Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

AWS Black Belt Techシリーズ リザーブドインスタンス & スポットインスタンス

38,215 views

Published on

AWS Black Belt Tech Webinar 2015
リザーブドインスタンス & スポットインスタンス

Published in: Technology
  • Be the first to comment

AWS Black Belt Techシリーズ リザーブドインスタンス & スポットインスタンス

  1. 1. リザーブドインスタンス& スポットインスタンス AWS Black Belt Tech Webinar 2015 (旧マイスターシリーズ) アマゾンデータサービスジャパン株式会社 ソリューションアーキテクトマネージャー 荒木 靖宏 ストラテジックアカウントマネージャー 髙山 博史 2015.03.25
  2. 2. 本資料では2015年3月25日時点のサービス内容および価格についてご説明しています。 最新の情報はAWS公式ウェブサイト(http://aws.amazon.com)にてご確認くださ い。 資料作成には十分注意しておりますが、資料内の価格とAWS公式ウェブサイト記載の価 格に相違があった場合、AWS公式ウェブサイトの価格を優先とさせていただきます。 内容についての注意点 AWS does not offer binding price quotes. AWS pricing is publicly available and is subject to change in accordance with the AWS Customer Agreement available at http://aws.amazon.com/agreement/. Any pricing information included in this document is provided only as an estimate of usage charges for AWS services based on certain information that you have provided. Monthly charges will be based on your actual use of AWS services, and may vary from the estimates provided. 価格は税抜表記となっています。日本居住者のお客様が東京リージョンを使用する場合、 別途消費税をご請求させていただきます。
  3. 3. Agenda • はじめに – AWSのコスト削減 – 割引オプションの活用 • リザーブドインスタンス – EC2 – RDS, ElastiCache, Redshift • スポットインスタンス • まとめ
  4. 4. はじめに
  5. 5. AWSのコスト削減
  6. 6. AWSでのコスト削減って? マネージドサービスの活用 インスタンスタイプの最適化 スタンバイ機の見直し 運用自動化 リザーブドインスタンス スポットインスタンス Cloudfrontのリザーブドキャパシティ DynamoDBのリザーブドキャパシティ EBS, Snapshot, EIP等々… クラウドネイディブな 設計 割引オプションの活用 リソースの 無駄チェック 効果大 効果小
  7. 7. 割引オプションの活用
  8. 8. AWSの割引の仕組み① ・ご利用が増えると自動的に単価が安くなるもの – データ転送量やS3ストレージ料金など ・随時行われる価格改定 – 規模の経済・運用効率化による – サービス開始から40回以上の値下げ実績あり
  9. 9. AWSの割引の仕組み② ・ご利用オプションによる割引(時間課金) – リザーブドインスタンス (リザーブドキャッシュノード) – スポットインスタンス EC2 RDS ElastiCache Redshift EC2 EMR
  10. 10. AWSの割引の仕組み③ ・ご利用オプションによる割引(予約容量) – CloudFrontのリザーブドキャパシティ (リージョンごとに月間10TBから) – DynamoDBのリザーブドキャパシティ (リージョンごとに100ユニットから) [NEW]最低予約ユニットが5,000から100になりました
  11. 11. 時間課金部分の削減は効果大 ・一般的に、AWSご利用料金の中でEC2やRDSなどの 時間課金部分が大きいことが多い EC2 RDS データ転送量 その他 データ転送料金の割合が多い場合は、Cloudfrontのリザーブドキャパシティもご検討ください AWS ご利用料金 内訳例
  12. 12. 時間課金のお支払いオプション ・初期費用なし ・利用コミットなし ・従量課金 ・長期(1年or3年)利用コミットによる - キャパシティ予約 - 割引料金の適用 ・初期費用なし ・スポット価格(変動)による課金 ・ターミネートされるリスクあり オンデマンド インスタンス (デフォルト) リザーブド インスタンス (オプション) スポット インスタンス (オプション) 後ほど詳しく
  13. 13. それぞれの想定ご利用シーン ・ピーク対応で増減するサーバ ・一時利用のキャンペーンサイト ・昼にしか使わない開発サーバ ・常時稼働しているサーバ - DB,キャッシュサーバ - (最低限必要の)Web/Appサーバ ・分散処理のタスクノード ・クローラ ・メディアプロセッシング等 オンデマンド インスタンス (デフォルト) リザーブド インスタンス (オプション) スポット インスタンス (オプション) 後ほど詳しく
