Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

【UDC2016】アクティビティ163 オープンマップ山口市

2,031 views

Published on

【UDC2016】アクティビティ部門163 オープンマップ山口市

Published in: Data & Analytics
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

【UDC2016】アクティビティ163 オープンマップ山口市

  1. 1. UDC2016 アクティビティ部門 “地図を使った地域づくり”のすすめ with オープンマップ@山口市 オープンマップ@山口市」利活用推進チーム
  2. 2. 1.運用背景 1.H25 統合型GIS構築(約60の地図を共有) ・・・庁内業務の効率化 2.H26 公開型GIS(オープンマップ@山口市)構築 ・・・市民サービスの向上 ⇒地図情報を市民に提供・共有することで、 便利で快適な地域づくりをサポートする (協働によるまちづくりの推進) 1
  3. 3. 2.アプリケーション オープンマップ@山口市とは・・・ インターネット上で動作するWeb 型地図情報システム。 トップページ(左図)には、現在 7つの主題図を用意し、このアイ コンをクリックすることで指定した 主題の地図と台帳情報を参照す ることができる。 その他の機能としては、  山口市の住所検索機能  印刷機能  図形入力機能  台帳(属性)登録機能  Facebookとの連携機能 なども搭載されている。 2
  4. 4. 3.地域での活用 3‐1.地域巡回研修 実施期間: 2015年8月26日 ~ 2015年9月28日 実施地域: 山口市全地域交流センター 21か所 参 加 者 : 各地域づくり協議会、地域交流センター 83名 実施内容: オープンマップ@山口市 操作研修 地域課題等の聞き取り調査 地図の利用状況 地域の自慢(名所・旧跡・文化) 地域の課題 ⇒ オープンマップ@山口市が活用できそうか 成 果: ・オープンマップ@山口市の基本操作の修得 ・地域課題のデータ化促進 ・地域での地図利用の実態把握 ・地域課題一覧表の作成 4
  5. 5. 3.地域での活用 3‐1.地域巡回研修 地域課題一覧表 防犯 空家情報の管理 通学路及び通学路危険個所の把握 防犯灯の管理 防災 自治会避難場所、避難経路の周知 避難場所設定の再検討 地域防災マップの作成 防災無線の聞こえ方の把握 交通 交通事故発生場所や危険個所の把握 交通渋滞の状況把握 バス路線及びバス停位置情報の把握 生活 地域の経年変化の把握 法定外情報(市道・農道・法定外 の区分等)の把握 環境ゴミ不法投棄場所の把握 福祉 地域の人口推移の把握(高齢化、 過疎化、少子化) 要援護者マップの作成 健康ウォーキングルートの情報発信 産業 農地貸借の管理 鳥獣被害情報の把握 市有林の管理 観光地域行事や観光情報の発信 歴史 地域の史跡情報の発信 古地図による郷土史学習 5
  6. 6. 活動内容は・・・
  7. 7. 3.地域での活用 3‐2.地域フォローアップセミナー 実 施 日: 2016年2月20日、 2016年3月5日 会 場: 2月20日 小郡地域交流センター 3月 5日 山口ケーブルビジョン㈱ 参 加 者: 2月20日 各地域づくり協議会、地域交流センター他 20名 3月 5日 各地域づくり協議会、地域交流センター他 25名 計45名(スタッフ含む) 実施内容: オープンマップ@山口市 操作研修 地域課題解決の事例紹介(UDC事務局) オープンマップ@山口市を使った地域課題解決ワークショップ 成 果:・オープンマップ@山口市の基本操作の修得 ・オープンマップ@山口市を用いた具体的な地域課題への 取り組み方の体験 ・オープンマップ@山口市への追加データ、追加機能、要望確認 6
  8. 8. 3.地域での活用 3‐2.地域フォローアップセミナー セミナー風景 7
