Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
5374を作ろう
Code for Kanazawa
Kazunobu Ikagawa
5374は、
プログラムやwebの知識が低い人でも
なんとか自分の町で作れるように
設計されています
is hosted on
今日のワークショップでは、
の上で全ての作業が完了できます。
は、htmlやcss、javascriptで
作られていますが
今回、その知識は必要ありません。
STEP 1 アカウント作成 
STEP 2 codeforkanazawa/5374 → 自分のアカウントへ
STEP 3 データを改変
STEP 1 アカウント作成 
STEP 1 アカウント作成 
継続的に運用して行く為に

個人アカウントでの運用は推奨しません
!
Githubでは、Organizationという機能があります
この機能で団体アカウントを作り
複数のメンバでサービスを
作成、運用出来るよう...
STEP 1 アカウント作成 
各グループの代表者の方は
ここから説明する方法で

自分のグループの

Organizationを立ち上げて下さい
STEP 1 アカウント作成 
STEP 1 アカウント作成 
グループ内でコードが読める人を
メンバに追加して下さい
STEP 1 アカウント作成 
STEP 1 アカウント作成 
Organization!
Code for Kanazawa
Repository!
5374
Fork to
Organization!
Your Organization
STEP 2 codeforkanazawa/5374 → 自分の...
STEP 2 codeforkanazawa/5374 → 自分のアカウントへ
Fork to
Organization!
Your Organization
Repository!
5374
!
Your Github Account
STEP 2 codeforkanazawa/5374 → 自分のアカウントへ
!
Your Github Account
Repository!
5374
STEP 2 codeforkanazawa/5374 → 自分のアカウントへ
!
Your Github Account
Repository!
5374
STEP 3 データを改変
README.md!
js/setting.js!
data/****.csv
Brunch!
master
STEP 3 データを改変
STEP 3 データを改変
STEP 3 データを改変
STEP 3 データを改変
変更内容を書く
!
Your Github Account
Repository!
5374
STEP 3 データを改変
Pull Request
Organization!
Your Organization
Repository!
5374
Brunch!...
STEP 3 データを改変
変更内容を書く
STEP 3 データを改変
STEP 3 データを改変
リクエスト先 リクエスト元
Repository!
5374
STEP 3 データを改変
Pull Request
Organization!
Your Organization
Repository!
5374
Brunch!
gh-pages
Brunch!
mast...
あなたの町の5374の完成です
one more thing…
完成して終了ではない
使ってもらってなんぼ!
・OGPの設定
・役所に話しにいく
・アイコンをオリジナルデザインへ
認知を上げる為に出来る事
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

5374を作ろう

853 views

Published on

Code for Kanazawaが作った5374
自分の地域へGithubだけでとりあずローカライズしよう!

  • Be the first to comment

5374を作ろう

  1. 1. 5374を作ろう Code for Kanazawa Kazunobu Ikagawa
  2. 2. 5374は、 プログラムやwebの知識が低い人でも なんとか自分の町で作れるように 設計されています
  3. 3. is hosted on
  4. 4. 今日のワークショップでは、 の上で全ての作業が完了できます。
  5. 5. は、htmlやcss、javascriptで 作られていますが 今回、その知識は必要ありません。
  6. 6. STEP 1 アカウント作成  STEP 2 codeforkanazawa/5374 → 自分のアカウントへ STEP 3 データを改変
  7. 7. STEP 1 アカウント作成 
  8. 8. STEP 1 アカウント作成  継続的に運用して行く為に
 個人アカウントでの運用は推奨しません ! Githubでは、Organizationという機能があります この機能で団体アカウントを作り 複数のメンバでサービスを 作成、運用出来るようになります
  9. 9. STEP 1 アカウント作成  各グループの代表者の方は ここから説明する方法で
 自分のグループの
 Organizationを立ち上げて下さい
  10. 10. STEP 1 アカウント作成 
  11. 11. STEP 1 アカウント作成  グループ内でコードが読める人を メンバに追加して下さい
  12. 12. STEP 1 アカウント作成 
  13. 13. STEP 1 アカウント作成 
  14. 14. Organization! Code for Kanazawa Repository! 5374 Fork to Organization! Your Organization STEP 2 codeforkanazawa/5374 → 自分のアカウントへ
  15. 15. STEP 2 codeforkanazawa/5374 → 自分のアカウントへ
  16. 16. Fork to Organization! Your Organization Repository! 5374 ! Your Github Account STEP 2 codeforkanazawa/5374 → 自分のアカウントへ
  17. 17. ! Your Github Account Repository! 5374 STEP 2 codeforkanazawa/5374 → 自分のアカウントへ
  18. 18. ! Your Github Account Repository! 5374 STEP 3 データを改変 README.md! js/setting.js! data/****.csv Brunch! master
  19. 19. STEP 3 データを改変
  20. 20. STEP 3 データを改変
  21. 21. STEP 3 データを改変
  22. 22. STEP 3 データを改変 変更内容を書く
  23. 23. ! Your Github Account Repository! 5374 STEP 3 データを改変 Pull Request Organization! Your Organization Repository! 5374 Brunch! master Brunch! master
  24. 24. STEP 3 データを改変 変更内容を書く
  25. 25. STEP 3 データを改変
  26. 26. STEP 3 データを改変 リクエスト先 リクエスト元
  27. 27. Repository! 5374 STEP 3 データを改変 Pull Request Organization! Your Organization Repository! 5374 Brunch! gh-pages Brunch! master Organization! Your Organization
  28. 28. あなたの町の5374の完成です
  29. 29. one more thing…
  30. 30. 完成して終了ではない 使ってもらってなんぼ!
  31. 31. ・OGPの設定 ・役所に話しにいく ・アイコンをオリジナルデザインへ 認知を上げる為に出来る事

×