Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

SS2018 sapidtoc_presentation

101 views

Published on

Risk management using Risk structuring

Published in: Software
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

SS2018 sapidtoc_presentation

  1. 1. 1リスク構造化を用いたマネジメント手法 SS2018 in 札幌 リスク構造化を用いた リスクマネジメント手法の提案 と効果分析 ~「未来予想図」を用いた リスクマネジメントPDCAサイクル~ TOC/TOCfE北海道 水野昇幸 株式会社HBA 安達賢二 ソフトウェアシンポジウム2018 in 札幌
  2. 2. 2リスク構造化を用いたマネジメント手法 SS2018 in 札幌 コンテンツ 1.一般的なリスクマネジメント手法 2.リスクマネジメント 実施時に発生しやすい問題 3.解決策 4.効果測定 5.まとめ、今後の課題
  3. 3. 3リスク構造化を用いたマネジメント手法 SS2018 in 札幌 自己紹介 元所在: 兵庫県伊丹市 現所在:苫小牧市 ※お花やさんです 大学は仙台 水野昇幸(みずののりゆき) ・@NoriyukiMizuno ※Twitter ID ・花屋とかフリーランスとか株式会社Codeerなど ・TOC/TOCfE北海道 ・JaSST北海道実行委員 ・TEF道 ・ETロボコン実行委員 ・国際学会発表:6WCSQ@ロンドン,2014、InSTA@東京,2017、InSTA@Sweden,2018 ・簿記3級、2級、JTSQB-FL、ALTM、ALTA、情報処理エンベデッド、プロマネ ・TOC-CCPMスペシャリスト(インプリメンター資格) 国際NPO TOC for Educatin, Inc 認定「ファシリテータトレーニング」 「思考及びコミュニケーションツールトレーニング」修了
  4. 4. 4リスク構造化を用いたマネジメント手法 SS2018 in 札幌 自己紹介(今日は代理で発表しまーす)
  5. 5. 5リスク構造化を用いたマネジメント手法 SS2018 in 札幌 1.一般的なリスクマネジメント手法 ISO/IEC/JIS31000の リスクマネジメントプロセス PMBOKで紹介される リスク管理シートの例 ID リスク記述 発生 確率 影響 度 リスク 点数 対応 アクション 101 試験装置が他プロジェク トで使われており、必要 時に投入できない 中 高 6 軽減 他プロジェクトの モニタ及び必要 時に交渉 102 XXの影響で納期短縮 低 高 3 受容 定性的リスク分析 組織の状況の確定コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン 及 び 協 議 リスクアセスメント リスク特定 リスク分析 リスク評価 リスク対応 モ ニ タ リ ン グ 及 び レ ビ ュ ー リスクマネジメントプロセス (列見出し項目はテーラリングされるが) 共通的に「表」によって「リスク項目」 単位で管理される場合が多い
  6. 6. 6リスク構造化を用いたマネジメント手法 SS2018 in 札幌 2.リスクマネジメントで発生しやすい問題 ①「リスク特定」 における問題 ②「リスク分析・評価」 における問題 ③「リスク対応」 における問題 「決めつけ」的な リスク特定してしまう 声の大きな人が 決定してしまう 人によって感じている 主要なリスクが異なる 具体的にリスクを特定 する言語化が難しい (リスク管理シートで 扱われることの多い) 単一のリスク項目では 背景や他の影響が 分かりづらい (全ての項目を管理 する必要があるため) 特定された多数の リスク項目を取り扱う 必要がある リスク対応が (優先順位はあれど) しらみつぶし的になる 対応の効果がある 部分を特定しづらい 初期検討では想定して いないリスクが途中で 発生してしまうことが ある
