの構築をしてみよう ③ サブネットを作成する  完了
  38. 38. 3. VMの構築をしてみよう ① VPC(VPCルータ)を作成する  完了 ② ACLを確認する  完了 ③ サブネットを作成する  完了 VPC(192.168.0.0/16) VPC タイプ Internet プライベートIPアドレス グローバルIPアドレス VPCルータ 作業者 ACL Subnet 192.168.1.0/24 Subnet 192.168.2.0/24
  39. 39. 3. VMの構築をしてみよう ① VPC(VPCルータ)を作成する ② ACLを確認する ③ サブネットを作成する ④ VM2台(踏み台サーバとWeb/APサーバ)を作成する ⑤ ポート転送を設定する ⑥ 追加NICの設定をする ⑦ 踏み台サーバにSSHでログイン ⑧ 踏み台サーバからWeb/APサーバにログイン
  40. 40. 3. VMの構築をしてみよう ④ VM2台(踏み台サーバとWeb/APサーバ)を作成する
  41. 41. 3. VMの構築をしてみよう ④ VM2台(踏み台サーバとWeb/APサーバ)を作成する
  42. 42. 3. VMの構築をしてみよう ④ VM2台(踏み台サーバとWeb/APサーバ)を作成する
  43. 43. 3. VMの構築をしてみよう ④ VM2台(踏み台サーバとWeb/APサーバ)を作成する
  44. 44. ④ VM2台(踏み台サーバとWeb/APサーバ)を作成する 3. VMの構築をしてみよう
  45. 45. 3. VMの構築をしてみよう ④ VM2台(踏み台サーバとWeb/APサーバ)を作成する
  46. 46. ④ VM2台(踏み台サーバとWeb/APサーバ)を作成する 3. VMの構築をしてみよう
  47. 47. 3. VMの構築をしてみよう ④ VM2台(踏み台サーバとWeb/APサーバ)を作成する
  48. 48. 3. VMの構築をしてみよう ④ VM2台(踏み台サーバとWeb/APサーバ)を作成する
  49. 49. ① VPC(VPCルータ)を作成する  完了 ② ACLを確認する  完了 ③ サブネットを作成する  完了 ④ VM2台(踏み台サーバとWeb/APサーバ)を作成する  完了 3. VMの構築をしてみよう VPC(192.168.0.0/16) VPC タイプ Internet プライベートIPアドレス グローバルIPアドレス 踏み台サーバ VPCルータ 作業者 Web/APサーバ 192.168.1.2/24 192.168.2.2/24
  50. 50. 3. VMの構築をしてみよう ① VPC(VPCルータ)を作成する ② ACLを確認する ③ サブネットを作成する ④ VM2台(踏み台サーバとWeb/APサーバ)を作成する ⑤ ポート転送を設定する ⑥ 追加NICの設定をする ⑦ 踏み台サーバにSSHでログイン ⑧ 踏み台サーバからWeb/APサーバにログイン
  51. 51. 3. VMの構築をしてみよう ⑤ ポート転送を設定する 123.456.789.11
  52. 52. 3. VMの構築をしてみよう ⑤ ポート転送を設定する 123.456.789.11 123.456.789.12
  53. 53. 3. VMの構築をしてみよう ⑤ ポート転送を設定する  完了 Internet SSH接続 Port 10022 Port 22
  54. 54. ① VPC(VPCルータ)を作成する  完了 ② ACLを確認する  完了 ③ サブネットを作成する  完了 ④ VM2台(踏み台サーバとWeb/APサーバ)を作成する  完了 ⑤ ポート転送を設定する  完了 VPC(192.168.0.0/16) VPC タイプ Internet プライベートIPアドレス グローバルIPアドレス ポート転送 /NAT 踏み台サーバ VPCルータ 作業者 Web/APサーバ 192.168.1.2/24 192.168.2.2/24 3. VMの構築をしてみよう
  55. 55. 3. VMの構築をしてみよう ① VPC(VPCルータ)を作成する ② ACLを確認する ③ サブネットを作成する ④ VM2台(踏み台サーバとWeb/APサーバ)を作成する ⑤ ポート転送を設定する ⑥ 追加NICを設定する ⑦ 踏み台サーバにSSHでログイン ⑧ 踏み台サーバからWeb/APサーバにログイン
