Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

エンジニア勉強会資料_①ブレインパッドの中で僕たちは何を開発しているのか?

591 views

Published on

2018年3月13日にブレインパッドが開催した「エンジニア向け勉強会」の講演資料です。

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

エンジニア勉強会資料_①ブレインパッドの中で僕たちは何を開発しているのか?

  1. 1. ブレインパッドの中で 僕たちは何を開発しているのか? 当社サービスのご紹介と未来の展望について 株式会社ブレインパッド 取締役 安田 誠 2018年3月13日
  2. 2. 自己紹介 ブレインパッド 創業メンバーのひとり 4月から 中学生になる息子がいます。 パパうざい…(思春期)
  3. 3. ブレインパッド
  4. 4. ブレインパッド BrainPad Inc. 本社:東京都港区白金台3-2-10 白金台ビル 設立:2004年3月18日 2013年 東証一部上場(2011年 東証マザーズに上場) 資本金:332百万円 ※ 社員数:216名 ※ ※ 2017年12月31日現在 創業来ずっと データ分析を コアビジネスにし ています
  5. 5. ブレインパッド 創業来のミッション データ活用の促進を通じて持続可能な未来をつくる この中期のコーポレートヴィジョン Analytics Innovation Company アナリティクスとエンジニアリングを駆使した革新的かつ 実践的なソリューションで最高の価値を提供する
  6. 6. 最近のリリース コーラ
  7. 7. 最近のリリース 認定
  8. 8. 最近のリリース 洪水 ダメ
  9. 9. 最近のリリース JR
  10. 10. データ活用を支援する会社 主に3つの事業をやっています。 受託によるデータ分析 売上はだいたい3分の1ずつなの データ分析に関するシステム構築 自社のプロダクト・サービス開発 僕らはここ
  11. 11. データ活用を支援する会社がつくるもの こんな「データ活用を支援する会社」がつくる インターネットサービスってどんなものか? どんなプロダクト・サービスをつくっているのか? かんたんにご紹介します。
  12. 12. ブレインパッド 何を開発しているのか? 現状は主にマーケティング・ツールを開発しています。
  13. 13. ブレインパッド 何を開発しているのか? データを活用したマーケティングを促進する プロダクト・サービス たちです。 もっとマーケティングは便利に効率的になるはず もっと機械に任せるところは機械へ(人とは計算量が違う) もっと人間はクリエイティブで楽しい仕事に従事すべき
  14. 14. 僕らのビジネスの特徴 基本的に仕入れが発生しない (OSSの活用、クラウドサービス利用) サービス企画から開発、デザイン、マーケティング、営業、 サポートなど一連のサプライチェーンを提供 ほぼ外部発注はなく、単独でのプロダクト開発
  15. 15. ストック売上比率 11.8億円 僕らのビジネスの特徴 82.3% 売上額 ほぼほぼ ライセンス
  16. 16. どうやって開発ははじまるの? ビジネス側が強いとか エンジニアが強いとかはない こんなことしたい!という アイデアや想いを話して形(企画)にしていきます。
  17. 17. どうやって開発ははじまるの? レコメンド 広告運用の自動化 コンテンツ解析 ThinkPad 欲しい! 広告運用従事者のブラック化… このページ読む人って…
  18. 18. 最近のリリース レコメンドエンジン搭載プライベートDMP「Rtoaster」 DMP市場で3年連続シェア1位を獲得(ITR調査レポート)
  19. 19. 主なお客様
  20. 20. 共創によるビジネス開発 営業 お客様 サポー ト データ 分析 する人 アルゴ リズム つくる 人 エンジ ニア 営業を 支援 する人 デザイ ナー マーケ ティン グ する人 製販一体となったプロダクト・サービス開発 「共創」がテーマです。
  21. 21. 僕らのプロダクト・サービスの方向性 お客様企業の マーケティング担当者が もっとクリエイティブな仕事をできるようにしてあげたい データの活用によって、マーケティング活動は もっと楽しく、クリエイティブになる マーケティング担当者にそんな環境を提供したい
  22. 22. 僕らのプロダクト・サービスの方向性 DMPとADの領域は深く連携して、AI・機械学習技術が マーケティングをもっとクリエイティブにしていく プラットフォーム DMP領域 広告領域 データ分析 プライベート DMP コンテンツ解析 ユーザー分析 レコメンド エンジン 最適な予算配分 入稿・入札 レポート 多彩な アルゴリズム より深い連携/全体を最適化する
  23. 23. なぜ データ活用を支援する会社がやるのか? 最高のサービスをつくれる土壌がある 本質を追求できる(しがらみがない) プラットフォーマーを横断できる(中立的) ● 独立した資本 ● 広告による売上は少ない ● マーケティングでは重要なポイント ● Googleだけの世界にはならない 創業からの データ分析 ビジネス(信頼) ● 実践的なデータ分析の経験 ● アルゴリズムをサービス化するエンジニアリング力
  24. 24. おわりに 僕たちは データ活用を支援する会社 ブレインパッドの中で ユニークなプロダクト・サービスを開発しています。 お客様の本格的なデータ活用はまだ始まったばかり。 これからも最高のサービスを提供できるよう 頑張っていきます!
  25. 25. ご清聴ありがとうございました。 今日は楽しんでください!

×