Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
AWS re:Invent 2016で発表された
新サービス・新機能の紹介 パート 1
前半 - Amazon EC2編
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社
パートナー ソリューション アーキテクト 河原 哲也
2016.12.06
自己紹介
2
河原 哲也 (かわはら てつや)
Partner Solutions Architect
• 略歴
– 前職は某国産HWベンダーにて、
SAPコンピテンスセンターをリード
– JSUG(ジャパンSAPユーザーグループ)
テクニカル...
本資料では2016年12月6日時点のサービス内容および価格についてご説明しています。
最新の情報はAWS公式ウェブサイト(http://aws.amazon.com)にてご確認ください。
資料作成には十分注意しておりますが、資料内の価格とAWS...
Agenda
仮想サーバ関連のUpdate & New
• Amazon EC2
• Amazon Lightsail
• VMware Cloud on AWS
4
5
Amazon EC2
6
物理ホスト
ハイパーバイザー
ゲスト 1 ゲスト 2 ゲスト n
世代
c4.large
インスタンスファミリ サイズ
Amazon EC2
必要なときに1時間単位の従量課金で利用できる仮想サーバ
EC2インスタンスの変遷
2006年のサービス提供開始から様々なタイプを随時追加
7
2006 2008 2010 2012 2014 2016
m1.small
m1.large
m1.xlarge
c1.medium
c1.xlarge
m...
EC2インスタンスファミリをさらに拡充
より多くのワークロードに最適化されたタイプをご利用可能に
8
AWSブログ:EC2インスタンスタイプのアップデート – T2, R4, F1, Elastic GPUs, I3, C5
https://a...
T2インスタンスのラインナップを拡充
• CPU性能のバーストをサポートした汎用 T2に、
従来よりも大きな2種類のサイズを追加
• より多くのメモリを搭載しており、
今までよりも幅広いワークロードに対応可能に
モデル vCPU RAM ベース...
R4インスタンスを提供開始
• メモリ最適化 R3の後継としてR4を発表
• 2.4GHzのIntel Xeon E5-2686(Broadwell)を搭載し、
DDR4のメモリと大容量で高速なL3キャッシュを利用可能
• バージニア、オハイオ...
I3インスタンスを発表(2017年予定)
• ハイ I/Oインスタンス I2の後継として
NVMeベースのSSDを搭載したI3を発表
• 負荷の高いリレーショナルデータベースや、
NoSQLデータベースなどに最適
• 低遅延のNVMe接続のSS...
C5インスタンスを発表(2017年予定)
• コンピューティング最適化 C4の後継として、
SkylakeコアのXeonを搭載したC5を発表
• 前世代のHaswell(C4に搭載)と比較して、
AVX-512命令セットが利用可能で機械学習や
...
F1インスタンスを発表(開発者プレビュー開始)
• FPGAを搭載し高性能計算用途に最適なF1を発表
• Intel Xeon E5-2686v4(2.3GHz, Turbo mode対応)と
1個から8個のFPGA(Xilinx UltraS...
EC2インスタンスサイズの一覧
14
一般用途で選択されるT/M, C, Rを抜き出すと..
15
C5
新しいT2インスタンスタイプへの移行もご検討を
16
モデル vCPU RAM 料金
(Linux/東京)
t2.large 2 8GB $0.128/h
t2.xlarge 4 16GB $0.256/h
m4.xlarge 4 16GB $...
Amazon EC2 Elastic GPUsを発表
• GPU搭載していないインスタンスタイプ
でも利用可能なElastic GPUsを発表
• アタッチするだけで高度なグラフィクス
アクセラレーション機能を利用可能に
• 現時点ではWind...
EC2インスタンス(T2,M4,C4)の値下げを適用
• T2, M4, C4インスタンスの利用料金を値下げ
• 東京リージョンのオンデマンドインスタンス
の値下げ幅は以下のとおり
– T2: 20パーセント
– M4: 20パーセント
– C...
VPC内のEC2インスタンスがIPv6をサポート
• 新規、既存のVPC内のEC2インスタンスで
IPv6をサポート。対象はM3/G2以外の現行
世代のインスタンスタイプ
• IPv6環境下でプライベートサブネットを
実現するためにEGW(Eg...
20
Amazon Lightsail
新サービスAmazon Lightsailを提供開始
• 単純な構成のサーバが必要な際に、数回の
クリックで、いわゆる仮想専用サーバ(VPS)の
ように使い始めることができるサービス
• サーバリソース、SSDベースのストレージ、
データ転送料...
仮想専用サーバの作成はわずか3ステップ
https://amazonlightsail.com/
22
① イメージの選択
② プランの選択
③ 名前の入力
主な機能
23
• ドキュメント検索
• アカウント設定
• SSHキーペアの管理
• VPCピアリングの有効化
• AWSコンソールとの統合
• ブラウザからのssh接続
• メトリクスをグラフ表示
• CPUUtilization
• Ne...
