Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
統合監視ソフトウェアZabbix新バージョン2.0の紹介           Takanori Suzuki
自己紹介 Takanori Suzuki     ZABBIX-JP メンバー     修正パッチ作成したり     ときどき、ZABBIX-JPフォーラムやtwitterでサポートしてい      ます
ZABBIX-JP について 日本におけるZabbixコミュニティー     http://www.zabbix.jp    2005年より活動開始    日本向けRPMパッケージ・Yumリポジトリの公開    フォーラムでのサポートの...
アジェンダ Zabbix概要 Zabbix 2.0 Zabbix 2.0.0RC1インストール手順
Zabbix概要
Zabbix = 統合監視ソフトウェア 監視機能    機器から情報を取得する    取得したデータの保存 履歴管理・表示機能    監視データの管理・表示    グラフ、マップの表示    障害履歴管理・表示 障害検知・通知機...
Zabbixの特徴 主な特徴    オープンソース・ソフトウェア    Webインターフェースから選択式による監視設定、表示が可能    柔軟に設定可能な監視、障害検知、通知機能    マップ、グラフ、複数グラフの表示機能    監...
Zabbix動作環境                  障害通知                               SNMP &                               SNMP Trap             ...
対応プラットフォーム          プラットフォーム   Zabbixサーバ   ZabbixエージェントLinux                   ○             ○Windows                 -   ...
監視機能: Zabbix Agent機能 基本監視項目    リソース監視 (CPU、メモリ、ディスク、ネットワークの各使用率)    ポート監視    プロセス監視    ログ監視    ファイル監視    Windowsサービ...
監視機能: SNMP, SNMP Trap監視 SNMP, SNMP Trap によって、ネットワーク機器などの  監視が可能     TelnetまたはSSH経由でのコマンド実行結果を監視結果と      して保存可能     エージェ...
監視機能: Telnet, SSH監視 Telnet, SSHを利用したサーバ監視が可能    TelnetまたはSSH経由でのコマンド実行結果を監視結果と     して保存可能    エージェントレスでの監視が可能    パスワードや...
監視機能: その他 IPMI監視    電源の故障、ファンの故障、温度などを監視 データベースモニタ監視    UnixODBCを利用してDBを監視 シンプルチェック監視    TCPポート、Ping などシンプルな監視 Zabb...
表示機能   監視データ表示   障害発生箇所の一覧表示   グラフ表示   マップ表示   スクリーン機能 (レポート作成機能)
通知機能 メールによる通知    障害時/復旧時の通知    送信するメールの内容を設定可能 通知先・障害レベルの設定が可能    通知するユーザー/グループを設定可能    通知する障害レベル設定が可能 スクリプトにより、通知方...
その他: Zabbixプロキシによる監視   大規模なシステムや遠隔地の拠点の監視が可能   監視設定や収集データはZabbixサーバで一元管理    • 監視設定    • 監視データ         Zabbixサーバ         ...
その他: 監視テンプレート 監視テンプレートとは    監視項目設定、障害閾値設定、グラフ設定をひとまとめにして     扱うことができる機能    ホストとリンクさせることで、テンプレートに含まれる設定内容を     一括適用することが...
Zabbix 2.0
2.0 リリース時期について 2012年春を予定    状況によっては予定が変更される可能性もあり      (To be released when ready)    2012/3/13に2.0の最初のRC版(2.0.0 RC1)がリ...
2.0 での追加機能   Zabbix API の正式実装   JMXを利用したJavaアプリケーション監視機能   監視対象デバイスの自動検知   ハードウェア構成情報の自動収集   Webインターフェイスのデザインの改善   S...
Zabbix API の正式実装   1.8 において試験的に実装されていたZabbix APIを正式に実    装   JSON-RPCを利用したAPIにより、API経由での監視結果の取    得や監視設定の追加・変更・削除が実現可能 ...
JMXを利用したJavaアプリケーション監視機能   以前はzapcatを利用し実現していたJavaアプリケーションの監    視機能をZabbix自体に実装       ZabbixサーバーやJavaアプリとは別にZabbix Java ...
JMXを利用したJavaアプリケーション監視機能   JMX経由にて取得可能な情報を監視可能       メモリの使用状況       スレッド数       スレッドの状況       セッション数 …など   Jconsoleと...