  14. 14. リザーブドインスタンス(RI)
  15. 15. リザーブドインスタンス概要 ・1年または3年の利用コミットによる キャパシティ予約と料金割引 – 予約時にアベイラビリティゾーン、インスタンスタイプ、 契約期間、一時金の有無によるオファリングタイプなどの 契約条件を指定(サービスにより指定条件が異なる) ・権利の購入 – インスタンスIDの指定は不要 – 購入時のサーバ停止や再起動もない(無停止で適用可能)
  16. 16. リザーブドインスタンスの想定ご利用シーン ・常に起動しているDBやキャッシュサーバなど ・常に起動している分のWeb/Appサーバ – ピークに合わせてスケールアウトする分はオンデマンドで補う RI RI オンデマンド ピーク時通常時
  17. 17. EC2編 – 3つのオファリングタイプ – コスト削減効果 – リザーブ条件の指定 – リザーブ条件の変更 – RI使用状況レポート – Trusted Advisor
  18. 18. 3つのオファリングタイプ
  19. 19. 選べる3タイプのRI(新しくなりました) 前払いなし (No Upfront) 一部前払い (Partial Upfront) 全前払い (All Upfront) ・予約金なし ・割引単価での毎月のお支払い (割引率:低) →利用コミットによる割引単価適用 ・予約金あり ・割引単価での毎月のお支払い (割引率:高) →既存RIの”重度利用”と同じ考え方 ・予約金あり ・毎月のお支払いなし →年間時間課金分の一括前払い *前払いなしは1年RIのみ選択可能 ・予約金、毎月のお支払い有無による3種類 NEW NEW
  20. 20. 前払いなし (No Upfront) 一部前払い (Partial Upfront) 全前払い (All Upfront) ・予約金なし ・割引単価での毎月のお支払い (割引率:低) →利用コミットによる割引単価適用 ・予約金あり ・割引単価での毎月のお支払い (割引率:高) →既存RIの”重度利用”と同じ考え方 ・予約金あり ・従量課金なし →年間時間課金分の一括前払い NEW 選べる3タイプのRI 前払いなしおよび一部前払いについては、 契約期間中、毎月「割引単価×24時間×日数」をご請求します (実際のインスタンス起動有無にかかわらず。既存の”重度利用”と同じ)
  21. 21. 選べる3タイプのRI 前払いなし (No Upfront) 一部前払い (Partial Upfront) 全前払い (All Upfront) 予約金 なし あり (割引率:低) 低 あり (金額:少) あり (割引率:高) 高 あり (金額:多) なし 高 毎月のお支払 割引率
  22. 22. 具体的にm3.largeの場合は… 前払いなし (No Upfront) 一部前払い (Partial Upfront) 全前払い (All Upfront) 予約金 $0 $0.134/h 34% $487 $0.061/h 43% $1,000 $0 44% 割引率 2015年3月25日現在、東京リージョン、1年RIの場合 毎月のお支払
  23. 23. どのタイプを選ぶべきか? 前払いなし (No Upfront) 一部前払い (Partial Upfront) 全前払い (All Upfront) ・一時金無しに利用コミットによる割引 ・ただし割引率は低め ・大きな割引を受けたい ・一時金はおさえたい ・大きな割引を受けたい ・前払い一括で支払いたい ・キャッシュフローに合わせた選択を!
  24. 24. ご注意点① 前払いなし (No Upfront) 一部前払い (Partial Upfront) 全前払い (All Upfront) ・一時金無しに利用コミットによる割引 ・ただし割引率は低め ・大きな割引を受けたい ・一時金はおさえたい ・大きな割引を受けたい ・一括で支払いたい 「全前払い」についても、EBSやEIPなどを ご利用いただいた場合の従量課金は通常通りかかります (「前払いなし」「一部前払い」も同様)
  25. 25. ご注意点②(再掲載) 前払いなし (No Upfront) 一部前払い (Partial Upfront) 全前払い (All Upfront) ・一時金無しに利用コミットによる割引 ・ただし割引率は低め ・大きな割引を受けたい ・一時金はおさえたい ・大きな割引を受けたい ・一括で支払いたい 前払いなしおよび一部前払いについては、 契約期間中、毎月「割引単価×24時間×日数」をご請求します (実際のインスタンス起動有無にかかわらず。既存の”重度利用”と同じ)
  26. 26. コスト削減効果(1年)
  27. 27. EC2のコスト削減効果例(m3.large, 1年) オンデマンド 前払いなし (No Upfront) 一部前払い (Partial Upfront) 年間支払総額 1,778.28$ - 1,173.84$ 34% 1,021.36$ 43% 年間100%利用時の 削減効果 (対オンデマンド) - 66% 57% オンデマンドとの 損益分岐点 (年間の何%以上ご利用ならお得) 全前払い (All Upfront) 1,000.00$ 44% 56% 2015年3月25日現在、東京リージョンの価格
  28. 28. オンデマンドとの損益分岐点? 1年の 支払い額 オンデマンド インスタンス リザーブド インスタンス 1年 実際の 利用期間 年間コスト 削減効果30%なら 年間70% 約256日 70% これ以上使うなら RIがお得
