AWSプロダクトシリーズ|よくわかるクラウドデータベース

Amazon RDS for Oracle活用法指南
~データ移行編・Datapumpの使い方~

東京支社 クラウド推進部
マネージャ 吉田 正利
2014年01月17日
Copyr...
アジェンダ

1. はじめに
1.
2.

簡単に自己紹介
本セッションの目的

2. 新規システムでRDSを利用
1.
2.

RDSの機能
注意ポイント

3. 既存システムをRDSに移行(本題)
1.
2.
3.
4.

Oracle移行...
1.はじめに

Copyright© 2014 System Support Inc. All rights reserved.
1-1.簡単に自己紹介

 吉田正利
株式会社システムサポート
ソフトウェア開発、インフラ構
築、ERPコンサル、アウトソーシ
ング、パッケージ開発
Oracleコンサルとして、大手金
融、通信、生保、流通などさまざ
まな業界に対して、...
1-2.本セッションの目的

 オンプレミスで培ったデータベース技術で、Amazon RDS
for Oracleの活用方法をご紹介します。

 Amazon RDS for Oracleを使いましょう!
新規システムでRDSを利用
R...
2.新規システムでRDSを利用

Copyright© 2014 System Support Inc. All rights reserved.
2-1.RDSの機能

 まずはここ!
参考情報:AWSマイスターシリーズ Amazon RDS
http://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/20130410-awsmeisterrege...
2-2.注意ポイント(1)

 そしてここ!
参考情報:RDSのつまずきポイント、DBサーバーと思うと失敗する
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20131108/516863/?ST=cl...
2-2.注意ポイント(2)

 もう一丁!
Oracle RACが使えない(マルチキャストが使えない)
Oracleライセンスの考え方が異なる
参考情報:クラウド・コンピューティング環境における Oracle ソフトウェア
のライセンス
...
3.既存システムをRDSに移行
(本題)

Copyright© 2014 System Support Inc. All rights reserved.
3-1.Oracle移行ツール

 Oracle Databaseの移行ツール
No

ツール

特徴

1

Exp/imp

古くからあるツール。枯れているが、処理速度が遅く、 全体
中間ファイルも必要なため、領域等の考慮が必要

○

...
3-2.Datapumpの概要(1)

 従来型exp/impの構成図

dump

exp/imp

Oracle Net

DB inst

 Datapumpの構成図

PL/SQL Pkgs
expdp/impdp

Oracle ...
3-2.Datapumpの概要(2)
とにかく早い!

※参考資料:意外と知らない!? Export/Importの基礎(P29)
http://www.oracle.com/technetwork/jp/ondemand/db-basic /...
3-2.Datapumpの概要(3)

 既存DBからAmazon RDSへのimpdp
今回の設定手順は中間ファイルを生成しない(expdpを使わない)構成

PL/SQL Pkgs
impdp

dump

DB inst
Access...
3-3.Datapumpの設定手順(概要)

 Datapump手順
説明対象外(事前準備)
1. EC2(移行元)とRDS(移行先)の作成
2. EC2にOracleインストール

今回の説明範囲
1.
2.
3.
4.
5.

移行用...
3-3.Datapumpの設定手順(1)

1. 移行用ユーザ作成(EC2-DB)
[oracle@ec2db]$ sqlplus /nolog
SQL> connect / as sysdba
SQL> create user rdstest...
3-3.Datapumpの設定手順(2)

3. 移行用ユーザ作成(RDS-DB)
SQL> connect awsdba/awspass1@rdsdb.xxxx.ap-northeast-1.rds.amazonaws.com:1521/or...
3-3.Datapumpの設定手順(3)

5. 移行実施( RDS-DB, EC2-DB )
[oracle@ec2db]$ impdp ¥
rdstest/rdstest1@rdsdb.xxxx.ap-northeast-1.rds.ama...
3-4.Datapumpの注意点

 ここに注意!
RDSを利用する場合でも、管理用ツール(sqlplusやexpdp/impdpなど)
を実行するためにEC2インスタンスを用意することをおすすめ
下りデータ転送量を少なくするためには、従...
4.まとめ

Copyright© 2014 System Support Inc. All rights reserved.
4.まとめ

 Amazon RDS for Oracle をどんどん活用していきましょう!
そのために移行が必要であれば、
Datapumpをご利用ください
1.従来型exp/impよりも高速です。
2.EEであれば、パラレル処理ができて...
ご質問をどうぞ!