JMXを利用したJavaアプリケーション監視機能   JMXエージェント監視の設定方法       JMXのセットアップ           /etc/zabbix/zabbix_server.conf の編集            Ja...
監視対象デバイスの自動検知(LLD)   ネットワークデバイス名、ディスクデバイスの構成などを検知し、    自動的に監視対象に追加   自動検知により、細かな構成の違いによるテンプレートの分割    が不要に               ...
監視対象デバイスの自動検知(LLD)   ホストの設定要素に「ディスカバリ」が追加   ディスカバリ後の自動アイテム登録方法を設定               自動検知
ハードウェア構成情報の自動収集   OS、MACアドレス、CPUアーキテクチャ、などを収集し、インベン    トリ情報として自動登録可能   アイテムの登録画面からインベントリへの取込みが設定可能
Webインターフェイスのデザインの改善   見た目の改善   AJAXによる、より柔軟な操作の実現
Webインターフェイスのデザインの改善   タブの採用によって画面がシンプルに
SNMP Trap機能の強化   煩雑であったSNMP Trap監視設定を容易に設定可能   1.8まで必須であった、Zabbix Sender実行用のカスタムスクリ    プトの作成が不要   snmptrap[正規表現]、snmptr...
その他 1つのホストに複数のIPアドレスを設定可能 マップ上のアイコンに複数のURLリンクを設定可能 マップ上のホストから、そのホスト上でコマンドを実行可  能(グローバルスクリプト) 複数のアイコンを同時に一括編集可能 マップのグリ...
その他 Zabbix 2.0 のロードマップページ  http://www.zabbix.org/wiki/Docs/specs/2.0_roadmap
Zabbix 2.0Webインターフェイス概観
監視データの表示
監視データの表示
監視データの表示
障害情報の表示
障害履歴情報の表示
アクション(メール通知結果)の表示
マップの表示
スクリーンの表示複数のグラフやマップを1つの画面で表示
Zabbix 2.0.0RC1インストール手順
2.0.0 RC1版の利用について ZABBIX-JPから2.0.0 RC1のrpmを提供中  URL: http://www.zabbix.jp/   zabbix-java-gateway パッケージが追加   パッケージの依存関係は...
RPMのインストール  依存パッケージをyumでインストール  # yum install java-1.6.0-openjdk OpenIPMI-libs net-snmp ¥  unixODBC OpenIPMI OpenIPMI-lib...
RPMのインストール  Zabbixパッケージをインストール  # rpm -ihv zabbix-2.0.0rc1-0.el5.JP.i386.rpm ¥  zabbix-agent-2.0.0rc1-0.el5.JP.i386.rpm ¥...
MySQLデータベースの設定  /etc/my.cnf を以下のように設定  [mysqld]  ・・・デフォルトの設定は残す・・・  character-set-server=utf8  skip-character-set-client-...
MySQLデータベースの設定  Zabbix用のDBを作成  # mysqladmin create zabbix  DBに権限を設定     以下の太字箇所は左から「DB名」、「ユーザー名」、「パスワード」を      意味しています ...
MySQLデータベースの設定  初期データをZabbix用DBへ入力  # mysql -uroot zabbix ¥      < /usr/share/doc/zabbix-server-2.0.0rc1/database/mysql/s...
Web インターフェイスの設定 http://localhost/zabbix/ へアクセスしてセットアップ  を開始
Web インターフェイスの設定
Web インターフェイスの設定
Web インターフェイスの設定 DB情報(DB名、ユーザー名、パスワード)を入力
Web インターフェイスの設定
Web インターフェイスの設定
Web インターフェイスの設定
Web インターフェイスの設定
Web インターフェイスの設定 設定が完了するとログイン画面が表示されます ここでログインせずに設定を続けてください
Zabbix Server の設定  /etc/zabbix/zabbix_server.conf の以下項目を次のよう   に設定  DBName=zabbix <- データベース名を設定  DBUser=zabbix <- データベースユ...
Java Gateway の設定 /etc/zabbix/zabbix_java_settings.sh の以下項目を次のよ  うに設定    LISTEN_PORT=10052         <- JavaGatewayのポートを設定 ...
