120811 ver 1.0       IGOR PROの使い方(初級編)① IGORの基礎                    ⑦ データの取り扱い方② Table & Graphの作製           ⑧ カテゴリープロット③ Gr...
IGOR PROの使い方(初級① IGORの基礎)1. Waveについて                                     列をData Tableにおける列をWave、                     Wave ...
IGOR PROの使い方(初級② Table & Graphの作製)1. Data Tableの作製(ミカエリス・メンテン編) 右のTableのように数値を入力する こ こ で、 Wa v e 0 は 基 質 濃 度 [ S ] に 、 Wav...
New Name3. Waveの名前変更Data table ! 右クリック ! Rename [wave name]waveの指定 ! 黄色矢印 をクリック! New nameを入力                              ...
Error bar...: 誤差を付加する。                                               Offsetの入力offset...: 各データを水平・垂直移動できる。                 ...
(補足説明)軸のマニュアル設定Computed Manual Ticks: 軸目盛のマニュアル設定           inhibit ticks ! 指定した数字を表示しない。Major ticks ! Tick increment: 主目盛...
(Special)                                    イタリック、ボールド等の設定                                     上付き                       ...
(Graph内で右クリック)                                                 (図外でダブルクリック)Append Traces to Graph...データの追加Remove from Grap...
IGOR PROの使い方(初級③ Graph macroの作製)1. Command Bufferのフォント変更 (Command bufferまたは履歴エリアを選択する) Menu ! Misc ! Command Buffer (or Hi...
4. GraphのDefault設定 (Graph上) Graph modify ! Font: Arial, Font size: 28 ※ 軸ラベルを削除する。 Menu ! Graph ! Capture Graph Prefs... !...
6. MACROの作製   Menu ! Windows ! Procedure Windows   ! Procedure Windows   空のProcedure windowsが出力される。         Procedure wind...
7. MACROの保存 Menu ! File !Save Procedure Copy... (.ipf 形式で保存する)8. IGOR上でのMACROの呼び出し Menu ! File ! Open File ! Procedure... ...
IGOR PROの使い方(初級④ Macro if 構文の作製)1. if構文の作成  Procedure windows内に  macro [Macro name](n)    variable n // 変数 n を定義する    if(n...
IGOR PROの使い方(初級⑤ 回帰直線)                                     line: 直線による回帰1. IGORの組み込み解析式                                   ...
IGOR PROの使い方(初級⑥ 定義関数を用いたデータ解析)1. 解析式の作製 (ミカエリス・メンテンの式の続き)Menu ! Analysis !Curve fitting ! Function and Data! New fit func...
2. 解析式の設定 Function and Data Function ! Fitting Y Data (GraphのY軸) ! wave1        関数の選択 X Data (GraphのX軸) ! wave0           ...
初期値Coefficients                                                範囲制限Initial Guess (初期値) ! 適当な値を入力する。この場合、Vmax=100、Km=20くらい。...
3. 解析結果の見方右のような解析結果が得られる。! OKFitting curve上で右クリック! Send to Back or Backward(Fitting curveがシンボルの後ろに表示される。)Command windowに結果...
4. Browse Waves の活用法     Menu ! Data ! Browse Waves     ! Fit Dataを選択する       複数回解析した場合には有効                               ...
7. Graphの画像保存保存したいGraphをActiveな状態にする ! File ! save graphics ! TIF or PNG (or JPEG)TIF: 高品質画像。"screenで出力するのがコツ。RGBが一般的。PNG:...
IGOR PROの使い方(初級⑦ データの取り扱い方)1. 外部データ(Text file)の取り込み Menu ! Data ! Load Waves ! Load General Text.... ! wavenameを付ける ! load...
5. 最近のData File の呼び出し         6. Data Tableへのデータ追加                               Menu ! Table ! Append Columns to Table   ...
IGOR PROの使い方 ( 初級⑧ カテゴリープロット)1. Data Tableの作成                             文字列 変数列   Data Tableに、右のような文字列と変数列   を入力する      ...