  56. 56. 3. VMの構築をしてみよう ⑥ 追加NICを設定する
  57. 57. 3. VMの構築をしてみよう ⑥ 追加NICを設定する
  58. 58. 3. VMの構築をしてみよう ⑥ 追加NICを設定する ※APIでは、IPを自身で設定出来る
  59. 59. ⑥ 追加NICを設定する ※eth1とIPアドレスを一時的に設定する 3. VMの構築をしてみよう [root@TestVM1 ~]# ifconfig eth0 Link encap:Ethernet HWaddr 12:34:56:78:9A:BC inet addr:192.168.1.2 Bcast:192.168.1.255 Mask:255.255.255.0 [root@TestVM1 ~]# ifconfig eth1 up [root@TestVM1 ~]# ifconfig eth0 Link encap:Ethernet HWaddr 12:34:56:78:9A:BC inet addr:192.168.1.2 Bcast:192.168.1.255 Mask:255.255.255.0 eth1 Link encap:Ethernet HWaddr 12:34:56:78:9X:YZ ※まだIPアドレスは付与されていない [root@TestVM1 ~]# ifconfig eth1 192.168.2.182 netmask 255.255.255.0 [root@TestVM1 ~]# ifconfig eth0 Link encap:Ethernet HWaddr 12:34:56:78:9A:BC inet addr:192.168.1.2 Bcast:192.168.1.255 Mask:255.255.255.0 eth1 Link encap:Ethernet HWaddr 12:34:56:78:9X:YZ inet addr:192.168.2.182 Bcast:192.168.2.255 Mask:255.255.255.0 ※IPアドレスが付与された
  60. 60. 3. VMの構築をしてみよう ⑥ 追加NICを設定する ※eth1とIPアドレスの設定を残す [root@TestVM1 ~]# cp /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 /etc/sysconfig/network- scripts/ifcfg-eth1 [root@TestVM1 ~]# ifconfig eth1 eth1 Link encap:Ethernet HWaddr 12:34:56:78:9X:YZ ※MACアドレスを確認する [root@TestVM1 ~]# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth1 DEVICE=eth1 ONBOOT=yes BOOTPROTO=static HWADDR=12:34:56:78:9X:YZ IPADDR=192.168.2.182 NETMASK=255.255.255.0 BROADCAST=192.168.2.255 [root@TestVM1 ~]# service network restart
  61. 61. 3. VMの構築をしてみよう ① VPC(VPCルータ)を作成する  完了 ② ACLを確認する  完了 ③ サブネットを作成する  完了 ④ VM2台(踏み台サーバとWeb/APサーバ)を作成する  完了 ⑤ ポート転送を設定する  完了 ⑥ 追加NICを設定する  完了 VPC(192.168.0.0/16) VPC タイプ Internet プライベートIPアドレス グローバルIPアドレス ポート転送 /NAT 踏み台サーバ VPCルータ 作業者 Web/APサーバ 192.168.1.2/24 192.168.2.2/24 192.168.2.X/24
  62. 62. 3. VMの構築をしてみよう ① VPC(VPCルータ)を作成する ② ACLを確認する ③ サブネットを作成する ④ VM2台(踏み台サーバとWeb/APサーバ)を作成する ⑤ ポート転送を設定する ⑥ 追加NICを設定する ⑦ 踏み台サーバにSSHでログイン ⑧ 踏み台サーバからWeb/APサーバにログイン
