Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

201807_AnnotationMeetUp_JetsonTX2での顔認識+Annotation用UIの実装

310 views

Published on

201807 annotation meetup_fr_sbyjetsontx2+annotationui

Published in: Technology
  • Be the first to comment

201807_AnnotationMeetUp_JetsonTX2での顔認識+Annotation用UIの実装

  1. 1. Jetson TX2での顔認識 +AnnotationUIの実装 2018/7/5 Annotation Meetup AI事業開発室 伊藤明裕 Akihiro ITO akit@nishikawa.jp
  2. 2. 西川コミュニケーションズ 株式会社 1906年 名古屋市にて創業 1995年 「らくだ書店」をオープン 2007年 西川印刷(株)から社名変更 2016年 マスキングテープ「bande」の製造・販売開始 2017年 JDLAに賛助会員として参画(12月) 2018年 AI事業開発室を新設(2月) ※jdla.orgより AI CRM BPO ラベル 印刷 3D 社内起業 支援
  3. 3. 軽く自己紹介 (昔話〜2016年頃) ● IBM3090 / MVS / Assembler (証券オンライン保守、東証のオンライン化対応) ● HP / HP-UX / C, C++ (FS-X空戦シミュレータ開発用のCASEツール開発 等) ● NeXT / NeXTSTEP / Objective-C (購買管理、給与計算システム開発等) ● Open系 / Linux / PHP + PostgreSQL, MySQL (DAMなど各種webDBシステム開発) ● 社内インフラ、デバイス、セキュリティ管理などICT全 般のマネジメント ● Cloud系 / kintone, box, G Suite + GAS
  4. 4. 軽く自己紹介 (最近) 情報処理 安全確保 支援士 第007287号 Aidemyエヴァンジェリストとしても活動中
  5. 5. 最近のBigEvent JSAI2018での 日本ディープラーニング協会 企画セッション
  6. 6. AI導入 はじめの一歩 ● 自社ロジセンターに顔認識を導入してみたい。 ● まずは実装してみよう。 ● 実装は、NICO Indiaにて。 ● GTC Japan 2017で、Jetson TX2を購入。 ● JetPack3.1 + OpenCV (現在は、JetPack3.2) ● For Clustering: Chinese Whisper ● Model for recognition: dlib face recognition resnet model version 1
  7. 7. 最初のAnnotation方法 クラスタリングされた画像を1グループずつ確認しながら該 当フォルダを探して移動させる。
  8. 8. 噂の 「Annotationで死ぬ」 を実感 ● クラスタリング実行 ● フォルダ一つずつ開いて画像確認 ● 新規ならフォルダ名をユーザ名に変更 ● 既存なら該当のフォルダへ画像を移動 ※データの質が悪いと大量のクラスタに分割されて しまう。  1image / 1clusterとか。 ● 空になったフォルダは削除 ● エンロールメント実行 ● 半日で3回やってみた。⇒もう嫌。⇒Annotationツー ルを作ろう。
  9. 9. Annotationツールを追 加実装 作業性が格段に進歩。
  10. 10. Login Clustering Enroll この間にApprove (Annotation) [次ページ] 登録済みデータの View
  11. 11. 新規 既存データだがヒットしない 既存データにヒット したが複数候補 既存データにヒット aaa
  12. 12. カメラ設置の自由度も 大事 ● やはり「良質なデータ」が「大量に」必要。 正面から撮影した明るい画像をたくさん。 ● カメラの設置場所の自由度が欲しい。 ● 社内デモのためにカメラだけ持っていきたい。 ネットワークカメラ使えばできるよね。
  13. 13. 今やっていること ● 社内プロジェクトでデモをしたところ、 「ここまでできてるならとにかく現場で使ってみよう」。 ● まだこのままでは、現場での運用は厳しい。 ⇒実運用に向けた仕様検討中。 ● 名前が表示されるだけではつまらない。 ⇒改修仕様設計中。 ● 現場にどうやって設置するか。 ⇒設置方法検討中。 ⇒エンクロージャもいずれ考えなくては。
  14. 14. まだまだこれから。

×