IGOR PROの使い方(初級⑨ ショートカットの活用法) 1. Show info     GraphがActiveな状態 ! Command + i (or menu ! Graph ! show info)    これらのシンボルをGra...
3. 使用頻度の高いショートカットCommand + S: pxp Fileの保存。Command + A: Graphの全体を表示する (= Autoscale)。Command + Z: (1つ前まで)戻る。Command + D: Gra...
IGOR PROの使い方 (初級⑩ 代表的な組込み関数)1. PRINT操作関数の活用法  PRINTは、計算結果、配列等を返す操作関数である。  例えば、あるデータだけを返すことができる。  % print wave0[配列番号]  四則演算...
IGOR PROの使い方 (初級⑪ Waveを用いた計算方法)1. POINT変数           POINT変数は、配列番号をWaveに返す特殊な変数である。           POINT変数は、pと表記する。2. WaveのX軸を見る...
3. WaveとWaveとの計算 % wave0=wave0+3      // 同一waveが使用可能。 % wave1=wave0*5    // 異なるwaveが使用可能。 % wave1=wave0*wave1 // 複数のWaveが使...
IGOR PROの使い方 (初級⑫ Layoutの活用法) Menu ! Windows ! New Layout ! Do it (New Page Layout)       アイコンの選択                 操作ツールを有効...
操作ツールの場合                     描写ツールの場合 (テキスト編集に適当) Menu ! Layout ! ...         右クリック ! ...                                 ...
IGOR PROの使い方 (初級⑬ Data Browserの活用法)1. IGORのデータはどこで保存されているのか?Menu ! Data ! Data BrowserData Browserは、全データを確認できる。IGORのDataは階...
2. Data Browserの使い方                                 New Folder...: 新規フォルダを追加する。                                 Save copy....
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

IGORpro_basic_japanese_ver.1.0

11,527 views

Published on

This is a Japanese manual of IGOR Pro. IGOR Pro is a scientific data analysis software, numerical computing environment and programming language, supplied by WaveMetrics.

Published in: Education
0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
11,527
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
57
Actions
Shares
0
Downloads
37
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

IGORpro_basic_japanese_ver.1.0

  1. 1. 120811 ver 1.0 IGOR PROの使い方(初級編)① IGORの基礎 ⑦ データの取り扱い方② Table & Graphの作製 ⑧ カテゴリープロット③ Graph macroの作製 ⑨ ショートカットの活用法④ Macro if 構文の作製 ⑩ 代表的な組込み関数 ⑪ WAVEを用いた計算方法⑤ 回帰直線 ⑫ Layoutの活用法⑥ 定義関数を用いたデータ解析(ミカエリス・メンテン式) ⑬ Data Browserの活用法 Presented by Satoshi Kume Osaka Prefecture University
  2. 2. IGOR PROの使い方(初級① IGORの基礎)1. Waveについて 列をData Tableにおける列をWave、 Wave と呼ぶ行を配列と呼ぶ。Pointは、配列番号を意味する。 行を(補足説明)1次元Waveが初期設定。1次元Waveには、XとY 配列 と呼ぶ軸データが独自にある。Waveは、Y軸データに対応する。1∼4次元Waveまで作成可能である。2. Waveの性質Waveの名前は、アルファベット2文字以上である。 例えば...Waveの上書きは出来ない。大文字と小文字は区別されない。3. Waveの種類Waveには、変数列と文字列がある。簡単には、最初に数字を打てば、変数列(wave)に (補足説明)   文字を打てば、文字列(textWave)になる。 変数列と文字列の相互変換は可能である。
