Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

CCA for NPO

334 views

Published on

Co-creAction Award2016に際する、NPO向け参考資料です。
「どのような視点で共創アイデアを考えればいいんだろう?」という疑問への事務局からの回答がございますので、ぜひ参考にしてみてください。
※ こちらのアドバイスは、コンテストの審査基準とは関係ございませんので、ご了承下さい。

Published in: Business
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

CCA for NPO

  1. 1. Co-creAction Award 2016 この文書の著作権はアイディール・リーダーズ株式会社に属しています。この文章の無断転載、複写等はご遠慮下さい。 Copyright © 2015 All Rights Reserved by Ideal Leaders NPO向け参考資料
  2. 2. Co-creAction Award に込めた想い 企業とNPOのコラボレーション(共創)を通じて、 より良い社会づくりを加速させたい 2 共創への変化イメージ これまで これから 非営利 組織 企業 施し 共創 • 企業が資産をNPOに譲渡、それをNPOが 消化する構造 • 企業にとっては「支援している」以上の メリットを実現するのが難しい • そのため企業にとって優先順位の高い パートナーシップを実現するのは難しい 企業 非営利 組織 • 企業のビジネスモデルと、NPOのビジネ スモデルを融合するイメージ • 企業、NPOの両者にとって連携が事業上 の課題解決となる連携 • それぞれ対等かつ戦略的なパートナー シップを実現
  3. 3. Co-creAction Award とは 企業とNPOのコラボレーション(共創)を起こす、 促進するための「共創アイデアコンテスト」 3 企業 非営利 組織 課題の提出 アイデア提案共創 今回は共創のアイデアを表彰します 表彰イメージ(写真はGoogle インパクトチャレンジ) ■賞金 【 大賞:100万円 】【 副賞:50万円 】 ■審査委員(現在調整中) 審査委員長:一橋大学イノベーション研究センター教授 米倉誠一郎 氏 審査委員 :太陽ホールディングス研究本部 有馬聖夫氏 審査委員 :JT たばこ事業本部 R&Dグループ 責任者 米田靖之氏 審査委員 :東急不動産株式会社 執行役員 小室明義氏 審査委員 :エコッツェリア協会 エコッツェリア協会 フューチャー センター・プロデューサー田口真司 氏
  4. 4. スケジュール 4 コンテスト スケジュール 共創案件組成 スケジュール 2/23(火) 1/17(日) 11月中旬 共創テーマの公開・アイデア募集開始  企業からの共創テーマ(=アイデアのお題)が掲 載されたwebサイトが公開  同時に、NPOからのアイデアの受付を開始します アイデア募集締切・最終連絡/通知  NPOからの応募を締め切り  いただいたアイデアから、2/23にプレゼンしてい ただくNPOに2週間を目処に連絡いたします コンテスト当日  コンテストスケジュールとは別に、 実際の企業との案件組成をサポー トいたします  案件の現実化、サポートについて は個別のNPOの希望に沿って行い ます
  5. 5. なぜNPOがCo-creAction Awardに参加するのか 大きく分けて「長期的」「短期的」の2つのメリットがある 5 長期的メリット短期的メリット ① コンテスト賞金の獲得  本コンテストでは、共創アイデアに対し 【 大賞:100万円 】【 副賞:50万円 】の 賞金を進呈します  賞金はその後の企業との実際の連携の有無に関わら ず、アイデアの中身に対して公平に審査致します ② 組織知名度の向上  優れたアイデアは、2/23に最終プレゼンをしていた だきます  このプレゼンイベントは多く聴衆、メディア関係者 をお呼びする予定のため、組織知名度の向上に貢献 する場になると考えております ① 収益事業の構築  助成金などと異なり、企業との連携案件は適切な利 益を得ることを十分に期待できます  企業との継続的な取り組みをつくることができれば、 NPOにとって収益を支える柱の構築に繋がります
