Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Lighter Project #3 @cougar

15 views

Published on

In the third presentation, we introduced the management policy of StatJp Group.
After that, I talked about publishing the website of the Lighter project and implementing online payment with stripes.

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Lighter Project #3 @cougar

  1. 1. 統計・マーケ・機械学習 Meetup! #3 @さくらインターネット • 自己紹介 • StatJpの運営方針 • ネット決済導入について • カンパイ(しますが、着いた人から飲んでてください) 参加費は、休憩までにお支払い頂ければ構いません。 本LTでは、ネット決済導入の経緯についても、簡単にご説明します。
  2. 2. 1.StatJP紹介 2.参加者の特徴 3.運営状況 4.今後の計画 はじめに • 会場スポンサー – さくらインターネット株式会社 • ビールスポンサー – StatJp運営一同 • 今回、変わった点 – タイトルからR/Pythonが消えた • 長いから… – 水曜日の開催 • 偶然… – スポンサーがついた • 引き続き、様々な企業/個人様とのコラボを募集中です – Lighter(事前決済サイト)の設置 • キャンセルや当日受付へのスムーズな対応
  3. 3. 1.StatJP紹介 2.参加者の特徴 3.運営状況 4.今後の計画 まじめな自己紹介(フリーの案件募集中です) • 本業 – 広告代理店の孫請け(マーケティング系コンサル) • 売上/費用推計、レポート代行、広告企画 – バックオフィスの業務改善 • 証券業務、大手IT会計、コンビニキャンペーン… • 年60~400万円/1工程の工数削減の企画提案構築 • 開発環境:PHP/Access+SQL/Excel+XML+SQL • その他副業とか – インフラ~Web系エンジニア(組み立て/Linux/Webアプリ) – Office講師・教材システム構築・ビジネスゲーム運営 – SEO・SEM/リサーチ業務(定量/定性) • 欲しい案件 – カネに関するデータ集計~分析、レポーティング – ExcelからWebアプリへの移行
  4. 4. 1.StatJP紹介 2.参加者の特徴 3.運営状況 4.今後の計画 目次 • 1)StatJPの紹介/運営方針 – 1-1)運営メンバー – 1-2)イベントの開催目的 – 1-3)イベントの目指す姿 • 2) 参加者の特徴 – 2-1)イベントに求められていること – 2-2)参加者の興味の分野 – 2-3)人気のLTの傾向 • 3)運営状況 – 3-1)ファンの拡大状況 – 3-2)さらなるイベント拡大のために • 4)今後の計画 – 4-1)検討中の施策 – 4-2)スポンサー企業様に期待すること この辺は、スポンサー様向け資料の一部なので、 さくっといきます。
  5. 5. 1.StatJP紹介 2.参加者の特徴 3.運営状況 4.今後の計画 1-1)運営メンバー • メンバー紹介 – cougar • 企画、全体統括 • 本業:コンサルタント – rakuda1007 • 運営 • 本業:マーケター – Nobuyuki Yamakawa • 企画補助 • 本業:コンサルタント • 特徴 – ベイズ統計学の輪読会がきっかけ – ビジネス/エンジニアリング/分析のいずれにも興味 適切な指標課題発見 ビジネス エンジニアリング 分析 課題解決 説明力 適切な実装方法 課題解決 • ビジネス的な課題発見 • 最適な解決方法を得るための、数学・統計的理解 • 問題解決手段としての、エンジニアリング 1.StatJP紹介
  6. 6. 1.StatJP紹介 2.参加者の特徴 3.運営状況 4.今後の計画 1-2) イベントの開催目的 • StatJpが目指すこと – Meetupの拡大 • 規模(50人~) • 特化型イベントの特別開催 • StatJpが目指さないこと – イベント運営による、直接的な利益追求 • 参加費徴収による収益化 • 所属組織の宣伝 • 運営のねらいは「役得」 – 「データ/マーケ/機械学習」分野に特化した… • スキルアップ • 人脈づくり 通常は… 3テーマをバランスよく扱う →時々、どれか1つに フォーカスしたイベントを開催! 1.StatJP紹介 以下のように、主たる目的が宣伝に留まらないスポンサー 活動は、柔軟に可能とする。 例1)主催(フリーランス)による、広告スポンサー(勉 強会募集サイトへの月額料支払い)。 例2)参加者の一人としての、スポンサーLT枠への応募。
  7. 7. 1.StatJP紹介 2.参加者の特徴 3.運営状況 4.今後の計画 1-3)イベントの目指す姿 • 周辺領域での、3テーマへの意識・スキル向上 – マーケティング的「バズり」が必要 • 参加者みんなが「アガる」会 – 議論が活発 • 初級者~中級者の意欲喚起 • 上級者にも飽きが来ない – 参加者の発表率/懇親会の参加率が高い • スポンサーの後ろ盾による安心感 • グループへの帰属意識(例:IoTLT/ALGYAN) – イケてる • 流行りの技術/サービスに敏感 • 詳しくなくても、楽しめる(例:ちょまど/ギャル電/ポキオ) 目的達成の手段として、分かりやすい「スマートさ」も目指す 1.StatJP紹介
