Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

COD2012 大阪 グローバルコミュニケーション基盤としてのSharePoint

3,837 views

Published on

マイクロソフト高田さん
グローバルコミュニケーション基盤としてのSharePoint
~ポータル、SNS機能を中心に、グローバルでのコミュニケーションを促進するためにSharePointを活用する方法を紹介します~
http://www.ustream.tv/recorded/23181734

Published in: Technology
  • Be the first to comment

COD2012 大阪 グローバルコミュニケーション基盤としてのSharePoint

  1. 1. グローバルコミュニケーションを加速するSharePoint Server 2010 高田 詞之 シニアテクノロジースペシャリスト 日本マイクロソフト株式会社 Community Open Day 2012
  2. 2. アジェンダ• はじめに – 社内SNS案件の傾向 – グローバルコミュニケーションを加速するSharePointの価値• コミュニケーションの場をすぐに提供• 様々な種類の情報を集約• 組織の壁を越えて、人と人、人と情報を結びつける• ビジネススピードを加速する運用管理手法 – セルフサービスでのサイト運用 – クォータと期限の設定による管理の自動化
  3. 3. はじめに
  4. 4. 社内SNS案件の傾向SNSをやりたいと言われ、顧客を訪問してみると・・・ 個人から情報発信を気軽に 社員が持っている できるようにしたい ノウハウを 探せるようにしたいプロジェクトチームで 情報共有を 情報共有したい 活発化したい 顧客によってイメージしているものがバラバラ 実現したいことが明確ではないケースも
  5. 5. グローバルコミュニケーションを加速するSharePointの価値コミュニケーションの場をすぐに提供• テンプレートからサイト、リスト、ライブラリを作成• 多言語に対応したプラットフォーム様々な種類の情報を集約• Officeドキュメント、画像、動画など様々な形式のファイル共有• ディスカッションやブログを利用したインフォーマルなナレッジシェアリング組織の壁を越えて、人と人、人と情報を結びつける• ユーザーのプロファイル情報を個人用サイトで公開• 情報に対するタグ、評価、メモの付与
  6. 6. コミュニケーションの場をすぐに提供
  7. 7. コミュニケーションの場をすぐに提供グローバル共通のプラットフォームで、ビジネススピードを加速 40カ国の言語に対応しているため 国内だけでなく海外拠点との情報共有まで 幅広く活用可能 質問の投稿 情報の分析 情報の評価 情報の検索 サイトテンプレートから ユーザーのニーズに合った サイトをすぐに作成
  8. 8. テンプレートからすぐに新しいサイトを作成• 既定で27個のサイトテンプレートを提供• サイトはコンテンツを含めて、テンプレート化することが可能 – “ベストプラクティス”環境の横展開を容易に実現 • サイトの情報の配置、見え方を全社で共通化 • サイト内に事前に有用なコンテンツを含め、業務の標準化を促進 – 初めてサイトを管理・利用するユーザーのためのガイドライン – 全社規格のドキュメントテンプレート文書 – 目的遂行のために必要なチェックリストシート など テンプレートの横展開 全社規格に沿った提案書 顧客提案用サイト A社向けの提案書 提案書テンプレート B社向けの提案書 提案時のチェックリスト 競合時のチェックリスト 管理者 C社向けの提案書 管理者によるサイトの 成果物 テンプレート化
  9. 9. グローバルでの利用に対応する言語パック• 言語パックの利用により、各言語毎にWebサイトを作成することなく、同一サイトを 各言語で表示可能• Internet Explorerの言語を基に、SharePoint Server 2010が最適なWebサイトを 表示するので、ユーザーの利便性も向上• グローバル展開を見据えたシステム設計および構築が可能 標準で40カ国語に対応 日本語でサイトを表示 アラビア語 ルーマニア語ユーザーは特に意識することなく、 簡体字中国語 リトアニア語SharePoint が自動的に 繁体字中国語 ラトビア語 デンマーク語 ブルガリア語最適な言語の Web サイトを表示 オランダ語 フィンランド語 英語 ハンガリー語 日本語のユーザー フランス語 バスク語 英語でサイトを表示 ドイツ語 トルコ語 ノルウェー語 ヘブライ語 (ブークモール) ヒンディー語 チェコ語 イタリア語 セルビア語(ラテン) 日本語 スロバキア語 英語のユーザー 韓国語 スロベニア語 韓国語でサイトを表示 ポーランド語 クロアチア語 ポルトガル語 (ブラジル) ギリシャ語 ポルトガル語(ポルトガル) ウクライナ語 ロシア語 エストニア語 スペイン語 カザフ語 スウェーデン語 カタロニア語 韓国語のユーザー タイ語 ガリシア語
  10. 10. 様々な種類の情報を集約
  11. 11. 様々な種類の情報を集約情報共有インフラの全体最適を実現し、あらゆる情報を1つの基盤に 全社ポータル 全社部門ポータル ポータル 掲示板 部門 掲示板 ポータル ブログブログ SNS SNS Wiki ファイル Wiki 電子 ファイル 共有 共有 会議室 電子会議室 個別最適 全体最適
  12. 12. コラボレーションサイトによる情報共有 組織を横断してコミュニケーションする場所を提供       … 