  6. 6. なぜ企業がCo-creAction Awardに参加するのか NPOにしか解けない、NPOだからこそ解くことができる そのような企業課題が多数存在する 6 課題のカテゴリ 企業の悩み NPOのアプローチ 新商品開発 販路開拓 社員育成/研修  ユーザーの生のニーズを汲みとっ た商品開発をしたいが、そのニー ズを汲み取る場所がない  そのような場を新たに設けること は高いコストがかかる  介護現場を持つNPOが日々の支援を 通じて拾っているニーズを共有  商品開発担当がNPOの現場でボラン ティアを行い、実際にユーザーに触 れることを通じて肌感を得る  新興国に商品販路を開拓したいが、 その国につてがなく、またどのよ うな文化圏か知らない  「企業として」得られる情報には 限りがあるが、すぐに現地の生の 情報を得られる関係を作るのは難 しい  対象国での支援活動を通じて得た生 の情報・示唆の提供  現地の企業幹部や国家幹部とのコネ クションを活かした、彼らの紹介・ マッチング  会社ビジョンの理解、若手・女性 の活用、管理職層へのマネジメン トなど、座学は提供しているが、 実地経験が伴わないことで研修内 容が定着しない  会社のビジョンを考え直せる現場 (仮設住宅支援をディベロッパー会 社の社員が行うなど)や、実際に若 手・女性の活躍支援を行っている NPOでの社員の受け入れ/研修
  7. 7. 共創アイデアのポイント 企業の課題解決と「同時に」、NPOもビジョン達成することを目指す 7 企業 非営利 組織 課題の提出 アイデア提案共創  共創アイデアの恩恵を受けるのが、企業「だけ」、NPO「だけ」にならないようにするのが重要  双方に具体的なメリットがあることでアイデアの実現性、展開性、持続性が高まる  「企業の持っていないもの」「これから持とうとしても大変なもの」をNPO側から提供  例えば、現場、現場からの示唆・ノウハウ、など  一方、アイデア実現の際に企業側に何を提供してほしいのか、コミットして欲しいのかを明確に  例えば、ヒト(社員の派遣)・モノ(会場)・カネ(事業委託費)など ポイント
  8. 8. 8 アイデアを考える際のポイント(企業視点) 事業成果 1 社会性の付与 2 業務プロセス 事業結果  社員の採用/育成  資材の調達  商品の製造/物流  商品開発  サービスそのものの提供価値  より健康増進効果のある食品/ 飲料の開発  よりユーザーフレンドリーな 商品の開発 事業成果、 KPIの達成 利益の創出 事業の 広報/PR  事業で目指している成果、KPIの達成への貢献  NPOと連携した取り組みであることにより広報効果  NPOによる広報を通じた、事業認知度の向上  NPOとの連携による課題解決を通じた利益の創出
  9. 9. アイデアを考える際のポイント(NPO視点) 9 ビジョンの 加速、実現 利益を 上げること 実現可能な プラン その他、 資産形成 1 2 3 4  アイデアは、企業にとっての課題解決メリットだけではなく、提案元NPO にとっても事業上の目標を実現できるものがよい  そもそもNPOは何らかの「ビジョン」「社会のあるべき姿」に向かってい る組織体であり、その目的に近づくことができる事業に集中すべき  アイデアを元にした取り組みは、NPOにとっても適性な利益を期待できる ようにしましょう  NPOにとって持ち出しになってしまう、収支がトントンになってしまうも のは、事業としての継続性や安定性に欠けるため、「実施上の無理」をし ないようなプランにしましょう  NPOには本来事業があります。企業との連携は、その本来事業にプラスし ての取り組みになることが多くのケースだと思います。そのため、本来事 業をおろそかにしない、体制として無理をしなくても実現できるプランに しましょう  新しい取り組みを行うと「事業運営上のノウハウ」「これまでになかった 人脈」「人材の成長」「組織の知名度」など様々な”資産”が期待できます  これらはやってみて初めてわかるものでもありますが、何か期待したいこ とがあれば事前に設計することも重要かつ大切です

×