Agile Japan 2011   公募セッション   アジャイル体験記   アジャイル体験記~ふりかえりで開発を後押し~    2011年4月15日   株式会社 インテック      木村 慎吾                     P...
はじめに開発フェーズにおける体験談です。【対象】開発をこれから始める人やり始めた人
アジャイル開発を実践して気づいたことについて話します。
いろいろ話したいことがあるけど
アジャイル開発において    重要だと感じたポイントとしては
ふりかえりが  とても大切だったと感じました。
「ふりかえり」とは、プロジェクトの現状を点検し、 改善を推進するための     手法です。        http://agile.esm.co.jp/scrum/
・プロジェクトの推進に役立った・チーム力の向上にも役立った
今日言いたいこと
アジャイル開発で
ふりかえりを  活用してください。
今日は
ふりかえりを  中心に 気づいた点実践した方法について話します。
ですので、今日は開発プロセス全体に ついては話しません。
背景
対象プロジェクトの紹介    以下のような製品の開発プロジェクト    ・アイデンティティ管理分野    ・INTECのパッケージ商品    結人 2008年9月リリース       (2008年3月開発スタート)    束人 2009年1月初...
体制営業+営業支援チーム        構築チーム    ・提案             ・要件定義                    ・パッケージを用いての導入    ・デモ             ・保守   主に私は    ココ   ...
開発チーム          開発チーム            ・パッケージ開発• 9年目(私)、3年目、2年目、1年目• 私以外は開発は初めて• チーム力がない
開発前に受注が決定!
どんな形であれリリースは必須
思い
プロジェクトを成功させること
いいチームにしたい!  (三年後には)
プロジェクトを成功 させるためにはアジャイル開発が必要になると感じた
といっても  ノウハウを持っていないので、
まずは本をマネすることから 始めてみました
XP+見える化   でプロジェクト開始
理想をめざして!いろいろなものを取り入れました。
ツールを入れた それだけでプロジェクトがうまくいくなんて 思っていない
そのためには   やってみること! そして、直すしかない!はじめはみんなシロートだ
強がってみたが
早い段階で現実という壁が。。。
正直焦りまくりでした。
そんなとき
ふりかえり    が   チーム     に  いい流れをつくってくれました。
いまある状況を改善することで 焦りを解消。
改善を行うことで  前に進む  勇気が 生まれました
個人というよりはチーム全体が成長したように感じます。
いろいろなプラクティスを 実施していくベースになると 感じました。
これらが ふりかえりをイチオシにした 理由です。
私たちのチームで  実践した  ふりかえり    を 紹介します
私たちは2つの方法で実践しました
その前に、少しだけ開発プロセスについて
イテレーション開発を用いてリズムをつけて開発実施しました。 イテレーション 2週間           プロジェクト期間
① 小さな ふりかえり② 大きな ふりかえり
小さな ふりかえり・頻度:2週間に1回     (イテレーション毎)・時間:1時間30分
小さな ふりかえり            ここでイテレーション    ふりかえり2週間              プロジェクト期間
小さな ふりかえり    目的いまやっていることの改善 (短い周期で継続的に)
KPTという方法を使うことに決めました
KPT「KPT(Keep,Problem,Try)」と呼ぶ手法では以下のようなプロセスを経てふりかえり        ふりかえり,行動する。                          ふりかえり(1)行動する(2)行動の結果や状況を思い...
とは言っても
最初から本に書かれたようにうまくできわけがなく
その時チームに足りなかったもの・私のファシリテーション能力・みんなの予備知識
とにかく思ったことをしゃべってもらう場を つくりたかった。
私たちのチームのKPTの回し方・反時計まわりに一人づつ発言 発言後 そのことについてみんなでフォロー※全員からの発言を私がまとめられる自信がないので最小単位に区切った・KPTにこだわらず感想を言ってもらう※KPTという分類になれていないので。と...