  3. 3. IGOR PROの使い方(初級② Table & Graphの作製)1. Data Tableの作製(ミカエリス・メンテン編) 右のTableのように数値を入力する こ こ で、 Wa v e 0 は 基 質 濃 度 [ S ] に 、 Wave1は反応速度V0に対応する。2. Graphの作製 Menu ! Windows ! New Graph ! グラフのY Wave(= Y軸) と X Wave (= X軸) の選択 ! Do it(ここでは、 Y軸: wave1、X軸: wave0を選択する) Y軸 X軸 Graph 出力 ※ More choices ! Addから複数データのプロットが可能。
  4. 4. New Name3. Waveの名前変更Data table ! 右クリック ! Rename [wave name]waveの指定 ! 黄色矢印 をクリック! New nameを入力 選択 Shift + 選択: まとめて選択 Command + 選択: 個別選択4. Graphの編集 mode ! Markers Size ! 6 ~ 7(Graph内でダブルクリック) Symbol ! " or #使用頻度の高いMode Color ! BlackMarkers 透過度の有無! 一般的なシンボル表示Lines between points! 点&線表示Dots! データポイントが多い場合にBars! 棒グラフ表示
  5. 5. Error bar...: 誤差を付加する。 Offsetの入力offset...: 各データを水平・垂直移動できる。 誤差の選択(軸上でダブルクリック)Axis Ticks & Grids 軸目盛の向き グリットの有無 グラフの大きさ 最大値 最小値Axis ! Select All Axesを選択Mode ! Linear (常数表示) or Log (対数表示)Standoff ! off Tick Demension ! locationMirror (軸で囲む) ! no ticks ! insideThickness (軸の太さ) ! 2.0 ~ 2.50 ! Do it.Font ! Arial、Font size ! 28 ~ 32、offset ! -0.5
  6. 6. (補足説明)軸のマニュアル設定Computed Manual Ticks: 軸目盛のマニュアル設定 inhibit ticks ! 指定した数字を表示しない。Major ticks ! Tick increment: 主目盛の幅 (Defaultは、-----の設定)Digits after dp: 小数点以下、何点まで表示するか? Zero is “o”: 必ず”0”表示になる。Minor Ticks ! Number per major tick: 副目盛の数 ※ inf: 無限大のこと。
  7. 7. (Special) イタリック、ボールド等の設定 上付き 下付きFont: フォントの設定Font size: フォントサイズの設定 Waveシンボルの同期 特殊文字 画像の挿入 (Layoutの方がオススメ)
  8. 8. (Graph内で右クリック) (図外でダブルクリック)Append Traces to Graph...データの追加Remove from Graphデータの削除 -1だと、余白なし設定Modify from Graph...Graph windowの設定 Windowの大きさ (Absolute)Add Annotation 20 ~ 24 cm注釈の追加 16 ~ 20 cm XとY軸を入れ替える 2次元グラフ作成時に使用※ Annotation ! Legend ※ Graphとして保存する場合のコツ Width mode & Height mode: Auto ! Absolute (Graphの大きさを固定する)
  9. 9. IGOR PROの使い方(初級③ Graph macroの作製)1. Command Bufferのフォント変更 (Command bufferまたは履歴エリアを選択する) Menu ! Misc ! Command Buffer (or History Area) ! Set Text Format... (Default: Osaka) ※ Capture Prefs... ! Check Text format (すべてに反映される)2. Command windowの拡大 Command windowで右クリック ! Magnification ! 125~200% を選択 ! Set as Default For... (Defaultに設定できる) ※ LogとCommand bufferは別設定。3. TableのDefault設定 ※ Table の大きさ & 位置の調整 Menu ! Table ! Font ! 任意 Menu ! Table ! Font size ! 任意 Menu ! Table ! Capture Table Prefs... ! すべてCheck ! Capture Prefs
  10. 10. 4. GraphのDefault設定 (Graph上) Graph modify ! Font: Arial, Font size: 28 ※ 軸ラベルを削除する。 Menu ! Graph ! Capture Graph Prefs... ! Check (任意) ! Capture Prefs5. Commandの履歴を見る。 編集後のGraph Command window 履歴エリア Command line Command windowには、Graph編集に使った履歴が残っている。 練習①: (新規Graph作成後に)Command lineに履歴をCopy & Pasteする。 ! CommandによりGraphを再現する。