  63. 63. 3. VMの構築をしてみよう VPC(192.168.0.0/16) VPC タイプ Internet プライベートIPアドレス グローバルIPアドレス ポート転送 /NAT 踏み台サーバ VPCルータ 作業者 Web/APサーバ 192.168.1.2/24 192.168.2.2/24 192.168.2.X/24 Tera Term等でグ ローバルIPを指定し 踏み台サーバにSSH 接続する 踏み台サーバから 192.168.2.2にSSH でアクセスする
  64. 64. 4.VMのクラスタリングを構成してみよう
  65. 65. 4. VMのクラスタリングを構成してみよう 実施した環境 VM:2台(Node1, Node2) オフィシャルテンプレート:CentOS 6.5 64bit Subnet:192.168.1.0/24 Node1のIP:192.168.1.2/24 Node2のIP:192.168.1.3/24 VIP:192.168.1.4/24 クラスタリングTool:Heartbeat + Pacemaker  pacemaker-1.0.13-2.1.el6.x86_64.repo.tar.gz
  66. 66. 4. VMのクラスタリングを構成してみよう VPC(192.168.0.0/16) Internet プライベートIPアドレス グローバルIPアドレス VPCルータ 仮想IPアドレス Subnet 192.168.1.0/24 VPCタイプ OpenNWでVMのクラスタリングを作成してみよう Node2 192.168.1.3/24 192.168.1.4/24 192.168.1.2/24 Node1 クラスタリング: Heartbeat+Pacemaker
  67. 67. 4. VMのクラスタリングを構成してみよう 構築手順 ① VPCを作成する ② サブネットを作成する ③ VM2台(Node1とNode2)を作成する ④ VM2台にHeartbeat+Pacemakerをインストール ⑤ Heartbeat+Pacemakerの設定を行う ⑥ VIP(セカンダリIP)をVPCタイプ OpenNWのGUIから払い出す ⑦ VMにVIPの設定を行う 先程と同手順
  68. 68. VPC(192.168.0.0/16) Internet プライベートIPアドレス グローバルIPアドレス VPCルータ Node1 Node2 仮想IPアドレス 192.168.1.2/24 192.168.1.3/24 Subnet 192.168.1.0/24 4. VMのクラスタリングを構成してみよう
  69. 69. 4. VMのクラスタリングを構成してみよう 構築手順 ① VPCを作成する ② サブネットを作成する ③ VM2台(Node1とNode2)を作成する ④ VM2台にHeartbeat+Pacemakerをインストール ⑤ Heartbeat+Pacemakerの設定を行う ⑥ VIP(セカンダリIP)をVPCタイプ OpenNWのGUIから払い出す ⑦ VMにVIPの設定を行う
  70. 70. 4. VMのクラスタリングを構成してみよう ④ VM2台にHeartbeat+Pacemakerをインストール オフィシャルテンプレート:CentOS 6.5 64bitで Heartbeat+Pacemakerを動作させるために必要なパッケージ - libgnutls.so.26 - libaio - libaio-devel - libxslt - gnutls-devel - OpenIPMI - libtool-ltdl - perl-TimeDate - net-snmp - openhpi - PyXML ※テンプレートによって必要なパッケージは変わる [root@Node1 ~]# yum –y install libgnutls.so.26 libaio libaio-devel libxslt gnutls-devel OpenIPMI libtool-ltdl perl-TimeDate net-snmp openhpi PyXML (省略) Complete!
