Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

企業研究者の研究のすゝめ方

733 views

Published on

20.3.15 ASJ Beginner's seminar in VR での発表資料です。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

企業研究者の研究のすゝめ方

  1. 1. ~ ビギナーズセミナー 私の研究のすゝめ方 ~ 企業研究者の研究のすゝめ方 安藤 厚志 0 NTTメディアインテリジェンス研究所 2020. 3. 15 ASJ beginner’s seminar in VR
  2. 2. Copyright©2020 NTT corp. All Rights Reserved. 安藤 厚志 (あんどう あつし) – 社会人7年目、博士課程2年目 – 経歴 • 2013.3 名古屋大学大学院 情報科学研究科 博士前期課程 修了 • 2013.4- 日本電信電話株式会社入社、現在に至る • 2018.4- 名古屋大学大学院 情報学研究科 博士後期課程 在学中 – 主な研究 • 通話における顧客満足度推定 (INTERSPEECH’17, Trans. ASLP’20) • 音声からの感情分類 (INTERSPEECH’17, ICASSP’18, INTERSPEECH’19) • 音声からの質問検出 (INTERSPEECH’18, ASJ’19 粟屋賞) – 現在の業務内容 • 非言語/パラ言語情報認識技術の研究 • 実用化に向けたソフトウェア開発 • 事業案件対応 (実データ分析、モデルチューニング、…) 自己紹介 1
  3. 3. Copyright©2020 NTT corp. All Rights Reserved. 2 実用化の例 https://www.ntt-tx.co.jp/whatsnew/2019/190326.html
  4. 4. Copyright©2020 NTT corp. All Rights Reserved. • 私の研究の進め方 – 全体の流れ – 各ステップの概要 – 私の失敗例 • 効率的に研究を進めるためのTips – タスクの管理 – モチベーションの維持 ※ ご紹介する方法が絶対的な正解というわけではありません。 あくまで一つの例としてお聞き頂けますと幸いです 本日お話しすること 3
  5. 5. Copyright©2020 NTT corp. All Rights Reserved. タスク選定→従来手法の分析→新手法の検討→論文化 従来法分析 私の研究の進め方 4 サーベイ タスク検討 従来手法の 実装/評価 従来手法の 誤り分析 アプローチ 検討 新手法の 実装/評価 新手法の 誤り分析 論文執筆 方法論の 検討 サーベイ 論文投稿 タスク選定 新手法検討 論文化
  6. 6. Copyright©2020 NTT corp. All Rights Reserved. 実用に合ったタスクを選ぶことが、良い研究開発の第一歩 • 何をしたいか = 「研究の種」からスタート – 例)通話から顧客の満足度を推定できないか? • 研究の種に関連しそうな先行研究をサーベイ – 最新国際会議の予稿集を中心に30-50本読み タスク設定, 研究課題, アプローチなどをまとめる • 先行研究に基づき, 研究の種をタスクに落とし込む – 例)通話ごと・顧客発話ごとの満足度3値分類 (満足/普通/不満) – ①先行研究の多さ (多くの需要があるか) ②先行研究の制約条件 (現実的なリソースで運用可能か) ③先行研究の精度/到達点 (数年後には実用化可能か) などを考慮 5 タスク選定 サーベイ タスク検討 タスク選定
  7. 7. Copyright©2020 NTT corp. All Rights Reserved. 従来手法の課題の追究が「失敗しにくい」研究を生む • 従来手法の実装/評価の後には必ず誤り分析を実施 – 従来手法で誤りがあったデータを100~サンプル確認, 誤り原因を思いつく限りたくさん書く – 誤り原因を集計、改善効果を定量化 • 例)クラス分類誤り100サンプルのうち 雑音が大きいデータが50%、 音声が途中で切れるデータが30%、 … – 改善効果の高い課題にアプローチすることで, 失敗しにくい研究になる 6 従来手法の分析 従来法分析 従来手法の 実装/評価 従来手法の 誤り分析
  8. 8. Copyright©2020 NTT corp. All Rights Reserved. サーベイに基づき、実用的な方法論を採用する • アプローチを実現する上で、実用的かつ 有効性の高そうな方法論をサーベイし採用 – 例)低遅延が重視される実用では単純な手法 (例: ウィナーフィルタリング) 精度が重視される実用では複雑な方法 (例: ニューラル音声強調) – タスク選定時と同様に、運用面やコスト面を 考慮して方法論を選ぶ – 普段から多くの論文を読んでおき, 方法論の引き出しを増やしておくとベスト 7 新手法の検討 アプローチ 検討 新手法の 実装/評価 新手法の 誤り分析 方法論の 検討 サーベイ 新手法検討
  9. 9. Copyright©2020 NTT corp. All Rights Reserved. 論文執筆中には大量のサーベイをしない • ここまでの段階で十分なサーベイができていれば 論文執筆は可能なはず • 論文の書き方はここでは説明しません – ニュービック先生のチュートリアル※1や、 松尾先生のページ※2が大変参考になります 8 論文化 論文執筆 論文投稿 論文化 ※1 http://www.phontron.com/slides/neubig15nlptutorial.pdf ※2 http://ymatsuo.com/japanese/ronbun_jpn.html