  9. 9. 3.地域での活用 3‐3.自治会・自主防災訓練 実 施 日: 2016年10月15日 ~ 10月16日 会 場: 氷上公民館 参 加 者: 氷上自主防災会班長・防災員 15日・・・21名、16日・・・33名 実施内容 : オープンマップ@山口市 基本操作説明 オープンマップ@山口市 実習 活用体験1:氷上地区の災害時の危険箇所と属性を地図上にプロット 活用体験2:地域の要援護者の住所・属性を地図上にプロット 成 果 : ・課題として、「危険箇所を把握し、地域住民と情報の共有を行うことが 重要である」ことが確認できた ⇒ オープンマップ@山口市を使った、危険箇所、及びその関連 情報を入力・管理 ・作成した危険箇所図の印刷・配布ができるほか、記憶媒体により地域 内での情報共有ができることが分かった 今後オープンマップを自治会のコミュニケーション・ツールとして活用 し、住民間の交流を深めていくことで、地域の防災意識を向上させて いきたい(主催者談) 8
  10. 10. 3.地域での活用 3‐3.自治会・自主防災訓練 自主防災訓練風景 9
  11. 11. 3.地域での活用 3‐4.地域オリジナルマップ作成セミナー 実 施 日: 2016年12月7日 ~ 12月9日、12月20日 会 場: 7日 大殿・仁保、8日 小郡・二島、9日 湯田、20日 吉敷・名田島 参 加 者: 各地域づくり協議会、地域交流センター 計 27名 実施内容 : オープンマップ@山口市 作図機能説明 オープンマップ@山口市 地域オリジナルマップの作成実習 ⇒ 地域でデータ化したい地図・情報の入力 地図の共有方法についての説明 成 果: ・参加者は操作方法や機能に詳しく、積極的に地図作成やその 活用に取り組まれていることがわかった ・地図作成の方法について、多くの意見・提案もあり、今後シス テムの機能・操作性を向上させていく上で大いに参考になった ・地図の共有方法についての内容と運用方法を中心に、段階的 な共有形態の方向性を説明し、理解を得た ・地域でのオープンマップ@山口市を用いた課題解決、情報共 有に対する意識の向上が図れた 10
  12. 12. 3.地域での活用 3‐4.地域オリジナルマップ作成セミナー セミナー風景 11
  13. 13. 4.地域課題の解決~事例~ (1 4‐1.秋穂八十八ヶ所霊場巡り 作成地域:山口市秋穂地区 地域課題:地域の史跡情報の発信 データ概要:秋穂・二島地区の霊場位置及び属性としての名称、住所 活用目的:オープンマップ@山口市に登録し、地域活性目的の情報配信 3‐4.地域オリジナルマップ作成セミナー 14
  14. 14. 4.地域課題の解決 ~事例~ (1 4‐2.山口七夕ちょうちんまつり 作成地域:山口市大殿地区 地域課題:地域イベントの進行管理と情報共有 データ概要:提灯まつりで提灯を出す場所の管理 活用目的:従来住宅地図で管理、配布等できなかったため、管理をオープン マップ@山口市へ切替、住民への印刷配布も行っていく 15
  15. 15. 4.地域課題の解決 ~事例~ 4‐3.防災無線の聞こえ方調査状況MAP 作成地区:山口市名田島地区 地域課題:地域防災活動 データ概要:防災無線の聞こえ方調査を実施した際、無線放送が聞き取れた かどうかの状況を配置 活用目的:紙地図に状況整理を計画したが、オープンマップ@山口市で入力 した方が簡単で効率的に作業ができる 16
  16. 16. 今後の展開は・・・
  17. 17. これまでも、これからも・・・ 積極的に地域に出向き 地域と一体となって活動していく 今後の展開 山口ブロック 山口市 UDC やまぐちGISひろば 民間事業者 A地域 B地域 C地域 D地域 E地域
  18. 18. システム改良 ●地域団体専用サイト ・地域生活に関わる地図の提供 自治会区、学校区、防犯灯位置など ・地域作成地図の共有 地域の史跡、観光、防災など ●オープンマップ@山口市(ポータル) ・地域マップのアイコン整備 地域作成地図の情報発信
  19. 19. 地域は人々の生活そのもの そこで受け入れられるものこそが広がりと永続性をもてる だから、地域にツールを持ち込み、地域の中で考える・・・ 地域の課題は地域にあり、 地域のことは地域に聞いて、 地域とともに解決していく! 山口ブロックは、 これからも地域に根ざした活動を行っていきます・・・

×