It化コンセプトMuse

1,065 views

Published on

Published in: Business
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,065
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

It化コンセプトMuse

  1. 1. 株式会社アクト・コンサルティング IT 化コンセプト MUSE 「 MUSE はハーモニー」
  2. 2. 1)要求開発の位置づけ IT 化コンセプト  MUSE 出典:【要求開発】と「システム開発」  ( 株 ) 豆蔵 山岸耕三 www.objectclub.jp/event/2004summer/pdf/2develop.pdf © 2009   ACT Consulting Corp.
  3. 3. 実施内容   キーポイント  実施者 【システム構築の流れ: Water Fall 型】 2) 開発スタイル IT 化構想策定 システム構築 システム運用(業務移行含む) © 2009   ACT Consulting Corp. IT 化コンセプト  MUSE 業務分析 要求開発 要求定義 設計 開発 移行 運用 ユーザニーズを 明確化し、システム 化の概要を決め、 実施計画に落とす 業務要求仕様を 明らかにし、業務、 データ、 AP 、イン フラを設計する プログラム、 DB の 開発、環境構築、 試験を行い、 品質を保証する 運用試験を行い、 データ、既存シ ステム、業務を 新システムに 移行する システムの運用、 保守を行う 評価に基づき、 システムを改善する ・経営層の意志 ・現状の可視化 ・将来像の策定 ・コンセプト明確化 ・社内合意 ユーザ、コンサル ・合理化、業務改革  に繋がる仕様 ・アーキテクチャ ・性能要件、拡張性、  セキュリティ要件、変更  柔軟性 ユーザ、開発会社 ・ガイドライン、フレーム  ワークに基づく開発、  試験、品証 ・コード、マスタ統一 ・データ共有、全体  整合、一貫性  開発会社主体 ・試験・移行方針、  計画 ・実業務を想定した  運用試験 ・意識改革、業務ルール、  システム操作教育   ユーザ主体 ・ヘルプデスクによる  利用者支援 ・運用監視による  障害予防、復旧 ・情報資源管理 ・評価   ユーザ主体
  4. 4. 要求定義 設計 開発 試験 運用 【システム構築の流れ: AGILE 型】 サイクル① 必要機能の 洗出し 要求定義 設計 開発 試験 運用 サイクル② 機能の実装 要求定義 設計 開発 試験 運用 サイクル③ 性能向上  我々は、   個人とその相互関係 を、プロセスやツールよりも   動くソフトウェア を、包括的なドキュメントよりも   顧客とのコラボレーション を、契約や交渉よりも   変化に対応 することを、計画に従うよりも  価値あるものと考えるにいたった    【アジャイルなソフトウェア開発のためのマニフェストより( * )】 評価 評価 ユーザと開発会社の混成チームで、 2 ~ 3 週間程度の短い開発サイクルを、 3 回~ 5 回程度繰り返す 2)開発スタイル IT 化構想策定 システム構築  システム運用 ( * )出典:建築文化 2004 年 2 月号「言葉の道具箱」特集 本江正茂 http://www.myu.ac.jp/~motoe/text/KB_agile.html © 2009   ACT Consulting Corp. IT 化コンセプト  MUSE
  5. 5. 3) MUSE では MUSE は、要求開発からシステム開発まで網羅するアジャイル型の IT 化手法です。 【特徴】 ・要求開発ではポストイットやイメージ図を活用し、「想定する」、  「見せる」、「フィードバックする」を繰り返し、全体の方向性に  ついて、関係者間で合意します。 ・システム開発フェーズでは、実際に動くシステムを数週間で開発し、  「開発する」、「使ってもらう」、「フィードバックする」  を繰り返します。 ・要求開発フェーズに開発者が、システム開発フェーズにコンサル タント   が相互に参画し、プロジェクトをシームレスに推進していきます。 © 2009   ACT Consulting Corp. IT 化コンセプト  MUSE
  6. 6. 3) MUSE では 移行 試験 開発 設計 IT化 構想 将来  モデリング 要求開発 システム開発 現状  モデリング 問題点課題 の抽出 ポストイットやイメージ図を 使って反復 実際に動くシステムを 使って反復 MUSE © 2009   ACT Consulting Corp. IT 化コンセプト  MUSE
  7. 7. 4) IT 化コンセプト  MUSE の特徴 <ul><li>アジャイルでオープンな IT 化コンセプト </li></ul><ul><ul><li>要求開発とシステム開発を、ユーザが意識すること </li></ul></ul><ul><ul><li> なく一気通貫で実施できる </li></ul></ul><ul><ul><li>システム開発から、要求開発へのフィードバックが </li></ul></ul><ul><ul><li> できる </li></ul></ul><ul><ul><li>システム開発が、見える </li></ul></ul><ul><ul><li>何処で止めても動くものがある </li></ul></ul><ul><ul><li>短期間、低コストでの動くシステムを入手できる </li></ul></ul><ul><ul><li>業務にシステムをあわせることが出来る </li></ul></ul><ul><li>~動いた時が、使い時~ </li></ul>© 2009   ACT Consulting Corp. IT 化コンセプト  MUSE