時間のゆるす限り、お答えします!
Copyright© 2014 System Support Inc. All rights reserved.

22
5.参考資料

Copyright© 2014 System Support Inc. All rights reserved.
5-1.参考資料

 参考資料
・AWSマイスターシリーズ Amazon RDS
http://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/20130410-aws-meisterregenerater...
5-2.確認用SQLサンプル

 オブジェクト確認用SQL
SQL> -- ユーザ確認
SQL> select username from dba_users where username = ‘RDSTEST’;
SQL> -- ロール確認...
ご清聴ありがとうございました。

End of the documents.
Copyright© 2014 System Support Inc. All rights reserved.

26
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

[よくわかるクラウドデータベース] Amazon RDS for Oracle活用法指南

10,268 views

Published on

Published in: Technology
  • Be the first to comment

[よくわかるクラウドデータベース] Amazon RDS for Oracle活用法指南

  1. 1. AWSプロダクトシリーズ|よくわかるクラウドデータベース Amazon RDS for Oracle活用法指南 ~データ移行編・Datapumpの使い方~ 東京支社 クラウド推進部 マネージャ 吉田 正利 2014年01月17日 Copyright© 2014 System Support Inc. All rights reserved.
  2. 2. アジェンダ 1. はじめに 1. 2. 簡単に自己紹介 本セッションの目的 2. 新規システムでRDSを利用 1. 2. RDSの機能 注意ポイント 3. 既存システムをRDSに移行(本題) 1. 2. 3. 4. Oracle移行ツール Datapumpの概要 Datapumpの設定手順 Datapumpの注意点 4. まとめ 5. 参考資料 Copyright© 2014 System Support Inc. All rights reserved. 2
  3. 3. 1.はじめに Copyright© 2014 System Support Inc. All rights reserved.
  4. 4. 1-1.簡単に自己紹介  吉田正利 株式会社システムサポート ソフトウェア開発、インフラ構 築、ERPコンサル、アウトソーシ ング、パッケージ開発 Oracleコンサルとして、大手金 融、通信、生保、流通などさまざ まな業界に対して、案件実績 Oracle Master Platinum資格保 持者(9i , 10g , 11g) Oracleセミナー活動も年間十数 本対応 クラウド工房 http://www.cloud-koubou.jp/ Oracle Certification Award http://www.oracle.com/jp/education/promotion/showcase-award2013-1988637-ja.html Copyright© 2014 System Support Inc. All rights reserved. 4
  5. 5. 1-2.本セッションの目的  オンプレミスで培ったデータベース技術で、Amazon RDS for Oracleの活用方法をご紹介します。  Amazon RDS for Oracleを使いましょう! 新規システムでRDSを利用 RDS共通の標準機能と注意ポイントのご紹介します。 既存システムをRDSに移行(本題) DB移行が必要 → 移行ツールの種類 おすすめツールの紹介 Copyright© 2014 System Support Inc. All rights reserved. → RDSで使えるの? 5
  6. 6. 2.新規システムでRDSを利用 Copyright© 2014 System Support Inc. All rights reserved.
  7. 7. 2-1.RDSの機能  まずはここ! 参考情報:AWSマイスターシリーズ Amazon RDS http://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/20130410-awsmeisterregeneraterdspublic 参考情報:Amazon RDS for Oracle Database http://aws.amazon.com/jp/rds/oracle/ 参考情報: Amazon Relational Database Service User Guide (API Version 2013-09-09) http://docs.aws.amazon.com/AmazonRDS/latest/UserGuide/Welcome.html  基本! Amazon RDSは、RDBMSサービス(DBサーバではない) 初期化パラメータは、Parameter Groupを使用 冗長構成は、シングル構成かHA構成(Multi-AZ構成) バックアップは、自動化バックアップと DB スナップショットの2つ 監視は、CloudWatchでグラフ表示可能 Oracleのバージョンは、11gR2 EE, SE, SE1(ライセンス込も可能) Copyright© 2014 System Support Inc. All rights reserved. 7
