【Interop tokyo 2014】 Cisco ACIとOpenStackで実現するネットワークプロビジョニングとは?

1,500 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,500
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
259
Actions
Shares
0
Downloads
26
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

【Interop tokyo 2014】 Cisco ACIとOpenStackで実現するネットワークプロビジョニングとは?

  1. 1. Cisco ACI とOpenStack で 実現するネットワーク プロビジョニングとは? Interop Tokyo 2014 2014年6月 * 本資料に記載の各社社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
  2. 2. Cisco Public 2© 2013-2014 Cisco and/or its affiliates. All rights reserved. 1. コストの削減  オープン テクノロジーの採用 2. クラウド アプリケーション多様化への対応  仮想化環境&ベアメタル環境の混在が必要 3. ITオペレーションの簡素化  部門ごとにサイロ化されたシステムを管理できるインターフェイス  マルチ テナント環境のネットワーク モニタリング ネットワーク プロビジョニングを取り巻くビジネス状の課題
  3. 3. Cisco Public 3© 2013-2014 Cisco and/or its affiliates. All rights reserved. Cisco ACI とOpenStack で実現する ネットワーク プロビジョニングとは? • Cisco ACI とOpenStack を連携可能 オープン テクノロジーの活用1 アプリケーション環境に依存しない2 3 ITオペレーションの簡素化 • OpenStack & OpFlex を利用したオープン テクノロジーの採用 • Cisco ACI はアプリケーション プロファイルを利用してポリシー ベースのネットワークを設定可能 • ベアメタル&ハイパーバイザ混在ネットワークの構築 • ネットワークサービス(L4 – L7 ) へのネットワークポリシー適用 クラウド アプリケーションの多様化に対応した 仮想・物理に依存しないセキュアなマルチ テナント ネットワーク環境
  4. 4. Cisco Public 4© 2013-2014 Cisco and/or its affiliates. All rights reserved. Network ServicesSecurity StorageComputeNetwork インフラの構成要素 UNIFIED API and INFORMATION MODEL オープン エコシステム、オープン API オープン スタンダードに基づく、マルチ ベンダー、オープン ソース Hypervisor Network Services ASA Network Management, Automation, Orchestration APIC 1 オープンテクノロジーの活用 Cisco ACI はOpenStack を含む様々なオープンAPI に対応
  5. 5. Cisco Public 5© 2013-2014 Cisco and/or its affiliates. All rights reserved. APIC Cisco ACI のアプリケーション プロファイル ADC APP DBF/W ADC WEB HYPERVISORHYPERVISOR HYPERVISOR 1 オープン テクノロジーの活用 アプリケーションの視点でポリシー ベース ネットワークを定義・設定可能
  6. 6. Cisco Public 6© 2013-2014 Cisco and/or its affiliates. All rights reserved. APIC Cisco ACI のアプリケーション プロファイル ADC APP DBF/W ADC WEB HYPERVISORHYPERVISOR HYPERVISOR CONNECTI VITY POLICY SECURITY POLICIES QOS STORAGE AND COMPUTE APPLICATI ON L4..7 SERVICES 1 オープン テクノロジーの活用 アプリケーションの視点でポリシー ベース ネットワークを定義・設定可能
  7. 7. Cisco Public 7© 2013-2014 Cisco and/or its affiliates. All rights reserved. APIC Cisco ACI のアプリケーション プロファイル ADC APP DBF/W ADC WEB HYPERVISORHYPERVISOR HYPERVISOR CONNECTI VITY POLICY SECURITY POLICIES QOS STORAGE AND COMPUTE APPLICATI ON L4..7 SERVICES SLA QoS Security Load Balancing APP PROFILE 1 オープン テクノロジーの活用 アプリケーションの視点でポリシー ベース ネットワークを定義・設定可能
  8. 8. Cisco Public 8© 2013-2014 Cisco and/or its affiliates. All rights reserved. マルチ ハイパー バイザ オーバレイ対応 • VLAN, VxLAN, そしてNVGRE に 対応した統合型ゲートウェイを 実装し仮想・物理間の通信でも 各種カプセル化の違いを吸収 • ハイパーバイザの違いによる ネットワーク分離が発生しない 仮想・物理ネットワーク統合 ネットワーク 管理者 アプリケーション 管理者 PHYSICAL SERVER VLAN VXLAN VLAN NVGRE VLAN VXLAN VLAN ESX Hyper-V KVM ハイパーバイザ 管理者 ACI Fabric APIC アプリケーション多様化へ対応2
  9. 9. Cisco Public 9© 2013-2014 Cisco and/or its affiliates. All rights reserved. Cisco ACI と OpenStack の連携ワークフロー ACI 管理者 (物理ネットワークの管理、テ ナントの状態をモニタリング) OpenStack Tenant (step 1,4 を実施) L/B EPG APP EPG DBF/W L/B EPG WEB Application Network Profile Instantiate VMs 4 ACI Fabric 5 ポリシーを Push アプリケーション ポリシー作成 3 Network, Subnet, Security Groups 作成 1 自動的にAPICへ ネットワーク プロファイル を Push 2 Web WebWebWeb AppApp DB DB ハイパー バイザ ハイパー バイザ ハイパー バイザ NOVANEUTRON NEUTRON ROUTER SECURITY GROUPNEUTRON NETWORK APIC 3 ITオペレーションの簡素化
  10. 10. Cisco Public 10© 2013-2014 Cisco and/or its affiliates. All rights reserved. APIC Plugin OVS Plugin Neutron Networking Controller Node Host 1 OVS Host 2 OVS Host 3 OVS Host 4 OVS REST API APIC 3 ITオペレーションの簡素化 • CIsco ACI ファブリックはOpenStack をサポート • Neutron プレミティブをACI ポリシー モデルに翻訳 Cisco ACI とOpenStack の連携 OpenStack Neutron 機能をACI ポリシー モデルに翻訳し OpenStack とCisco ACI ファブリック連携可能
  11. 11. Cisco ACI とOpenStack 統合 • 仮想・物理環境の統合 • Cisco ACI ファブリック • APIC • OpenStack KVM 10.10.1.1 KVM 10.10.2.1 ApicAPIC ApicAPIC APIC Plugin APIC Driver OVS Driver Neutron Networking 3 ITオペレーションの簡素化 Cisco ACI とOpenStack を統合することでIT オペレーションの簡素化を実現可能
  12. 12. Cisco Public 12© 2013-2014 Cisco and/or its affiliates. All rights reserved. Cisco ACIとOpenStackの連携デモ
  13. 13. Thank you.

×