  8. 8. 業務改革( IT 化)構想 設計 開発 運用 業務改善 業務と IT のスパイラルアップ 柔らかな開発方式 「業務改善と IT 化は同時進行」 軸のブレないシステム開発には 「前さばき」が重要 現状認識と将来像の合意 IT 化構想が出発点 強力な推進体制:ユーザ主導 【経営者にとっての IT 化の勘どころ】  ・経営がコミットし、積極的に参画、後押しする  ・社内をリード:評論家と抵抗勢力の関心事を把握し、対処する  ・社外アドバイザーが潤滑油、議論を尽くす、確認を徹底する  ・現行保証ではなく業務の再構築と考える  ・要求項目を絞り込み、スムーズな立ち上げを重視する 後のフォローが成果を生む 「業務と IT の相乗効果」  ・やらなくてよいことはやらない  ・やらなければならないことをきちんとやる  ・「変わる」ことを恐れない  ・「変える」ことが仕事である ■ IT 化の勘どころ © 2009   ACT Consulting Corp. IT 化コンセプト  MUSE
  9. 9.   【参考】  主要な MUSE コンポーネント <ul><li>1) ブレーンストーミング手法 </li></ul><ul><li>■ 進め方 </li></ul><ul><li> 1.参加者は車座になって座る( 7 ~ 8 名が適当) </li></ul><ul><li> 2.テーマに沿ってカードに意見を記入 </li></ul><ul><li>  ・ 1 枚 1 意見とする </li></ul><ul><li> 3.全員のカードを集め、混ぜ合わせ、再配布する </li></ul><ul><li> 4.カード出しを行う  </li></ul><ul><ul><li>・座長の仕切りにより、順に同類のカードを場( MUSE 用紙)に出す </li></ul></ul><ul><ul><li>・カードの採用可否は、座長に従う </li></ul></ul><ul><ul><li>・同類のカードが出尽くしたら座長交代 </li></ul></ul><ul><ul><li>・カードに書かれた意見は、否定・批判しない </li></ul></ul><ul><li> 5.同類のカードをカテゴリに分け、タイトルを付ける </li></ul><ul><li> 6.タイトルラベルを用いて、カテゴリ間の関係を連関図に表す </li></ul>© 2009   ACT Consulting Corp. IT 化コンセプト  MUSE
  10. 10.   ■ 連関図の例 テーマ:部門の将来像 ■ タートル付けしたカードの例 テーマ:部門の将来像 【参考】  主要な MUSE コンポーネント © 2009   ACT Consulting Corp. IT 化コンセプト  MUSE
  11. 11.   【参考】  主要な MUSE コンポーネント <ul><li>■ 特徴 </li></ul><ul><li> 匿名性による KJ 法にて、問題領域を明確化、意見の関連性を把握する </li></ul><ul><ul><li>① 民主的 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>他者の意図を代弁することにより、大きい声、職位、経験などに </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>引きずられず、実質の議論ができる </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>② ゲーム性 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>座長はカードの「採用」、「却下」の裁量を持つため、発言者は </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>自分の カードが採用されるよう何かと座長の説得を試みるなど、 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>楽しく議論が 進められる. </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>③ 短期・集中型 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>カードの枚数とその内容により、テーマ領域の関心度と重要度が、 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>連関図 により課題の全体像と因果がわかり、短時間で 大勢が 判明する </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>④ ブレークスルー </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>立場を超えた集中議論により、参加者の意識レベルが上がり、 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>ふとした 発言・気づきがブレークスルーに繋がる </li></ul></ul></ul>© 2009   ACT Consulting Corp. IT 化コンセプト  MUSE
  12. 12.   【参考】  主要な MUSE コンポーネント <ul><li>2) モデリング手法 </li></ul><ul><li> 業務で使う情報からデータを抽出、データの使い手としての </li></ul><ul><li>エージェントを見つけ、データ、エージェント、実在物からなる </li></ul><ul><li>業務の全体像 を描く </li></ul>© 2009   ACT Consulting Corp. IT 化コンセプト  MUSE
