Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

【UDC2015】ソリューション 156 push大阪

1,680 views

Published on

UDC2015ソリューション部門作品

Published in: Services
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

【UDC2015】ソリューション 156 push大阪

  1. 1. PUSH大阪&PUSH広報 ~自治体広報情報を用いた 地域課題分析基盤に向けて~ PUSH大阪開発Team 古崎 晃司 2016/2/27 1 http://push.jp.net/ 2016/02/27(土) アーバンデータチャレンジ2015ファイナル・ステージ ソルーション部門 応募番号【156】 UDC2015ファイナル・ステージ
  2. 2. 背景:「PUSH大阪」の開発 解決したい問題:行政情報の有効活用 1. 行政が発信する「価値」のある情報が, 必要な人になかなか届かない. 2. 新しい仕組みの導入に,コストをかけたくない. →既存の情報・仕組みを, うまく活用することで解決したい. 解決のアプローチ 1. すべての情報を一律に提供するのではなく,利用者が 「関心のある/必要な」情報のみを配信する 2. 自治体のHPで既に配信されているRSS(ホームページの新着情 報のデータ)を利用することで,低コストでサービスを実現 →「PUSH大阪」の開発 2016/2/27 2UDC2015ファイナル・ステージ 市民が広報誌 やHPを読まない 業務は増や したくない
  3. 3. 「PUSH 大阪」とは 行政が発信する情報が,なかなか市民に届かない という課題を, ユーザが関心のある情報のみを,簡単に取得できる仕組み で解決しよう!というアプリ( iOS・Androidアプリ版/Web版を提供) 2016/2/27 3 カテゴリ で絞込 地域(区) や対象者 で絞込 記事の閲覧 (大阪市HPへ) 「PUSH大阪」の特徴 • 大阪市HPの最新情報が, スーマートフォン等で簡単に閲 覧できる • 興味があるカテゴリ,地域を登 録しておくと,「興味がある情報」 のみが届く • Android版では配信された情報 を定期的に通知バーに表示す ることで,普段見落としがちな 情報に気づかせる工夫. • 大阪市HPの更新情報(RSS) を利用するので,導入に際し 自治体での追加作業は不要 http://push.jp.net UDC2015ファイナル・ステージ
  4. 4. 「PUSH大阪」の仕組み 2016/2/27 UDC2015ファイナル・ステージ 4 大阪市,24区がそれぞれ 配信しているRSSを自動収集 + メタデータ RSSの内容を解析し, 各記事の想定対象 者などのメタデータ を自動付与 RDFデータ ベースに格納 ユーザが登録した 属情報に応じた 情報を配信 Linked Open Data (LOD)として公開(※) スマートフォン アプリ & Webアプリ により配信 HPの新着情報(RSS)を自動収集 追加情報の自動付与 ※開発当初(2014年8月)はオープンデータで無かった 大阪市のRSSが,2015年11月からオープンデータ(CC BY)に!
  5. 5. 「PUSH大阪」の技術的優位性(1/2) 1.今あるHPの最新情報を“そのまま”活用できる! →サービス導入の“追加コストがほとんど不要” →既に“多くの情報”がある (大阪市では約40件/日) 2.RSSがあれば,対象データを“簡単に”拡大できる! →ブログ,Faecbookページにも対応可能 100以上の 自治体に対応 「PUSH広報」 (他都市版) 大阪市のHP 地域コミュニティ のブログ, Facebook 地域コミュニティ発の情報を 同時に配信!(2015/3/2開始) →地域活動の活性化ツールへ 2016/2/27 UDC2015ファイナル・ステージ 5
  6. 6. 「PUSH大阪」の技術的優位性(2/2) 3.RDFを用いた拡張性の高い仕組みでDBを実装しているため, 「PUSH大阪のDBを用いた,様々なシステム(機能)」が実現できる →Web版では,その一部を拡張機能してテスト中 2016/2/27 6 取得データの統計 各記事に関連するデータの表示(β版) 地域情報の分析に利用可能 利用者の関心に応じた, 関連情報の推薦に活用可能 UDC2015ファイナル・ステージ
  7. 7. 「地域課題分析基盤」に向けた展開 収集した情報をLOD化(オープンデータとして公開)すること で,自治体が発信する広報情報を比較・分析する基盤化 データ公開サイト http://push.jp.net/data.html • 80自治体を対象に,1年間収集した情報をLOD化 • SPARQLエンドポイント(LOD用標準検索API)を提供 2016/2/27 UDC2015ファイナル・ステージ 7 自治体毎の比較が できる簡易分析ツール SPARQLクエリによる 詳細な検索・分析
  8. 8. ある“キーワード”をよく使う自治体 2016/2/27 UDC2015ファイナル・ステージ 8 キーワードを 指定して比較
  9. 9. 各自治体でよく使われるキーワード 2016/2/27 UDC2015ファイナル・ステージ 9 キーワード 件数 施設 166 地域 159 福祉 154 住宅 149 介護 91 環境 86 消防 84 保育所 84 教育 81 法人 80 大阪市 キーワード 件数 障害 50 保育所 50 アルバイト 41 福祉 38 企業 35 介護 30 大学 30 市営 28 地下鉄 24 生活 20 横浜市 キーワード 件数 気象 167 牛 118 科学 55 美術 52 美術館 40 議会 37 大学 32 文化 32 乳幼児 22 感染症 19 金沢市 キーワード 件数 臨時職員 89 建設 83 定時 77 水道 60 空き家 41 保育所 31 住宅 29 議会 22 購入 22 市営 20 室蘭市 記事(タイトル)に含まれるキーワードTOP10 自治体毎に特徴のあるキーワードが現れている. ※「事業」など一般的なキーワードは除外しています.
  10. 10. 特徴的な(おもろい)キーワード 2016/2/27 UDC2015ファイナル・ステージ 10 “いちばん”多く現れたキーワードが特徴的な自治体 さいたま市 動物 金沢市 気象 糸魚川市 雪 神戸市 美術 千葉市 動物 奈良市 プラネタリウム 南越前町 CATV 詳細な分析を進めると,いろいろなことが見えてきそう!
  11. 11. 月ごとの配信記事数の傾向 2016/2/27 UDC2015ファイナル・ステージ 11 4‐5月は 配信記事数 が少ない
  12. 12. SNS上でのシェア数ランキング(β版) 2016/2/27 UDC2015ファイナル・ステージ 12 http://push.jp.net/BBT/fb‐ranking.html • Twitterでのシェア(ツィート)数 はFacebookの2倍以上? • Twitterは犬・猫・動物関係の 記事が多い(上位20の半数) http://push.jp.net/BBT/tw‐ranking.html
  13. 13. まとめ • PUSH大阪&PUSH広報 • 自治体がHPで公開している広報情報(新着情報のRSS)を, 利用者のニーズ合わせて配信するアプリ・サービス • “RSSという自治体HPに広く普及している形式”を活用するこ とで,地域横断的な展開が可能(100以上の自治体に対応) →今後,“オープンデータが自治体のCMS等に組み込まれた 際に可能となる仕組み”を先取りした事例! • 「地域課題分析基盤」に向けた展開 • 80自治体を対象に1年間収集したデータをオープンデータ (LOD)として公開(http://push.jp.net/data.html) • いくつかの事例を通して,地域毎の特徴・時系列に沿った傾 向などを分析する為に,有用な情報源となり得ることを確認 • 今後,対象自治体の拡大・データ収集の継続と共に,他の オープンデータなどと組み合わせることで,地域課題の分析 基盤として発展させていく予定 2016/2/27 UDC2015ファイナル・ステージ 13

×