Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

130801_udct_05_07

3,495 views

Published on

先進事例をもとに解くべき課題を考えよう!ーアーバンデータチャレンジ東京 2013 2ndステージワークショップー

データに基づく犯罪予防——どう実践するか(雨宮護)

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

130801_udct_05_07

  1. 1. データに基づく犯罪予防 :どう実践するか? 雨宮 護 (東京大学空間情報科学研究センター) 1 アーバンデータチャレンジ東京 2013 2ndステージワークショップ 「先進事例をもとに解くべき課題を考えよう!」 130801@東京大学
  2. 2. 各地で盛んに行われている 「防犯まちづくり」 「施設の整備や管理等を通して犯行の機会や犯罪被 害の不安感を軽減し,『生活の質』の向上をめざす, 一連の持続的な取り組み」(山本,2005) 見守り活動 空き店舗の活用 設備の設置 2
  3. 3. 「防犯まちづくり」の課題 • 漠然とした不安に基づく活動であり,根拠 (データ)に基づく実践になっていない • しかし,犯罪に関するオープンデータはない DB名 公開空間単位 罪種別 小地域データ 警察庁統計「平 成○年の犯罪」 都道府県 ○ × 総務省「統計で 見る市町村」 市町村 × × 3
  4. 4. 海外では位置情報つき 犯罪データの公開が進んでいる 4
  5. 5. 日本で,防犯まちづくりの 「根拠」をどう得るか? :「ヒヤリ・ハット」への着目 「ヒヤリ・ハット」300件 「軽い事件」 29件 「重大事件」 1件 • 量としてかなり起きている • 犯罪に比べ市民からの情報提供が期待できる 5
  6. 6. 「ヒヤリ・ハット」被害率:子どもの被害の事例 行為の種類 提示文 大都市 小学校5校 郊外都市 小学校5校 追いかけ 追いかけられたり,後をつけられたりした. 5.1% 2.4% 暴力 叩かれたり,物をぶつけられたり,手や服 をつかまれたり,体を触られたりした(さ れそうになった) 4.9% 0.3% 盗難 知らないうちに,持ち物を盗まれたり,盗 まれそうになった 4.0% 0.6% その他 その他の怖いこと,嫌なことをされたり, されそうになった 3.5% 0.6% 誘い ついてこないか,何か買ってあげようか, 車に乗らないかなどと誘われたり,どこか へ連れて行かれそうになったりした 2.3% 0.6% カツアゲ 物やお金をひったくられたり,無理矢理取 り上げられたりした 1.6% 0.1% 痴漢 エッチなことを言われたり,恥ずかしいも のを見せられたりした 1.5% 1.7% 上記いずれか 15.3% 6.2%6
  7. 7. 「ヒヤリ・ハット」地図 「どこに重点をおいて見守れば良いか」の判断材料 7
  8. 8. 東京都葛飾区の取り組み • 「子どもへの被害調査→ワークショップ( 討議)→実行計画策定」の3段階で実施 • 計画に基づき関係各主体が対策を実施 • 活動成果報告と事後検証による遂次改善 8
  9. 9. どうやって「ヒヤリ・ハット」を 収集し,使えるデータにするか? ☹ 標準化された方法で自ら収集する ☺ 日々生産される「ヒヤリ・ハット」デー タを蓄積・共有する  警察による公表データ  自治体による公表データ  学校による公表データ メール ウェブ プリント 9
  10. 10. 「ヒヤリ・ハット」の公開事例 10 http://www.city.fukuoka.lg.jp/soki /joho/shisei/BDODkyougikai_sam pledata.html 「ビッグデータ・オープン データ活用推進協議会」ア イデアコンテストのための サンプルデータ 「福岡市webまっぷ」の 「犯罪危険箇所」「交通危 険箇所」「見守る店など」 「安全安心マップ」の一部 を緯度経度付きで公開
  11. 11. しかし・・・現行のデータ共有の問題 :現状の子どもの被害情報の流れから 危険体験 保護者 学校 市(教育委員会) 警察 自己申告 連絡 連絡 連絡 不審者情報プリント 不審者 ・声かけマップ ホームページ掲載 ・メール配信 情報発信 情報発信情報発信 11
  12. 12. しかし・・・現行のデータ共有の問題 :現状の子どもの被害情報の流れから 不審者情報プリント 不審者 ・声かけマップ ホームページ掲載 ・メール配信危険体験 保護者 学校 市(教育委員会) 警察 自己申告 連絡 連絡 連絡 情報発信 情報発信情報発信 子どもの自己申告でのバ イアス(同じ行為にあっ ても申告する/しない, どう申告するかは子ども に依存) 連絡段階でのバイアス (どの場合に連絡するかが 一定しない)/情報整理 フォーマットはばらばら 情報発信段階でのバイアス (どのような場合にどのよ うに発信するか) 情報発信段階でのバイアス (どのような場合にどのよ うに発信するか) 情報発信段階でのバイアス(発 信情報に恣意性が存在) 被害場所だけでなく,不安な場 所,注意場所なども混在 発信された情報の質(内容 の信頼性,形式の統一性) の問題から,時期間・地域 間の比較が困難 12
  13. 13. 解くべき課題 「ヒヤリ・ハット」を有効に活用し,「データ に基づく犯罪予防」につなげるために  データの有効な収集・整理・蓄積方法  有効な活用方法  あり得る悪用・弊害の整理とそれへの配慮 13

×