24
VMware Cloud on AWS
VMware Cloud on AWS 概要
25
お客様
データセンター
管理
(vCenter Server) VMware Cloud™ on AWS
Powered by VMware Cloud Foundation
すべてのAWSサ...
セッションではライブデモも
26
さらにvMotionの実行、モバイルでの管理、Alexa連携による音声での操作も!
パートナープログラム(2017年予定)
27
+
or
+
or
+ +
VMware Cloud on AWS Competency
Business/Revenue Commitment
VMware Cloud on AWS Compet...
参考資料
• Amazon EC2
– http://aws.amazon.com/jp/ec2/
• Amazon Elastic Compute Cloud ドキュメント
– http://aws.amazon.com/jp/documen...
AWS re:Invent 2016で発表された
新サービス・新機能の紹介 パート 1
後半 - データベース編
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社
ソリューション アーキテクト 山内 晃
2016.12.06
自己紹介
30
• 山内 晃(やまうち あきら)
• アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社
技術本部 ストラテジックソリューション部
ソリューションアーキテクト
• キャリア
– システムエンジニア @通信事業者
– ソリューションアー...
re:Invent 2016 データベース系のアップデート
• re:Inventで発表された新サービス
1. Amazon Aurora
PostgreSQL-Compatible Edition
2. Amazon Athena
3. Am...
32
Amazon Aurora
PostgreSQL-Compatible Editionを発表
• PostgreSQL 9.6.1互換のAmazon Auroraを発表
– PostgreSQL対応を望むお客様からのご要望に基づく
• チェック...
SQL
Transactions
AZ 1 AZ 2 AZ 3
Caching
Amazon S3
• MySQL互換のAuroraと同じストレージ
システムを採用
• SSDを利用し、最大64TBまでシームレス
にスケール
• リードレプリカ...
• pgbench (TPC-B-Like) でRDS PostgreSQLの2倍の
最大スループットを実現
• 料金はMySQL互換のAuroraと同様
Amazon Aurora PostgreSQL-Compatible Edition
...
RDS向けのPerformance Insightを発表
• DBの知識を持ったエンジニアが
いなくとも、クエリパフォーマンス
の評価やDBの状態チェックを可能に
する機能
• Aurora PostgreSQL-Compatible
Edit...
37
Amazon Athenaを発表
• Amazon S3に置いたデータをインタラクティブに
SQLで直接クエリできるマネージドサービス
• データをS3から取り込む手間はない
• ペタバイト級のデータに対するクエリをサポート
• 標準のANSI...
Amazon Athenaを発表
• CSV/TSV/JSON/Apache logなどのテキスト
ファイルに加え、Parquet, ORCといった
列指向フォーマットもサポート
• 複数ファイルも扱え、カタログマネージャーで
管理する
• ク...
[デモ] Amazon Athena でのクエリ実行
S3に配置した2つのCSVファイルに
Athenaのテーブルを定義して
クエリを実行
40
1,Sato,240000
2,Suzuki,300000
3,Takahashi,250000
...
他のBig Dataサービスとの使い分け
• Amazon Redshift
– 多くの結合や副問合せを含む非常に複雑なSQLで最も高速なパフォーマンスを提供
– 様々なデータソースからのデータを共通フォーマットで長期保存するようなケースに最適...
パフォーマンス向上のTips
• 圧縮
– 読み取りデータ量を小さくする
– Snappy, Zlib, GZIPをサポート
• パーティショニング
– 読み取り範囲を限定する
• 列指向フォーマット
– データ処理に必要な列のみを読み取る
–...
料金
• クエリ単位の課金
– スキャンしたデータ1TBごとに$5(バージニア、オレゴンでの価格)
– クエリ毎に最小10MBに切り上げ、DDLは課金されない
– 圧縮、パーティショニング、列指向フォーマットによる読み取り量の
削減はコストダウ...
AWS Glueを発表
• データカタログの作成と、データの加工・ロード
(ETL)が実現可能なマネージドサービス
• データソースを自動で探索し、データフォーマットを
認識してスキーマや変換ロジックを提示
• S3, RDS, Redshif...
事前発表された重要なアップデート
45
Auroraがdb.t2.mediumでも利用可能に
• RDS for Auroraがdb.t2.mediumインスタンスでも
利用可能に。ただし、開発・検証用途での利用を推奨
• 使い分け例は以下となる
– 開発者のローカル環境:ローカルの...
AuroraストアドプロシージャからのLambda実行、
S3→Auroraへの直接のデータロードが可能に
• AuroraストアドプロシージャからのLambdaファンクション実行
– SNSで問題を通知、CloudWatchにメトリックを送信...
RDS for AuroraとRDS for PostgreSQLが
HIPAA対応
• RDS for AuroraとRDS for PostgreSQLが米国にお
ける医療保険の相互運用性と説明責任に関する法令
(HIPAA) コンプライア...