  29. 29. EC2のコスト削減効果例(m3.large, 1年) オンデマンド 前払いなし (No Upfront) 一部前払い (Partial Upfront) 年間支払総額 1,778.28$ - 1,173.84$ 34% 1,021.36$ 43% 年間100%利用時の 削減効果 (対オンデマンド) - 66% 57% オンデマンドとの 損益分岐点 (年間の何%以上ご利用ならお得) 全前払い (All Upfront) 1,000.00$ 44% 56% 2015年3月25日現在、東京リージョンの価格
  30. 30. EC2のコスト削減効果例(r3.large, 1年) オンデマンド 前払いなし (No Upfront) 一部前払い (Partial Upfront) 年間支払総額 1,839.60$ - 1,375.32$ 25% 1,197.48$ 36% 年間100%利用時の 削減効果 (対オンデマンド) - 75% 65% オンデマンドとの 損益分岐点 (年間の何%以上ご利用ならお得) 全前払い (All Upfront) 1,173.00$ 36% 64% 2015年3月25日現在、東京リージョンの価格
  31. 31. EC2のコスト削減効果例(c3.large, 1年) オンデマンド 前払いなし (No Upfront) 一部前払い (Partial Upfront) 年間支払総額 1,121.28$ - 849.72$ 24% 768.72$ 31% 年間100%利用時の 削減効果 (対オンデマンド) - 76% 69% オンデマンドとの 損益分岐点 (年間の何%以上ご利用ならお得) 全前払い (All Upfront) 753.00$ 33% 67% 2015年3月25日現在、東京リージョンの価格
  32. 32. EC2のコスト削減効果例(c4.large, 1年) オンデマンド 前払いなし (No Upfront) 一部前払い (Partial Upfront) 年間支払総額 1,287.72$ - 981.12$ 24% 880.00$ 32% 年間100%利用時の 削減効果 (対オンデマンド) - 76% 68% オンデマンドとの 損益分岐点 (年間の何%以上ご利用ならお得) 全前払い (All Upfront) 862.00$ 33% 67% 2015年3月25日現在、東京リージョンの価格
  33. 33. EC2のコスト削減効果例(t2.small, 1年) オンデマンド 前払いなし (No Upfront) 一部前払い (Partial Upfront) 年間支払総額 350.40$ - 262.80$ 25% 257.60$ 26% 年間100%利用時の 削減効果 (対オンデマンド) - 75% 74% オンデマンドとの 損益分岐点 (年間の何%以上ご利用ならお得) 全前払い (All Upfront) 252.00$ 28% 72% 2015年3月25日現在、東京リージョンの価格
  34. 34. コスト削減効果(3年)
  35. 35. EC2のコスト削減効果例(m3.large, 3年) オンデマンド 前払いなし (No Upfront) 一部前払い (Partial Upfront) 3年間支払総額 5,334.84$ - - - 2,064.00$ 61% 3年間100% 利用時の削減効果 (対オンデマンド) - - 39% オンデマンドとの 損益分岐点 (3年間の何%以上ご利用ならお得) 全前払い (All Upfront) 1,940.00$ 64% 36% 2015年3月25日現在、東京リージョンの価格
  36. 36. EC2のコスト削減効果例(r3.large, 3年) オンデマンド 前払いなし (No Upfront) 一部前払い (Partial Upfront) 3年間支払総額 5,518.80$ - - - 2,480.64$ 55% 3年間100% 利用時の削減効果 (対オンデマンド) - - 45% 全前払い (All Upfront) 2,331.00$ 58% 42% 2015年3月25日現在、東京リージョンの価格 オンデマンドとの 損益分岐点 (3年間の何%以上ご利用ならお得)
  37. 37. EC2のコスト削減効果例(c3.large, 3年) オンデマンド 前払いなし (No Upfront) 一部前払い (Partial Upfront) 3年間支払総額 3,363.84$ - - - 1,626.48$ 52% 3年間100% 利用時の削減効果 (対オンデマンド) - - 48% 全前払い (All Upfront) 1,528.00$ 55% 45% 2015年3月25日現在、東京リージョンの価格 オンデマンドとの 損益分岐点 (3年間の何%以上ご利用ならお得)
  38. 38. EC2のコスト削減効果例(c4.large, 3年) オンデマンド 前払いなし (No Upfront) 一部前払い (Partial Upfront) 3年間支払総額 3,863.16$ - - - 1,881.08$ 51% 3年間100% 利用時の削減効果 (対オンデマンド) - - 49% 全前払い (All Upfront) 1,768.00$ 54% 46% 2015年3月25日現在、東京リージョンの価格 オンデマンドとの 損益分岐点 (3年間の何%以上ご利用ならお得)
  39. 39. EC2のコスト削減効果例(t2.small, 3年) オンデマンド 前払いなし (No Upfront) 一部前払い (Partial Upfront) 3年間支払総額 1051.20$ - - - 526.24$ 50% 3年間100% 利用時の削減効果 (対オンデマンド) - - 50% 全前払い (All Upfront) 494.00$ 53% 47% 2015年3月25日現在、東京リージョンの価格 オンデマンドとの 損益分岐点 (3年間の何%以上ご利用ならお得)