  71. 71. 4. VMのクラスタリングを構成してみよう ④ VM2台にHeartbeat+Pacemakerをインストール インストールパッケージ:pacemaker-1.0.13-2.1.el6.x86_64.repo.tar.gz をVMの/tmp配下に設置しHeartbeat+Pacemakerをインストールする [root@Node1 tmp]# tar xzvf pacemaker-1.0.13-2.1.el6.x86_64.repo.tar.gz [root@Node1 tmp]# cd pacemaker-1.0.13-2.1.el6.x86_64.repo [root@Node1 pacemaker-1.0.13-2.1.el6.x86_64.repo]# yum -c pacemaker.repo install pacemaker heartbeat (省略) Complete! ※前ページのパッケージが不足しているとここでERRORが発生する Heartbeat+Pacemakerのインストールは完了
  72. 72. 4. VMのクラスタリングを構成してみよう 構築手順 ① VPCを作成する ② サブネットを作成する ③ VM2台(Node1とNode2)を作成する ④ VM2台にHeartbeat+Pacemakerをインストール ⑤ Heartbeat+Pacemakerの設定を行う ⑥ VIP(セカンダリIP)をVPCタイプ OpenNWのGUIから払い出す ⑦ VMにVIPの設定を行う
  73. 73. 4. VMのクラスタリングを構成してみよう ⑤ Heartbeat+Pacemakerの設定を行う 下記の3つファイルを作成する。 - ha.cf  5行を追記 - authkeys  3種類の認証方法から選択 - haresources 今回は編集なし ※/usr/share/doc/heartbeat-3.0.5配下に設定ファイルの雛形がある 全て/etc/ha.d配下に設置する ha.cfには下記5行を追記 authkeysは3種類の認証方法から選択 選択後、パーミッションを変更[root@Node1 /etc/ha.d]# vi ha.cf pacemaker on ucast eth0 192.168.1.2 ucast eth0 192.168.1.3 node Node1 node Node2 [root@Node1 /etc/ha.d]# vi authkeys auth 1 1 sha1 cloudn [root@Node1 /etc/ha.d]# chmod 600 authkeys ポイント マルチキャストは使用出来ないので、 ユニキャストでクラスタ通信を行う
  74. 74. 4. VMのクラスタリングを構成してみよう ⑤ Heartbeat+Pacemakerの設定を行う Heartbeatを起動してクラスタリングの状態を確認する  設定完了 [root@Node1 ~]# service heartbeat start Starting High-Availability services: Done. [root@Node1 ~]# service heartbeat status heartbeat OK [pid 1963 et al] is running on node1 [node1]... [root@Node1 ~]# crm_mon -1 ============ Last updated: Fri Jan 16 06:08:16 2015 Stack: Heartbeat Current DC: node2 (1ffe5d8f-c75b-4a4f-8c33-2c33b73b32d1) - partition with quorum Version: 1.0.13-a83fae5 2 Nodes configured, unknown expected votes 0 Resources configured. ============ Online: [ node1 node2 ] OK
  75. 75. 4. VMのクラスタリングを構成してみよう VPC(192.168.0.0/16) Internet プライベートIPアドレス グローバルIPアドレス VPCルータ 仮想IPアドレス Subnet 192.168.1.0/24 Node2 192.168.1.3/24 192.168.1.2/24 Node1 クラスタリング: Heartbeat+Pacemaker
  76. 76. 4. VMのクラスタリングを構成してみよう 構築手順 ① VPCを作成する ② サブネットを作成する ③ VM2台(Node1とNode2)を作成する ④ VM2台にHeartbeat+Pacemakerをインストール ⑤ Heartbeat+Pacemakerの設定を行う ⑥ VIP(セカンダリIP)をVPCタイプ OpenNWのGUIから払い出す ⑦ VMにVIPの設定を行う
  77. 77. 4. VMのクラスタリングを構成してみよう ⑥ VIP(セカンダリIP)をVPCタイプ OpenNWのGUIから払い出す
  78. 78. 4. VMのクラスタリングを構成してみよう ⑥ VIP(セカンダリIP)をVPCタイプ OpenNWのGUIから払い出す
  79. 79. 4. VMのクラスタリングを構成してみよう ⑥ VIP(セカンダリIP)をVPCタイプ OpenNWのGUIから払い出す
  80. 80. 4. VMのクラスタリングを構成してみよう ⑥ VIP(セカンダリIP)をVPCタイプ OpenNWのGUIから払い出す  完了 ※同一セグメント内であれば、 どのVMに対してもセカンダリIPを割り振ることが可能