  10. 10. Copyright©2020 NTT corp. All Rights Reserved. 古い従来手法を用いてしまい, 最新手法との比較ができない or アプローチは面白いが, 方法論がいまいち 9 自身の失敗例①: サーベイが足りない 従来法分析 サーベイ タスク検討 従来手法の 実装/評価 従来手法の 誤り分析 アプローチ 検討 新手法の 実装/評価 新手法の 誤り分析 論文執筆 方法論の 検討 サーベイ 論文投稿 タスク選定 新手法検討 論文化 タスクが実用的でなく 研究を頑張ったのに 現場では使われない 従来手法が古く 最新手法と比較できない 方法論が悪く 改善が小さい
  11. 11. Copyright©2020 NTT corp. All Rights Reserved. 思い込みから有効性の低いアプローチを選んでしまい 有効な新手法がなかなか見つからない 10 自身の失敗例②: 誤り分析をしない 従来法分析 サーベイ タスク検討 従来手法の 実装/評価 従来手法の 誤り分析 アプローチ 検討 新手法の 実装/評価 新手法の 誤り分析 論文執筆 方法論の 検討 サーベイ 論文投稿 新手法検討 論文化 思い込みからアプロー チを立ててしまい、 有効性が低いことに 後で気づく アプローチ検討に 何度も戻る タスク選定
  12. 12. Copyright©2020 NTT corp. All Rights Reserved. • 私の研究の進め方: タスク選定→従来手法の分析→新手法の検討→論文化 • 各ステップで気をつけていること – タスク選定 • サーベイやヒアリングを通じ、実用性の高いタスクを選ぶ – 従来手法の分析 • 誤り分析を通じて改善効果を予測、失敗しにくい課題を選ぶ – 新手法の検討 • 方法論選びでも実用性考慮。普段から論文を読む – 論文化 • 論文を書くときに大量のサーベイをしなくてもよいよう研究 11 私の研究の進め方 まとめ
  13. 13. Copyright©2020 NTT corp. All Rights Reserved. • 研究活動を阻害する要因は非常に多い… – 研究時間がない • 研究以外でやるべきことが多く、研究時間が取れない – モチベーションが維持できない • 集中力が続かない、やる気が出ない • 何をしたらよいか分からない • 研究時間を作るためのタスク管理方法、 研究に対するモチベーション維持方法をお話しします – タスク管理 • 毎朝ToDoリストを作り込む • 複数の作業を同時並行で進める – モチベーション維持 • ライバルを見つける • 最終目的を振り返る 12 2. 研究を効率的に進めるためのTips
  14. 14. Copyright©2020 NTT corp. All Rights Reserved. その日にすべきことの計画と時間配分を見積もり, 「次に何をするか」を考える隙を作らない • 出社後すぐにToDoリスト作成を行う – 2週間先までスケジュールをチェックし、 作業工程の分割、作業工程ごとの締切設定、今日やることを決める • 以降はToDoリストに沿って機械的に作業を進める – 「次なにするんだっけ」を考える隙を作らず、集中力を維持 13 タスク管理① 毎朝ToDoリストを作り込む 大, 中, 小項目に分ける 大項目: 目的 中項目: 作業内容 小項目: 作業工程 完了しても 項目を消さない
  15. 15. Copyright©2020 NTT corp. All Rights Reserved. 自分と計算機or他者が同時作業するようタスク調整 • 自分一人では一人分の仕事しかできない – 一人分以上の生産性を出すためには? • (他者と連携して仕事する場合) 他者を活用 • 計算機を活用 • 自分+αが作業をし続けられるようタスク優先度を調整 – 例)統計モデル学習を計算機で行いつつ、自分はゼミ資料作成 開発書類チェックを他社に依頼しつつ、自分はコーディング 14 タスク管理② 複数の作業を同時に行う
  16. 16. Copyright©2020 NTT corp. All Rights Reserved. ライバルの仕事から学び、やる気を引き出す • 年代が近く、尊敬できる人をライバルに定める – 先輩/後輩、別研究室メンバなど複数のライバルを作ると◎ • 集中力が切れたときにはライバルの業績や論文を見る – 「自分も頑張ろう!」とやる気が出る 15 モチベ維持① ライバルを見つける
  17. 17. Copyright©2020 NTT corp. All Rights Reserved. 「本当は何がしたいのか」を思い出す • 目の前のタスク処理に追われていると、 「何のためにこの作業をしてるんだっけ?」に陥りやすい • ときどき最終目的を振り返ることが効果的 – 例)従来手法の一部を実装することは、学位を取ることが目的 説明資料を作ることは、出世して高給を取ることが目的 16 モチベ維持② 最終目的を振り返る
  18. 18. Copyright©2020 NTT corp. All Rights Reserved. • 企業研究者 (の一人) の研究のすゝめ方 – タスク選定→従来手法の分析→新手法の検討→論文化 – まとまった数のサーベイを行い、実用性の高いタスクを選ぶ – 誤り分析により、失敗しにくいアプローチを選ぶ • 研究を効率的に進めるために – タスク管理を効率化 • ToDoリストを作り込む • 複数の作業を同時に行えるよう、優先度をコントロール – モチベーションを維持 • ライバルを見つける • 最終目的をときどき振り返る 17 まとめ

×