初回のKPT
いまのKPT
新たな問題が発生!・発言が増え、課題・問題がいっぱいに
こんな方法で対処・加点法(できたことに注目)
でも、 課題が残ってしまいます。    しかし、それらは大きなふりかえりで解消
小さな ふりかえり での気づき・方法はチームの状況に合わせて 改善することが目的なのでチーム合う方法を工夫を・続けること リズムを保ち、忙しくても中止しないことが重要・ファシリテーション不足は意識して学習 勉強会参加で少しずつ学習
大きな ふりかえり
大きな ふりかえり・頻度:半年に1回ぐらい (プロジェクト終了後)・時間:1日かけて
大きな ふりかえり                         ここでイテレーション2週間                     ふりかえり             プロジェクト期間
大きな ふりかえり     目的・やりっぱなしにしない・プロジェクト全体を考える
スケジュール■10:00~11:45 営業より今後の戦略についての説明 目的:営業より今後の戦略について認識あわせ■13:00~14:20 みんなで1年間のふりかえり 目的:1年間の振り返り(タイムラインを使ったふりかえり)■14:30~16:...
よく利用するツールの実例を2つご紹介
スケジュール■10:00~11:45 営業より今後の戦略についての説明 目的:営業より今後の戦略について認識あわせ■13:00~14:20 みんなで1年間のふりかえり             みんなで 年間のふりかえり             ...
TimeLine
実際のものを持ってきました。
TimeLine   の説明の前にちょっとまとめ
メリット・感情的な部分が見えてくる・プロジェクト中に起こった変化に気づける・思いを共有でき、チームの絆が深まる
やったこと1:思いを付箋に書いて各自貼る2:TimeLineの前で話す                  同じ思いがあったらシー                     ルで応える3:整理するため机でまとめる                  ...
実際のものを持ってきました。
スケジュール■10:00~11:45 営業より今後の戦略についての説明 目的:営業より今後の戦略について認識あわせ■13:00~14:20 みんなで1年間のふりかえり 目的:1年間の振り返り(タイムラインを使ったふりかえり)■14:30~16:...
大まとめのKPT
実際のものを持ってきました。
大まとめKPT   の説明の前にちょっとまとめ
メリット・短期的な周期とは違う視点を持てる・プロジェクト中で先送りした課題の 解決策を考えられる
やったこと(0:壁に過去のKPTを張っておく)1:KPTを付箋に書いて各自貼る2:グルーピング分け(整理)3:解決策を考える4:前回との比較
実際のものを持ってきました。
まとめ小さい ふりかえり直せるところからすぐに直す大きな ふりかえり時間がかかりそうな根本的課題を見直す
ちょっとした工夫
ふりかえりにもいい影響を与えるチームでやったほう  がいいもの
チームの工夫 2つご紹介
・チーム内勉強会・みんなでセミナー参加
・チーム内勉強会ふりかえりでの話しあいでは、技術的な要素のフォローできなかった →勉強会という新しい場の提供へ
・チーム内勉強会勉強会の開催へ・1週間に2回・お昼休みを利用  ・水曜日 Java関連  ・木曜日 Ruby関連
・チーム内勉強会   勉強会でも問題が!新人など一部がついてこれない 参加者が減ってしまった。
・チーム内勉強会 今やっているものはそのままで    新しいものを作成     新人用    金曜日に開催→新人が読んでいる本をアシスト
・みんなでセミナーに参加意図がほんとに伝わっているか?  →今やっていることの共有へ
・みんなでセミナーに参加 私が参加するところに  一緒に連れて行く
・みんなでセミナーに参加      もちろん    AgileJapanも    みんなで参加   AgileJapan2009  岡島さんのカマス話に    影響される!
・みんなでセミナーに参加   ひっぱらないとみたいな気持ちがあったけど  →みんなでつくりあげる後押しするような気持ちに変化
まとめチームを成長させるものを導入するとプロジェクトやふりかえりをよりよいものに変化させてくれます。
最後に
理想はあるが  現実もあるので   チームで その時できることを   やることが大事だと感じました!
ちょっとづつ  前進
その積み重ねで
独自プラクティスが 生まれたり
たとえば、
先輩が残っていると正直、帰りづらい。
夕会の開催                     ■概要                     ・チームメンバからの意見です。                     ・自分たちの課題を自分たちで解決★日経SYSTEMS 2009年9月号で...
工夫が実を結んだり
たとえば、
作業を楽にしたい
自働化■概要・ビルド→インストーラ作成まで。
ということが チームから出てきた
ちょっとづつ  前進
いいチームにしたい!  (三年後には)
AgileJapanで 事例発表ができました。
ちょっとづつ  前進
もちろん  全部がうまくいっている わけではない  ですが
できることが増えています。
ふりかえりを  続けることが重要!
