Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
福岡ブロック - UDC2015
2015/9/29
アーバンデータチャレンジ 2015 中間報告
公益財団法人九州先端科学技術研究所
坂本 好夫(BODIK 事務局)
BODIKとは
2
福岡市・福岡アジア都市研究所(URC)・九州先端科学技術研究所(ISIT)は、ビックデータとオープ
ンデータに関する研究会であるビッグデータ&オープンデータ研究会in九州(BODIK)を設立しました。
本研究会では、以下の5...
オープンデータ取組状況
3
http://www.bodik.jp/opendata/
地方自治体のオープンデータ取組状況を地図にマップ
データ・セット紹介
4
オープンデータに興味を持ってもらうために、各自治体の特徴的なデータ・セットを定期的に紹介
http://www.bodik.jp/dataset/
UDC2015 中間報告
5
第1回BODIKワークショップ
開催日時・場所
2015/8/27・福岡SRPセンタービル2F
開催テーマ
はじめてのSPARQL
参加者数(スタッフ込み)
33名
(一般参加者19名、関係参加者8名
スタッフ4名 講師&TA2名)
当日の様子...
アンケート結果
反省点
• 演習の文字が小さかった
• 演習で使うスライド内に説明がほしかった
• 解答を事前に配布してほしい
今後の参考
• 演習を通して何か作品を作成できるようなワークショップ
を行いたい
• 文法をもう少し学びたい、もう少...
今後の活動予定(UDC2015)
• 第2回BODIKワークショップ(11/12予定)
福岡市
– SPARQLの検索結果を地図やグラフで可視化
• データソン(11~12月)
久留米市
– 久留米オープンデータ活用推進研究会、Code for...
BODIK自治体WG
9
BODIK自治体WGの目的
上記目的を達成するために、以下の事項に取り組む。
1 市町村への技術支援(ノウハウの共有等)
2 データカタログサイト(CKAN)の共同利用
オープンデータ化推進の課題を解決するための資料、技術、ノウ
ハウを共有し、...
本WGの運営について
11
• 事務局は九州先端科学技術研究所(ISIT)とする
• 本WGは平成28年4月に正式な立上げを目指した
パイロットプロジェクトである(平成27年6月2日設立)
• 月1回のペースでWGを実施中
• トップの理解を得るための説明資料の共有
• 職員の理解を得るためのオンラインコンテンツの作成
• 職員の理解を得るためのインターネット上のオンライン研修提供
• データ加工のためのTIPS作成
• 利用規約、ライセンスの共同策定
• オープ...
データカタログサイトの共同利用
• 2つのプランを提供
① 福岡市CKANの共同利用(有償)
福岡市が構築したCKANと同様の仕組みを福岡市内のIT企業が提供する
現在、福岡市と北九州市が共同で実施中、政令指定都市レベルでの連携を検討中
② B...
Code for Kitakyushu
Code for Iizuka
14
〜オープンデータの風を西から〜
肝付町
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

【UDC2015】第12回 - 福岡ブロック

409 views

Published on

平成27年9月29日(火)に東京大学駒場第Ⅱキャンパスで行われました、第12回公開シンポジウムでの講演資料です。

Published in: Government & Nonprofit
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