  7. 7. 7リスク構造化を用いたマネジメント手法 SS2018 in 札幌 2.リスクマネジメントで発生しやすい問題 C 人によって「あるべき」 (感じている主要な リスク)が異なる A「決めつけリスク」 になってしまう B 声の大きな人が 決定してしまう E(リスクを特定し、表現した つもりでも)リスクを具体的に 言語化することが難しい D 解決すべきリスクが上手く共有されない (現場チーム、マネージャと) I (リスク管理シートで扱われやすい) 単一のリスク項目では、 背景や他への影響が分かりづらい F(全ての項目を管理する 必要があるため)多数の 特定されたリスク項目を 取り扱う必要がある O リスク対応活動 が実施されない (実施できない) M リスク分析/対応 の活動が個人で バラバラになる N マネージャや 他メンバーの支援 につながらない K(特に設計の活動では) リスク対応より直接の設計 作業が優先されてしまう G リスク対応が (優先度はあれど) しらみつぶし的になる L 多くの作業時間が リスク対応の検討や 実施に必要となる H各リスク項目や 優先順位に実感がない V 初期検討では想定 していないリスクが 途中で発生して しまうことがある P 洗い出したリスクを すべて解決できない S リスクマネジメント の有効性を 疑ってしまう J 対応の効果がある 部分を特定しづらい 事象(原因) 凡例/説明:箱に記載の各事象の因果関係を矢印で つないでいる.矢印の前後は原因→結果となる. 事象(結果) T 結局、問題が 発生してしまう U 重大リスク を見逃して しまう Q 多数のリスクに 対してリスク分析、 対応のリソースが 確保できない R 継続してリスク項目 をアップデートするこ とができない (つくりきりで 放置されてしまう)
  8. 8. 8リスク構造化を用いたマネジメント手法 SS2018 in 札幌 2.リスクマネジメントで発生しやすい問題 C 人によって「あるべき」 (感じている主要な リスク)が異なる A「決めつけリスク」 になってしまう B 声の大きな人が 決定してしまう E(リスクを特定し、表現した つもりでも)リスクを具体的に 言語化することが難しい D 解決すべきリスクが上手く共有されない (現場チーム、マネージャと) I (リスク管理シートで扱われやすい) 単一のリスク項目では、 背景や他への影響が分かりづらい F(全ての項目を管理する 必要があるため)多数の 特定されたリスク項目を 取り扱う必要がある O リスク対応活動 が実施されない (実施できない) M リスク分析/対応 の活動が個人で バラバラになる N マネージャや 他メンバーの支援 につながらない K(特に設計の活動では) リスク対応より直接の設計 作業が優先されてしまう G リスク対応が (優先度はあれど) しらみつぶし的になる L 多くの作業時間が リスク対応の検討や 実施に必要となる H各リスク項目や 優先順位に実感がない V 初期検討では想定 していないリスクが 途中で発生して しまうことがある P 洗い出したリスクを すべて解決できない S リスクマネジメント の有効性を 疑ってしまう J 対応の効果がある 部分を特定しづらい 事象(原因) 凡例/説明:箱に記載の各事象の因果関係を矢印で つないでいる.矢印の前後は原因→結果となる. 事象(結果) T 結局、問題が 発生してしまう U 重大リスク を見逃して しまう 結果として… ・リスク対応に十分なリソースを かけることができない ・継続してリスク項目をアップデート することができない Q 多数のリスクに 対してリスク分析、 対応のリソースが 確保できない R 継続してリスク項目 をアップデートするこ とができない (つくりきりで 放置されてしまう)
  9. 9. 9リスク構造化を用いたマネジメント手法 SS2018 in 札幌 2.リスクマネジメントで発生しやすい問題 C 人によって「あるべき」 (感じている主要な リスク)が異なる A「決めつけリスク」 になってしまう B 声の大きな人が 決定してしまう E(リスクを特定し、表現した つもりでも)リスクを具体的に 言語化することが難しい D 解決すべきリスクが上手く共有されない (現場チーム、マネージャと) I (リスク管理シートで扱われやすい) 単一のリスク項目では、 背景や他への影響が分かりづらい F(全ての項目を管理する 必要があるため)多数の 特定されたリスク項目を 取り扱う必要がある O リスク対応活動 が実施されない (実施できない) M リスク分析/対応 の活動が個人で バラバラになる N マネージャや 他メンバーの支援 につながらない K(特に設計の活動では) リスク対応より直接の設計 作業が優先されてしまう G リスク対応が (優先度はあれど) しらみつぶし的になる L 多くの作業時間が リスク対応の検討や 実施に必要となる H各リスク項目や 優先順位に実感がない V 初期検討では想定 していないリスクが 途中で発生して しまうことがある P 洗い出したリスクを すべて解決できない J 対応の効果がある 部分を特定しづらい 事象(原因) 凡例/説明:箱に記載の各事象の因果関係を矢印で つないでいる.