Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

OpenStreetMap(OSM)概要

911 views

Published on

諸国・浪漫マッピングパーティーで使用するJOSMハンズオン資料
https://countries-romantic.connpass.com/

Published in: Lifestyle
  • Be the first to comment

OpenStreetMap(OSM)概要

  1. 1. 諸国・浪漫マッピングパーティ 坂ノ下 勝幸 Facebook: K.Sakanoshita Twitter: @K_Sakanoshita © OpenStreetMap contributors
  2. 2. 諸国・浪漫について  活動目的  「自由な地図で地域に貢献する方達」の発掘と育成  活動内容  諸国・浪漫マッピングパーティの開催  もくもくマッピング(もくもく会)の開催  出張マッピングパーティ・説明会の開催  connpassとfacebookサイト  https://countries-romantic.connpass.com/  https://www.facebook.com/shokoku.roman/ P.2
  3. 3. OpenStreetMapを見てみよう P.3
  4. 4. 大阪広域 P.4© OpenStreetMap contributors
  5. 5. 京都岡崎地区 P.5© OpenStreetMap contributors
  6. 6. P.6F4map © F4Map data © OpenStreetMap contributors 京都岡崎地区(3D)
  7. 7. OpenStreetMap(OSM)とは  みんなで自由な地図を作る活動  2004年から、英国のSteve Coast氏が初めた 国際プロジェクト(日本は2008年頃開始)  実際にあるものはどんどん描くスタンス ○ 正確さより、みんなで地図を作ることを優先  どんな方達が地図を描いているの?  普通の方達。小学生からお年寄りまで様々 ○ 地図や測量関係の方達が描いている訳では無い  地図を描いている方達を「マッパー」と呼びます ○ 定義は無いので、自分でマッパーと名乗ればOK P.7
  8. 8. 世の中には様々な地図がある P.8
  9. 9. P.9 Wikimedia commons ja: 利用者:Lincun MAPS.ME 世界及日本図〈/六曲屏風〉 © OpenStreetMap contributors
  10. 10. 色んな情報を追加した地図も P.10 Google Mapsなど 店舗情報 背景地図 交通情報 投稿情報 経路情報
  11. 11. 自由な地図が必要な理由 P.11
  12. 12. Google Mapsで十分だよね?  なんでGoogle Mapsを使わないの?  現実的な観点では、とても理にかなった質問です。 Google Mapsは非常に便利で、みんな使います。  ただ突き詰めて考えると、これは現実的な観点の 問題ではなく、私たちがどんな社会で生きたいか、 という点に集約されます。 - Emacsen氏  ご注意!  マッパーもGoogle Maps は良く使います  人気のあるお店など、すぐに見つけられます  行動履歴をもとに色々と提案してくれます P.12
  13. 13. 色んな地図がある方が良くない?  場所の概念は共有財産  場所の概念を一つの主体だけに渡すことは、 あなたとその周囲を形作る力を渡すことと同じ ○ 地図に表示されるものは、誰が決めている? ○ あなたが向かう先は、本当に自分で決めている?  様々な主体が地図を提供する社会  様々な目的に合わせた地図を作り、提供出来る 社会こそ、多様性があるのでは無いかと思います ○ 新聞、TV、雑誌は一社だけで良い? ○ 決して、特定の主体が悪いわけでは無い P.13
  14. 14. OpenStreetMapが目指す多様性 P.14 店舗情報 背景地図 店舗情報 背景地図 経路情報 交通情報 投稿情報 経路情報 Google Mapsなど OpenStreetMap 会社、コミュニティ、個人が 必要に応じて層を追加する (車いす、アレルギー、保育園、 防災、防犯、歴史など…) OpenStreetMapで描く地図
  15. 15. もうちょっと、身近な問題も P.15
  16. 16. みんなが使える地図が無い?  自由に使える地図が無いため  Google Mapsはネットでしか使えません ※印刷した地図は個人用途のみ。他者に渡せない  「防災マップ」「祭り会場の地図」「お店の地図」は 自分たちで描くか、デザイン会社に描いてもらう P.16 夏祭り 日時:*** / 場所:*** 地図 ここ 小学校 夏祭り 日時:*** / 場所:*** 地図 Google Mapなど