【UDC2015】第12回 - 福岡ブロック

  1. 1. 福岡ブロック - UDC2015 2015/9/29 アーバンデータチャレンジ 2015 中間報告 公益財団法人九州先端科学技術研究所 坂本 好夫(BODIK 事務局)
  2. 2. BODIKとは 2 福岡市・福岡アジア都市研究所(URC)・九州先端科学技術研究所(ISIT)は、ビックデータとオープ ンデータに関する研究会であるビッグデータ&オープンデータ研究会in九州(BODIK)を設立しました。 本研究会では、以下の5つをミッションとして活動しています。 1 2 3 4 5 九州地域のビッグデータ、オープンデータに精通したエンジニアや、 データサイエンティストなどの人材育成 九州地域のIT企業、ユーザー企業へのビッグデータ、オープン データの最新技術情報や事例紹介等の情報提供による地域 経済の活性化 九州地域の地方自治体が保有するデータのオープン化を促進 し、公共サービスの向上、効率化に貢献 ビッグデータ、オープンデータに関連した国のプロジェクトやビジネ スに繋がるための基盤となる人的ネットワークの構築 ビックデータ(オープンデータ)にワンストップサービスでアクセス できるWebサイトの構築
  3. 3. オープンデータ取組状況 3 http://www.bodik.jp/opendata/ 地方自治体のオープンデータ取組状況を地図にマップ
  4. 4. データ・セット紹介 4 オープンデータに興味を持ってもらうために、各自治体の特徴的なデータ・セットを定期的に紹介 http://www.bodik.jp/dataset/
  5. 5. UDC2015 中間報告 5
  6. 6. 第1回BODIKワークショップ 開催日時・場所 2015/8/27・福岡SRPセンタービル2F 開催テーマ はじめてのSPARQL 参加者数(スタッフ込み) 33名 (一般参加者19名、関係参加者8名 スタッフ4名 講師&TA2名) 当日の様子(活動の流れ) 13:30 受付開始 14:00 BODIKワークショップ開始 14:00~15:00 講義 15:00~17:00 演習 dbpediaにクエリーを投げて SPARQLの基礎を学ぶ 17:00 終了 6
  7. 7. アンケート結果 反省点 • 演習の文字が小さかった • 演習で使うスライド内に説明がほしかった • 解答を事前に配布してほしい 今後の参考 • 演習を通して何か作品を作成できるようなワークショップ を行いたい • 文法をもう少し学びたい、もう少し深く長い内容でも良 かった 7
  8. 8. 今後の活動予定(UDC2015) • 第2回BODIKワークショップ(11/12予定) 福岡市 – SPARQLの検索結果を地図やグラフで可視化 • データソン(11~12月) 久留米市 – 久留米オープンデータ活用推進研究会、Code for Kurumeと連携した、まち歩きイベントを開催予定 8
  9. 9. BODIK自治体WG 9
  10. 10. BODIK自治体WGの目的 上記目的を達成するために、以下の事項に取り組む。 1 市町村への技術支援(ノウハウの共有等) 2 データカタログサイト(CKAN)の共同利用 オープンデータ化推進の課題を解決するための資料、技術、ノウ ハウを共有し、オープンデータに取り組む自治体を増やすことで、 地域の課題解決の促進、経済の活性化に貢献する 10 構成メンバー 福岡県、北九州市、久留米市、福岡市 福岡アジア都市研究所(URC) 九州先端科学技術研究所(ISIT)の計6団体
  11. 11. 本WGの運営について 11 • 事務局は九州先端科学技術研究所(ISIT)とする • 本WGは平成28年4月に正式な立上げを目指した パイロットプロジェクトである(平成27年6月2日設立) • 月1回のペースでWGを実施中
  12. 12. • トップの理解を得るための説明資料の共有 • 職員の理解を得るためのオンラインコンテンツの作成 • 職員の理解を得るためのインターネット上のオンライン研修提供 • データ加工のためのTIPS作成 • 利用規約、ライセンスの共同策定 • オープンデータ作成の基本的な指針の明確化と共有 • データ保有担当部署に関するノウハウの共有 • 公開ポリシー(指針の事例、内部プロセスの事例)の共有 • アイデアソン、ハッカソンなどのイベントを共同で開催 • イベントに関するノウハウの共有 • 優先的に取り組む(データ)カテゴリーの決定 • 共同広報 • (将来的には)システム連携の検討 目的 : オープンデータ化推進の課題を解決するための資料、技術、ノウハウを共有し、 オープンデータに取り組む自治体を増やすことで、地域の課題解決の促進、経済の活性化に貢献する 上記目的を達成するために、WGにおいて検討する事項(案) 市町村への技術支援 プラン①タイルデザイン(福岡市) 初期費用 有料 運営費 有料 データカタログサイト(CKAN)の共同利用 プラン②BODIKデザイン 初期費用 無料 運営費 無料 + タイルデザインCMS 福岡市CKAN BODIKデザインCMS BODIK CKAN福岡市のODCS(オープンデータカタログサイト)を共同利用することで、 各自治体が高性能なODCSを開設することが可能 とりあえず取り組みを始めたい自治体にはBODIK ODCS
  13. 13. データカタログサイトの共同利用 • 2つのプランを提供 ① 福岡市CKANの共同利用(有償) 福岡市が構築したCKANと同様の仕組みを福岡市内のIT企業が提供する 現在、福岡市と北九州市が共同で実施中、政令指定都市レベルでの連携を検討中 ② BODIK ODCS(無償) ISITでWordpressとCKANを用いたテンプレートを無償提供し、オープンデータの取組 を推進する 現在、久留米市とISITで構築中、久留米市は連携中枢都市であるため、近隣の久 留米市から4市2町に働きかける予定 • データカタログサイトの共同利用を1月にプレス予定 • 将来的には九州全域のポータルサイト構築を目指す 13
  14. 14. Code for Kitakyushu Code for Iizuka 14 〜オープンデータの風を西から〜 肝付町

×