矢印の前後は原因→結果となる. 事象(結果) T 結局、問題が 発生してしまう U 重大リスク を見逃して しまう Q 多数のリスクに 対してリスク分析、 対応のリソースが 確保できない R 継続してリスク項目 をアップデートするこ とができない (つくりきりで 放置されてしまう) 結果として… ・重大リスクを見逃してしまう ・結局問題が発生してしまう ・有効性を疑ってしまう場合も S リスクマネジメント の有効性を 疑ってしまう
  10. 10. 10リスク構造化を用いたマネジメント手法 SS2018 in 札幌 リスクは項目管理?⇒構造化してみよう! 3.解決策:解決策の方向性(案)① 後工程開始直 前に一斉に意 図しない納品物 が納入される 国・商習慣 が異なる 前段の工程一 式を後工程開 始直前に納入 する計画 納期に間に 合わない 要求実現 の確認が 終わってい ない成果物 ブリッジSE が外国人 or 受入側の 窓口プロパ SEなし 初使用の汎 用ライブラリ やり直し 多発 後工程で許容 範囲を超える進 捗遅延が発生 レビューで 指摘多発 まともに動 作しない どうしてよいかわか らない(あれこれ試 行錯誤) リスク要因と想定される結果を 分けて関係性を明らかにする
  11. 11. 11リスク構造化を用いたマネジメント手法 SS2018 in 札幌 プロジェクト関係者 リスク担当者が実践?⇒全員参画による実践 3.解決策:解決策の方向性(案)② リスク 管理担当者 それぞれの立ち位置や感性でなけ れば察知できないものがある! 一人でできることは知れている
  12. 12. 12リスク構造化を用いたマネジメント手法 SS2018 in 札幌 Time Box 当初計画に基づく運営⇒[仮説→短期実践→ふり かえり・対策見直し]の継続的タイムボックス運営 3.解決策:解決策の方向性(案)③ 未来予想図更新 &対策検討 実践 (短期間) 実践結果 ふりかえり 準備・見積など 未来予想図構築 &対策検討 継続的な改善フレームワーク (SaPIDベース)
  13. 13. 13リスク構造化を用いたマネジメント手法 SS2018 in 札幌 3.解決策:まとめ 1.リスクの構造化 ⇒「未来予想図」 2.リスク抽出~対策実践を全員で ⇒「全員参画型」 3.継続的短期間仮説検証型運営 ⇒「高速TimeBox運営」
  14. 14. 14リスク構造化を用いたマネジメント手法 SS2018 in 札幌 3.解決策:全員参画による未来予想図 ※付箋を用いて作成した例 リスク項目を因果関係でつなぐこと (その結果、時系列)で整理する
  15. 15. 15リスク構造化を用いたマネジメント手法 SS2018 in 札幌 3.解決策:未来予想図の構造と例 ■未来予想図の構造 未来予想1 (予想した未来 の事象) 未来予想2 (未来予想1から 発生する事象) 未来予想4 (未来予想2から 発生する事象) 未来予想3 (未来予想2から 発生する事象) ■未来予想図の例(ソフトウェアテスト実施段階) プロジェクト目的 が未達成に終わる 期間内にテ ストが終わ らない 納期逸 脱 使う機材 がX台し かない テスト業 務初めて の方が2名 テスト不 足のまま 納品 テスト規模 に対して 営業日数が 少ない テスト実施 時にQ&Aが 増える or 機材待ちで 一部のテス トが止まる
  16. 16. 16リスク構造化を用いたマネジメント手法 SS2018 in 札幌 3.解決策:継続的な改善フレームワーク ■継続的な改善フレームワーク(SaPIDベース) 実活動 リスク対応 初期 未来予想図 の作成 ふりかえり 未来予想図 の更新 実活動 リスク対応 ふりかえり ・・・ STEPA:Keep、Problem、Riskを導出する STEPB:構造(未来予想図)を更新する STEPC:対策を施す未来予想(リスク)を特定する STEPD:リスク対応を決定する STEP1:付箋で未来予想(リスク)を書きだす STEP2:書かれた未来予想(リスク)を整理する STEP3:付箋を構造化し(未来予想図)を作成する STEP4:対策を施す未来予想(リスク)を特定する STEP5:リスク対応を決定する 継続してふりかえりから 得られた知見で次の対策を行う