RDS for PostgreSQLが
PostgreSQL 9.6.1に対応
• パラレルクエリ、全文検索におけるフレーズ(隣接した複数語)の
検索といった新機能や、パフォーマンスや利便性の改善を取り込む
ことが可能に
• マネジメントコンソ...
RDS for SQL Serverが
Microsoft SQL Server 2016に対応
• クエリストア、Operational Analytics, Always Encrypted,
JSONサポート等の新機能を利用可能に
• E...
RDS for Oracleが
11gから12cへのアップグレードに対応
• マネジメントコンソール上の数クリックで、Oracle11g(11.2.0.4)
から12c(12.1.0.2.v5)にアップグレードを実行できる
• Standard...
Redshiftのオブジェクト名で日本語をサポート
• テーブルやカラムの名称として日本語を含めた
UTF-8のマルチバイト文字を利用可能に
• 最大で127バイトまで。日本語は1文字を
3バイトで表現するため、文字列長には注意
• マルチバイ...
Redshift その他のアップデート
• 圧縮分析
– ANALYZE COMPRESSIONコマンドでカラム毎に推奨の圧縮タイプを分析
– テーブルロックを取るため、テーブルがアイドル状態の時に実行することを推奨
• CREATE TABL...
QuickSightが一般利用可能に
• 様々なデータソースからSPICEエンジンに
データを取り込み、高速にデータを分析
• オンプレミスDBやSalesforceのデータも
コネクタを介した取り込みに対応
• 利用するSPICEエンジンのキ...
参考資料
• Amazon Athena
– https://aws.amazon.com/jp/athena/
– https://aws.amazon.com/jp/athena/faqs/
• Amazon Aurora PostgreS...
56
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

AWS Black Belt Online Seminar 2016 AWS re:Invent 2016で発表された新サービス・新機能の紹介 パート1

4,988 views

Published on

2016/12/06
AWS Black Belt Online Seminar 2016
AWS re:Invent 2016で発表された新サービス・新機能の紹介 パート1

Published in: Technology
  • Be the first to comment

AWS Black Belt Online Seminar 2016 AWS re:Invent 2016で発表された新サービス・新機能の紹介 パート1

  1. 1. AWS re:Invent 2016で発表された 新サービス・新機能の紹介 パート 1 前半 - Amazon EC2編 アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 パートナー ソリューション アーキテクト 河原 哲也 2016.12.06
  2. 2. 自己紹介 2 河原 哲也 (かわはら てつや) Partner Solutions Architect • 略歴 – 前職は某国産HWベンダーにて、 SAPコンピテンスセンターをリード – JSUG(ジャパンSAPユーザーグループ) テクニカル部会オピニオンリーダー • 現在のロール – 主にビジネスアプリケーション、 ストレージ系APNパートナー様の技術支援 • 好きなAWSサービス – Amazon EBS、AWS CloudFormation
  3. 3. 本資料では2016年12月6日時点のサービス内容および価格についてご説明しています。 最新の情報はAWS公式ウェブサイト(http://aws.amazon.com)にてご確認ください。 資料作成には十分注意しておりますが、資料内の価格とAWS公式ウェブサイト記載の 価格に相違があった場合、AWS公式ウェブサイトの価格を優先とさせていただきます。 内容についての注意点 AWS does not offer binding price quotes. AWS pricing is publicly available and is subject to change in accordance with the AWS Customer Agreement available at http://aws.amazon.com/agreement/. Any pricing information included in this document is provided only as an estimate of usage charges for AWS services based on certain information that you have provided. Monthly charges will be based on your actual use of AWS services, and may vary from the estimates provided. 価格は税抜表記となっています。日本居住者のお客様が東京リージョンを使用する場合、 別途消費税をご請求させていただきます。 3
  4. 4. Agenda 仮想サーバ関連のUpdate & New • Amazon EC2 • Amazon Lightsail • VMware Cloud on AWS 4
  5. 5. 5 Amazon EC2
  6. 6. 6 物理ホスト ハイパーバイザー ゲスト 1 ゲスト 2 ゲスト n 世代 c4.large インスタンスファミリ サイズ Amazon EC2 必要なときに1時間単位の従量課金で利用できる仮想サーバ
  7. 7. EC2インスタンスの変遷 2006年のサービス提供開始から様々なタイプを随時追加 7 2006 2008 2010 2012 2014 2016 m1.small m1.large m1.xlarge c1.medium c1.xlarge m2.xlarge m2.4xlarge m2.2xlarge cc1.4xlarge t1.micro cg1.4xlarge cc2.8xlarge m1.medium hi1.4xlarge m3.xlarge m3.2xlarge hs1.8xlarge cr1.8xlarge c3.large c3.xlarge c3.2xlarge c3.4xlarge c3.8xlarge g2.2xlarge i2.xlarge i2.2xlarge i2.4xlarge i2.4xlarge m3.medium m3.large r3.large r3.xlarge r3.2xlarge r3.4xlarge r3.8xlarge t2.micro t2.small t2.med c4.large c4.xlarge c4.2xlarge c4.4xlarge c4.8xlarge d2.xlarge d2.2xlarge d2.4xlarge d2.8xlarge g2.8xlarge t2.large m4.large m4.xlarge m4.2xlarge m4.4xlarge m4.10xlarge x1.32xlarge t2.nano m4.16xlarge p2.xlarge p2.8xlarge p2.16xlarge x1.16xlarge
