Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

2012-1110「マルチレベルモデルのはなし」(censored)

38,404 views

Published on

2012/11/10
LET関西支部メソドロジー研究部会&
言語テスティング・第二言語習得合同勉強会
@流通科学大学東京オフィス
での発表資料です。

Published in: Education
  • Follow the link, new dating source: ❶❶❶ http://bit.ly/369VOVb ❶❶❶
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • Sex in your area is here: ❤❤❤ http://bit.ly/369VOVb ❤❤❤
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • accessibility Books Library allowing access to top content, including thousands of title from favorite author, plus the ability to read or download a huge selection of books for your pc or smartphone within minutes ,Download or read Ebooks here ... ......................................................................................................................... Download FULL PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M }
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • If you want to download or read this book, copy link or url below in the New tab ......................................................................................................................... DOWNLOAD FULL PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { http://bit.ly/2m6jJ5M } .........................................................................................................................
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • accessibility Books Library allowing access to top content, including thousands of title from favorite author, plus the ability to read or download a huge selection of books for your pc or smartphone within minutes DOWNLOAD THIS BOOKS INTO AVAILABLE FORMAT ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download Full EPUB Ebook here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... ...................................ALL FOR EBOOKS................................................. Cookbooks, Manga, Memoir, Music, Mystery, Non Fiction, Paranormal, Philosophy, Poetry, Psychology, Religion, Art, Biography, Business, Chick Lit, Children's, Christian, Classics, Comics, Contemporary, Romance, Science, Science Fiction, Self Help, Suspense, Spirituality, Sports, Thriller, Travel, Young Adult, Crime, Ebooks, Fantasy, Fiction, Graphic Novels, Historical Fiction, History, Horror, Humor And Comedy,
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

2012-1110「マルチレベルモデルのはなし」(censored)

