Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

【Interop Tokyo 2016】 新たなルーティング パラダイム セグメントルーティング

604 views

Published on

Interop Tokyo 2016 のシスコブースで行ったシアター プレゼンをご紹介します。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

【Interop Tokyo 2016】 新たなルーティング パラダイム セグメントルーティング

  1. 1. * 本資料に記載の各社社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。 菅野洋之 コンサルティングシステムズエンジニア 2016年6月 セグメント ルーティング 新たなルーティング パラダイム
  2. 2. サービス プロバイダーの要求 • シンプル化 • スケーラブル • 自動化 • エンド - エンドのサービス • アプリケーションによるエンド-エンドのポリシー制御 • 迅速なコンバージェンス • 50ms FRR コンバージェンス • クラウドとの統合 • 仮想化
  3. 3. セグメント ルーティング (SR) As A Solution • シンプル • スケーラブル • 設定が簡単 • データ プレーン • MPLS • セグメントのリストはラベル スタックで表現される • SR は MPLS データプレーンを再利用(変更なし) • IPv6 • セグメントのリストはルーティング ヘッダ (IPv6 拡張ヘッダ)で表現される
  4. 4. LDP/RSVP ラベル配布との比較 RSVP-TE IGP + LDP セグメント ルーティング MPLS MPLS トランスポート 事前シグナリングで トンネル作成 IGP + LDP IGP デプロイメント 手動でトンネル設定 自動 自動 50ms FRR トポロジーに依存しない RLA IGP TE の ECMP Yes No Yes 既存 MPLS との統合/ 徐々に展開可能 SDN Yes N/A Yes SDN を考慮した設計 No No Yes
  5. 5. セグメント ルーティングをサポートする製品 Aggregation Services Routers (ASR) 9000 Network Convergence System 5000 Carrier Routing System (CRS-3) Aggregation Services Routers (ASR) 1000 Aggregation Services Routers (ASR) 900
  6. 6. セグメント ルーティング概要 • シンプル : Less Protocol, Less Protocol interaction • ラベルに関するシグナリング (RSVP, LDP) の削減 • MPLS ラベルにしたがってパケット転送 (MPLS 転送プレーンは変更なし) • ラベルは IGP プロトコルで配布 (OSPF/ISIS を拡張) • サービス提供モデルは既存の MPLS と同じ • スケーラブルなエンド-エンド ポリシー : ラベル データベースの削減, TE-LSP の削減 • MPLS サービスとハードウェアを有効利用 • IP と SDN に対してデザインされている • パスはセグメントのリストとして表現される • ネットワークはセグメントに分割されている
  7. 7. • プレフィックスを表現 (ECMP 可能 ) • SR ドメインでユニークな ID • インデックス値を配布 • ノード毎の予約ブロック (SR Global Block(SRBG)) を使用してラベルを計算 IGP セグメント ID (SID) • リンクを表現 • ノード単位でローカルにユニーク • 絶対値としてラベルを配布
  8. 8. セグメント ルーティング転送プレーン
  9. 9. クラウドとの統合 シンプル!!! プログラム可能!!! 急激な変化に迅速に対応可能!!! データセンター内部も仮想マシンの手前(仮想スイッチ)まで SR で転送可能
  10. 10. Micro Loop Avoidance On Demand Nexthop (ODN) SRv6 マルチ キャスト Spray TI-LFA トポロジーに依存せず 50ms 以内の障害迂回が可能 IGP 収束過程で発生するルーティン グループによるパケッ トロスを回避可能 BGP で学習した Prefix に対して、動的に SR-TE パスを作成可能 SRv6 技術でマルチ キャストを配信することで、IPv6 トランスポート ネットワークからマルチ キャストのステートを排除可能 BSID: 31022 BSID: 32022 2 3 4 5 8 7 6 1 100 Post-convergence Path Pre-convergence Path U p! 3 15 1.1.1.1 16001 1.1.1.3 16003 2 1 7 6 9 1.1.1.2 16002 1.1.1.9 16009 1.1.1.7 16007 1.1.1.6 16006 Default IGP Metric: 10 30 payload 24076 16009 payload 16009 payload 16007 24076 16009 payload payload Pノード Qノード 様々なユース ケース
  11. 11. • セグメント ルーティングは… まとめ ラベル配布プロトコル (LDP/RSVP) を排除してシンプルになった データ プレーンとして MPLS と IPv6 に対応している SDN を考慮して設計されたので SDN との親和性が高い

×