  8. 8. EC2インスタンスファミリをさらに拡充 より多くのワークロードに最適化されたタイプをご利用可能に 8 AWSブログ:EC2インスタンスタイプのアップデート – T2, R4, F1, Elastic GPUs, I3, C5 https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/ec2-instance-type-update-t2-r4-f1-elastic-gpus-i3-c5/
  9. 9. T2インスタンスのラインナップを拡充 • CPU性能のバーストをサポートした汎用 T2に、 従来よりも大きな2種類のサイズを追加 • より多くのメモリを搭載しており、 今までよりも幅広いワークロードに対応可能に モデル vCPU RAM ベースライン パフォーマンス CPUクレジット /時間 料金 (Linux/東京) t2.nano 1 0.5GB 10% 3 $0.08/h t2.micro 1 1GB 15% 6 $0.16/h t2.small 1 2GB 25% 12 $0.32/h t2.medium 2 4GB 40% 24 $0.64/h t2.large 2 8GB 60% 36 $0.128/h t2.xlarge 4 16GB 90% 54 $0.256/h t2.2xlarge 8 32GB 135% 81 $0.512/h nano micro small medium large xlarge 2xlarge 9 AWSブログ:新しい T2.Xlarge および T2.2Xlarge インスタンス https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/new-t2-xlarge-and-t2-2xlarge-instances/
  10. 10. R4インスタンスを提供開始 • メモリ最適化 R3の後継としてR4を発表 • 2.4GHzのIntel Xeon E5-2686(Broadwell)を搭載し、 DDR4のメモリと大容量で高速なL3キャッシュを利用可能 • バージニア、オハイオ、オレゴン、北カリフォルニア、アイルランド、 フランクフルト、シドニー、北京、GovCloudで既に利用可能 R4 モデル vCPU RAM NW帯域 r4.large 2 15.25GB 最大10Gbps r4.xlarge 4 30.5GB 最大10Gbps r4.2xlarge 8 61GB 最大10Gbps r4.4xlarge 16 122GB 最大10Gbps r4.8xlarge 32 244GB 10Gbps r4.16xlarge 64 488GB 20Gbps 10 AWSブログ:次世代のメモリ最適化EC2インスタンス(R4) https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/new-next-generation-r4-memory-optimized-ec2-instances/
  11. 11. I3インスタンスを発表(2017年予定) • ハイ I/Oインスタンス I2の後継として NVMeベースのSSDを搭載したI3を発表 • 負荷の高いリレーショナルデータベースや、 NoSQLデータベースなどに最適 • 低遅延のNVMe接続のSSDを搭載し4KBランダム アクセスで最大3,300,000IOPS、16GB/sを実現 • 6種類のサイズを提供し、最大で64vCPU、 488GBメモリ、15.2TBのSSDストレージを搭載 • Elastic Network Adaptor(ENA)をサポート I3 11 AWSブログ:EC2インスタンスタイプのアップデート – T2, R4, F1, Elastic GPUs, I3, C5 https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/ec2-instance-type-update-t2-r4-f1-elastic-gpus-i3-c5/
  12. 12. C5インスタンスを発表(2017年予定) • コンピューティング最適化 C4の後継として、 SkylakeコアのXeonを搭載したC5を発表 • 前世代のHaswell(C4に搭載)と比較して、 AVX-512命令セットが利用可能で機械学習や マルチメディア、科学技術計算などに最適 • 6種類のサイズを提供し、 最大で72vCPU、144GBメモリを搭載 • Elastic Network Adaptor(ENA)をサポートし、 EBS最適化オプションがデフォルトで有効 C5 12 AWSブログ:EC2インスタンスタイプのアップデート – T2, R4, F1, Elastic GPUs, I3, C5 https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/ec2-instance-type-update-t2-r4-f1-elastic-gpus-i3-c5/
  13. 13. F1インスタンスを発表(開発者プレビュー開始) • FPGAを搭載し高性能計算用途に最適なF1を発表 • Intel Xeon E5-2686v4(2.3GHz, Turbo mode対応)と 1個から8個のFPGA(Xilinx UltraScale+ VU9P)、最大 976GBメモリ、4TBのNVMe接続のSSDを利用可能 • 開発/テスト用AMIも提供。パッケージ化したAmazon FPGA Image(AFI)はAWS Marketplaceに公開可 • サンプルアプリケーションなどはF1 Hardware Development Kit(HDK)として提供 • バージニアリージョンにて開発者プレビューを開始。 他リージョンへの展開も準備中 F1 13 AWSブログ:開発者プレビュー ー EC2 Instances (F1) with Programmable Hardware https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/developer-preview-ec2-instances-f1-with-programmable-hardware/
  14. 14. EC2インスタンスサイズの一覧 14
  15. 15. 一般用途で選択されるT/M, C, Rを抜き出すと.. 15 C5