  13. 13. <ul><li>■ 進め方 </li></ul><ul><ul><ul><ul><ul><li>1. 現状業務の分析 </li></ul></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><ul><li>  ・現行業務資料を入手、読合せし、データ、エージェント、実在物を抽出 </li></ul></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><ul><li>2.業務モデリング図(現状 )作成  </li></ul></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><ul><li>  ・データ、エージェント、実在物から業務の全体像を作成(仮説立て) </li></ul></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><ul><li>  ・ユーザと業務モデリング図を “鳥瞰” し、 “ウォークスルー” する </li></ul></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><ul><li>   ことにより、仮説を検証、全体感を把握 </li></ul></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><ul><li>3.あるべき姿の検討 </li></ul></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><ul><li>  ・業務を個々の「機能」に因数分解し、次の視点からその最適配置を検討 </li></ul></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><ul><li>    ①向かうべき方向を決める(トップの意思) </li></ul></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><ul><li>    ②枠を外す(現行のやり方、しくみ、組織、体制、しがらみ、慣習等) </li></ul></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><ul><li>    ③尺度を決める(何でものを見るかのモノサシ) </li></ul></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><ul><li>4.業務モデリング図(将来像)作成  </li></ul></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><ul><li>  ・従来の制約を緩和するのが「 IT 」であり、組織・体制・運用ルールの整備 </li></ul></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><ul><li>5.目的価値と IT 化コンセプトを策定 </li></ul></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><ul><li>   ->システム構築のための基軸 </li></ul></ul></ul></ul></ul>業務 モデリング ユーザの課題を 明確化しシステム 構築のための 基軸を設定する 【参考】  主要な MUSE コンポーネント © 2009   ACT Consulting Corp. IT 化コンセプト  MUSE
  14. 14.   :オブジェクター サービス要求に基づき自律して 関係するエージェントを制御・調整 しサービスを実施する役割を持つ :ウォッチャー 管理の対象となるエージェントの 属性・状態に対し、監視する役割 を持つ :コレクター 管理の対象となるエージェントの 属性・状態の情報を収集する 役割を持つ :バスケット 雑多なトランザクションが中に 入っている :ライブラリ 整理された情報がライブラリアン によって管理、保存されている :ドキュメント 請求書、契約書等の書類 ☆ 図の見方 ☆ エージェント一覧 xxxxxxx xxxxxxxx xxxxxx xxxx は、役割を担うエージェントの機能を表し、必要な情報にアクセスし、必要に応じて他のエージェントにサービスを要求する 【業務モデリング図 凡例】 【参考】  主要な MUSE コンポーネント © 2009   ACT Consulting Corp. IT 化コンセプト  MUSE
  15. 15.   ■ 業務モデリング図(現状)の例 全体像 拡大 © 2009   ACT Consulting Corp. IT 化コンセプト  MUSE 【参考】  主要な MUSE コンポーネント
  16. 16. 1.業務全体を可視化する   ・仮説を立て、業務の現状 / 将来像を業務モデリング図として表現する   2.業務を的確に分析できる   ・全体像の鳥瞰とウォークスルーにより、仮説の検証を行う 3. 短期間、少人数で業務のあるべき姿を策定できる   ・ショック療法:     -> 業務の重複、複雑さ、不便さ、大変さを実感       -> その場でポストイットを捨てる、分ける、変える 左脳と右脳で  情報共有 机上の業務改革をユーザ自ら実施 “ 鏡”に映す ■ 業務モデリング手法としての特長 © 2009   ACT Consulting Corp. IT 化コンセプト  MUSE 【参考】  主要な MUSE コンポーネント データ、エージェントの抽出 : 帰納的アプローチ モデリング図による仮説表現 : 演繹的アプローチ
  17. 17.   MUSE はハーモニー 人の気持ちに心地よく響くこと、人のしぐさに感性に自然に なじむこと、活きたシステムづくりには常に、使う身になった こだわりが必要だと私たちは考えます。 MUSE はユーザの声を聞くことから始めます。私たちはその声を 形にするパートナーに過ぎません。どんなデータが必要とされ、 どこから得られ、どうすれば活用できるのか、何をユーザが 望んでいるのか、目的を明確にすることに多くの時間を 費やします。 全体としてバランスの取れたシステムにまとめ上げて行く あたかもギリシャ神話の芸術の女神 “ MUSE” が奏でる 音楽に似て、美しいハーモニーをかもしだすように…。 © 2009   ACT Consulting Corp. IT 化コンセプト  MUSE

×