Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

UDC2017_ファイナル_code for kohoku 子どものためのマップ

1,924 views

Published on

UDC2017_ファイナル_code for kohoku 子どものためのマップ

Published in: Data & Analytics
  • Be the first to comment

UDC2017_ファイナル_code for kohoku 子どものためのマップ

  1. 1. 父として 父として 母として 地域住民として まわりをちょっと見てみる ちょっと参加してみる そこから始まる Tech from Life
  2. 2. WE ARE CODE FOR KOHOKU 2015年度港北区子育て情報に関するWEBアンケート実施から始まった プロジェクトは、さっぽろ保育園マップを元に、多様な市民の手を経て、 2017.3月にWEBサイト「保育園幼稚園マップ」を生み出しました。 子育て中でも、CODEは書けなくても、 たくさんのひとの活動があって、 港北区の保育園(幼稚園)マップが ができた! でも、そこから野望があった。 https://codeforkohoku.github.io/papamama/ 2
  3. 3. 横浜の子育て情報の問題=分断 情報配信手段の分断= PDFで配信している 子どもが「障害の有無」 で分断されている+ どこにあるか わからない。 先が見通せない。 3
  4. 4. 横浜の子育て情報の問題=分断 情報配信手段の分断= PDFで配信している 子どもが「障害の有無」 で分断されている+ わかりやすくて 見通しがつけば、楽になる どこにあるか わからない。 先が見通せない。 4
  5. 5. 私たちがやったこと=分断しない情報発信 それならできるかも!のプロボノエンジニアチー ム×子育て当事者がgithub上で情報共有しながら、 データ追加作業 子育て当事者 PDFからのツールを通してエクセ ルデータに変換、データをUP プロボノエンジニアチームがクラウド上にあるデ ータをgithub上に展開して、アイコンなど調整 5
  6. 6. 私たちがやったこと=分断しない情報発信 それならできるかも!のプロボノエンジニアチー ム×子育て当事者がgithub上で情報共有しながら、 データ追加作業 子育て当事者 PDFからのツールを通してエクセ ルデータに変換、データをUP プロボノエンジニアチームがクラウド上にあるデ ータをgithub上に展開して、アイコンなど調整 6
  7. 7. 子育てに関する情報は当事者でないと気づかないことが多いし、自分が苦労し て得た情報は新しく親になった人たちに伝えたいと思っている人も多いと思い ます。必要な情報を形にするために、色んなエンジニアの方々が集まっている ことも凄いし、 この場でないと産まれない出会いがあるのも良いですよね。 7
  8. 8. 行政に依存しなくても当事者がやればいいんだ!と思いました。当事者 がやるとワクワクします。アッタカイんですよね。それぞれに思いがあるか ら。行政に頼るとワクワクはしません。顔が皆んな一緒にみえるです。めっち ゃ困った時に区役所に電話してみた時のツメタサったらなかったので。 8
  9. 9. 「code for kohoku こどものためのマップ」 プロジェクトを運営してわかったこと ● シビックテックはエンジニア×当事者で! ● つくる場所は身近な場所で ● 「それならできるかも」と感じられる ● ハードルの低い呼びかけ ● 作業のブレークダウン 9
  10. 10. 父として父として 10 父として 母として 地域住民として まわりをちょっと見てみる ちょっと参加してみる そこから始まる Tech from Life

×