  8. 8. 2-2.注意ポイント(1)  そしてここ! 参考情報:RDSのつまずきポイント、DBサーバーと思うと失敗する http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20131108/516863/?ST=cloud ※サーバーワークス様ありがとうございます。  一部の対応方法をご紹介 つまずきポイント1:SSH(RDP)接続ができない →exp/imp, datapumpなどリモートで実行する必要があります。 つまずきポイント2:IPアドレスを固定できない →tnsnames.oraのhost句にはエンドポイントを指定します。 つまずきポイント3:タイムゾーンが変更できない →sysdate + interval ‘9’ hour の関数を作りましょう。 Copyright© 2014 System Support Inc. All rights reserved. 8
  9. 9. 2-2.注意ポイント(2)  もう一丁! Oracle RACが使えない(マルチキャストが使えない) Oracleライセンスの考え方が異なる 参考情報:クラウド・コンピューティング環境における Oracle ソフトウェア のライセンス http://www.oracle.com/jp/store/cloud-lic-170290-ja.pdf エディション オンプレミス クラウド Processor NUP Enterprise Edition 物理コア係数 0.25~1.0 仮想コア係数 0.5 5,163,000 (1,135,860) 103,300 (22,726) Standard Edition ソケット数 4まで 仮想コア係数 0.25 1,902,200 (418,484) 380,000 (8,360) Standard Edition One ソケット数 2まで 仮想コア係数 0.25 630,400 (138,688) 19,600 (4,312) ちなみに物理係数表と価格表 http://www.oracle.com/jp/direct/processor-core-factor-table-jp-168076-ja.pdf http://www.oracle.com/jp/corporate/pricing/e-pl101005-101005a-n-176288ja.pdf Copyright© 2014 System Support Inc. All rights reserved. 9
  10. 10. 3.既存システムをRDSに移行 (本題) Copyright© 2014 System Support Inc. All rights reserved.
  11. 11. 3-1.Oracle移行ツール  Oracle Databaseの移行ツール No ツール 特徴 1 Exp/imp 古くからあるツール。枯れているが、処理速度が遅く、 全体 中間ファイルも必要なため、領域等の考慮が必要 ○ 2 Datapump Exp/impの後継ツール。ディレクトリオブジェクトが 必要であり、ダンプファイルやログをサーバに保持す る。移行や論理バックアップに特化したツール 全体 ◎ 3 RMAN バックアップリカバリツール。物理ファイルをバック アップし、別環境に転送し、リストアリカバリを行う 全体 × 4 Oracle SQL Developer SQL実行環境などのJAVA GUIツール。移行元と移行先 に接続し、移行できる。Oracle以外のDBからも移行可 能だが小規模向け。 全体 ○ 5 DB_LINK + SQL 移行元から移行先に対して、DB_LINKを作成し、テー ブルデータを移行する ただし、オブジェクトの定義などは別途移行が必要 データ ○ 6 SQL*Loader テーブルにテキストデータをロードするツール。 データ ○ 7 Oracle Materialized Views 複数環境にデータ同期させる機能。業務停止時間を極 小化するため、同期をとり、切り離しを行うことで、 データ移行に利用するケースがある データ △ Copyright© 2014 System Support Inc. All rights reserved. 対象 AWS利用 11
  12. 12. 3-2.Datapumpの概要(1)  従来型exp/impの構成図 dump exp/imp Oracle Net DB inst  Datapumpの構成図 PL/SQL Pkgs expdp/impdp Oracle Net dump DB inst Access Driv RDS提供範囲 Copyright© 2014 System Support Inc. All rights reserved. 12