ふりかえり   で開発を後押し
ぜひ、みなさんも
ふりかえりを  活用してください。
Agile japan2011 アジャイル体験記~ふりかえりで開発を後押し~
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Agile japan2011 アジャイル体験記~ふりかえりで開発を後押し~

1,735 views

Published on

0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,735
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
15
Actions
Shares
0
Downloads
13
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Agile japan2011 アジャイル体験記~ふりかえりで開発を後押し~

  1. 1. Agile Japan 2011 公募セッション アジャイル体験記 アジャイル体験記~ふりかえりで開発を後押し~ 2011年4月15日 株式会社 インテック 木村 慎吾 Powered by DevLove
  2. 2. はじめに開発フェーズにおける体験談です。【対象】開発をこれから始める人やり始めた人
  3. 3. アジャイル開発を実践して気づいたことについて話します。
  4. 4. いろいろ話したいことがあるけど
  5. 5. アジャイル開発において 重要だと感じたポイントとしては
  6. 6. ふりかえりが とても大切だったと感じました。
  7. 7. 「ふりかえり」とは、プロジェクトの現状を点検し、 改善を推進するための 手法です。 http://agile.esm.co.jp/scrum/
  8. 8. ・プロジェクトの推進に役立った・チーム力の向上にも役立った
  9. 9. 今日言いたいこと
  10. 10. アジャイル開発で
  11. 11. ふりかえりを 活用してください。
  12. 12. 今日は
  13. 13. ふりかえりを 中心に 気づいた点実践した方法について話します。
  14. 14. ですので、今日は開発プロセス全体に ついては話しません。
  15. 15. 背景
  16. 16. 対象プロジェクトの紹介 以下のような製品の開発プロジェクト ・アイデンティティ管理分野 ・INTECのパッケージ商品 結人 2008年9月リリース (2008年3月開発スタート) 束人 2009年1月初旬 リリース予定 (2008年6月開発スタート)
  17. 17. 体制営業+営業支援チーム 構築チーム ・提案 ・要件定義 ・パッケージを用いての導入 ・デモ ・保守 主に私は ココ 開発チーム ・パッケージ開発
  18. 18. 開発チーム 開発チーム ・パッケージ開発• 9年目(私)、3年目、2年目、1年目• 私以外は開発は初めて• チーム力がない
  19. 19. 開発前に受注が決定!
  20. 20. どんな形であれリリースは必須
  21. 21. 思い
  22. 22. プロジェクトを成功させること
  23. 23. いいチームにしたい! (三年後には)
  24. 24. プロジェクトを成功 させるためにはアジャイル開発が必要になると感じた
  25. 25. といっても ノウハウを持っていないので、
  26. 26. まずは本をマネすることから 始めてみました
  27. 27. XP+見える化 でプロジェクト開始
  28. 28. 理想をめざして!いろいろなものを取り入れました。
  29. 29. ツールを入れた それだけでプロジェクトがうまくいくなんて 思っていない
  30. 30. そのためには やってみること! そして、直すしかない!はじめはみんなシロートだ
  31. 31. 強がってみたが
  32. 32. 早い段階で現実という壁が。。。
  33. 33. 正直焦りまくりでした。
  34. 34. そんなとき
  35. 35. ふりかえり が チーム に いい流れをつくってくれました。
  36. 36. いまある状況を改善することで 焦りを解消。
  37. 37. 改善を行うことで 前に進む 勇気が 生まれました
  38. 38. 個人というよりはチーム全体が成長したように感じます。
  39. 39. いろいろなプラクティスを 実施していくベースになると 感じました。
  40. 40. これらが ふりかえりをイチオシにした 理由です。
  41. 41. 私たちのチームで 実践した ふりかえり を 紹介します
  42. 42. 私たちは2つの方法で実践しました