  1. 1. 2012/11/10LET関西支部メソドロジー研究部会&言語テスティング・第二言語習得合同勉強会@流通科学大学東京オフィス 水本 篤(関西大学)
  2. 2. マルチレベルモデル分析とは何か,また,どのようなことができるかを簡単に紹介する。 ※「入門編」よりも前の「見習い編」
  3. 3. 4
  4. 4. 相関係数r = .73R2 = .54
  5. 5. 回帰式y = 切片 + 傾き × x
  6. 6. き 傾 y = 切片 + 傾き × x + 誤差 切片→TOEIC得点 = 292.80 + 7.70 × 語彙テスト得点 r = .73 R2 = .54
  7. 7. A B 実は3群のデータだった...C 8
  8. 8. multilevel
  9. 9. multilevel 10
  10. 10. multilevel 11
  11. 11. multilevel階 Level 2層 (学校)性ア Level 1リ (学習者) 12
  12. 12. A BC 群ごとに 回帰分析すれば? 13
  13. 13. 群ごとの回帰分析はふさわしくない。 全体で持っている情報を失ってしまう。 全体の情報を保持しつつ,群ごとの情報 を得ることが出来る方法が必要。 14Photo by CarbonNYC http://www.flickr.com/photos/carbonnyc/7777982086/
  14. 14. 同じ群に属する人たちは似ていてデータが独立しているとは考えにくい 学級A 学級B
  15. 15. ふさわしい方法 16
  16. 16. 基本的に同じ物• マルチレベルモデル(multilevel model/analysis)• 階層線形モデル(hierarchical linear model: HLM)• 線形混合モデル(linear mixed model)• 混合効果モデル(mixed-effect model)• ランダム効果/係数/回帰モデル (random effects/coefficient/regression model)• 成長曲線モデル(growth curve model)
  17. 17. 必要なくなったの?
  18. 18. 一般化線形モデル Generalized Linear Model 特に,変量効果(random effect)を扱う場合は, 一般化線形混合モデルGeneralized Linear Mixed Model これまでの分析方法 一般線形モデル General Linear Model t 検定,分散分析,重回帰分析,etc 19
  19. 19. 固定効果と変量効果• 固定効果(fixed effect) - これまでの分析方法と同じもの。 - 全体から1つの値を推定。 - ある要因で測定している 水準以外で調べるべき ものはない。
  20. 20. 固定効果と変量効果• 変量効果(random effect) - レベル2の集団ごとに値を推定。 - ある要因で測定している水準は, 全体からサンプリングされたものな ので,他にも見るべきものがある。
  21. 21. Level 2 (学校)ここがランダム(変量効果) どの学校がサンプリングされるかわからない。 でも,結果は一般化したい。 22
  22. 22. Second Language Acquisition (SLA) 研究の例 ・subjects (participants) ・items = random effects ・condition = fixed effects ※ replicationすることを 考えるとわかりやすい Cunnings, I. (2012). An overview of mixed-effects statistical models for second language researchers. Second Language Research, 28, 369–382. doi:10.1177/0267658312443651
  23. 23. 混合効果(mixed effects)モデル random effects + fixed effects =mixed effects
  24. 24. Level 2 (j)Level 1 (i)
  25. 25. Level 2 (j)Level 1 (i) yij = b0j + b1jx1ij + eij
  26. 26. b0j = γ00 + u0jLevel 2 (j) b1j = γ10 + u1jLevel 1 (i) yij = b0j + b1jx1ij + eij
  27. 27. 「見習い編」って... たしか言ってたよね? 28Photo by somegeekintn http://www.flickr.com/photos/66335021@N00/3219769312/
  28. 28. b0j = γ00 + u0jLevel 2 (j) b1j = γ10 + u1jLevel 1 (i) yij = b0j + b1jx1ij + eij
  29. 29. Level 2 (j)切片 = 全体の切片の平均値(固定効果)    + 各学校特有の切片(変量効果)傾き = 全体の傾きの平均値(固定効果)    + 各学校特有の傾き(変量効果)Level 1 (i) y = 切片 + 傾き + 誤差 これまでの回帰分析と同じ
  30. 30. ようするに 31
  31. 31. レベル2 レベル1
  32. 32. ランダム切片とランダム係数• ランダム切片 (random intercept)• ランダム係数(random slope)• ランダム切片&ランダム係数
  33. 33. • ランダム切片 切片がグループによって違う 傾きは同じ
  34. 34. • ランダム係数(傾き) 傾きがグループによって違う 切片は同じ
  35. 35. • ランダム切片&ランダム係数 傾きも切片もグループによって違う
  36. 36. マルチレベルモデルの手順• レベル2を考慮した分析を行うべきか確認する。 (級内相関係数:ICC)• 自由にモデルを組み立て,適合度(AIC,BIC)を 比較し,最もフィットしているものを選ぶ。• 切片や係数の関係を見て,解釈を行う。• (研究の目的に合わせて)ランダム係数・切片を, 他のレベル2の特徴を示す変数で説明する。
  37. 37. 適合度などはこちらを参照
  38. 38. マルチレベルモデルの前提• 回帰分析と同じ。• 独立性の仮定,回帰係数の等質性,  球面性の仮定や分散等質性が満たさなくてもよい。
  39. 39. マルチレベルモデルの利点• カテゴリカルな変数も独立変数として扱える。• 正規分布以外の分布も扱える。• 自由なモデリング。• 欠損値があっても構わない。
  40. 40. イイネ!
  41. 41. 適用例 42
  42. 42. ICC  =  .28 43
  43. 43. ランダム切片のみのモデルが 適合度が高い 44
  44. 44. 変量効果 (random  effects)は 分散が推定される←ランダム切片の分散←誤差の分散←全体の切片←全体の係数 45
  45. 45. 46
  46. 46. 成長曲線モデル growth curve model個人の変化に興味がある。 47
  47. 47. これもマルチレベル 母集団として 想定する学習者全員 Level 2 学習者N 学習者A 学習者C学習者B (学習者1名ずつ)Time Time Level 1 Time Time Time Time Time Time Time Time Time Time 1 2 (3時点以上の繰り返し) 3 1 2 3 1 2 3 1 2 3 48
  48. 48. これと考え方は同じ 印南  (2012) 49
  49. 49. 50
  50. 50. 51
  51. 51. 52
  52. 52. ランダム切片のみのモデルが 適合度が高い 53
  53. 53. ←ランダム切片の分散←誤差の分散←全体のTime1の平均←1回ごとに0.24点上がる 54
  54. 54. 55
  55. 55. 検定とモデリングの違い• 検定は「有意差あります」と言える。• モデリングは解釈が難しい。• 目的によって使いわけましょう。
  56. 56. ・もっと使われるようになるでしょう。・理解するにはソフトを使いながら, 解釈の練習をする必要があります。
  57. 57. mizumot.com/lablog/hlm

×