Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

UDC2014 成果

954 views

Published on

アーバンデータチャレンジ2014ファイナルステージ進出作品概要

Published in: Services
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

UDC2014 成果

  1. 1. アーバンデータチャレンジ2014 平成27年3月作成 ファイナルステージ進出作品 (一次審査通過作品) 作品概要 ※本資料は、アーバンデータチャレンジ2014エントリー作品のうち、一次審査 通過作品のエントリー資料・当日のプレゼンテーション資料を基に作成しまし た。
  2. 2. UDC2014 一次審査通過作品 一覧 2 区分 選定した取り組み A アプリケ ーション 部門 1. さっぽろ保育園マップ 2. How Will My City Affect Me?~まちと私はどうなるの?~ 3. 金沢区/減災クエスト 4. まちの灯りを見てみよう! 5. ソーシェルジェ 6. 金沢すきま旅 B データセ ット部門 1. 水戸中心商店街マップ オープンデータ化 2. 地域資源データセット 3. 静岡県立島田商業高校 地域活性のオープンデータ活用 C アイディ ア部門 1. ジジババウォッチ 2. ムロタクシェア 3. イベントコンシェルジュ 4. PUBIC MIND HOME 5. 自転車向け情報活用による地域観光振興~ラックバスの導入に向けて~ 6. 来蘭・帰蘭(☆きら・きら☆)~室蘭観光ガイド~ 7. 松江発プログラミング言語Rubyでまち歩きからアプリ開発へ バスマッ プアプリ「ばすぴたる」 D ソリュー ション部 門 1. 室蘭LocalWiki 2. 5374(ゴミナシ).jp
  3. 3. A:アプリケーション部門 1/2 3 名称 概要 1 さっぽろ保育園マップ こどもを「どこに」預ければいいのか。それぞれの家庭のた くさんの事情を考えて、こどもの預け先を選ぶことが課題。 自治体の持つ保育園データから、条件にあった保育園を簡単 に探せるマップを作成。ソースコードはオープンソースとし て公開しており、どの地域でも保育園マップを作成すること が可能。 2 How Will My City Affect Me? ~まちと私はどうなる の?~ 近い将来に向け、自治体が想定している都市計画をインプッ トとして、簡易なシミュレーションを通し、将来その通りの 都市構造になった場合に市民が暮らす環境がどう変わるのか を15の指標を通して表示。行政側の描く都市の未来像と市 民の意見が出会う場として機能するウェブツール。 3 金沢区/減災クエスト スマホやPCのWebブラウザ上で動作する減災支援アプリ。 ゲームの世界を模した、わかりやすい情報デザインが特徴。 ただの情報の集積・羅列ではなく、状況に応じた有意義かつ 効果的な情報提供を目指したアプリケーション。
  4. 4. A:アプリケーション部門 2/2 4 名称 概要 4 まちの灯りを見てみよ う! 町内会などと協働して、防犯街路灯の位置情報を収集し、灯 りのデータベースを構築するアプリケーション。町内会毎に、 単位面積当たりの灯りの数を算出し、相対的な夜のまちの明 るさを評価するアプリケーション。 5 ソーシェルジェ フェイスブックの会話に含まれる公共的なニーズを抽出し、 それにマッチする公共施設をタイムリーに照会するアプリケ ーション。施設の有効利用を促進すると共に、市民生活・活 動の支援、災害への備え、社会的意識向上等の実現を目指し たアプリケーション。 6 金沢すきま旅 「すきま時間」で今から往復可能かつ、堪能できる金沢の観 光地を提案。シンプルな時計型のUIを用いて「何時まで」 空いているか、を入力するだけで今の状況(距離・時間・天 候)をアプリケーション側が全部考える(提案する)。
  5. 5. A:1.さっぽろ保育園マップ 5
  6. 6. A:2.How Will My City Affect Me?~まちと私はどうなるの? ~ 6
  7. 7. A:3.金沢区/減災クエスト 7
  8. 8. 8 A:4.まちの灯りを見てみよう!
  9. 9. A:5.ソーシェルジェ 9
  10. 10. 10 A:6.金沢すきま旅
  11. 11. B:データセット部門 11 名称 概要 1 水戸中心商店街マップ オープンデータ化 これまで14版にわたって地元商店街連合会から発行されて いる「水戸中心商店街マップ」が、オンラインデータとなっ ておらず紙のみの発行であることに着目し商店街連合会にラ イセンス許諾を確認した後、オープンデータとして公開する 取り組みを実施。オープンデータ化することで水戸市民自体 が水戸の商店街の魅力を再発見するのみならず、初来県の観 光客にも手軽に散策を楽しんでもらえることが期待できる。 2 地域資源データセット 各地方自治体の地域特産品や観光資源の情報をRDFデータセ ットに集約。地域資源でつながることができる複数の地方自 治体の基本情報として活用が期待できる。 3 静岡県立島田商業高校 地域活性のオープンデー タ活用 島田茶業協同組合データ、シマアツ(島田市のお店)、島田 市の観光情報などをオープンデータ化して学校のHPより配 信。配信する際に、学校だけではなく、静岡県のオープンデ ータカタログにも掲載の協力依頼を仰ぐなど、オープンデー タ活用の積極的な活動を伴ったデータセット。