  11. 11. 6. MACROの作製 Menu ! Windows ! Procedure Windows ! Procedure Windows 空のProcedure windowsが出力される。 Procedure windows内に macro [Macroの名前]() ... ... end と入力する。macro Test()とendの間にCommand windowの命令文をCopy&Pasteする。! Compileを押せば、完了。Menu ! Macros ! Testが追加されている。 Compile※ Command line ! % Test() でも同処理が可能。 練習②: (新規Graph作成後に)Command lineに% Test()と入力する ! MacroによりGraphを再現する
  12. 12. 7. MACROの保存 Menu ! File !Save Procedure Copy... (.ipf 形式で保存する)8. IGOR上でのMACROの呼び出し Menu ! File ! Open File ! Procedure... ! .ipf Fileを選択する ! Compile9. ipf Fileの自動読み込み Mac/Users ! Documents (書類) ! WaveMetrics ! Igor Pro 6 User Files ! Igor Procedures: フォルダ内にipf fileを移動・保存する。 ※ Igor Procedures内に保存するとだけでipf fileが自動読み込みされる。 ※ アプリケーション自身にMACRO等は保存されない。10. ipf Fileの手動読み込み (IGOR起動を軽くするために) Mac/Users ! Documents (書類) ! WaveMetrics ! Igor Pro 6 User Files ! User Procedures: フォルダ内にipf fileを移動・保存する。 ipf Fileを呼び出すためには 新規のProcedure window ! # include “File name”と入力 ! Compile ※ # (シャープ) が必要。11. ipf Fileを表示する Menu ! Windows ! Procedure Windows ! Procedure Windowsの下に表示される
  13. 13. IGOR PROの使い方(初級④ Macro if 構文の作製)1. if構文の作成 Procedure windows内に macro [Macro name](n) variable n // 変数 n を定義する if(n==0) ... endif end 作成例 と入力する ! Compile (n)は、引数を意味する。2. Macroの実行上記のMacroは% [Macro name](1) で呼び出せる。引数nは、好みの数字を設定できる。if構文により、同一Macro内に複数の命令文が作成できる。 (補足) =: 代入演算子 (数式の場合、左辺に右辺を代入する) ==: “等しい”を意味する比較演算子 (数学的なイコールと同義) //...[改行]: Macroに無視される命令
  14. 14. IGOR PROの使い方(初級⑤ 回帰直線) line: 直線による回帰1. IGORの組み込み解析式 poly: n 項か次数 n-1 を伴う多項式による回帰Menu ! Analysis ! Curve Fitting... gauss: ガウス曲線による回帰 lor: ローレンツによる回帰2. 回帰直線 (Line Fit) exp: 減衰指数曲線、dblexp: 減衰指数曲線の和 exp_XOffset : 減衰指数曲線による回帰(GraphがActiveな状態) Menu ! Analysis dblexp_XOffset : 2つの減衰指数曲線による回帰! Quick Fit ! line sin: シヌソイドによる回帰 Hill: Hill の方程式、S 字関数による回帰 Sigmoid: Hill の方程式と異なる形状をもつ S 字関数による回帰 Power: 累乗法による回帰 LogNormal: ログノーマルのピーク形状を回帰 命令文V_chisq: カイ2乗値V_q: カイ2乗分布の信頼度 (重み付けの際有効)V_Pr: ピアソンの相関 (線形相関係数)V_Rab: 切片と傾きの不確定性の間の相関 結果W_Sigma: 各回帰係数に対する推定標準誤差 練習③: (新規Graph作成後に)Command lineに% CurveFit/....をCopy&Pasteする ! 命令文によりFittingを再現する