  40. 40. 1年RIと3年RIどちらを選ぶべきか? ・3年RIの方が割引率が高い – 契約期間中に価格改定がある可能性 – 契約期間中に新インスタンスタイプが発表される可能性もあり ・3年RI支払総額と1年RI×2回支払総額は近い – 価格改定が無かった場合 – たとえばm3.large全額前払いの場合… 1年RI 全前払い 1,000.00$ 1,940.00$ 2015年3月25日現在、東京リージョンの価格 3年RI 全前払い 1,000.00$ 1,000.00$
  41. 41. リザーブ条件の指定
  42. 42. リザーブドインスタンスの購入方法(条件入力) 購入した権利と同じ条件のEC2について、 キャパシティ予約と割引の権利が受けられる ・マネージドコンソールから購入出来ます リザーブドインスタンスの購入方法 http://aws.amazon.com/jp/ec2/purchasing-options/reserved-instances/buyer/
  43. 43. リザーブドインスタンスの購入方法(補足) アベイラビリティゾーン -ap-northeast-1cなどAvailability Zone 専有インスタンスか否か? -Default(共有) -Dedicated(専有)Tenancy OSなどを指定 -Linux/UNIX -Windows -RHEL等 Platform 契約期間を指定 -1年 -3年Term RIのタイプを指定 -No Upfront -Partial Upfront -All Upfront Offering インスタンスタイプを指定 -m3.largeなどInstance Type あとから変更できる場合あり あとから変更できる場合あり
  44. 44. リザーブドインスタンスの購入方法(購入後) 購入時の条件や、有効期間などを確認出来る
  45. 45. リザーブドインスタンスの権利 ・購入時にインスタンスの停止や再起動は必要ない – まずはオンデマンド・インスタンスで始めて、 様子を見てからリザーブドインスタンスを適用することも可能 ・インスタンスIDを指定する必要はない – 条件に合致するインスタンスがあれば、自動的に適応される – m3.largeを3台起動中、1台分の権利を持っている場合は… *インスタンスタイプ以外の各条件も合致している必要あり m3.large オンデマンド料金×2 m3.large リザーブド料金×1で計算
  46. 46. スケールアップなどインスタンスタイプ変更時 ・条件に合致するインスタンスに適応される – m3.largeを3台起動中、1台分の権利を持っている場合は… – そのうち1台をm3.xlargeに変更… m3.large オンデマンド料金×2 m3.large リザーブド料金×1で計算 *インスタンスタイプ以外の各条件も合致している必要あり m3.xarge オンデマンド料金×1 m3.large オンデマンド料金×1 m3.large リザーブド料金×1で計算 *インスタンスタイプ以外の各条件も合致している必要あり
  47. 47. リザーブ条件の変更
  48. 48. 条件変更①インスタンスタイプの変更 ・(前提条件)EC2インスタンスのスペックと価格 – 同一インスタンスファミリーの場合、インスタンスタイプを 1つ上げる(下げる)と、スペックと価格は”ほぼ倍(半分に)”になる c3.large 2 vCPU 3.7 2×16 $0.058 メモリ インスタンス ストレージ 時間単価 (オンデマンド) *Linux/UNIXの場合 *c4.8xlargeのぞく c3.xlarge 4 7.5 2×40 $0.115 c3.2xlarge 8 15.0 2×80 $0.232 c3.4xlarge 16 30.0 2×160 $0.463 c3.8xlarge 32 60.0 2×320 $0.926
  49. 49. 条件変更①インスタンスタイプの変更 ・ユニット数は、以下で計算 micro 0.5 small 1 medium 2 large 4 xlarge 8 2xlarge 16 4xlarge 32 8xlarge 64
  50. 50. 条件変更①インスタンスタイプの変更 ・同インスタンスファミリー(m3,c3,r3など)内での ダウングレード(分割)が可能 – 分割後のユニット数が同じであること – オファリングタイプ・期間等も同条件となる – Linuxプラットフォームのみ対応 – 変更成功/失敗の通知は無いので、 しばらくしてからステータスを確認する必要あり Large Small Small Small Small http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/ri-modifying.html
  51. 51. 条件変更①インスタンスタイプの変更 ・同インスタンスファミリー(m3,c3,r3など)内での アップグレート(統合)が出来る – 同時に購入(同時刻で終了する)したもののみ統合可能 – 統合後のユニット数が同じであること – オファリングタイプなども同条件であること – Linuxプラットフォームのみ対応 – 変更成功/失敗の通知は無いので、 しばらくしてからステータスを確認する必要あり Large Small Small Small Small http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/ri-modifying.html
  52. 52. 条件変更①インスタンスタイプの変更 アップグレード ダウングレード
  53. 53. 条件変更②AZおよびNetworkの変更 ・Availability Zoneおよび、 Network(Classic/VPC) も変更可能 – こちらも変更成功/失敗の通知は無いので、 しばらくしてからステータスを確認する必要あり *Networkは、EC2-Classic(非VPC)が有効な場合のみ変更可能