  13. 13. 3-2.Datapumpの概要(2) とにかく早い! ※参考資料:意外と知らない!? Export/Importの基礎(P29) http://www.oracle.com/technetwork/jp/ondemand/db-basic /20100908-expimp-beginner-244718-ja.pdf Copyright© 2014 System Support Inc. All rights reserved. 13
  14. 14. 3-2.Datapumpの概要(3)  既存DBからAmazon RDSへのimpdp 今回の設定手順は中間ファイルを生成しない(expdpを使わない)構成 PL/SQL Pkgs impdp dump DB inst Access Driv Oracle Net Oracle Net Import DB LINK PL/SQL Pkgs dump DB inst Access Driv Copyright© 2014 System Support Inc. All rights reserved. 14
  15. 15. 3-3.Datapumpの設定手順(概要)  Datapump手順 説明対象外(事前準備) 1. EC2(移行元)とRDS(移行先)の作成 2. EC2にOracleインストール 今回の説明範囲 1. 2. 3. 4. 5. 移行用ユーザ作成(EC2-DB) 移行対象テーブル作成(EC2-DB) 移行用ユーザ作成(RDS-DB) DB_LINK作成(RDS-DB) 移行実施( RDS-DB→EC2-DB ) Copyright© 2014 System Support Inc. All rights reserved. 15
  16. 16. 3-3.Datapumpの設定手順(1) 1. 移行用ユーザ作成(EC2-DB) [oracle@ec2db]$ sqlplus /nolog SQL> connect / as sysdba SQL> create user rdstest identified by rdstest1; SQL> grant dba to rdstest; 2. 移行対象テーブル作成(EC2-DB) SQL> create table rdstest.impdptest ( col1 varchar2(20), col2 date ); SQL> insert into rdstest.impdptest select host_name, sysdate from v$instance; Copyright© 2014 System Support Inc. All rights reserved. 16
  17. 17. 3-3.Datapumpの設定手順(2) 3. 移行用ユーザ作成(RDS-DB) SQL> connect awsdba/awspass1@rdsdb.xxxx.ap-northeast-1.rds.amazonaws.com:1521/orcl SQL> create user rdstest identified by rdstest1; SQL> grant dba to rdstest; 4. DB_LINK作成(RDS-DB) SQL> create database link ec2_srcdb connect to rdstest identified by “rdstest1” using '(DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=TCP)(HOST=rdsdb.xxxx.ap-northeast1.rds.amazonaws.com)(PORT=1521))(CONNECT_DATA=(SERVICE_NAME=orcl)))'; SQL> quit [oracle@ec2db]$ Copyright© 2014 System Support Inc. All rights reserved. 17
  18. 18. 3-3.Datapumpの設定手順(3) 5. 移行実施( RDS-DB, EC2-DB ) [oracle@ec2db]$ impdp ¥ rdstest/rdstest1@rdsdb.xxxx.ap-northeast-1.rds.amazonaws.com:1521/orcl ¥ directory=data_pump_dir network_link=ec2_srcdb schemas=rdstest Impdpパラメータ  No パラメータ 設定値例 説明 1 Directory Data_pump_dir ログやダンプファイルを保存するディレクト リオブジェクト Data_pump_dirはデフォルトディレクトリ 2 Network_link Ec2_srcdb 手順4で作成したDB_LINK名 RDSDBからEC2DBに対してアクセス 3 Schemas rdstest 移行対象のスキーマ EC2DB上のスキーマ名を指定 Copyright© 2014 System Support Inc. All rights reserved. 18