  17. 17. 17リスク構造化を用いたマネジメント手法 SS2018 in 札幌 3.解決策:継続的な改善フレームワーク ■初期未来予想図の作成 STEP1:付箋で未来予想 (リスク)を書きだす STEP2:書かれた未来予想 (リスク)を整理する STEP3:付箋を構造化し 未来予想図を作成する STEP4:対策を施す未来予想 (リスク)を特定する STEP5:リスク対策を決定する 初期 未来予想図 の作成 リスク対策を含めた折り紙実践
  18. 18. 18リスク構造化を用いたマネジメント手法 SS2018 in 札幌 3.解決策:継続的な改善フレームワーク ■ふりかえりと未来予想図の更新 STEPA:Keep、Problem、 Riskを導出する STEPB:構造(未来予想図) を更新する STEPC:対策を施す未来予想 (リスク)を特定する STEPD:リスク対応を決定する ふりかえり 未来予想図 の更新 リスク対策を含めた折り紙実践
  19. 19. 19リスク構造化を用いたマネジメント手法 SS2018 in 札幌 3.解決策:問題との対応 2章で提示した問題点 解決策 リスク特定 A 「決めつけ」リスクになってしまう B 声の大きな人が決定してしまう STEP1:付箋で未来を予想する C 人によって感じている 主要なリスクが異なる STEP1:付箋で未来を予想する STEP2:書かれた付箋を整理する STEP3:付箋を構造(未来予想図)化する E (リスクを特定し、表現したつもりでも) 問題を特定した具体的な表現が難しい STEP2:書かれた付箋を整理する リスク分析・評価 F(全ての項目を管理するため) 特定された多数のリスク項目を 取り扱う必要がある STEP3:付箋を構造(未来予想図)化する STEP4:対策を施す要素を特定する STEPA:Keep、Problem、Riskを導出する STEPB:構造(未来予想図)を更新する I (リスク管理シートで扱われる) 単一のリスク項目では、 背景や他の影響が分かりづらい STEP3:付箋を構造(未来予想図)化する リスク対応 G リスク対策が(優先度はあれど) しらみつぶし的になる STEP4:対策を施す要素を特定する STEP5:対策を決定する J 対策の効果がある部分を特定しづらい STEP4:対策を施す要素を特定する STEP5:対策を決定する V 初期検討では想定していないリスクが 途中で発生してしまうことがある STEPA:Keep、Problem、Riskを導出する STEPB:構造(未来予想図)を更新する
  20. 20. 20リスク構造化を用いたマネジメント手法 SS2018 in 札幌 3.解決策:問題との対応 C 人によって「あるべき」 (感じている主要な リスク)が異なる A「決めつけリスク」 になってしまう B 声の大きな人が 決定してしまう E(リスクを特定し、表現した つもりでも)リスクを具体的に 言語化することが難しい D 解決すべきリスクが上手く共有されない (現場チーム、マネージャと) I (リスク管理シートで扱われやすい) 単一のリスク項目では、 背景や他への影響が分かりづらい F(全ての項目を管理する 必要があるため)多数の 特定されたリスク項目を 取り扱う必要がある O リスク対応活動 が実施されない (実施できない) M リスク分析/対応 の活動が個人で バラバラになる N マネージャや 他メンバーの支援 につながらない K(特に設計の活動では) リスク対応より直接の設計 作業が優先されてしまう G リスク対応が (優先度はあれど) しらみつぶし的になる L 多くの作業時間が リスク対応の検討や 実施に必要となる H各リスク項目や 優先順位に実感がない V 初期検討では想定 していないリスクが 途中で発生して しまうことがある P 洗い出したリスクを すべて解決できない S リスクマネジメント の有効性を 疑ってしまう J 対応の効果がある 部分を特定しづらい 事象(原因) 凡例/説明:箱に記載の各事象の因果関係を矢印で つないでいる.矢印の前後は原因→結果となる. 事象(結果) T 結局、問題が 発生してしまう U 重大リスク を見逃して しまう Q 多数のリスクに 対してリスク分析、 対応のリソースが 確保できない R 継続してリスク項目 をアップデートするこ とができない (つくりきりで 放置されてしまう)
