[AWS re:invent 2013 Report] AWS CloudTrail

1,849 views

Published on

  • Be the first to comment

[AWS re:invent 2013 Report] AWS CloudTrail

  1. 1. 1
  2. 2. 自己紹介 名前 – 荒木 靖宏 やってること AWSソリューション アーキテクト Debian開発者 ID Twitter: ar1 ar@debian.org 2
  3. 3. AWS CloudTrail • 概要 – AWSアカウントへの操作をロギングするサービス – 管理コンソール、コマンドライン、3rd party等API コールされる全てのイベントが対象 – 出力はS3、SNS(Simple Notification Service)で通知 可能 • ユースケース – – – – 3 ユーザー利用状況の監視 セキュリティ管理 コンプライアンス強化 リソースライフサイクル管理 • AWSリソースの作成から削除までの管理
  4. 4. AWS CloudTrailは拡張中です 対応サービス追加予定 – 対応済: EC2/EBS/VPC/RDS/IAM/ STS(Security Token Service) 対応リージョン 4 – US East (Virginia) – US West (Oregon)
  5. 5. S3バケット新規作成する? S3バケット名 全リージョンのログを含める? SNSの通知をONにする? SNSのトピック名 5
  6. 6. * ルートのURL * バケット名 * 接頭辞 * リージョン名 * 年(yyyy) * 月(mm) * 日(dd) * タイムスタンプ(ISO 8601形式のUTC) * 個別識別のためのアルファベット 6
  7. 7. SNSをMailで受けると大漁 7
  8. 8. ログ利用の実際 JSON形式そのままは非現実的 EMR, RedShift等に処理させる 8
  9. 9. AWS CloudTrail Partnersが肩代わり ログの活用例 hive or streaming S3DistCp web server EC2で生成 9 S3に集約 EMR/Redshift で集計 RDSに出力 9
  10. 10. CloudTrail Partner ログの収集、解析までをワンストップで行うSaaS – SumologicのWebコンソールで作業 – ログの形式はテキスト形式であればあらゆるものが 可能 SumoLogicの全サーバはAWS上で動作 – 各種セキュリティ基準をクリア済 一日500MBまでのログであれば無料で利用可 能 利用実績 – Netflix, orange, limelightなどなど 10
  11. 11. SumoLogic内で動作するCloudTrail用アプ 出力サンプル (12.3提供予定) 11
  12. 12. sumologicにログインして、 “Collectors”を選択 さらに、”Add Collector” を選択 12
  13. 13. Hosted Collectorを選択 13
  14. 14. コレクタに名前をつける。 “Add Source”で参照先を追加 14
  15. 15. 整理用にNameを定義 S3バケットを設定 IAMでつくったS3アクセス 鍵 15
  16. 16. コレクタがあることを確認 16
  17. 17. OpsWorksしか動いてない例 17
  18. 18. 18
  19. 19. 19
  20. 20. Questions? 20
  21. 21. その他 your log files are encrypted using Amazon S3 server-side encryption (SSE). CloudTrail typically delivers log files within 15 minutes of an API call ログは5分毎にデリバリーされる。デリバリーの際にSNSでトピックをとばせ る you can also define Amazon S3 lifecycle rules to archive or delete log files automatically You can aggregate log files from multiple AWS regions and multiple AWS accounts into a single Amazon S3 bucket IAMとも連携しており、CloudTrailに対する編集権限をIAMでコントロール可 能 単独アカウントの複数リージョン、複数アカウントを単独リージョン、複数 アカウントの複数リージョンサポート、いずれも可能 料金は、S3とSNS分のみ 21
  22. 22. 複数のアカウントの管理も可能 One AWS Account With Resources in Multiple AWS Regions Multiple AWS Accounts with Resources in One AWS Region Multiple AWS Accounts With Resources in Multiple AWS Regions 22
  23. 23. 複数のアカウントの管理も可能 One AWS Account With Resources in Multiple AWS Regions Multiple AWS Accounts with Resources in One AWS Region Multiple AWS Accounts With Resources in Multiple AWS Regions 23
  24. 24. ログの見方 JSON形式で眺める 例えばJSON整形サービス: http://www.ctrlshift.net/jsonprettyprinter/ HTMLでみてみる http://json.bloople.net/ Excelでみてみる JavaScriptバージョン http://jsfiddle.net/sturtevant/vUnF9/ コンバーター http://json-csv.com/ Classmethod http://dev.classmethod.jp/referencecat/aws-cloudtrail/ EMRで解析 Redshiftで解析 3rd party製品 Splunk等を使う 24
  25. 25. JSONをexcelに変換して みてみた場合 25
  26. 26. 複数のアカウントの管理も可能 One AWS Account With Resources in Multiple AWS Regions Multiple AWS Accounts with Resources in One AWS Region Multiple AWS Accounts With Resources in Multiple AWS Regions 26
  27. 27. • 27 画面上位のサービス名をクリックして、”Amazon CloudTrail”をクリッ クします
  28. 28. • • 28 画面左上の、”Region”をクリックし、“US West (Oregon)”をクリックし ます(注: この資料作成時点で、CloudTrailは上記2リージョンをサポートしています) 画面下部の、[Get Started]をクリックして、RDSの起動を開始します
  29. 29. • 29 これで、CloudTrailによりAPIコールのログが保存されはじめまし た!

×