  15. 15. IGOR PROの使い方(初級⑥ 定義関数を用いたデータ解析)1. 解析式の作製 (ミカエリス・メンテンの式の続き)Menu ! Analysis !Curve fitting ! Function and Data! New fit function...をクリック IGORには、定義済みの関数が少ないので、 自分で作成する必要がある。 Fit Function Name ! 名前をつけるFit coefficients (フィット係数): 解析により得られる係数 (ここではVmax, Km) 独立変数 係数Independent Variables (独立変数): 解析の結果に左右されない変数 (ここではS)。 解析式Fit expression: 解析式を入力する。※ 定義した表記を用いる。(もしNo errorならば)! Save Fit Function Now
  16. 16. 2. 解析式の設定 Function and Data Function ! Fitting Y Data (GraphのY軸) ! wave1 関数の選択 X Data (GraphのX軸) ! wave0 X & Y軸データ (補足) _calculated_(自動計算)は、waveのX軸である Point関数(= 配列番号)が選ばれる。 Data options Range (データ範囲) 重み付け ! Start: 解析領域の開始 (X軸の値) ! End: 解析領域の終わり (X軸の値) データ範囲 何も記入しないとすべてのデータが使われる Weighting (重み付け) ! 誤差のwaveを選択する。今回は設定しない。
  17. 17. 初期値Coefficients 範囲制限Initial Guess (初期値) ! 適当な値を入力する。この場合、Vmax=100、Km=20くらい。Hold?: その値を固定するかしないか。 データ固定Constraints: 係数の範囲を制限する。Output Options ポイント点Length ! Fittingのポイント数を指定(Auto or 200 ~ 300) X軸全体X Range Full Width of Graph ! on(Fit曲線をX軸全体に反映する) TextboxAdd Textbox ! on最後に、Do itで完了。
  18. 18. 3. 解析結果の見方右のような解析結果が得られる。! OKFitting curve上で右クリック! Send to Back or Backward(Fitting curveがシンボルの後ろに表示される。)Command windowに結果の履歴が残る。(補足)W_coef: フィッティングで決定された最後の係数の格納WaveV_npnts: waveに含まれるデータ数V_numNaNs: NaN(Not a Number)の数V_numINFs: INF (無限値)の数V_startRow: 最初のポイントV_endRow: 最後のポイント 解析結果※ Nan関数: “何もなし”を返す関数
  19. 19. 4. Browse Waves の活用法 Menu ! Data ! Browse Waves ! Fit Dataを選択する 複数回解析した場合には有効 解析結果が見れる5. FitFunctionの作製Menu ! Windows ! Procedure windows下のようなFitFunction関数が書き込まれていることに気づく。先程定義した関数である。 まず、Functionであることに気づく。 カッコ内は、(未知数, 変数)の定義名の順。 未知数(w)を決定するのが、Fittingの目的である。 無くても良い! ここが必要!! w[...]=...と定義する。 w[...]でf()を書き換える。6. FitFunctionの保存 Menu ! File !Save Procedure Copy... ※ Procedureは、.ipf 形式で保存される。
  20. 20. 7. Graphの画像保存保存したいGraphをActiveな状態にする ! File ! save graphics ! TIF or PNG (or JPEG)TIF: 高品質画像。"screenで出力するのがコツ。RGBが一般的。PNG: 背景透明のGraphが作製可能。Transparent ! on TIF保存の場合 PNG保存の場合 論文の場合、Other DPI 300以上。 Procedure windowにGraphを再現する8. GraphをCommandとして保存する Macroが書き込まれているGraphを赤$で削除時にClose windowが表示される Menu ! Windows ! Graphsから呼び出し可能
  21. 21. IGOR PROの使い方(初級⑦ データの取り扱い方)1. 外部データ(Text file)の取り込み Menu ! Data ! Load Waves ! Load General Text.... ! wavenameを付ける ! load 先頭の名前が、Wave nameとして引き継がれる。 データの呼び出し Menu ! Window ! New table ! データの選択 ! OK Skip_column: 読み込まない列の選択2. 外部データ(From excel)の貼付け (Better) Excelデータのコピー ! 先頭の名前ごと、IGOR Data TableにCopy & Pasteする。 先頭の名前が、Wave nameとして引き継がれる。3. Wave data (From Igor)をExcel)に貼付け Waveデータのコピー (Waveの先頭でShift + Command + %) ! ExcelにPasteする。4. Excel ! IGOR ! Excelへの貼付け Excelセルの数式が数値データとしてExcelに貼付け可能となる。