  21. 21. 21リスク構造化を用いたマネジメント手法 SS2018 in 札幌 3.解決策:問題との対応 C 人によって「あるべき」 (感じている主要な リスク)が異なる A「決めつけリスク」 になってしまう B 声の大きな人が 決定してしまう E(リスクを特定し、表現した つもりでも)リスクを具体的に 言語化することが難しい D 解決すべきリスクが上手く共有されない (現場チーム、マネージャと) I (リスク管理シートで扱われやすい) 単一のリスク項目では、 背景や他への影響が分かりづらい F(全ての項目を管理する 必要があるため)多数の 特定されたリスク項目を 取り扱う必要がある O リスク対応活動 が実施されない (実施できない) M リスク分析/対応 の活動が個人で バラバラになる N マネージャや 他メンバーの支援 につながらない K(特に設計の活動では) リスク対応より直接の設計 作業が優先されてしまう G リスク対応が (優先度はあれど) しらみつぶし的になる L 多くの作業時間が リスク対応の検討や 実施に必要となる H各リスク項目や 優先順位に実感がない V 初期検討では想定 していないリスクが 途中で発生して しまうことがある P 洗い出したリスクを すべて解決できない S リスクマネジメント の有効性を 疑ってしまう J 対応の効果がある 部分を特定しづらい 事象(原因) 凡例/説明:箱に記載の各事象の因果関係を矢印で つないでいる.矢印の前後は原因→結果となる. 事象(結果) T 結局、問題が 発生してしまう U 重大リスク を見逃して しまう Q 多数のリスクに 対してリスク分析、 対応のリソースが 確保できない R 継続してリスク項目 をアップデートするこ とができない (つくりきりで 放置されてしまう) STEP1で 解決! STEP1-3 で解決! STEP2で 解決! STEP3-4、 A-Bで解決! STEP3で 解決! STEP4-5 で解決! STEPA-B で解決! STEP4-5 で解決! 原因側の解決で 全体の解決へ
  22. 22. 22リスク構造化を用いたマネジメント手法 SS2018 in 札幌 3.解決策:残存する問題 今回の手法を適用しても次のような問題は残ります。 付箋で記述しても、一部の人の意見が多数を占める(STEP1) 1枚の付箋において表現が複数含まれている場合や、 表現が具体化されず、解決対象が特定できない(STEP2) 真実かどうか不明確な内容が含まれる(STEP2) 同じような表現が多数記載されて整理が難しい(STEP2) 関連性に繋がりが無いものが含まれる(STEP3)
  23. 23. 23リスク構造化を用いたマネジメント手法 SS2018 in 札幌 3.解決策:残存する問題 今回の手法を適用しても次のような問題は残ります。 付箋で記述しても、一部の人の意見が多数を占める(STEP1) 1枚の付箋において表現が複数含まれている場合や、 表現が具体化されず、解決対象が特定できない(STEP2) 真実かどうか不明確な内容が含まれる(STEP2) 同じような表現が多数記載されて整理が難しい(STEP2) 関連性に繋がりが無いものが含まれる(STEP3) ロジカルシンキングなどの論理思考技術や ファシリテーション技術で解決できる問題 トレーニングを受けたファシリテータが 支援してこれらの問題を解決することを推奨
  24. 24. 24リスク構造化を用いたマネジメント手法 SS2018 in 札幌 4.効果測定:手法の効果測定方法 手法の効果測定のため、「折り紙」を複数種類完成する ミッションを用いてその効果を確認した。 項目 色 サンタクロース ピンク さんたぶーつ 赤 つりー 緑 いちまいぼし 黄 いちごのけーき ピンク ぶらうす 茶色 <折り紙成果物(例)> チーム(4-5名) チームで複数種類の 折り紙を完成させる
  25. 25. 25リスク構造化を用いたマネジメント手法 SS2018 in 札幌 4.効果測定:「折り紙」の不確実性 (特に折ったことのない)折り紙を折る場合には 作業時間にばらつき(不確実性)が発生しやすい。 ⇒ 例:折り鶴完成までの時間(69名で計測) 0 2 4 6 8 10 折り鶴完了人数 折り鶴完了時間(区間単位)