Zabbix Agent の設定  /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf の以下項目を次のよう   に設定  Server=127.0.0.1 <- ZabbixサーバのIPアドレスを設定  Hostname=Zabb...
Web インターフェイスの設定 全ての設定が完了したらWebのログイン画面からログ  インして監視設定を行うことが可能になります Username: Admin Password: zabbix
Fin.Any Questions?
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

統合監視ソフトウェア Zabbix新バージョン2.0の紹介

22,643 views

Published on

ZABBIX-JP

  • Be the first to comment

統合監視ソフトウェア Zabbix新バージョン2.0の紹介

  1. 1. 統合監視ソフトウェアZabbix新バージョン2.0の紹介 Takanori Suzuki
  2. 2. 自己紹介 Takanori Suzuki  ZABBIX-JP メンバー  修正パッチ作成したり  ときどき、ZABBIX-JPフォーラムやtwitterでサポートしてい ます
  3. 3. ZABBIX-JP について 日本におけるZabbixコミュニティー http://www.zabbix.jp  2005年より活動開始  日本向けRPMパッケージ・Yumリポジトリの公開  フォーラムでのサポートの提供  修正パッチの作成・投稿  リリースノート、マニュアル、WebUIの翻訳  各種ドキュメントの公開 今日はZABBIX-JPのブースで Zabbix 2.0.0RC1 の デモ環境の展示をしているので、触ってみてください。
  4. 4. アジェンダ Zabbix概要 Zabbix 2.0 Zabbix 2.0.0RC1インストール手順
  5. 5. Zabbix概要
  6. 6. Zabbix = 統合監視ソフトウェア 監視機能  機器から情報を取得する  取得したデータの保存 履歴管理・表示機能  監視データの管理・表示  グラフ、マップの表示  障害履歴管理・表示 障害検知・通知機能  障害を検知するための閾値設定  管理者への障害/復旧通知
  7. 7. Zabbixの特徴 主な特徴  オープンソース・ソフトウェア  Webインターフェースから選択式による監視設定、表示が可能  柔軟に設定可能な監視、障害検知、通知機能  マップ、グラフ、複数グラフの表示機能  監視設定、収集データをRDBMSで一元管理  テンプレートによる監視、障害検知、グラフ設定の一元管理  ユーザスクリプトによる監視項目の拡張機能  さまざまなOSに対応した専用エージェント  SNMP、IPMI、ODBC、sshなどエージェントレスの監視にも対応  Zabbixプロキシによる大規模システムの監視機能
  8. 8. Zabbix動作環境 障害通知 SNMP & SNMP Trap ネットワーク機器 MySQL Zabbixサーバ Zabbixエージェント Zabbix エージェント導入サーバ Ping/ポート監視 Telnet/SSH 表示Zabbix Webインターフェース 設定 管理者 Zabbixエージェント未導入サーバ
  9. 9. 対応プラットフォーム プラットフォーム Zabbixサーバ ZabbixエージェントLinux ○ ○Windows - ○Solaris ○ ○AIX ○ ○HP-UX ○ ○Mac OS X ○ ○FreeBSD ○ ○OpenBSD ○ ○Novell Netware - ○SCO Open Server ○ ○Tru64/OSF ○ ○
  10. 10. 監視機能: Zabbix Agent機能 基本監視項目  リソース監視 (CPU、メモリ、ディスク、ネットワークの各使用率)  ポート監視  プロセス監視  ログ監視  ファイル監視  Windowsサービス監視  Windowsイベントログ監視 など 監視項目を独自に拡張可能  アプリケーションの監視などを独自に設定可能  独自監視プログラムなどで利用
  11. 11. 監視機能: SNMP, SNMP Trap監視 SNMP, SNMP Trap によって、ネットワーク機器などの 監視が可能  TelnetまたはSSH経由でのコマンド実行結果を監視結果と して保存可能  エージェントレスでの監視が可能  パスワードや鍵の事前登録が必要 SNMP Zabbixサーバ SNMP Trap SNMP 対応機器
  12. 12. 監視機能: Telnet, SSH監視 Telnet, SSHを利用したサーバ監視が可能  TelnetまたはSSH経由でのコマンド実行結果を監視結果と して保存可能  エージェントレスでの監視が可能  パスワードや鍵の事前登録が必要 コマンドの実行 Telnet, SSH が Zabbixサーバ 起動しているサーバ 実行結果の監視