  22. 22. 5. 最近のData File の呼び出し 6. Data Tableへのデータ追加 Menu ! Table ! Append Columns to Table 最近のpxp Fileが読み込み可能 最近のipf File等が読み込み可能 解析デモが見られる (なかなか良い) Edit data column only: Wave data(Y軸)のみ追加 Edit index and data column: XおよびY軸データの追加
  23. 23. IGOR PROの使い方 ( 初級⑧ カテゴリープロット)1. Data Tableの作成 文字列 変数列 Data Tableに、右のような文字列と変数列 を入力する カテゴリープロットには、変数列と文字列の両方を使用する。2. プロットの仕方 Menu ! Windows ! New ! Category plot... X軸waveに文字列を、Y軸waveに変数列を選択する ! Do it ! 右のGraphが出力される。3. Graphの設定30 %がBetter
  24. 24. IGOR PROの使い方(初級⑨ ショートカットの活用法) 1. Show info GraphがActiveな状態 ! Command + i (or menu ! Graph ! show info) これらのシンボルをGraphにドラッグすることで各点のデータを読み取ることができる。 Start Endカーサー 配列数 X軸データ Y軸データ ※ シンボルをしまうときは、逆にドラッグする。 ※※ これらのシンボルは、Menu ! Analysis ! Data option ! RangeのStartとEndに対応する。 ※※※ Command line上では、pcsr(A)およびpcsr(B)と表記される。 xcsr(A)およびxcsr(B)もある。 両シンボルを使うことにより、Fitting rangeを視覚的に決定できる 2. 便利機能(GraphがActiveな状態) Command + option (alt) + i: Graph上でデータタグを表示する (Get info)※ Command + Shift + alt + 左クリックでも上記と同じ。Graph上のシンボル (or Fitting curve)を1秒以上クリック: Manual Offsetの設定Graph上でカーソル囲み + 右クリック: Expand etc 選択部分の拡大Option (Alt) + 左クリック: Graph内データを左右上下同時移動する。 横方向のみの拡大(Graphの軸を移動した場合には、余白の調整が可能である。) 縦方向のみの拡大Option (Alt) + Shift + 左クリック: Graph内データを左右あるいは上下移動する。
  25. 25. 3. 使用頻度の高いショートカットCommand + S: pxp Fileの保存。Command + A: Graphの全体を表示する (= Autoscale)。Command + Z: (1つ前まで)戻る。Command + D: GraphあるいはData Tableを複製する。Command + M: Procedure windowを開く。Command + J: Command windowに切り替える。Command + T: ツールを表示する。※ Menu ! Graph ! Show ToolsCommand + K: Command lineをClearにする。 Command + C: コピー。Command + X: 切り取り。Command + V: 貼付け (※ Command + Shift + V: 2次元軸に貼付け)。4. 使用頻度の低いショートカットCommand + H: Windowをすべて隠す。Command + Y: Window Title or Window Nameを変更する。Command + W: GraphあるいはData Tableの削除。Command + L: ロードデータ。Command + F: Command line および履歴エリアを検索する。
  26. 26. IGOR PROの使い方 (初級⑩ 代表的な組込み関数)1. PRINT操作関数の活用法 PRINTは、計算結果、配列等を返す操作関数である。 例えば、あるデータだけを返すことができる。 % print wave0[配列番号] 四則演算や三角関数等の計算もできる。 Print wave0 3$6+8$9-15÷5は、 wave全体を返す。 % print 3*6+8*9-15/5と入力 Print “wave0” waveを文字列として返す。2. よく使う組込み関数 LN関数: 自然対数を返す。ex. print LN(10) LOG関数: 10の常対数を返す。ex. print LOG(10) SQRT関数: 平方根を返す。ex. print SQRT(2) EXP関数: eのX乗を返す。ex. print EXP(10) X^Y: XのY乗を返す。ex.: print 2^2 SIN、COS、TAN関数: そのままです。 ex. print sin(10)、 print cos(10)、 print tan(10) ROUND関数: 四捨五入を返す関数。 ex. print ROUND(1.1111) 小数点第2位までを表示する場合 ex. print ROUND(1.1111*100)/100