  17. 17. 夏祭り 日時:*** / 場所:*** 地図 OpenStreetMapなら自由に使える!  こんな感じで地図に 自由に書き込める  何部でも印刷出来て  著作権的に安心して 使える地図なんです P.17 ここ 阪急梅田駅 JR大坂駅 Copyright表示は必要だよ!Map data © OpenStreetMap
  18. 18. 色んな所で使われています  OpenStreetMapの使用例  wheelmap.org(車椅子で行ける場所を投稿)  MAPS.ME(オフライン地図) / 腕時計  Wikipedia /facebook(位置表示) P.18
  19. 19. 災害救助・NGO活動での活用例  Crisis mapping  災害が発生した場所の地図を作る活動 ○ 東日本大震災、熊本地震、鳥取県中部地震 ○ 米大統領選デモによる破壊、難民キャンプも  災害の影響を記録する には、平時の地図が重要  Missing Maps Project  発展途上国の地図は不足 ○ 商売にならない地域がある ○ NGOが現地活動するため まず、地図から作り始める P.19
  20. 20. OpenStreetMapが色々と 使われていることは分かりました! それでは、マッパーさんは頑張って 地図を描いてください!応援してます! P.20
  21. 21. いや、それ無理だから! マッパーが全然足りないから! マッパーも自分なりの理由で 地図を描いているから! P.21
  22. 22. マッパーが必要な理由  都市部は人が多い=マッパーもそこそこ居る P.22 © OpenStreetMap contributors
  23. 23. マッパーが必要な理由  少し離れると人が少ない=マッパーも居ない P.23 © OpenStreetMap contributors
  24. 24. 地図を描くには「地元」も広い  地元のことは、地元の人が詳しい  地元の地図(OSM以外)を見たことありますか? ○ 祠やお地蔵さんも無い、味気ない地図に見えませんか?  味のある地図を描けるのは、地元の人だけ  地元も、店や家が少しずつ変わっていませんか? ○ 観光名所ならともかく、地元のささやかな変化を 国や会社がしっかり記録してくれると思いますか?  地元の変化を地図でしっかりと記録していくことが、 一番大きな将来への投資にはなりませんか? ○ 今の観光名所も、最初から名所だったのでしょうか P.24
  25. 25. 地域のアーカイブとしての活用  京都岡崎の「粟田神社」 P.25 参道から石碑まで記録されている © OpenStreetMap contributors • 石碑、灯籠、消火器 までどんどん描ける • 地図の編集履歴は 全て記録される • 例えば100年後に 2017年の地図を 見ることも出来る • 地図を沢山描くと、 未来の伊能忠敬 になるかも? みんなで地図を描いて、地域を記録しませんか?
  26. 26. でも、地図を描くのって難しそう P.26
  27. 27. OpenStreetMapの描き方  割と簡単に地図は描けます!  地図に描く情報を集める  衛星写真・空中写真を利用する  現地調査(サーベイ)して、紙地図に書き込む  ソフトを使って地図を描く  JOSM:高性能。ソフトのインストールが必要  iD:そこそこの性能。Webブラウザなので気軽  MAPS.ME:スマートフォン用。店舗登録に重宝  その他:特定の物だけ追加するアプリなど P.27
  28. 28. 地図を描く頻度について  マッパーって、毎日描いてるんでしょ?  そんなことはありません。無理です  ちょっと気になったものがある時  お気に入りのお店が見つかった時  自宅の近所に新しい建物が出来た時  地図を少し描いてみるのも楽しい  少しでも、みんなでやれば凄いことに P.28
  29. 29. 現地調査(サーベイ)のポイント  渡した地図に何があるかメモ  エリア(領域) :建物、池、泉、駐車場、森、庭園など  ウェイ(線) :道路、川、排水路、壁、フェンスなど  ノード(点) :石碑、お地蔵さん、自販機、お店など  全てメモするのは無理  興味があるものだけメモ ○ 「お地蔵さんだけ」とか  初心者さんには、メモする ものを指示させて頂きます P.29
  30. 30. 現地調査(サーベイ)のポイント  写真撮影のポイント  位置はメモして、詳細は写真として残すとより確実  「位置情報をOn」にすると、写真を地図に表示出来る ※後でパソコンに写真をコピーしておいてください  「位置関係が分かる写真」と「説明文の写真」を撮る P.30
  31. 31. 最後に  楽しんで地図を描くことが一番大事  地元の路地、好きなお店、山道を描きたいなど  好きな作品の聖地を描きつくすなんかもOK  地図が間違えていても誰かが直す!  正確さより、みんなで描いていくことが大事  他の地図から情報をコピーさえしなければOK とにかくやってみよう! P.31

×