  16. 16. 新しいT2インスタンスタイプへの移行もご検討を 16 モデル vCPU RAM 料金 (Linux/東京) t2.large 2 8GB $0.128/h t2.xlarge 4 16GB $0.256/h m4.xlarge 4 16GB $0.278/h t2.2xlarge 8 32GB $0.512/h m4.2xlarge 8 32GB $0.556/h ①スケールアップ ②断続的なワークロード のM4からタイプ変更
  17. 17. Amazon EC2 Elastic GPUsを発表 • GPU搭載していないインスタンスタイプ でも利用可能なElastic GPUsを発表 • アタッチするだけで高度なグラフィクス アクセラレーション機能を利用可能に • 現時点ではWindowsでのOpenGLのみ サポート。他のAPIは後日対応予定 – DirectX – Vulkan • 利用可能時期は追って発表予定 タイプ GPU メモリ 対応OS API eg1.medium 1024MB Windows OpenGL eg1.large 2048MB Windows OpenGL eg1.xlarge 4096MB Windows OpenGL eg1.xlarge 8192MB Windows OpenGL 17 AWSブログ:進行中 ー Amazon EC2 Elastic GPUs https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/in-the-work-amazon-ec2-elastic-gpus/
  18. 18. EC2インスタンス(T2,M4,C4)の値下げを適用 • T2, M4, C4インスタンスの利用料金を値下げ • 東京リージョンのオンデマンドインスタンス の値下げ幅は以下のとおり – T2: 20パーセント – M4: 20パーセント – C4: 5パーセント • 2016年12月1日から自動的に適用済み。 リザーブドインスタンスについては 12/1(UTC)以後に購入したものに適用となる t2 m4 c4 ※詳細な価格情報はこちらを参照 https://aws.amazon.com/jp/ec2/pricing/18
  19. 19. VPC内のEC2インスタンスがIPv6をサポート • 新規、既存のVPC内のEC2インスタンスで IPv6をサポート。対象はM3/G2以外の現行 世代のインスタンスタイプ • IPv6環境下でプライベートサブネットを 実現するためにEGW(Egress only Internet Gateway)を利用することになる • 追加料金なし • オハイオリージョンにて利用可能。 他リージョンには順次展開予定 19 AWSブログ:新機能 – Virtual Private Cloud での EC2 インスタンスの IPv6 サポート https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/new-ipv6-support-for-ec2-instances-in-virtual-private-clouds/
  20. 20. 20 Amazon Lightsail
  21. 21. 新サービスAmazon Lightsailを提供開始 • 単純な構成のサーバが必要な際に、数回の クリックで、いわゆる仮想専用サーバ(VPS)の ように使い始めることができるサービス • サーバリソース、SSDベースのストレージ、 データ転送料金が含まれた定額制の料金体系 • 複雑な設定を行うことなく、アプリケーション の実行環境を入手し、使い始めることが可能 • バージニアリージョンで既に利用可能。 他リージョンへの展開は順次実施予定 メモリ CPU コア SSD データ 転送量* 料金 (米国) 512MB 1 20GB 1TB $0.007/時間, 最大$5/月 1GB 1 30GB 2TB $0.013/時間, 最大$10/月 2GB 1 40GB 3TB $0.027/時間, 最大$20/月 4GB 2 60GB 4TB $0.054/時間, 最大$40/月 8GB 2 80GB 5TB $0.108/時間, 最大$80/月 21 AWSブログ:Amazon Lightsail – AWSの力、VPSの簡単さ https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/amazon-lightsail-the-power-of-aws-the-simplicity-of-a-vps/ * 受信は無料、送信にかかる無料枠で超過分は0.09ドル/GB
  22. 22. 仮想専用サーバの作成はわずか3ステップ https://amazonlightsail.com/ 22 ① イメージの選択 ② プランの選択 ③ 名前の入力
  23. 23. 主な機能 23 • ドキュメント検索 • アカウント設定 • SSHキーペアの管理 • VPCピアリングの有効化 • AWSコンソールとの統合 • ブラウザからのssh接続 • メトリクスをグラフ表示 • CPUUtilization • NetworkIn • NetworkOut • StatusCheckFailed • StatusCheckFailed_Instance • StatusCheckFailed_System • ネットワークの確認と設定 • パブリックおよびプライベートIPアドレスの確認 • 固定パブリックIPの割当(未割当時$0.005/1時間) • DNSゾーンの作成(DNSクエリ300万件の無料枠、 超過分は$0.40/100万リクエスト) • ファイアウォール • スナップショットの作成($0.05/1GB/月) • 操作履歴 • インスタンスの削除
  24. 24. 24 VMware Cloud on AWS
  25. 25. VMware Cloud on AWS 概要 25 お客様 データセンター 管理 (vCenter Server) VMware Cloud™ on AWS Powered by VMware Cloud Foundation すべてのAWSサービスとの連携 Amazon EC2 Amazon S3 Amazon RDS AWS Direct Connect IAMAWS IoT … … … … vCenter Server AWS Global InfrastructureAWSグローバルインフラストラクチャ vRealize Suite, PowerCLI VMware社による販売/運用/サポートで、17年半ば提供開始予定(北米から順次) AWS re:Invent 2016 セッション:VMware and AWS Together - VMware Cloud on AWS (ENT317) https://www.youtube.com/watch?v=_Rqv5Gg1VSk
  26. 26. セッションではライブデモも 26 さらにvMotionの実行、モバイルでの管理、Alexa連携による音声での操作も!