  8. 8. 1.StatJP紹介 2.参加者の特徴 3.運営状況 4.今後の計画 2-1) イベントに求められていること • モチベーション・質の高い参加者の募集 – 目的意識が明確な参加者が多い – 発表意欲が高い 単位:票 興味のある分野に詳しい、勉強会参加者(他の勉強会を含む)のLTを聞きたい 13 機械学習や統計など、興味のある分野に関する、大学教授・研究者のLTを聞きたい 11 サービス開発者のLTを聞きたい 8 初心者が気軽に発表できる場が欲しい 7 2.参加者の特徴
  9. 9. 1.StatJP紹介 2.参加者の特徴 3.運営状況 4.今後の計画 • 人気の分野 – 3つのテーマが、同程度に人気である 2-2) 参加者の興味の分野 2.参加者の特徴 単位:票 データ分析・ビッグデータ 16 機械学習・深層学習 14 統計学 13
  10. 10. 1.StatJP紹介 2.参加者の特徴 3.運営状況 4.今後の計画 3-2)さらなるイベント拡大のために • バズるイベントは、ハコ/ピザ/ステッカーがある! – ハコ:場所 • 収容力 – ピザ:資金力 • ケータリング料金 – ステッカー:ブランド力 • スポンサー企業 • 参加者の想定する参加費 – 現実的には500円程度では? – 理想のイベントの場合で… • ケータリング – 2,000円以内 • カフェ/レストランなど – 3,000円以内 3.運営状況
  11. 11. 1.StatJP紹介 2.参加者の特徴 3.運営状況 4.今後の計画 4-2 )StatJpがスポンサー企業様に期待すること • 「ネタ」もください – PR/権威頼み→インパクトは薄い! • 現場・ネタ系は、すべてのレベルから関心が高い • 発表者の経験談を交えつつの、ハンズオンも好評 • 製品CM・求人セミナーに留まらないコンテンツ – 例)求人系のアピール • 「機械学習に数学が必要」と現場で感じる理由←あるある系 • 機械学習エンジニアに継続して学んで貰いたい内容←課題提起系 – 例)サービスのアピール • 自社サービスを使って「○○をやってみた」←ネタ系 • ハンズオン形式で「使い方」「強み」のアピール←現場系 4.今後の計画
  12. 12. 1.StatJP紹介 2.参加者の特徴 3.運営状況 4.今後の計画 なぜ、わざわざStripeを選んだのか? • Paypal – 長所 • 対応カードが多い( Visa/AMEX/Master/JCB/Diners) • Connpassと連携可能 – 短所 • 支払い側のアカウント作成が必要 • Connpassの参加枠と、紐付けが細かくできない • Stripe – 長所 • 支払い側のアカウント作成が不要 • カスタマイズ性が高い • 振込手数料が掛からない – 短所 • 対応カードが少ない(Visa/AMEX/Master)
  13. 13. 1.StatJP紹介 2.参加者の特徴 3.運営状況 4.今後の計画 決済ページ構築の流れ Ver.1 • サーバ – さくらのVPS(1GB) • ドメイン – お名前.com • SSL – KingSSL(トリトン) • 構成 – CentOS7 – Apache2.4 – Python3.6 • mod_wsgi(Web Server Gateway Interface) – Django – Stripeコード差し込み
  14. 14. 1.StatJP紹介 2.参加者の特徴 3.運営状況 4.今後の計画 決済ページ構築の流れ Ver.2 • サーバ – お名前共用サーバー • ドメイン – お名前.com • SSL – アルファSSL(トリトン) • 構成 – WordPress • Simple Pay
  15. 15. 1.StatJP紹介 2.参加者の特徴 3.運営状況 4.今後の計画 Lighterについて • やたらと注意書きが多いサイトですが – 特定商法取引法に触れたくない • 収益性のある活動(事業)ではありません – 個人情報はなるべく扱いたくない • 運営上、最低限必要なデータのみを、慎重に扱います • やりたいこととして – 受付簡略化 • マンパワーの削減 • 会としてのスマートさの追求 – ドタキャン対策 • 非常に多いので… – 赤字対策 • 割引するから、欠席の場合はカンパ扱いにさせてください
  16. 16. 1.StatJP紹介 2.参加者の特徴 3.運営状況 4.今後の計画 使い方 • Pay With Card – Success – Failed
  17. 17. 1.StatJP紹介 2.参加者の特徴 3.運営状況 4.今後の計画 今後やりたいこと • LT支援プロジェクト – 時間割 – 出席管理 • 全体の設計をきちんとやる(後回しで大丈夫) – チケット発行 • サイト全体のDjangoへの移行 • クラウドサーバを使いたい – 各社プランがありすぎてよく分からない – 従量課金制こわい – アンケート • アンケートに回答した人への割引 • コミュニティの管理 – Facebookページ • https://www.facebook.com/StatJp/
  18. 18. 1.StatJP紹介 2.参加者の特徴 3.運営状況 4.今後の計画 では、Meetupを始めましょう • やって良いこと – LT中の飲み食い/おかわり/立ち歩き • 余っても困ります。みんなで完食しましょう。 – LT中の質問/ツッコミ/雑談 • 良識の範囲で、気楽にやりましょう。 • だめなこと – 良識・節度の範囲を超えること(運営の判断) • 会場へ迷惑を掛ける行為 • 周囲への配慮に欠ける振る舞い • あやしい宗教/団体/ビジネス等への勧誘 • では、カンパイしましょう!

×