  27. 27. IGOR PROの使い方 (初級⑪ Waveを用いた計算方法)1. POINT変数 POINT変数は、配列番号をWaveに返す特殊な変数である。 POINT変数は、pと表記する。2. WaveのX軸を見る Menu ! windows ! New table ! Edit index and data columnの設定 で出力する。 wave0.x: WaveのX軸 wave0.d: Waveのデータ 1次元waveのX軸は、配列番号(= p)である(Default)。 また、waveのX軸は、等間隔の連続する数値であることが定義である。2. Wave= を活用する。 % wave0=1 // Waveがすべて1になる。 % wave0=p // 配列番号を返す (Defaultなら、% wave0=xと同義)。 % wave0=p+5 // 配列番号 + 5 % wave0=10^(p/99*5-3) // ちょっと複雑な計算
  28. 28. 3. WaveとWaveとの計算 % wave0=wave0+3 // 同一waveが使用可能。 % wave1=wave0*5 // 異なるwaveが使用可能。 % wave1=wave0*wave1 // 複数のWaveが使用可能。4. 関数内でのWaveの計算 % wave1=3+3*sin(wave0) // 関数内でwaveが使用可能。 % wave0=LN(wave0+10) // 関数内でwave計算が可能。 % wave0=LN(wave0*wave1) // 関数内で複数のwaveが使用可能。5. 配列番号を指定しての代入・計算 % wave1[0]=3 // 配列番号 0 に3を代入する。 % wave1[0,100]=3 // 配列番号 0 ~ 100 に3を代入する。 % wave0[0]=3*p+1 // 配列番号 0 に計算結果を返す。 % wave0[0,100]=3*p+1 // 配列番号 0 ~ 100 に計算結果を返す。6. データを間引く % wave1=wave0[3*p] // 配列番号 0, 3, 6, 9...番目を代入する。 % wave1=wave1[3*p] // 同じwaveでも可能。 % wave1=wave0[300-3*p] // 配列番号 300, 297, 294...番目を代入する。 % wave1=wave1[300-3*p] // 同じwaveでも可能。
  29. 29. IGOR PROの使い方 (初級⑫ Layoutの活用法) Menu ! Windows ! New Layout ! Do it (New Page Layout) アイコンの選択 操作ツールを有効にする 描写ツールを有効にするLayout貼付けのコツ (※ 操作ツール: ON)GraphをLayout上にCopy&Pasteする。(※ GraphとLayoutを同期させない方がよい) Graphのサイズ変更 Graph上右クリック ! Scale PICT... 同倍率で変更する Add Annotation形式で、文字等が入力可能 ズーム (%)
  30. 30. 操作ツールの場合 描写ツールの場合 (テキスト編集に適当) Menu ! Layout ! ... 右クリック ! ... テキストの設定 Graphの配置設定Layoutの保存(LayoutがActiveな状態) File ! Save Graphics... 複数のGraphを1枚のFigureとして出力可能
  31. 31. IGOR PROの使い方 (初級⑬ Data Browserの活用法)1. IGORのデータはどこで保存されているのか?Menu ! Data ! Data BrowserData Browserは、全データを確認できる。IGORのDataは階層的なFolderに保存されている。Rootはもっとも浅い階層を意味する。Display内のすべての項目をCheckする。(WavesとPlotだけでも可)SIN関数を選択した場合のプロットを図示している。作図しなくてもデータは見られる! このプロットは、X軸 = POINT変数、Y軸 = SIN関数である。
  32. 32. 2. Data Browserの使い方 New Folder...: 新規フォルダを追加する。 Save copy...: Dataをpxp Fileとして保存する。 Browse Expt...: 他のpxp FileからWaveを読み込む。 Delete...: 選択したWaveを削除する。 Preferences...: Browserのフォント等を設定する。 Execute Cmd...: ??? Waveの選択 ! Command + D: waveの複製 Rename Wave root: もっとも浅い階層 Wave nameをクリック ! 少し待つ (白くなる) ! Nameの変更可能 ※ フォルダが違えば、同じWave Nameが可能である Waveのフォルダ間移動 (Control + クリック) Wave シンボルを選択 (or 複数選択) ! ドラッグ! Data Tableとして表示する Wave シンボルを選択 (or 複数選択) ! ダブルクリック 作業フォルダの設定 Control + クリック ! Set Current Data Folder ※ データのインポートは作業フォルダで行われる ※ フォルダパスを打つ必要がない

×