  27. 27. パートナープログラム(2017年予定) 27 + or + or + + VMware Cloud on AWS Competency Business/Revenue Commitment VMware Cloud on AWS Competency Business/Revenue Commitment マネージドサービスプロバイダー チャネルパートナー (リセラー) AWS APNブログ:Learn about the VMware Cloud on AWS Partner Program, Coming in 2017 https://aws.amazon.com/jp/blogs/apn/coming-soon-the-vmware-cloud-on-aws-partner-program/
  28. 28. 参考資料 • Amazon EC2 – http://aws.amazon.com/jp/ec2/ • Amazon Elastic Compute Cloud ドキュメント – http://aws.amazon.com/jp/documentation/ec2/ • Amazon EC2開発者用リソース – http://aws.amazon.com/jp/ec2/developer-resources/ • Amazon Lightsail – https://amazonlightsail.com/ • VMware Cloud on AWS – https://aws.amazon.com/jp/vmware/ 28
  29. 29. AWS re:Invent 2016で発表された 新サービス・新機能の紹介 パート 1 後半 - データベース編 アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 ソリューション アーキテクト 山内 晃 2016.12.06
  30. 30. 自己紹介 30 • 山内 晃(やまうち あきら) • アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 技術本部 ストラテジックソリューション部 ソリューションアーキテクト • キャリア – システムエンジニア @通信事業者 – ソリューションアーキテクト @DBベンダー • 好きなAWSサービス – Amazon RDS, Amazon S3
  31. 31. re:Invent 2016 データベース系のアップデート • re:Inventで発表された新サービス 1. Amazon Aurora PostgreSQL-Compatible Edition 2. Amazon Athena 3. Amazon Glue • 事前発表された重要なアップデート 31
  32. 32. 32
  33. 33. Amazon Aurora PostgreSQL-Compatible Editionを発表 • PostgreSQL 9.6.1互換のAmazon Auroraを発表 – PostgreSQL対応を望むお客様からのご要望に基づく • チェック制約、マテリアライズドビュー、シーケンス、ウィンドウ関数 • ハッシュ結合、ソート・マージ結合 • プロシージャ、日付書式などの互換性 • PostGIS(地理空間情報) – RDS for PostgreSQLと同様の機能をサポート予定 – RDS for PostgreSQLのスナップショットからの移行をサポート • バージニアリージョンでプレビューを開始 – https://pages.awscloud.com/amazon-aurora-with-postgresql- compatibility-preview-form.html 33
  34. 34. SQL Transactions AZ 1 AZ 2 AZ 3 Caching Amazon S3 • MySQL互換のAuroraと同じストレージ システムを採用 • SSDを利用し、最大64TBまでシームレス にスケール • リードレプリカが同じストレージを参照 する構造をもち、レプリカラグを最小化 • 3AZに各2つ(合計6つ)にデータを複製 – 2つで障害が起きても読み書き可能 – 3つで障害が起きても読み込み可能 • 継続的にS3へ増分バックアップを実施 パフォーマンスへの影響はない • 障害復旧やホットスポット管理、暗号化 といったタスクを自動的に実施 Amazon Aurora PostgreSQL-Compatible Edition Auroraストレージの利点をそのまま活用 34
  35. 35. • pgbench (TPC-B-Like) でRDS PostgreSQLの2倍の 最大スループットを実現 • 料金はMySQL互換のAuroraと同様 Amazon Aurora PostgreSQL-Compatible Edition パフォーマンスと料金 35
  36. 36. RDS向けのPerformance Insightを発表 • DBの知識を持ったエンジニアが いなくとも、クエリパフォーマンス の評価やDBの状態チェックを可能に する機能 • Aurora PostgreSQL-Compatible Editionには組み込み済みの状態で リリースされる • 他のデータベースエンジンにも 順次展開予定 36
  37. 37. 37
  38. 38. Amazon Athenaを発表 • Amazon S3に置いたデータをインタラクティブに SQLで直接クエリできるマネージドサービス • データをS3から取り込む手間はない • ペタバイト級のデータに対するクエリをサポート • 標準のANSI-SQLでクエリを表現でき、JOINや ウィンドウ関数もサポート • バージニア、オレゴンのリージョンで利用可能 38