  26. 26. 26リスク構造化を用いたマネジメント手法 SS2018 in 札幌 4.効果測定:プロジェクトの模擬度合い 今回のミッションは、同一種の折り紙を複数枚作成。 1枚目は不確実性が発生するが、2枚目以降は異なる。 ⇒ 時間割合から、50%程度プロジェクトを模擬と想定 0 2 4 6 8 10 折り鶴完了人数 折り鶴完了時間(区間単位) 1枚目 2枚目以降 ・生産の仕組み構築 ・生産の効率化 …に近い作業となる プロジェクト同様の タスク不確実性
  27. 27. 27リスク構造化を用いたマネジメント手法 SS2018 in 札幌 4.効果測定:ミッションの進め方 作業見積りの知見を得るため 「折り鶴」を作成後に、ミッションの初期見積り実施。 見積り後のプロセスに提案する手法を適用。 各折り紙活動の時間は、「5分」×3回としている。 ふりかえり 未来予想図 の更新1 実折り紙 活動3 リスク対応 折り紙 ミッションの 見積り 「折り鶴」 を一度 作成 初期 未来予想図 の作成 実折り紙 活動1 リスク対応 ふりかえり 未来予想図 の更新2 実折り紙 活動2 リスク対応 初期見積りのための活動 提案するリスクマネジメント手法を適用
  28. 28. 28リスク構造化を用いたマネジメント手法 SS2018 in 札幌 4.効果測定:効果測定項目 次の効果測定を行った。 ・見積りでの予想完成数と実際の完成数 ⇒ 実際の活動成果が向上したことの確認を行った ・ふりかえり後での付箋更新枚数 ⇒ 活動から学習し、新たなリスクの追加、 不要なリスクを除去した状況を確認した ・定性意見 ⇒ 次の内容を確認した ①構造化にてリスクを共有できる ②納得したリスク対策の決定 ③ふりかえりでの学習効果、新たなリスク発見 ④理解度、有用性、満足度
  29. 29. 29リスク構造化を用いたマネジメント手法 SS2018 in 札幌 4.効果測定:効果測定結果① ■見積り時の予想完成数と実際の完成数 見積り時予想完成数 実際の完成数 完成見積り数 予想した人数 チーム 完成セット数 1セット完成 4人 チームA 4セット 2セット完成 6人 チームB 3セット 3セット完成 5人 チームC 4セット 4セット完成 1人 チームD 3セット 平均 2.2セット 平均 3.5セット 活動成果が実施者の予想より 向上したと考えることができる
  30. 30. 30リスク構造化を用いたマネジメント手法 SS2018 in 札幌 4.効果測定:効果測定結果② ■ふりかえり後での付箋更新枚数 初期の 未来予想図 更新した 未来予想図
  31. 31. 31リスク構造化を用いたマネジメント手法 SS2018 in 札幌 4.効果測定:効果測定結果② ■ふりかえり後での付箋更新枚数 すべてのチームにおいて更新が行われていた。 不要なリスクの削除も行われている チーム 追加数 削除数 追加数 削除数 チームA 6 0 2 0 チームB 4 2 3 0 チームC 2 3 1 1 チームD 7 0 3 2 ふりかえり1 ふりかえり2
  32. 32. 32リスク構造化を用いたマネジメント手法 SS2018 in 札幌 4.効果測定:効果測定結果③ ■定性意見 「ふりかえりによる新たなリスク発見」、 「リスク共有」効果が出ている状況を確認 ※ただし、自由記述のため狙いに対する 効果を直接的にはできていない アンケート自由記述での対応項目 人数(15名中) 構造化によって背景や関係性を 特定しリスクを共有できる 4名 納得したリスク対策の決定 2名 ふりかえりの学習効果、 新たなリスク発見の効果 5名
  33. 33. 33リスク構造化を用いたマネジメント手法 SS2018 in 札幌 4.効果測定:効果測定結果③ ■定性意見(理解度、有用性、満足度) 有用という意見に対しても高い評価 実際に現場で適用できるという意見もあった 項目 5点 4点 3点 100点換算 理解度 11人 3人 1人 93点 有用度 11人 3人 1人 93点 満足度 14人 1人 0人 99点 ※2点、1点はなかったため省略