  19. 19. 3-4.Datapumpの注意点  ここに注意! RDSを利用する場合でも、管理用ツール(sqlplusやexpdp/impdpなど) を実行するためにEC2インスタンスを用意することをおすすめ 下りデータ転送量を少なくするためには、従来型exp→ダンプファイル 圧縮→従来型impがおすすめ(転送先はEC2インスタンスなど) Enterprise Editionであれば、パラレル処理が利用できてさらに高速 分からなくなった場合は、help=yオプションでパラメータ説明を確認 異なるバージョン間で利用する場合には注意が必要 10gR1からの機能だが、11gR1までは修正が多かったため、異なるバー ジョン間では、従来型exp/impを利用したほうが安全 ※例:10gR1DBから11gR1DBに移行する場合 ※例:11gR1impdpを利用した、ソースDB10g2R2への接続 Copyright© 2014 System Support Inc. All rights reserved. 19
  20. 20. 4.まとめ Copyright© 2014 System Support Inc. All rights reserved.
  21. 21. 4.まとめ  Amazon RDS for Oracle をどんどん活用していきましょう! そのために移行が必要であれば、 Datapumpをご利用ください 1.従来型exp/impよりも高速です。 2.EEであれば、パラレル処理ができてさらに高速です。 3.使い込めばリラン処理なども柔軟にできます。 自分では不安な方は弊社までご連絡ください。 株式会社システムサポート 電話:03-3342-9612 東京支社 クラウド推進部 担当:今村、吉田 メール:aws-support@sts-inc.co.jp Copyright© 2014 System Support Inc. All rights reserved. 21
  22. 22. ご質問をどうぞ! 時間のゆるす限り、お答えします! Copyright© 2014 System Support Inc. All rights reserved. 22
  23. 23. 5.参考資料 Copyright© 2014 System Support Inc. All rights reserved.
  24. 24. 5-1.参考資料  参考資料 ・AWSマイスターシリーズ Amazon RDS http://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/20130410-aws-meisterregeneraterdspublic ・Amazon RDS for Oracle Database http://aws.amazon.com/jp/rds/oracle/ ・Amazon Relational Database Service User Guide (API Version 2013-09-09) http://docs.aws.amazon.com/AmazonRDS/latest/UserGuide/Welcome.html ・ Oracle Databaseユーティリティ 11gリリース2 (11.2) B56303-05 http://docs.oracle.com/cd/E16338_01/server.112/b56303/toc.htm ・意外と知らない!? Export/Importの基礎 http://www.oracle.com/technetwork/jp/ondemand/db-basic /20100908-expimp-beginner-244718-ja.pdf ・クラウド・コンピューティング環境における Oracle ソフトウェアのライセンス http://www.oracle.com/jp/store/cloud-lic-170290-ja.pdf ・ Oracle Processor Core Factor Table http://www.oracle.com/jp/direct/processor-core-factor-table-jp-168076-ja.pdf ・Oracle 日本国内価格表 http://www.oracle.com/jp/corporate/pricing/e-pl101005-101005a-n-176288-ja.pdf Copyright© 2014 System Support Inc. All rights reserved. 24
  25. 25. 5-2.確認用SQLサンプル  オブジェクト確認用SQL SQL> -- ユーザ確認 SQL> select username from dba_users where username = ‘RDSTEST’; SQL> -- ロール確認 SQL> select * from dba_role_privs where grantee = 'RDSTEST'; SQL> -- オブジェクト確認 SQL> select owner,object_type, object_name from dba_objects where owner = 'RDSTEST'; SQL> -- DB_LINK確認 SQL> select * from dba_db_links; SQL> -- DB_LINK経由接続確認 SQL> select host_name, instance_name from v$instance@ec2_srcdb; Copyright© 2014 System Support Inc. All rights reserved. 25
  26. 26. ご清聴ありがとうございました。 End of the documents. Copyright© 2014 System Support Inc. All rights reserved. 26

×