  13. 13. 監視機能: その他 IPMI監視  電源の故障、ファンの故障、温度などを監視 データベースモニタ監視  UnixODBCを利用してDBを監視 シンプルチェック監視  TCPポート、Ping などシンプルな監視 Zabbixインターナル監視  Zabbix自体の状況を監視 外部チェック監視  任意のコマンドの実行結果を監視 計算監視  Zabbix内の他の項目の監視結果を、計算して値を監視結果 として保存 などなど
  14. 14. 表示機能 監視データ表示 障害発生箇所の一覧表示 グラフ表示 マップ表示 スクリーン機能 (レポート作成機能)
  15. 15. 通知機能 メールによる通知  障害時/復旧時の通知  送信するメールの内容を設定可能 通知先・障害レベルの設定が可能  通知するユーザー/グループを設定可能  通知する障害レベル設定が可能 スクリプトにより、通知方法をカスタマイズ可能  自動でプロセスの再起動  特定のアプリケーションを実行
  16. 16. その他: Zabbixプロキシによる監視 大規模なシステムや遠隔地の拠点の監視が可能 監視設定や収集データはZabbixサーバで一元管理 • 監視設定 • 監視データ Zabbixサーバ 拠点A Zabbixプロキシサーバ Zabbixプロキシサーバ
  17. 17. その他: 監視テンプレート 監視テンプレートとは  監視項目設定、障害閾値設定、グラフ設定をひとまとめにして 扱うことができる機能  ホストとリンクさせることで、テンプレートに含まれる設定内容を 一括適用することが可能  複数台のサーバで共通の監視設定をテンプレート化して管理 することで、監視設定の管理を容易にすることができる テンプレートA ホストX • 監視項目A • 監視項目A • 監視項目B • 障害閾値A • 障害閾値A • 障害閾値B • グラフA • グラフA テンプレートB ホストY • 監視項目B • 監視項目B • 障害閾値B リンク • 障害閾値B
  18. 18. Zabbix 2.0
  19. 19. 2.0 リリース時期について 2012年春を予定  状況によっては予定が変更される可能性もあり (To be released when ready)  2012/3/13に2.0の最初のRC版(2.0.0 RC1)がリリース  2.0 からは Zabbix SIA から RPM, DEB などのパッケージも 提供 過去のリリース状況  1.4 ・・・ 2007/5  1.6 ・・・ 2008/9  1.8 ・・・ 2009/12  2.0 ・・・ 2012/3, 4?? ※奇数バージョンは開発版、偶数バージョンは安定版になります
  20. 20. 2.0 での追加機能 Zabbix API の正式実装 JMXを利用したJavaアプリケーション監視機能 監視対象デバイスの自動検知 ハードウェア構成情報の自動収集 Webインターフェイスのデザインの改善 SNMP Trap機能の強化
  21. 21. Zabbix API の正式実装 1.8 において試験的に実装されていたZabbix APIを正式に実 装 JSON-RPCを利用したAPIにより、API経由での監視結果の取 得や監視設定の追加・変更・削除が実現可能 コミュニティーにおいて、すでにRubyによるコマンドラインツールや 各種プログラム向けのライブラリが利用可能 APIを利用して作成された、iPhoneやAndroidアプリが存在 APIへアクセス Zabbixサーバ Webサーバ JSON-RPC プログラム 結果を取得
  22. 22. JMXを利用したJavaアプリケーション監視機能 以前はzapcatを利用し実現していたJavaアプリケーションの監 視機能をZabbix自体に実装  ZabbixサーバーやJavaアプリとは別にZabbix Java Gatewayを経由し てデータを取得  Zapcatと比べ、記法は少し変更 JBoss, WebLogic, WEBSphere, Tomcat などに対応 Tomcat Zabbix Server JMX Tomcat Zabbix Java Gateway Zabbix サーバー
  23. 23. JMXを利用したJavaアプリケーション監視機能 JMX経由にて取得可能な情報を監視可能  メモリの使用状況  スレッド数  スレッドの状況  セッション数 …など Jconsoleと同等の情報を取得可能
  24. 24. JMXを利用したJavaアプリケーション監視機能 JMXエージェント監視の設定方法  JMXのセットアップ  /etc/zabbix/zabbix_server.conf の編集 JavaGateway=localhost JavaGatewayPort=10052 StartJavaPollers=5  /etc/zabbix/zabbix_java_settings.sh の編集 LISTEN_PORT=10052  zabbix-java-gateway サービスの起動 # service zabbix-java-gateway start  監視アイテムのタイプとして「JMXエージェント」を選択して設定