  81. 81. 4. VMのクラスタリングを構成してみよう ⑥ VIP(セカンダリIP)をVPCタイプ OpenNWのGUIから払い出す [root@Node2 ~]# ifconfig eth0:1 192.168.1.4 netmask 255.255.255.0 [root@Node2 ~]# ifconfig eth0 Link encap:Ethernet HWaddr 12:34:56:78:9A:BC inet addr:192.168.1.3 Bcast:192.168.1.255 Mask:255.255.255.0 UP BROADCAST RUNNING MULTICAST MTU:1500 Metric:1 RX packets:49380 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0 TX packets:17203 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0 collisions:0 txqueuelen:1000 RX bytes:64378044 (61.3 MiB) TX bytes:2591654 (2.4 MiB) eth0:1 Link encap:Ethernet HWaddr 12:34:56:78:9A:BC inet addr:192.168.1.4 Bcast:192.168.1.255 Mask:255.255.255.0 UP BROADCAST RUNNING MULTICAST MTU:1500 Metric:1 参考:手動でVMにセカンダリIPを割り当ててみる GUIではNode1にセカンダリIPを払い出していても Node2のコマンドラインでifconfigを使ってNode2のNICにセカンダリIPを 割り当てることが出来る
  82. 82. 構築手順 ① VPCを作成する ② サブネットを作成する ③ VM2台(Node1とNode2)を作成する ④ VM2台にHeartbeat+Pacemakerをインストール ⑤ Heartbeat+Pacemakerの設定を行う ⑥ VIP(セカンダリIP)をVPCタイプ OpenNWのGUIから払い出す ⑦ VMにVIPの設定を行う 4. VMのクラスタリングを構成してみよう
  83. 83. 4. VMのクラスタリングを構成してみよう ⑦ VMにVIPの設定を行う [root@Node1 ~]# crm crm(live)# configure crm(live)configure# primitive vip ocf:heartbeat:IPaddr2 params ip="192.168.1.4" cidr_netmask="24" nic="eth0" iflabel="1" crm(live)configure# property no-quorum-policy="ignore" stonith-enabled="false" crm(live)configure# node node1 crm(live)configure# node node2 crm(live)configure# commit [root@Node1 ~]# crm_mon -1 ============ Last updated: Fri Jan 16 06:46:31 2015 Stack: Heartbeat Current DC: node1 (288e6226-f302-421c-9868-8d9964b4ce1c) - partition with quorum Version: 1.0.13-a83fae5 2 Nodes configured, unknown expected votes 1 Resources configured. ============ Online: [ node1 node2 ] vip (ocf::heartbeat:IPaddr2): Started node2 ← VIPがnode2に付いた
  84. 84. VPC(192.168.0.0/16) Internet プライベートIPアドレス グローバルIPアドレス VPCルータ 仮想IPアドレス Subnet 192.168.1.0/24 Node2 192.168.1.3/24 192.168.1.4/24 192.168.1.2/24 Node1 クラスタリング: Heartbeat+Pacemaker 4. VMのクラスタリングを構成してみよう クラスタリングの構成が完成
  85. 85. 5. クラスタリングの動作確認をしてみよう
  86. 86. 5. クラスタリングの動作確認をしてみよう クラスタリングの動作確認 - Node3からVIPにPing - Node2をDown - VIPが切替るか確認 VPC(192.168.0.0/16) Internet プライベートIPアドレス グローバルIPアドレス VPCルータ 仮想IPアドレス Subnet 192.168.1.0/24 Node2 192.168.1.3/24 192.168.1.4/24 192.168.1.2/24 Node1 Ping 192.168.1.5/24 Node3
  87. 87. クラスタリングの動作確認 - Node3からVIPにPing - Node2をDown - VIPが切替るか確認 VPC(192.168.0.0/16) Internet プライベートIPアドレス グローバルIPアドレス VPCルータ 仮想IPアドレス Subnet 192.168.1.0/24 Node2 192.168.1.3/24 192.168.1.4/24 192.168.1.2/24 Node1 Ping 192.168.1.5/24 Node3 5. クラスタリングの動作確認をしてみよう
  88. 88. クラスタリングの動作確認 - Node3からVIPにPing - Node2をDown - VIPが切替るか確認 VPC(192.168.0.0/16) Internet プライベートIPアドレス グローバルIPアドレス VPCルータ 仮想IPアドレス Subnet 192.168.1.0/24 Node2 192.168.1.3/24 192.168.1.4/24 192.168.1.2/24 Node1 Ping 192.168.1.5/24 Node3 - 正常にVIPは切替った - VIPへのPingはほぼDownなし 5. クラスタリングの動作確認をしてみよう
  89. 89. ありがとうございました

×