  43. 43. その前に、少しだけ開発プロセスについて
  44. 44. イテレーション開発を用いてリズムをつけて開発実施しました。 イテレーション 2週間 プロジェクト期間
  45. 45. ① 小さな ふりかえり② 大きな ふりかえり
  46. 46. 小さな ふりかえり・頻度:2週間に1回 (イテレーション毎)・時間:1時間30分
  47. 47. 小さな ふりかえり ここでイテレーション ふりかえり2週間 プロジェクト期間
  48. 48. 小さな ふりかえり 目的いまやっていることの改善 (短い周期で継続的に)
  49. 49. KPTという方法を使うことに決めました
  50. 50. KPT「KPT(Keep,Problem,Try)」と呼ぶ手法では以下のようなプロセスを経てふりかえり ふりかえり,行動する。 ふりかえり(1)行動する(2)行動の結果や状況を思い出す(3)集めた結果や状況に対して評価をする(Keep, Problem)(4)評価が良いもの(Keep)は今後も続け,できれば名前をつける(5)評価が悪いもの(Problem)は対応策(Try)を考える(6)対応策を行動に移す(1へ戻る)参考)http://www.thinkit.co.jp/free/article/0610/9/1/ http://www.atmarkit.co.jp/farc/rensai/pl06/pl06.html
  51. 51. とは言っても
  52. 52. 最初から本に書かれたようにうまくできわけがなく
  53. 53. その時チームに足りなかったもの・私のファシリテーション能力・みんなの予備知識
  54. 54. とにかく思ったことをしゃべってもらう場を つくりたかった。
  55. 55. 私たちのチームのKPTの回し方・反時計まわりに一人づつ発言 発言後 そのことについてみんなでフォロー※全員からの発言を私がまとめられる自信がないので最小単位に区切った・KPTにこだわらず感想を言ってもらう※KPTという分類になれていないので。とにかく話してもらうために・発言をマインドマップにまとめて保存 ※いつでも参照できるように
  56. 56. 初回のKPT
  57. 57. いまのKPT
  58. 58. 新たな問題が発生!・発言が増え、課題・問題がいっぱいに
  59. 59. こんな方法で対処・加点法(できたことに注目)
  60. 60. でも、 課題が残ってしまいます。 しかし、それらは大きなふりかえりで解消
  61. 61. 小さな ふりかえり での気づき・方法はチームの状況に合わせて 改善することが目的なのでチーム合う方法を工夫を・続けること リズムを保ち、忙しくても中止しないことが重要・ファシリテーション不足は意識して学習 勉強会参加で少しずつ学習
  62. 62. 大きな ふりかえり
  63. 63. 大きな ふりかえり・頻度:半年に1回ぐらい (プロジェクト終了後)・時間:1日かけて
  64. 64. 大きな ふりかえり ここでイテレーション2週間 ふりかえり プロジェクト期間
  65. 65. 大きな ふりかえり 目的・やりっぱなしにしない・プロジェクト全体を考える
  66. 66. スケジュール■10:00~11:45 営業より今後の戦略についての説明 目的:営業より今後の戦略について認識あわせ■13:00~14:20 みんなで1年間のふりかえり 目的:1年間の振り返り(タイムラインを使ったふりかえり)■14:30~16:20 プロセス&機能に関するふりかえり 目的:プロジェクト全体を通してふりかえる(KPT)■16:20~17:00 LT大会(一人持ち時間が5分のプレゼン大会) 目的:熱い思いを声にだそう! (プレゼンの練習も)■18:00~ ホントのふりかえり(懇親会)
  67. 67. よく利用するツールの実例を2つご紹介
  68. 68. スケジュール■10:00~11:45 営業より今後の戦略についての説明 目的:営業より今後の戦略について認識あわせ■13:00~14:20 みんなで1年間のふりかえり みんなで 年間のふりかえり 年間 目的:1年間の振り返り(タイムラインを使ったふりかえり)■14:30~16:20 プロセス&機能に関するふりかえり 目的:プロジェクト全体を通してふりかえる(KPT)■16:20~17:00 LT大会(一人持ち時間が5分のプレゼン大会) 目的:熱い思いを声にだそう! (プレゼンの練習も)■18:00~ ホントのふりかえり(懇親会)
  69. 69. TimeLine
  70. 70. 実際のものを持ってきました。
  71. 71. TimeLine の説明の前にちょっとまとめ
  72. 72. メリット・感情的な部分が見えてくる・プロジェクト中に起こった変化に気づける・思いを共有でき、チームの絆が深まる