  25. 25. 監視対象デバイスの自動検知(LLD) ネットワークデバイス名、ディスクデバイスの構成などを検知し、 自動的に監視対象に追加 自動検知により、細かな構成の違いによるテンプレートの分割 が不要に 各マシンに合わせて自動的に 監視項目を検知 Zabbixサーバ 監視テンプレート 監視
  26. 26. 監視対象デバイスの自動検知(LLD) ホストの設定要素に「ディスカバリ」が追加 ディスカバリ後の自動アイテム登録方法を設定 自動検知
  27. 27. ハードウェア構成情報の自動収集 OS、MACアドレス、CPUアーキテクチャ、などを収集し、インベン トリ情報として自動登録可能 アイテムの登録画面からインベントリへの取込みが設定可能
  28. 28. Webインターフェイスのデザインの改善 見た目の改善 AJAXによる、より柔軟な操作の実現
  29. 29. Webインターフェイスのデザインの改善 タブの採用によって画面がシンプルに
  30. 30. SNMP Trap機能の強化 煩雑であったSNMP Trap監視設定を容易に設定可能 1.8まで必須であった、Zabbix Sender実行用のカスタムスクリ プトの作成が不要 snmptrap[正規表現]、snmptrap.fallback というキーが新規 追加 簡易化
  31. 31. その他 1つのホストに複数のIPアドレスを設定可能 マップ上のアイコンに複数のURLリンクを設定可能 マップ上のホストから、そのホスト上でコマンドを実行可 能(グローバルスクリプト) 複数のアイコンを同時に一括編集可能 マップのグリッド幅が変更可能 IE6.0サポートの廃止
  32. 32. その他 Zabbix 2.0 のロードマップページ http://www.zabbix.org/wiki/Docs/specs/2.0_roadmap
  33. 33. Zabbix 2.0Webインターフェイス概観
  34. 34. 監視データの表示
  35. 35. 監視データの表示
  36. 36. 監視データの表示
  37. 37. 障害情報の表示
  38. 38. 障害履歴情報の表示
  39. 39. アクション(メール通知結果)の表示
  40. 40. マップの表示
  41. 41. スクリーンの表示複数のグラフやマップを1つの画面で表示
  42. 42. Zabbix 2.0.0RC1インストール手順
  43. 43. 2.0.0 RC1版の利用について ZABBIX-JPから2.0.0 RC1のrpmを提供中 URL: http://www.zabbix.jp/  zabbix-java-gateway パッケージが追加  パッケージの依存関係は、Zabbix-1.8.*用の依存パッケー ジ + javaパッケージ(1.6.0以上)  JMX関連のものが簡単に設定できるようパッケージング済み  RHEL5, RHEL6相当のOSに対応  バグを見つけたら、バグレポートをお願いします  RPMは以下URLから取得してください URL: http://www.zabbix.jp/node/1468
  44. 44. RPMのインストール  依存パッケージをyumでインストール # yum install java-1.6.0-openjdk OpenIPMI-libs net-snmp ¥ unixODBC OpenIPMI OpenIPMI-libs mysql httpd php ¥ php-bcmath php-gd php-mbstring php-xml php-mysql ¥ gnutls mysql-server  依存パッケージfping, iksemelをzabbix-jpから取得しイン ストール(以下はCentOS6 x86-64での例) http://zabbix.jp/binaries/relatedpkgs/ # rpm -ihv fping-2.4b2-16.el6.JP.x86_64.rpm ¥ iksemel-1.4-2.el6.JP.x86_64.rpm
  45. 45. RPMのインストール  Zabbixパッケージをインストール # rpm -ihv zabbix-2.0.0rc1-0.el5.JP.i386.rpm ¥ zabbix-agent-2.0.0rc1-0.el5.JP.i386.rpm ¥ zabbix-java-gateway-2.0.0rc1-0.el5.JP.i386.rpm ¥ zabbix-server-2.0.0rc1-0.el5.JP.i386.rpm ¥ zabbix-server-mysql-2.0.0rc1-0.el5.JP.i386.rpm ¥ zabbix-web-2.0.0rc1-0.el5.JP.i386.rpm ¥ zabbix-web-mysql-2.0.0rc1-0.el5.JP.i386.rpm
