Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

【UDC2016】アイデア040 生存確率

2,158 views

Published on

【UDC2016】アイデア部門040 生存確率

Published in: Data & Analytics
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

【UDC2016】アイデア040 生存確率

  1. 1. --% Team:Probability of survival 〜今⽇の⽣存確率〜
  2. 2. 富⼭県の特⻑ 魚が新鮮!魚が新鮮! 氷⾒の寒ブリで有名所!! 持ち家⽐率No1!持ち家⽐率No1! そもそも富⼭県て安全な地域なの?そもそも富⼭県て安全な地域なの? 災害の影響が少ない!!災害の影響が少ない!! 日本地図ではここ 2
  3. 3. 防災意識レベル ■参考文献 [マイナビ] http://news.mynavi.jp/news/2016/08/08/270/ 全国47都道府県の10代から60代の男⼥4,700名 (男⼥各都道府県50名ずつ)を対象に実施したもの。 何故意識が低いの?何故意識が低いの? 3
  4. 4. ⽴地環境 地震 ・過去30年間(1980〜2010)の震災回数は、震度3以上が21回、震度4以上が4回で全国最少。 台風 ・台風などによる⽔害被害累積額が800億円以下でもっとも低い都道府県のひとつ。 波高 ・平均有義波高約が約0.4mでほかの⽇本海側港湾に⽐べて低い。 ■参考文献 [伏木富⼭港] http://www.pref.toyama.jp/sections/1504/port/feature/disaster.html 4
  5. 5. 災害の危険性 (地震にFocus) 富⼭県内もしくは近隣の活断層帯 文部科学省研究開発局地震・防災研究課の調査で、30年以内に0-6%の 確率でM7.0以上の地震が発⽣すると予想されているとのこと。 (データは2016年度のもの) 文部科学省研究開発局地震・防災研究課の調査で、30年以内に0-6%の 確率でM7.0以上の地震が発⽣すると予想されているとのこと。 (データは2016年度のもの) 富⼭県の活断層帯 富⼭県に被害を及ぼした主な地震 本当に安全といえるのか? 5 ■参考文献 [4章.富⼭県を襲った地震] http://www.hrr.mlit.go.jp/ekijoka/toyama/pamphlet/toyama_map4.pdf ■参考文献:[地震調査研究推進本部事務局]
  6. 6. 防災意識を高める為のアイディア集め 6
  7. 7. こんなもの作りたい 過去の災害内容(同じ⽇に起こった災害、発⽣した位置、被害数)をもとに 今⽇の⽣存確率を警告する!!! 7
  8. 8. アプリコンセプト 8
  9. 9. タイマー設定 ・⽇付 ・GPS情報 Open Data ⽣存確率表⽰ ・⽇付 ・位置情報 ・地域名 災害情報・避難所情報検索 過去の災害情報 ・⽣存確率計算結果 アプリ概要 ⽣存確率通知 災害履歴検索 Rquest Result Client Server OpenData or OtherDB DB Pedia メイン 設定時刻データ取得 ・通知履歴属性 災害情報・避難所情報検索 ・通知履歴属性 ⽣存確率算出 9
  10. 10. メインメニュー 10
  11. 11. タイマー設定 11
  12. 12. ⽣存確率通知 12
  13. 13. 災害コンテンツページ 13
  14. 14. シュミレータ機能 マイページ ・宅内の周辺障害物設定 タンス 机 くだもの (バナナの皮) シュミレートする しない カセットコンロ 富⼭市xxx町xx丁目エリア情報 ⽣存確率 80% (怪我)場所 会社 場所設定 14
  15. 15. ⽣存確率の算出方法 15
  16. 16. ⽣存確⽴算出 データクエリ概要 バックグラウンド処理はAWSのサービスを組み合わせて実現。 ①JSONにてアプリから現在位置でリクエスト ②APIゲートウェイが近似位置でのクエリキャッシュを検索。ない場合はLambdaへリクエスト ③Lambdaで位置リクエストをCloudSearchにて距離順でクエリ ④Labmdaが確⽴算出⽤アルゴリズム・パラメータに基づき採点 ⑤APIゲートウェイへレスポンスデータを送出 CloudSearchLambdaAPI Gateway JSON@HttpReq ① ② ③ ④⑤ 16
  17. 17. アプリの普及と拡散方法 防災意識が高まる!!防災意識が高まる!! 17
  18. 18. 検討事項 ・過去に発⽣した災害の参考図書からデータの素材を収集する。 ・自治体との連携にて過去の災害データをオープンデータ化してもらう。 ・ボイス機能やBGMなど効果音にインパクトを持たせる。(キャラボイスなど) ・アニメーション機能を充実させる。 ・アフィリエイト機能を付けてユーザーがおすすめ防災グッズなどの情報を 掲載できるようにする。 ・⽣存確率算出データの収集。 ・クライアントアプリ、サーバーサイドアプリの制作・完成。 ・GooglePlay、AppStoreで配信。 ・Twitterで拡散。 ・リリースからしばらくして防災以外の被害アプリに展開。 (データの種別を変えるだけで熊被害、交通事故などにも転⽤) 18

×