  54. 54. EC2リザーブドインスタンス使用状況レポート
  55. 55. EC2リザーブドインスタンス使用状況レポート ・EC2のRI使用状況を確認できます – 事前に”請求明細レポート”を有効にする必要あり(有効にしてからの 情報が取得できます) – RIの利用率も確認可能です https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/usage-reports-ri.html
  56. 56. EC2リザーブドインスタンス使用状況レポート ・ Billing & Cost Managementから確認
  57. 57. Trusted Advisor (リザーブドインスタンスの最適化)
  58. 58. Trusted Advisor ・ご利用状況から自動的にRI利用を推奨 – AWSサポートのビジネスプラン以上にご加入の場合に利用可能 – EC2の新オファリングタイプではなく、旧タイプ”重度使用”での推奨 – 一括請求グループを組んでいる場合、支払いアカウントでの確認が必要
  59. 59. RDS, ElastiCache, Redshift編 – EC2 RIとの違い – オファリングタイプ – コスト削減効果 – リザーブ条件の指定
  60. 60. EC2 RIとの違い ・オファリングタイプが異なる – 軽度使用、中度使用、重度使用の3種類(旧EC2のRIと同様) – サービスやインスタンスファミリーの新旧により、 選択できるタイプが異なる ・AZ指定などが不要 – 自動的に割引は適用されるので特にAZを意識する必要は無い ・インスタンスの統合/分割は出来ない
  61. 61. オファリングタイプ
  62. 62. (参考)EC2のRIプランの歴史 前払いなし (No Upfront) 一部前払い (Partial Upfront) 全前払い (All Upfront) 軽度使用 (Light Utilization) 中度使用 (Medium Utilization) 重度使用 (Heavy Utilization) リザーブド インスタンス 2011/12〜 2015/02〜
  63. 63. オファリングタイプがEC2と異なる(旧EC2と同様) 予約金 低 低 中 あり (割引率:中) 中 高 高 毎月のお支払 割引率 軽度使用 (Light Utilization) 中度使用 (Medium Utilization) 重度使用 (Heavy Utilization) あり (割引率:高) あり (割引率:低)
  64. 64. 予約金 低 低 中 あり (割引率:中) 中 高 高 毎月のお支払 割引率 軽度使用 (Light Utilization) 中度使用 (Medium Utilization) 重度使用 (Heavy Utilization) あり (割引率:高) あり (割引率:低) (EC2とは異なり)軽度使用・中度使用については、 契約期間中も実際の起動時間分の従量課金となります オファリングタイプがEC2と異なる(旧EC2と同様)
  65. 65. 予約金 低 低 中 あり (割引率:中) 中 高 高 毎月のお支払 割引率 軽度使用 (Light Utilization) 中度使用 (Medium Utilization) 重度使用 (Heavy Utilization) あり (割引率:高) あり (割引率:低) (EC2と同様に)重度使用については、 契約期間中、毎月「割引単価×24時間×日数」をご請求します (実際のインスタンス起動有無にかかわらず) オファリングタイプがEC2と異なる(旧EC2と同様)
  66. 66. それぞれ選択可能なオファリングタイプ RDS △ (m3,旧世代) × △ (m3,旧世代) × ○ (t2,m3,r3 旧世代) ○ ElastiCache Redshift 軽度使用 (Light Utilization) 中度使用 (Medium Utilization) 重度使用 (Heavy Utilization) ○ (t2,m3,r3 旧世代) △ (旧世代のみ) △ (旧世代のみ) (旧世代RDS:t1,m1,m2 旧世代ElastiCache:t1, m1, m2, c1)
  67. 67. コスト削減効果(1年)
  68. 68. RDSのコスト削減効果例 (r3.large, MySQL, SingleAZ,1年) オンデマンド 年間支払総額 2496.6$ - 年間100%利用時の 削減効果 (対オンデマンド) - オンデマンドとの 損益分岐点 (年間の何%以上ご利用ならお得) 重度使用 (Heavy Utilization) 1,653.00$ 34% 66% 2015年3月25日現在、東京リージョンの価格
  69. 69. ElastiCacheのコスト削減効果例 (r3.large,1年) オンデマンド 年間支払総額 2391.48$ - 年間100%利用時の 削減効果 (対オンデマンド) - オンデマンドとの 損益分岐点 (年間の何%以上ご利用ならお得) 重度使用 (Heavy Utilization) 1556.64$ 35% 65% 2015年3月25日現在、東京リージョンの価格
  70. 70. Redshiftのコスト削減効果例 (dw2.large,1年) オンデマンド 年間支払総額 2750.64$ - 年間100%利用時の 削減効果 (対オンデマンド) - オンデマンドとの 損益分岐点 (年間の何%以上ご利用ならお得) 重度使用 (Heavy Utilization) 1680.84$ 39% 61% 2015年3月25日現在、東京リージョンの価格