  46. 46. MySQLデータベースの設定  /etc/my.cnf を以下のように設定 [mysqld] ・・・デフォルトの設定は残す・・・ character-set-server=utf8 skip-character-set-client-handshake # mysqldセクションに含まれるよう、mysqld_safeよりも上に設定を書くこと [mysqld_safe] ・・・デフォルトの設定は残す・・・  設定後、mysqldを起動 # service mysqld start
  47. 47. MySQLデータベースの設定  Zabbix用のDBを作成 # mysqladmin create zabbix  DBに権限を設定  以下の太字箇所は左から「DB名」、「ユーザー名」、「パスワード」を 意味しています # mysql -uroot mysql> grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost identified by zabbix; mysql> flush privileges;
  48. 48. MySQLデータベースの設定  初期データをZabbix用DBへ入力 # mysql -uroot zabbix ¥ < /usr/share/doc/zabbix-server-2.0.0rc1/database/mysql/schema.sql # mysql -uroot zabbix ¥ < /usr/share/doc/zabbix-server-2.0.0rc1/database/mysql/images.sql # mysql -uroot zabbix ¥ < /usr/share/doc/zabbix-server-2.0.0rc1/database/mysql/data.sql
  49. 49. Web インターフェイスの設定 http://localhost/zabbix/ へアクセスしてセットアップ を開始
  50. 50. Web インターフェイスの設定
  51. 51. Web インターフェイスの設定
  52. 52. Web インターフェイスの設定 DB情報(DB名、ユーザー名、パスワード)を入力
  53. 53. Web インターフェイスの設定
  54. 54. Web インターフェイスの設定
  55. 55. Web インターフェイスの設定
  56. 56. Web インターフェイスの設定
  57. 57. Web インターフェイスの設定 設定が完了するとログイン画面が表示されます ここでログインせずに設定を続けてください
  58. 58. Zabbix Server の設定  /etc/zabbix/zabbix_server.conf の以下項目を次のよう に設定 DBName=zabbix <- データベース名を設定 DBUser=zabbix <- データベースユーザ名を設定 DBPassword=zabbix <- コメントアウトを外しデータベースパスワード設定  設定後、zabbix-server を起動 # service zabbix-server start
  59. 59. Java Gateway の設定 /etc/zabbix/zabbix_java_settings.sh の以下項目を次のよ うに設定 LISTEN_PORT=10052 <- JavaGatewayのポートを設定 /etc/zabbix/zabbix_server.conf の以下項目を次のように設 定 JavaGateway=localhost <- JavaGatewayを動作させるホストを設定 JavaGatewayPort=10052 <- zabbix_java_settings.shと同一ポートを設定 StartJavaPollers=5 <- JavaGatewayへ接続するプロセス数を設定 zabbix-server を再起動し、zabbix-java-gatewayを起動 # service zabbix-server restart # service zabbix-java-gateway start
  60. 60. Zabbix Agent の設定  /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf の以下項目を次のよう に設定 Server=127.0.0.1 <- ZabbixサーバのIPアドレスを設定 Hostname=Zabbix Server <- WebUIのホスト設定で登録するホスト名 ListenIP=127.0.0.1 <- ListenするIPインターフェースを設定  設定後、zabbix-agent を起動 # service zabbix-agent start
  61. 61. Web インターフェイスの設定 全ての設定が完了したらWebのログイン画面からログ インして監視設定を行うことが可能になります Username: Admin Password: zabbix
  62. 62. Fin.Any Questions?

×