Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

【UDC2015】データ可視化 131 交通量計測器TRAPO

2,064 views

Published on

UDC2015データ・可視化部門作品

Published in: Services
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

【UDC2015】データ可視化 131 交通量計測器TRAPO

  1. 1. 交通量計測器 TRAPO~Traffic counter Portable~ TRAPON2015 一関工業高等専門学校 電気情報工学科 5年 坂本優作 山代大木
  2. 2. 建設後50年経つ橋は現在25橋(全体の6%) 20年後には234橋(全体の59%) 25橋 6% 209橋 53% 159橋 41% 2014年度 84橋 21% 259橋 66% 50橋 13% 2024年度(10年後) 10橋 3% 234橋 59% 149橋 38% 2034年度(20年後) 出典 一関市橋梁寿命化修繕計画(橋長15m以上) 一関市ホームページより 交通データの必要性とは? 築50年以上 30~50年 30年未満
  3. 3. 交通データの必要性とは?  橋の数が多い  コスト、人員の不足  どの橋がどの程度利用されているか把握できていない • 低コストでかつ軽量な交通量計測器を開発 • 収集したデータは橋の修繕計画に活用 <例>  交通量の多い橋 ➡ 優先的に修繕を開始  工事の時間帯 ➡ 交通量の多い時間帯は避ける 橋の維持管理に関する問題点
  4. 4. TRAPO 1m ロガー&バッテリー 赤外線距離センサー そのまま 車に積み込んで 運搬が可能
  5. 5. TRAPOの特徴 設置風景
  6. 6. 谷起島橋 赤子橋 長者滝橋 設置した橋 一関高専 H28年2月19日~2月24日(5日間) H28年2月18日~2月19日(1日間) H28年2月18日~計測中
  7. 7. 設置方法 赤子橋に設置した様子 センサーおよび データロガーボックスを 橋の欄干に結束バンドで 固定するだけ!! ボックスの取り付け
  8. 8. 交通量データの取得 CSVファイルへの出力結果 日時, 番号, センサー1, センサー2 2016-02-19T16:24:29, 0, 271, 293 2016-02-19T16:24:29, 1, 273, 291 2016-02-19T16:24:29, 2, 269, 295 2016-02-19T16:24:29, 3, 275, 296 2016-02-19T16:24:29, 4, 257, 331 2016-02-19T16:24:29, 5, 282, 294 長者滝橋H28年2月19日24時29分のデータ
  9. 9. 交通量データのグラフ 電 圧 ( 距 離 ) 時間 谷起島橋H28年2月19日7時44分~8時44分
  10. 10. 時間 谷起島橋H28年2月19日7時44分~8時44分 交通量データのグラフ 電 圧 ( 距 離 )
  11. 11. 車が通過した場合の特徴 TRAPOによる車の検出 センサー2 センサー1 車の幅がセンサーの間隔よりも 広いため、センサー1とセンサー2 で検出される距離のグラフが重な ることが特徴。
  12. 12. 時間 谷起島橋H28年2月19日7時44分~8時44分 交通量データのグラフ 電 圧 ( 距 離 )
  13. 13. 時間 谷起島橋H28年2月19日7時44分~8時44分 交通量データのグラフ 電 圧 ( 距 離 )
  14. 14. TRAPOによる人の検出 センサー2 センサー1 センサーの間隔の幅が人の幅より 広いため、グラフが重ならない。 人が通過した場合の特徴
  15. 15. 車と人の判別 グラフの特徴から車と人を識別 車が通過した場合 人が通過した場合
  16. 16. センサーで取得したデータの特徴によって、車と人を識別する。 向きの判別 センサー2 センサー1 センサー2 センサー1 センサーの反応する順番によって判別
  17. 17. 収集データの解析・公開 • データはCSVファイルであるため様々な解析ソフトウェアで利用可能 • オープンデータとしてアプリケーションや地域情報等にも活用可能 Internetcsv TRAPO
  18. 18. 今後のTRAPO 収集データの活用方法 他にも… • イベント、観光地などでの入場者のカウント • 渋滞状況の調査 • 道路敷設計画等の指標 などに活用可能 実際に橋に設置し、計測したデータを一関市に提供することで市内の 橋梁修繕の際に、資料として活用してもらう。 橋に設置した様子
  19. 19. 今後のTRAPO カメラ画像による通行者検出システムの開発 カメラによって撮影された画像をPCに取り込み解析するシステムを作成。 センサー同様、人と車の識別を画像処理によって実現。 車が通過した場合 人が通過した場合 人と車の面積の違いから識別 解析ソフトウェア
  20. 20. まとめ 現状 • 橋の老朽化が進んでいる • 補修・点検が必要だがコスト、人員が不足 • 具体的な橋の交通データが存在しない TRAPOによるメリット • 交通量を安価かつ簡単に計測できる • 橋の修繕の際に基礎データとして活用可能 • 収集・解析したデータを様々なソフトに対応させられる

×