  71. 71. コスト削減効果(3年)
  72. 72. RDSのコスト削減効果例 (r3.large, MySQL, SingleAZ,3年) オンデマンド 3年間支払総額 7,489.80$ - 3年間100%利用時 の削減効果 (対オンデマンド) - オンデマンドとの 損益分岐点 (3年間の何%以上ご利用ならお得) 重度使用 (Heavy Utilization) 3,453.00$ 54% 46% 2015年3月25日現在、東京リージョンの価格
  73. 73. ElastiCacheのコスト削減効果例 (r3.large,3年) オンデマンド 7,174.44$ - - 重度使用 (Heavy Utilization) 3,216.48$ 55% 45% 2015年3月25日現在、東京リージョンの価格 3年間支払総額 3年間100%利用時 の削減効果 (対オンデマンド) オンデマンドとの 損益分岐点 (3年間の何%以上ご利用ならお得)
  74. 74. Redshiftのコスト削減効果例 (dw2.large,3年) オンデマンド 8,251.92$ - - 重度使用 (Heavy Utilization) 3,085.76$ 63% 37% 2015年3月25日現在、東京リージョンの価格 3年間支払総額 3年間100%利用時 の削減効果 (対オンデマンド) オンデマンドとの 損益分岐点 (3年間の何%以上ご利用ならお得)
  75. 75. リザーブ条件の指定
  76. 76. RDSリザーブドインスタンスの購入方法
  77. 77. ElastiCacheリザーブドキャッシュノードの購入方法
  78. 78. Redshiftリザーブドインスタンスの購入方法
  79. 79. リザーブドインスタンスまとめ
  80. 80. リザーブドインスタンスまとめ ・1年または3年の利用コミットによる キャパシティ予約と料金割引 – 予約時にアベイラビリティゾーン、インスタンスタイプ、 契約期間、一時金の有無によるオファリングタイプなどの 契約条件を指定(サービスにより指定条件が異なる) ・権利の購入 – インスタンスIDの指定は不要 – 購入時のサーバ停止や再起動もない(無停止で適用可能)
  81. 81. リザーブドインスタンスの想定ご利用シーン ・常に起動しているDBやキャッシュサーバなど ・常に起動している分のWeb/Appサーバ – ピークに合わせてスケールアウトする分はオンデマンドで補う RI RI オンデマンド ピーク時通常時
  82. 82. 導入フロー ・オンデマンドインスタンスでのご利用にて インスタンスタイプや台数を決定 ・以下のようなインスタンスについてRIを購入 – 定常的に起動しているサーバやDB – オンデマンドとの損益分岐点を上回る利用率が ありそうなサーバやDB 権利の購入なので、無停止でRIに切り替え可
  83. 83. RI購入時の注意点 ・RI購入のタイミングでカードへ決済されます (月末で締めの月々のご利用には合算されません) ・クレジットカードの限度額にご注意ください [導入に関しての問い合わせ] http://aws.amazon.com/jp/contact-us/aws-sales/ [課金・請求内容、またはアカウントに関するお問い合わせ] https://aws.amazon.com/jp/contact-us/
  84. 84. 一括請求(Consolidated Billing)とRI ・一括請求とは? – 複数AWSアカウントの費用を、1つにまとめて決済 – グループ内でRI権利を自動適用する 請求アカウント 子アカウント① 子アカウント② http://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/20140226-aws- meisterregeneratebillingpublic AWSマイスターシリーズ “AWS Billingについて”
  85. 85. スポットインスタンス
  86. 86. スポットインスタンス概要 • 需要と供給の関係に基づいて、リアルタイムで変動 する「スポット価格」が割当てられたインスタンス • 時間の制約がなく、中断可能なタスクの 計算コストを大幅に削減 Availability Zone Availability Zone 55 % off 40 % off 59 % off 59 % off
  87. 87. スポット価格と入札 • スポット価格 – EC2インスタンスの 需要と供給により、 リアルタイムに価格が変動 – 課金はスポット価格 • 入札額(Maximum price) この額までだったら支払ってもいいという価格 入札額>=スポット価格 入札額<スポット価格 ・指定したインスタンスが起動 ・インスタンスがターミネートされる
  88. 88. スポットリクエストとインスタンス • スポットリクエスト(入札条件を指定した起動要求) – インスタンスタイプを選択し、 – AZ、入札価格(Maximum price) などを指定 – t2ファミリーは非対応 スポットインスタンスリクエスト http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/spot-requests.html
  89. 89. スポットリクエストとインスタンス • インスタンスの起動と終了 • 課金について – インスタンス起動時から1時間毎にスポット価格にて課金 – インスタンスが強制終了された場合、 1時間未満の時間に対しては課金されない 起動タイミング 終了タイミング ・スポットリクエストの条件が満たされた時点 (⇔オンデマンドやリザーブドはリクエスト後すぐ) ・ユーザが終了命令を出した時点 ・スポット価格がスポットリクエストで指定した価格を 上回った時点