  34. 34. 34リスク構造化を用いたマネジメント手法 SS2018 in 札幌 4.効果測定:効果測定結果まとめ これらの結果から、実際に活動成果を 向上する効果があるとみなしている。 項目 5点 4点 3点 100点換算 理解度 11人 3人 1人 93点 有用度 11人 3人 1人 93点 満足度 14人 1人 0人 99点 ※2点、1点はなかったため省略 アンケート自由記述での対応項目 人数(15名中) 構造化によって背景や関係性を 特定しリスクを共有できる 4名 納得したリスク対策の決定 2名 ふりかえりの学習効果、 新たなリスク発見の効果 5名 見積り時予想完成数 実際の完成数 完成見積り数 予想した人数 チーム 完成セット数 1セット完成 4人 チームA 4セット 2セット完成 6人 チームB 3セット 3セット完成 5人 チームC 4セット 4セット完成 1人 チームD 3セット 平均 2.2セット 平均 3.5セット チーム 追加数 削除数 追加数 削除数 チームA 6 0 2 0 チームB 4 2 3 0 チームC 2 3 1 1 チームD 7 0 3 2 ふりかえり1 ふりかえり2
  35. 35. 35リスク構造化を用いたマネジメント手法 SS2018 in 札幌 5.まとめ 従来のリスクマネジメントで発生しやすい問題 を解決する手法を提案 ・リスクの構造化 ⇒「未来予想図」 これを全員参画で実践 ・高速TimeBox運営を継続的改善フレーム ワークに載せて実践 ⇒「SaPID」を活用 プロジェクト目的 が未達成に終わる 期間内に テストが 終わらな い 納期逸 脱 使う機 材がX台 しかな い テスト業 務初めて の方が2 名 テスト 不足の まま納 品 テスト規模 に対して 営業日数が 少ない テスト実 施時に Q&Aが増 える or 機材待ち で一部の テストが 止まる 実活動 リスク対応 初期 未来予想図 の作成 ふりかえり 未来予想図 の更新 実活動 リスク対応 ふりかえり ・・・
  36. 36. 36リスク構造化を用いたマネジメント手法 SS2018 in 札幌 5.今後の課題 ・直接効果を確認するための測定を実施 ・実プロジェクトでの適用と効果確認 ・多数のリスクが発生した場合に 効率的に構造化するための方法を検討
  37. 37. 37リスク構造化を用いたマネジメント手法 SS2018 in 札幌 終了 ご清聴 ありがとうございました!
  38. 38. 38リスク構造化を用いたマネジメント手法 SS2018 in 札幌 参考文献 [1]Project Management Institute (著), プロジェクトマネジメント知識体系ガイド(PMBOKガイド)第5版,鹿島出版会,2014 [2]ISO/IEC/JISQ31000,Risk management-Principles and guidelines リスクマネジメント-原則及び指針,2009 [3]長尾 清一著,先制型プロジェクト・マネジメント ―なぜ,あなたのプロジェクトは失敗するのか,ダイヤモンドセールス編集企画,2003 [4]エリヤフ・ゴールドラット(著),三本木 亮(翻訳), ザ・ゴール2-思考プロセス,ダイヤモンド社,2002 [5]岸良 祐司,きしら まゆこ(著), 考える力をつける3つの道具, ダイヤモンド社,2014 [6]安達賢二,自分事化影響要因に着目した中期経営計画立案・展開への共創アプローチ [現状分析~計画立案編],ソフトウェア・シンポジウム2017 in 宮崎,2017 [7]安達賢二,自律型プロジェクトチームへの変革アプローチ事例 チームの価値観変容を重視し, 問題モデリングを活用したSaPID流プロセス改善アプローチ, ソフトウェアプロセス改善カンファレンス2015,2015 [8]水野昇幸,CCPM折り紙ワークショップ(共有版), https://www.slideshare.net/NoriyukiMizuno/ccpm-52215583 [9]エリヤフ・ゴールドラット(著),三本木 亮(翻訳),クリティカルチェーン ―なぜ,プロジェクトは予定どおりに進まないのか?,ダイヤモンド社,2003
  39. 39. 39リスク構造化を用いたマネジメント手法 SS2018 in 札幌 TOCとは エリヤフ・ゴールドラット博士が考案した一連の体系。 制約理論(Theory of Constraint) ザ・ゴール(生産技術)からはじまっているが、ビジネス に対して効果の出る手法、考える力を強化するための 思考方法(TOC思考プロセス)を含め多数提案されている。 良いものが沢山増えすぎてしまった結果、現状では 分かりづらく感じてしまっているという面もある。

×