  13. 13. ドキュメントライブラリによる文書共有文書や Web コンテンツの一元的なライフサイクル管理              
  14. 14. ディスカッション掲示板によるナレッジ共有• ニュースグループの形式にて、ディスカッションを記録し共有するリスト• 管理者が電子メールの受信機能を有効にしている場合は、電子メールでの ディスカッションを保存することが可能 ディスカッション掲示板 ディスカッション掲示板 (投稿一覧) (投稿内容)
  15. 15. ブログ・Wikiによるインフォーマルな情報発信• ユーザーからのボトムアップ的な情報発信手段として、ブログ、Wikiを用意• 複数メンバーでブログに投稿することにより、情報を広範囲にわたって公開、 また、メンバー内だけに閲覧を限定することも可能• Word 2007/2010 やOneNote、Windows Live Writer(無償)からのブログ発行ブログ・Wiki の利用シナリオ例 コンテンツの  評価   埋め込まれた  リッチメディア  タグクラウド  ナビゲーション 
  16. 16. 組織の壁を越えて、人と人、人と情報を結びつける
  17. 17. 組織の壁を越えて、人と人、人と情報を結びつける 個人用サイトの利用により人と人とのつながりを強化 ライブラリ / リスト 個人用サイト 人の検索 このドキュメントについて 詳細を聞きたいが・・・ ○○について詳しい人を 作成者はどこの部署だろう? 検索したら何人か 自分と共通の知り合いが ヒットしたけれど・・・ユーザー いるだろうか? どんなドキュメントを 作成しているのか? ユーザー 組織階層の参照 ファイルの参照 タグ付けしたコンテンツの参照
  18. 18. 個人用サイト“個人用サイト” を起点として、組織内に分散する個人と情報のソーシャル コネクションを強化• 社員の業務プロフィール、連絡先情報公開• 個人用ニュースフィードを利用したトラッキング• 作成した資料の保存が可能な個人用コンテンツ• 社員情報の検索
  19. 19. 社員情報の検索社員の知識を経由した情報へのアクセス手段を提供• 業務プロフィール – 部署情報、業務内容、上司/同僚、など• 連絡先情報 – 内線番号、携帯電話、メールアドレス、など• ナレッジ – 作成文書、ソーシャルタギング、興味分野、仕事仲間、など 社員の検索 検索した人のプロファイル情報や 公開タグの情報などを参照可能
  20. 20. ソーシャルタギング情報に付加された “タグ” を目印に、情報や人のつながりを経由して組織に埋もれている知識を発掘• 利用者本人のためのブックマーク コンテンツ作成者 (製品 A 担当者) 投稿• 第3者のための情報探索キーワード 投稿 参照 タギング タギング ネットワーク利用者 参照 コンテンツ利用者 (KM 担当者)
  21. 21. 評価・メモ掲示板• 文書のランキング(評価)、および、文書へのコメント(メモ掲示板)を設定、 確認することが可能 – それまで気がつかなかった有用な情報に辿りつくことができる – 異なる切り口・観点から文書を見ることで新しい「気付き」を得ることができる – 文書を単位とした双方向のコミュニケーション・情報共有ができる 5段階の評価 ライブラリのファイル単位で コメントの付与が可能 (メモ掲示板)
  22. 22. ビジネススピードを加速する運用管理手法
  23. 23. 代表的な2つのサイト運用モデル IT 部門による統制を行う エンド ユーザー主導の 運用モデル 運用モデル (ポータル・部門サイト・ (部門サイト・会議サイト・ 固定業務サイトなど) 組織横断型サイトなど)ファーム管理 IT 部門 IT 部門 IT 部門 エンド ユーザーサイトコレクション (エンド ユーザーからの (セルフ サービス サイト作成を管理 リクエストに応じて作成) 通じて作成) エンド ユーザー エンド ユーザーサイト・コンテンツ管理 (決められた権限の (サイト コレクション 範囲内で利用) 所有者が権限を管理) エンド ユーザーの要求に サイト コレクションが多数運用のポイント タイムリーに対応できる 作成されるため、容量制限や IT 部門のリソースが必要 使用確認機能を利用する
  24. 24. セルフサービス サイト作成• エンドユーザーが Web UI を通じてサイトコレクションを作成できる機能 – Web アプリケーション単位で有効化 (既定 無効) – http://サーバー名/_layouts/scsignup.aspx からアクセス
  25. 25. 記憶域の制限• Webアプリケーション、もしくは、サイトコレクション毎に定義• サイトコレクション容量の上限値とメール通知の警告値を設定し、 テンプレートとして保存 – 新規・既存のサイトにテンプレートを適用可能• 警告値を超えた場合、サイト コレクションの管理者にメールで通知
  26. 26. 使用確認と自動削除• 特定期間利用がないサイトコレクションの管理者に対して、 メール通知を行うことが可能• メール通知を指定回数繰り返した後、特にサイトコレクション 管理者からの操作がない場合には、サイトコレクションを自動で削除
  27. 27. まとめグローバルコミュニケーションを加速するSharePointの価値コミュニケーションの場をすぐに提供 • テンプレートからサイト、リスト、ライブラリを作成 • 多言語に対応したプラットフォーム様々な種類の情報を集約 • Officeドキュメント、画像、動画など様々な形式のファイル共有 • ディスカッションやブログを利用したインフォーマルなナレッジシェアリング組織の壁を越えて、人と人、人と情報を結びつける • ユーザーのプロファイル情報を個人用サイトで公開 • 情報に対するタグ、評価、メモの付与

×