  90. 90. スポットリクエストと課金 単価 時間 1h 1h <1h スポット価格 入札額 課金額 ②入札額>スポット価格 となったので インスタンス起動 ④入札額<スポット価格 となったので インスタンス終了 ⑥入札額>スポット価格 となったので インスタンス起動 ①リクエスト 投入 ⑤強制終了時の1時間 未満の利用分は非課金 ③1時間 単位の課金
  91. 91. ターミネート通知機能 • スポットインスタンス - ターミネート通知機能 – スポット価格が入札価格よりも高くなった場合、 スポットインスタンスターミネート通知という2分間の警告を通知 • 通知の受け取り方(2種類) – インスタンスメタデータにアクセス ・http://169.254.169.254/latest/meta-data/spot/termination-time – API(DescribeSpotInstanceRequests) ・入札ステータスがmarked-for-terminationだった場合 • 推奨設定 – 5秒間隔で通知をポーリング
  92. 92. ターミネート通知機能の活用 • 通知を受けたら大事なデータを退避 • SNSへの通知 – https://github.com/camitz/EC2SpotStop2SNS
  93. 93. 時間の制約がなく、 中断しても支障のない タスクを省コストで 代表的なユースケース 複雑な解析や シミュレーショ ン ビックデータ解析 金融モデリング 経済分析 地理空間 情報の解析 メディア プロセッシング 科学演算 Webクローリング開発や検証
  94. 94. お客様事例事例(抜粋) ビックデータ解析 メディアプロセッシング 300万/日の”チェックイン”のデータを解析するためにElastic Map Reduceを使用する中で、スポットインスタンスを活用 Webクローリング オンライン上のやり取りを観測して企業のイメージ調査を助ける サービスにてスポットインスタンスを活用し、66%のコスト削減 広告メール等、画像を多用したEメールが各種クライアントでど う表示されるか解析するサービスでスポットインスタンスを活用 し、57%のコスト削減を実現 毎日たまるインターネットサービスのログを解析する中でスポッ トインスタンスを活用し、50%のコスト削減を実現 http://aws.amazon.com/jp/ec2/purchasing-options/spot-instances/
  95. 95. 事例:本田技研工業様 AWS re:Invent 2014:本田技研工業様の講演資料より抜粋 • CAE(Computer Aided Engineering)での スポットインスタンス活用により、 70%のコスト削減を実現
  96. 96. 事例:PIXTA様 AWS Cloud Strage Day 2013:PIXTA様の講演資料より抜粋 • SQSと組み合わせて、画像変換でのワーカーと してスポットインスタンスをご利用
  97. 97. 事例:HDE様 AWS Cloud Strage Day 2013:HDE様の講演資料より抜粋 • SQSと組み合わせて、解析/インデックスでの ワーカーとしてスポットインスタンスをご利用
  98. 98. Autoscalingにスポットインスタンス • Autoscaling = 負荷に合わせて動的にインスタンスを水平スケール させるAWSの機能 • Autoscalingのローンチコンフィグを作成時に”—spot-price”オプ ションを設定 > as-create-launch-config spotlc-5cents --image-id ami-XXXXXX --instance-type m1.small --spot-price "0.05" インスタンスがTerminateされても Desired Capacityを満たすよう 継続的にリクエストが行われる スポット価格が入札額を上回っている場合は Desired Capacityを満たせない Auto Scaling グループのスポットインスタンスの起動 http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AutoScaling/latest/DeveloperGuide/US-SpotInstances.html
  99. 99. 事例:サイバード様 AWS Summit Tokyo 2014:サイバード様の講演資料より抜粋 • AutoScalingにスポットインスタンスを組み合 わせ、3〜4割のコスト削減を実現
  100. 100. 事例:スタディプラス株式会社様 「スタディプラス」の傾向として、毎日のアイ ドルタイムとピークタイムの時間帯が規則正し く、またその幅がかなり大きい(アイドル:ピー クのインスタンス数比は 1:10 ほど)というこ とがあります。そこで非常に大きくコスト削減 に効果を発揮するのが Auto Scaling やリザーブ ドインスタンス、スポットインスタンスの活用 でした。 実際に 2014 年 10 月時点でのサービス規模に おいて、仮にリザーブドインスタンスや Auto Scaling 等を全く使わない場合とフル活用した場 合とで比較すると、月額にして実に数十万円〜 100 万円超の差になります。 AWS活用事例 スタディプラス株式会社様より抜粋 http://aws.amazon.com/jp/solutions/case-studies/studyplus/
