Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

dao構築2_Mumbaiの接続.pptx

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Upcoming SlideShare
dao構築4_DAO運用.pptx
dao構築4_DAO運用.pptx
Loading in …3
×

Check these out next

1 of 6 Ad
Advertisement

More Related Content

Recently uploaded (20)

Advertisement

dao構築2_Mumbaiの接続.pptx

  1. 1. DAO構築手順② テストネットMumbaiの接続 通常、仮想通貨には金銭的価値があるので、取引所でお金を払って購入しないと 使うことができません。(1ETH≒20万円。2022年10月時点)。 しかし、ブロックチェーンの開発やテストに不便なことから、課金しなくても トークンを入手できる「テストネット」と呼ばれるものが用意されています。 ここでは、Polygonという仮想通貨のテストネットであるMumbaiに接続して、 トークンを入手します。
  2. 2. MetaMaskで、テストネットの表示をオンにします。 標準状態だと、テストネットは表示されません。
  3. 3. https://chainlist.org/ MetaMaskで、Mumbaiテストネットに接続します。 ChainListというサイトで、様々な仮想通貨ネットワークの接続情報を調べられます。 「Testnets」のオプションをオンにして、 「Mumbai」を検索します。
  4. 4. Mumbaiテストネットに接続します。 「Connect Wallet」→「Add to Metamask」の順番でボタンを押します。
  5. 5. https://faucet.polygon.technology/ Mumbaiトークンを取得します。 Google で「テストネット名 faucet」と検索すると、テストネットのトークンを無料で入手できるサイトがいくつか出てきます。 ウォレットアドレスをコピー&ペーストして Submitします。
  6. 6. Mumbaiトークンを取得します。 Confirmした後、数十秒から数分待つと、ウォレットにMumbaiトークンが「0.2MATIC」入ります。 1回あたり0.2、5分に1回申請できるので 適当にトークンを増やしておきます。

×