  39. 39. Amazon Athenaを発表 • CSV/TSV/JSON/Apache logなどのテキスト ファイルに加え、Parquet, ORCといった 列指向フォーマットもサポート • 複数ファイルも扱え、カタログマネージャーで 管理する • クラスタ管理は不要だが、 DDLかコンソールで テーブル定義する必要はある • AthenaはPrestoベースの実装なので、Prestoの SQLクエリの大部分を実行できる • マネジメントコンソールからのクエリ発行だけで なく、Athena JDBCドライバが提供されるため 既存のツールとの連携が容易 39
  40. 40. [デモ] Amazon Athena でのクエリ実行 S3に配置した2つのCSVファイルに Athenaのテーブルを定義して クエリを実行 40 1,Sato,240000 2,Suzuki,300000 3,Takahashi,250000 4,Tanaka,210000 5,Ito,225000 6,Watanabe,200000 7,Yamamoto,350000 8,Nakamura,275000 9,Kobayashi,235000 10,Kato,225000 emp1.csv emp2.csv
  41. 41. 他のBig Dataサービスとの使い分け • Amazon Redshift – 多くの結合や副問合せを含む非常に複雑なSQLで最も高速なパフォーマンスを提供 – 様々なデータソースからのデータを共通フォーマットで長期保存するようなケースに最適 • Amazon EMR – 高度な分散処理フレームワークを簡単にコスト効率良く実行 – フレームワークやインスタンスおよびストレージのタイプの選択肢が広く、 分析要件に最適化した柔軟な構成が可能 – 機械学習、グラフ解析、データ変換などで非常に大きなデータを扱うようなケースに最適 • Amazon Athena – サーバーの管理を行うことなく、S3のデータに対してアドホッククエリを 実行する最も簡単な方法を提供 – サイトの性能問題をトラブルシューティングするためにWebログに対して 一時的なクエリを実行するようなケースに最適 41
  42. 42. パフォーマンス向上のTips • 圧縮 – 読み取りデータ量を小さくする – Snappy, Zlib, GZIPをサポート • パーティショニング – 読み取り範囲を限定する • 列指向フォーマット – データ処理に必要な列のみを読み取る – Apache ParguetとApache ORCをサポート 42
  43. 43. 料金 • クエリ単位の課金 – スキャンしたデータ1TBごとに$5(バージニア、オレゴンでの価格) – クエリ毎に最小10MBに切り上げ、DDLは課金されない – 圧縮、パーティショニング、列指向フォーマットによる読み取り量の 削減はコストダウンにもつながる – 失敗したクエリには課金されない – キャンセルしたクエリはキャンセル時点でスキャン済みのデータ量に 対して課金される • その他の料金 – 入出力データを配置するAmazon S3に課金される 43
  44. 44. AWS Glueを発表 • データカタログの作成と、データの加工・ロード (ETL)が実現可能なマネージドサービス • データソースを自動で探索し、データフォーマットを 認識してスキーマや変換ロジックを提示 • S3, RDS, Redshift その他 JDBC対応データストアを サポート • Python, Spark, Git, 好みのIDEで変換ロジックを 編集したり、他のユーザーと共有することも可能 • ジョブにあわせてインフラを自動でスケーリング • プリアナウンスサービス 44
  45. 45. 事前発表された重要なアップデート 45
  46. 46. Auroraがdb.t2.mediumでも利用可能に • RDS for Auroraがdb.t2.mediumインスタンスでも 利用可能に。ただし、開発・検証用途での利用を推奨 • 使い分け例は以下となる – 開発者のローカル環境:ローカルのMySQL5.6 – 共有の開発・検証環境:Aurora(t2.medium) – 性能検証環境:Aurora(R3ファミリ) – 本番環境:Aurora(R3ファミリ) • 東京でAuroraをdb.t2.mediumで 動作させた場合の価格は$0.125/時間 Type vCPU, RAM Baseline Performance CPU Credit / Hour t2.nano 1, 0.5GB 5% 3 t2.micro 1, 1GB 10% 6 t2.small 1, 2GB 20% 12 t2.medium 2, 4GB 40% 24 t2.large 2, 8GB 60% 36 46
  47. 47. AuroraストアドプロシージャからのLambda実行、 S3→Auroraへの直接のデータロードが可能に • AuroraストアドプロシージャからのLambdaファンクション実行 – SNSで問題を通知、CloudWatchにメトリックを送信、 DynamoDBテーブルを更新 など • S3→Auroraへの直接のデータロード – これまでは一度EC2にダウンロードした後に インポートする必要があった – 圧縮形式のデータは現時点では未サポート 47