  12. 12. B:1.水戸中心商店街マップ オープンデータ化 12
  13. 13. B:2.地域資源データセット 13
  14. 14. B:3.静岡県立島田商業高校 地域活性のオープンデータ活用 14
  15. 15. C:アイディア部門 1/3 15 名称 概要 1 ジジババウォッチ 日本社会の課題である「急速な高齢化」「世代間交流の喪 失」を解決するためのG空間オープンデータ使用システム (アプリ)の提案。当該システムが実現することで、①高齢 者の自宅ひきこもり防止、②地域における多世代間の交流促 進などが期待される。 2 ムロタクシェア 室蘭の交通状況と室蘭工業大学の学生の生活状況において、 学生同士でタクシー共有するアプリの提案。アプリの提案対 象者は室蘭工業大学の在学生と教職員である。本提案を利用 して学生の便利で安い出かけるを可能にし、市内の交通シス テムがスムーズに運営できることが期待される。 3 イベントコンシェルジュ イベント情報について、主催者に基本情報(地域のイベント から個人のイベントまで可)を行政がデータベース化して、 オープンデータにする。 その情報をもととした、スマホア プリの提案。利用者はユーザ登録をして、事前登録情報から 「おまかせ」とその時の気分で「気分で選択」を選択。登録 情報に基づき、イベントをスマホがコンシェルジュとして、 プッシュ(レコメンド)してくれる。 イベント参加中は、 実況ができ、終了後は評価して、高評価は基本情報に追加す るなどフィードバックの仕組みについても提案。
  16. 16. C:アイディア部門 2/3 16 名称 概要 4 PUBILC MIND HOME 市民が参加して、自治体の橋梁点検を進めるアイデア。管理 対象の橋を市民が選択・利用状況を調査する仕組み。地域の 学生と協力して橋梁の調査・点検から、橋のカルテ (OPENDATA)を作成する仕組みの提案。 5 自転車向け情報活用によ る地域観光振興~ラック バスの導入に向けて~ 水戸市がコンパクトシティに合わせて自転車利用を推進して いることに着目。自転車利用者にとって、安全、楽しみの情 報をスマートフォンで提供することで、自転車利用拡大を図 り、さらにサイクルカフェの設置、ラックバスの導入により、 まちづくりに結び付ける提案。 6 来蘭・帰蘭(☆きら・き ら☆)~室蘭観光ガイド ~ 四季折々のロードマップを作成するアプリ。各種交通機関別 を用いた観光ルートの作成 (あらかじめ用意したお勧め観 光コースを元にオリジナルルート検索が可能)、観光地・観 光目的、各々の交通機関を用いた所要時間と駐車場など近隣 情報や各種注意事項を掲載する提案。
  17. 17. C:アイディア部門 3/3 17 名称 概要 7 松江発プログラミング言 語Rubyでまち歩きから アプリ開発へ バスマッ プアプリ「ばすぴたる」 松江発プログラミング言語Rubyを学び、オープンデータア イデアソンとマッピングパーティに参加した学生が、松江市 のオープンデータを使いAR拡張機能を追加したバスマップ アプリの開発と、これを運営するビジネスモデルの提案。
  18. 18. C:1.ジジババウォッチ 18
  19. 19. C:2.ムロタクシェア 19
  20. 20. C:3.イベントコンシェルジュ 20
  21. 21. C:4.PUBIC MIND HOME 21
  22. 22. C:5.自転車向け情報活用による地域観光振興~ラックバスの導入に向け て~ 22
  23. 23. C:6.来蘭・帰蘭(☆きら・きら☆)~室蘭観光ガイド~ 23
  24. 24. C:7.松江発プログラミング言語Rubyでまち歩きからアプリ開発へ バスマップアプリ「ばすぴたる」 24
  25. 25. D:ソリューション部門 25 名称 概要 1 室蘭LocalWiki 「街を大切にする人が増える。自分の街のことを一つ一つ調 べたい。記事にしたいという気持ちになった。」と地域の観 光資源の掘り起こしと情報発信をするツールとして、ローカ ルWikiの活用する提案。室蘭市では、地元の市民により定期 的に地域の観光資源に関する情報の編集会議を行う取り組み が活発化している事象をうまく捉えた提案。 2 5374(ゴミナシ).jp 「いつ、どのゴミが収集されているのか?」素朴・単純な疑 問と、それに答えるアプリケーション。5374は現在、60都 市以上に広がり、各地域の開発者が改良を続けるなどコミュ ニティとしても拡大している。
  26. 26. D:1.室蘭LocalWiki 26
  27. 27. D:2.5374(ゴミナシ).jp 27

×