  101. 101. Elastic MapReduce (EMR)にスポットインスタンス • EMR = AWS上のマネージドHadoopサービス • 利用シナリオ: ジョブのランニングコストを抑えたい – オンデマンドのm2.xlarge 4ノードで開始 – 処理の高速化のためスポットインスタンスで5ノード追加 4ノードで 起動 Spot 5ノード追加 Job Flow 残り時間 14時間 残り時間 Job Flow 7時間 スポットなしのコスト 4 instances *14 hrs * $0.50 = $28 スポットありのコスト 4 instances *7 hrs * $0.50 = $13 + 5 instances * 7 hrs * $0.25 = $8.75 Total = $21.75 時間の削減効果: 50% コスト削減効果: ~22%
  102. 102. EMR+Spotの使いどころ ユースケース Master Instance Group Core Instance Group Task Instance Group 長時間稼働のジョブフローの高速化 オンデマンド オンデマンド Spot 低コストで実行したいジョブ Spot Spot Spot クリティカルデータを扱うジョブ オンデマンド オンデマンド Spot アプリケーションのテスト Spot Spot Spot コストを抑えつつ、利用目的にあわせて柔軟に変更可能
  103. 103. アンチパターン • 停止が許されないインスタンスでの利用 – DB、ファイルサーバ等 • 遅延が許されないタスクでの利用 – スポットリクエストは満たされるとは限らない • 止まってはいけないサービスを 少数のインスタンスで実行している場合 – 数台のインスタンスで運用される小さめのWebサイト等 – インスタンス終了時のキャパシティへの影響が大きい
  104. 104. 入札戦略 1. コスト最小型 – 最低価格で入札 – インスタンス停止にはアーキテクチャで対応 2. 価格履歴順応型 – 直近の価格を観測してそれより少し高い額で入札 – オンデマンド価格より低く設定した閾値以上は入札しない 3. オンデマンドに比べて節約型 – オンデマンドの価格付近に入札 – オンデマンドより高くなったらオンデマンドに切り替え 4. 割り込みリスク最小型 – オンデマンドよりも高く入札 課金額増大リスク  小 インスタンス終了リスク  大 課金額増大リスク  大 インスタンス終了リスク  小
  105. 105. 入札戦略:コスト最小型 • 最低価格で入札 • アプリケーション側の工夫でインスタンス停止に対応 – 例:ジョブ管理をインスタンス外のキューやDBにて行い、 新たに起動したインスタンスがジョブを引き継ぐなど • 処理時間よりもコストを重視する場合に 1時間毎の課金スロットのうち、 Terminateされたスロットは課金されない 再開後にジョブを継続
  106. 106. 入札戦略:価格履歴順応型 • 直近の価格を観測してそれより少し高い額で入札 • オンデマンド価格より低く設定した閾値以上は入札しない • SDKやCLIを利用した自動化で実現 Vimeoはこの戦略で月によっては 50%のコスト節減を実現(参考資料) オンデマンドの価格より低く設定した閾値 価格履歴から決定する入札額
  107. 107. 入札戦略:オンデマンドに比べて節約型 • オンデマンドの価格付近に入札 • オンデマンドより高くなったらオンデマンドに切り替え – システムのキャパシティを維持しつつコストを節約 オンデマンド価格。 ここを超えたらオンデマンドで起動 緑で示した部分がオンデマンドに 比べた節約分に相当
  108. 108. 入札戦略:割り込みリスク最小型 ・オンデマンドよりも高く入札 – 課金額がオンデマンドを超えるリスクを取りつつ • 平均的にはコストを節約 • インスタンスは高い確率で継続稼働 平均的には 大きくコスト を節約 一時的にオンデマンドを 超える課金も Litmusはこの戦略で 57%のコスト節減を 実現
  109. 109. まとめ
  110. 110. AWSでのコスト削減 マネージドサービスの活用 インスタンスタイプの最適化 スタンバイ機の見直し 運用自動化 リザーブドインスタンス スポットインスタンス Cloudfrontのリザーブドキャパシティ DynamoDBのリザーブドキャパシティ EBS, Snapshot, EIP等々… クラウドネイディブな 設計 割引オプションの活用 リソースの 無駄チェック 効果大 効果小
  111. 111. 時間課金のお支払いオプション ・初期費用なし ・利用コミットなし ・従量課金 ・長期(1年or3年)利用コミットによる - キャパシティ予約 - 割引料金の適用 ・初期費用なし ・スポット価格(変動)による課金 ・ターミネートされるリスクあり オンデマンド インスタンス (デフォルト) リザーブド インスタンス (オプション) スポット インスタンス (オプション)
  112. 112. それぞれの想定ご利用シーン ・ピーク対応で増減するサーバ ・一時利用のキャンペーンサイト ・昼にしか使わない開発サーバ ・常時稼働しているサーバ - DB,キャッシュサーバ - (最低限必要の)Web/Appサーバ ・分散処理のタスクノード ・クローラ ・メディアプロセッシング等 オンデマンド インスタンス (デフォルト) リザーブド インスタンス (オプション) スポット インスタンス (オプション)
  113. 113. オンデマンド以外のオプションの活用 ・リザーブドインスタンス – 年間通して多くの時間起動しているインスタンス – 常時稼動のDBサーバ – 最低限必要なWeb/APサーバ等 ・スポット・インスタンス – 時間の制約がなく、中断しても支障のないタスクを 実行するインスタンス – Webクローラ、分散処理のタスクノード等 用途に合わせたオプションの利用でコストの最適化を!

×