  48. 48. RDS for AuroraとRDS for PostgreSQLが HIPAA対応 • RDS for AuroraとRDS for PostgreSQLが米国にお ける医療保険の相互運用性と説明責任に関する法令 (HIPAA) コンプライアンスに対応(要BAA契約) • これによって保護された医療情報(PHI)をRDS for AuroraとRDS for PostgreSQLに格納し、システム をHIPAAが求める規定に準拠できる • AWSにおけるHIPAA準拠のための考え方については 下記URLを参照 https://aws.amazon.com/jp/compliance/hipaa- compliance/?nc1=h_ls 48
  49. 49. RDS for PostgreSQLが PostgreSQL 9.6.1に対応 • パラレルクエリ、全文検索におけるフレーズ(隣接した複数語)の 検索といった新機能や、パフォーマンスや利便性の改善を取り込む ことが可能に • マネジメントコンソール上の数クリックで、PostgreSQL 9.6.1を 起動したり、9.5からのアップグレードを実行できる – ただし、9.3や9.4から9.6.1にアップグレードするには 一度9.5にアップグレードする必要あり • アップグレード時に短時間のDBインスタンス停止を伴う 49
  50. 50. RDS for SQL Serverが Microsoft SQL Server 2016に対応 • クエリストア、Operational Analytics, Always Encrypted, JSONサポート等の新機能を利用可能に • Express, Web, Standard, Enterprise エディションに対応 • BYOLと時間課金の両方で利用可能 • サンパウロ以外のすべてのリージョンで提供可能 50
  51. 51. RDS for Oracleが 11gから12cへのアップグレードに対応 • マネジメントコンソール上の数クリックで、Oracle11g(11.2.0.4) から12c(12.1.0.2.v5)にアップグレードを実行できる • Standard Edition(SE)やStandard Edition One(SE1)を利用中の 場合は、Oracle12c(12.1.0.2)へのアップグレードがサポート されるのがStandard Edition Two(SE2)になる点に注意 • 11.2.0.2や11.2.0.3から12.1.0.2にアップグレード するには一度11.2.0.4 にアップグレードする必要あり 51
  52. 52. Redshiftのオブジェクト名で日本語をサポート • テーブルやカラムの名称として日本語を含めた UTF-8のマルチバイト文字を利用可能に • 最大で127バイトまで。日本語は1文字を 3バイトで表現するため、文字列長には注意 • マルチバイト文字のテーブル名やカラム名を 利用するにはドライバのアップデートが必要 – JDBCドライバー : 1.2.1以降 (http://amzn.to/2du0Llo) – ODBCドライバー : バージョン1.3.1以降 (http://amzn.to/29SwNWK) 商品 コード 品名 単価 数量 1192 みかん 100 12 794 みりん 500 4 1594 メロン 400 56 1603 めかぶ 200 7 1867 きなこ 300 9 52
  53. 53. Redshift その他のアップデート • 圧縮分析 – ANALYZE COMPRESSIONコマンドでカラム毎に推奨の圧縮タイプを分析 – テーブルロックを取るため、テーブルがアイドル状態の時に実行することを推奨 • CREATE TABLE AS SELECT(CTAS)時にテーブルを自動圧縮 – CTASのターゲットとなるテーブルをLZOで自動圧縮 – ソートキーおよび一部のデータ型(boolean, real, double precision)は対象外 • コネクション数の制限 – ユーザー、データベース毎にコネクション数を制限可能に – DDLでCONNECTION LIMITパラメータを設定 • データロード性能の改善 – COPYコマンドで単一のソートキーを持つテーブルにロードする際に、 新しいデータをソート済み領域に追加することでVACUUMの負荷を 軽減もしくは回避 53
  54. 54. QuickSightが一般利用可能に • 様々なデータソースからSPICEエンジンに データを取り込み、高速にデータを分析 • オンプレミスDBやSalesforceのデータも コネクタを介した取り込みに対応 • 利用するSPICEエンジンのキャパシティや 機能に応じた柔軟なプランを設定。無料 利用枠や60日間のトライアルもご用意(※) • バージニア、オレゴン、アイルランドの 3リージョンで今すぐに利用できる ※料金はWebサイトにて(https://quicksight.aws/pricing/)54
  55. 55. 参考資料 • Amazon Athena – https://aws.amazon.com/jp/athena/ – https://aws.amazon.com/jp/athena/faqs/ • Amazon Aurora PostgreSQL-Compatible Edition – https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/amazon-aurora-update- postgresql-compatibility/ • AWS Glue – https://aws.amazon.com/jp/glue/ • AWS QuickSight – https://quicksight.aws/ 55
  56. 56. 56

×