  73. 73. やったこと1:思いを付箋に書いて各自貼る2:TimeLineの前で話す 同じ思いがあったらシー ルで応える3:整理するため机でまとめる 各20分ぐらい
  74. 74. 実際のものを持ってきました。
  75. 75. スケジュール■10:00~11:45 営業より今後の戦略についての説明 目的:営業より今後の戦略について認識あわせ■13:00~14:20 みんなで1年間のふりかえり 目的:1年間の振り返り(タイムラインを使ったふりかえり)■14:30~16:20 プロセス&機能に関するふりかえり プロセス&機能に 目的:プロジェクト全体を通してふりかえる(KPT)■16:20~17:00 LT大会(一人持ち時間が5分のプレゼン大会) 目的:熱い思いを声にだそう! (プレゼンの練習も)■18:00~ ホントのふりかえり(懇親会)
  76. 76. 大まとめのKPT
  77. 77. 実際のものを持ってきました。
  78. 78. 大まとめKPT の説明の前にちょっとまとめ
  79. 79. メリット・短期的な周期とは違う視点を持てる・プロジェクト中で先送りした課題の 解決策を考えられる
  80. 80. やったこと(0:壁に過去のKPTを張っておく)1:KPTを付箋に書いて各自貼る2:グルーピング分け(整理)3:解決策を考える4:前回との比較
  81. 81. 実際のものを持ってきました。
  82. 82. まとめ小さい ふりかえり直せるところからすぐに直す大きな ふりかえり時間がかかりそうな根本的課題を見直す
  83. 83. ちょっとした工夫
  84. 84. ふりかえりにもいい影響を与えるチームでやったほう がいいもの
  85. 85. チームの工夫 2つご紹介
  86. 86. ・チーム内勉強会・みんなでセミナー参加
  87. 87. ・チーム内勉強会ふりかえりでの話しあいでは、技術的な要素のフォローできなかった →勉強会という新しい場の提供へ
  88. 88. ・チーム内勉強会勉強会の開催へ・1週間に2回・お昼休みを利用 ・水曜日 Java関連 ・木曜日 Ruby関連
  89. 89. ・チーム内勉強会 勉強会でも問題が!新人など一部がついてこれない 参加者が減ってしまった。
  90. 90. ・チーム内勉強会 今やっているものはそのままで 新しいものを作成 新人用 金曜日に開催→新人が読んでいる本をアシスト
  91. 91. ・みんなでセミナーに参加意図がほんとに伝わっているか? →今やっていることの共有へ
  92. 92. ・みんなでセミナーに参加 私が参加するところに 一緒に連れて行く
  93. 93. ・みんなでセミナーに参加 もちろん AgileJapanも みんなで参加 AgileJapan2009 岡島さんのカマス話に 影響される!
  94. 94. ・みんなでセミナーに参加 ひっぱらないとみたいな気持ちがあったけど →みんなでつくりあげる後押しするような気持ちに変化
  95. 95. まとめチームを成長させるものを導入するとプロジェクトやふりかえりをよりよいものに変化させてくれます。
  96. 96. 最後に
  97. 97. 理想はあるが 現実もあるので チームで その時できることを やることが大事だと感じました!
  98. 98. ちょっとづつ 前進
  99. 99. その積み重ねで
  100. 100. 独自プラクティスが 生まれたり
  101. 101. たとえば、
  102. 102. 先輩が残っていると正直、帰りづらい。
  103. 103. 夕会の開催 ■概要 ・チームメンバからの意見です。 ・自分たちの課題を自分たちで解決★日経SYSTEMS 2009年9月号で取り上げられました
  104. 104. 工夫が実を結んだり
  105. 105. たとえば、
  106. 106. 作業を楽にしたい
  107. 107. 自働化■概要・ビルド→インストーラ作成まで。
  108. 108. ということが チームから出てきた
  109. 109. ちょっとづつ 前進
  110. 110. いいチームにしたい! (三年後には)
  111. 111. AgileJapanで 事例発表ができました。
  112. 112. ちょっとづつ 前進
  113. 113. もちろん 全部がうまくいっている わけではない ですが
  114. 114. できることが増えています。
  115. 115. ふりかえりを 続けることが重要!
  116. 116. ふりかえり で開発を後押し
  117. 117. ぜひ、みなさんも
  118. 118. ふりかえりを 活用してください。

×