Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

福島民友・6国清掃に誹謗中傷

10月31日福島民友 第2社会面

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

福島民友・6国清掃に誹謗中傷

  1. 1. 友民完/鋼タ/白  描 町 (韓三種郵便物認可)ユ∂灯. ゴ古▲甥:、.、、 ざ 毒禦学7も /了や㌫「’ウ付ア 現ない、 つ/ン 扇鳩化侶む 石畑rJ ク/タ的 \蔦、定電さ な、明 JJ NPO法人ハッピーロー・ドネットに届いた 清福活動を誹誇中傷するファクス 専門家批判「復興活動の自由阻害」  ̄.i:.ゞ√芯rさじこ___ 〈、   、 ヾヽ  サr r J二一ここ_=_ 浜 通 り の 国 道 6 号 で 地 元 中 高 生 ら が 参 加 し た 清 掃 活 動 を め ぐ り 、 企 画 し た N P O 法 人 に ﹁ 殺 人 行 為 ﹂ ﹁ 狂 気 の 沙 汰 ﹂ な ど 静 詳 中 傷 の 電 話 や フ ァ ク ス 、 メ ー ル が 多 数 寄 せ ら れ て い た こ と が 3 0 日 、 分 か っ た 。 子 ど も の 被 ば く を 心 配 す る 人 た ち の 過 剰 な 反 応 と み ら れ る が 、 専 門 家 か ら は ﹁ 被 災 者 の 復 興 に 向 け た 活 動 の 自 由 を 阻 害 す る 行 為 だ ﹂ と 批 判 の 声 が 上 が っ て い る 。 国 道 6 号 清 掃 活 動 れ い に し た い し 、 今 後 も 続 け た い ﹂ と 話 し た 。 西 本 理 事 長 は ﹁ 子 ど も を 危 険 に さ ら し た く な い 患 い は 同 じ で 、 事 前 に 安 全 は 確 認 し て い る 。 こ こ で 暮 ら す 生 活 を 選 択 し 、 よ り 良 い 町 に し て い き た い と い う 信 念 を 理 解 し て も ら え た ら ﹂ と 話 し た 。い わ き 市 出 身 の 社 会 学 者 ∴ 開 沼 博 ・ 福 島 大 特 任 研 ギヤ■・ 究 員 ︵ 3 1 ︶ は ﹁ 原 発 事 故 以 降 、 正 義 の 側 に 立 と う と す る 人 の 思 い が エ ス カ レ ー ト し 、 被 災 者 の 復 興 に 向 け た 活 動 の 自 由 を 阻 害 す る 行 為 が 目 に つ く ﹂ と 指 摘 。 ﹁ 科 学 的 根 拠 が 薄 い 中 で 、 社 会 的 に 弱 い 立 場 に 置 か れ た 人 を 反 論 で き な い 状 況 に 追 い 込 む 行 為 だ 。 意 識 的 に 対 応 し て い か な け れ ば な ら な い ﹂ と 述 べ た 。 清 掃 活 廟 は N P O 法 人 ハ ッ ピ ー ロ ー ド ネ ッ ト ︵ 広 野 町 、 西 本 庸 勢 子 理 事 長 ︶ な ど が 企 画 。 今 月 1 0 . 日 、 第 1 原 発 が 立 つ 双 葉 、 大 熊 両 町 を 除 く 8 市 町 の 国 道 憑 ち 計 約 5 0 ㌔ で 、 中 高 生 約 2 . 0 . 0 人 を 含 む 約 1 4 0 0 人 が 参 加 し た 。 原 発 事 故 の 避 難 区 域 や 9 月 に 避 難 指 示 が 解 除 さ れ 克 ば か り の 楢 葉 町 は 大 人 が 担 当 。 中 高 生 ら は そ れ 以 外 の 地 域 の 通 学 路 な ど に 落 ち て い る ご み を ト ン グ で 拾 っ た 。 ハ ッ ピ ー ロ ー ド ネ ッ ト が 中 高 生 の 被 ば く 線 量 ヽ ノ ′ ヽ 転 二 且 ■ l を 測 定 し た と こ ろ ゼ ロ だ っ た 。   ′ 誹 誘 中 傷 は 、 ホ ー ム ペ ー ジ な ど で 清 掃 へ の 参 加 を 呼 び 掛 け 始 め た 9 月 中 旬 ご ろ か ら 届 き 始 め ﹁ 美 談 に す り 替 え た 子 ど も へ の 虐 待 ﹂ ﹁ お ま え は 国 賊 か ﹂   ﹁ 殺 す ぞ ﹂ な ど 電 話 や フ ァ ク ス 、 メ ー ル が 1 日 平 均 約 3 0 件 あ っ た 。 当 日 は 洛 動 に 反 対 す る 人 も 集 ま り 、 自 分 た ち で 放 射 線 量 を 測 定 し て 中 高 生 に 注 意 す る 場 面 も あ っ た 。 清 掃 活 動 は 2 0 0 . 7 年 、 地 元 の 高 校 生 の 発 案 で 始 ま り 、 震 災 と 原 発 事 故 で 休 止 し て い た が 、 今 年 再 開 。 避 難 区 域 の 浪 江 町 か ら い わ き 市 に 避 難 中 で 、 . 今 回 の 清 絡 活 動 に 参 加 し た 高 校 2 年 の 男 子 生 徒 ︵ 1 7 ︶ は ﹁ 反 対 す る 人 も い た が 気 に な ら な か っ た 。 少 し で も ふ る さ と を き . 検 査 前 の ア ズ キ 販 売 県 ﹁ 食 べ て も 問 題 は な い ﹂ 県 は 3 0 日 、 棚 倉 町 に あ る 1 A 東 西 し ら か わ の 農 産 物 直 売 所 ﹁ み り ょ く 満 点 物 語 棚 倉 店 ﹂ で 、 出 荷 の 可 否 を 判 断 す る た め の 放 射 性 物 質 検 査 が 行 わ れ る 前 の ア ズ キ 計 2 1 袋 ︵ 1 袋 3 0 0 雫 ︶ . が 販 売 さ れ 、 流 通 し た と 発 表 し た 。 検 査 前 の ア ズ キ が 市 場 に 流 通 し た の は 初 め て 。 . 県 が 自 主 回 収 を 始 め た 。 売 れ 残 っ て . い た 袋 は 全 て 放 射 性 セ シ ウ ム が 不 検 出 だ っ た こ と か ら 、 県 は ﹁ 食 べ て も 問 題 は な い ﹂ と し て い る 。 ・ 県 に よ る と 、 同 町 の 旧 棚 倉 町 、 近 津 村 、 高 野 村 の 3 地 区 の 農 家 3 戸 が 9 月 2 6 日 か ら 今 月 3 0 日 に か け て ア ズ キ 3 1 袋 を 出 荷 、 こ の う ち の 2 1 袋 が 販 売 さ れ た 。 ア ズ キ は 、 旧 市 町 村 単 位 で 県 が 毎 年 行 う 抽 出 調 査 で 安 全 性 が 確 認 さ れ た も の だ け が 販 売 可 能 と な る が 、 同 直 売 所 の 職 鼻 は 、 店 舗 で 自 主 検 査 を し て 問 題 が な け れ ば 出 荷 で き る と 誤 解 し て い た と い う 。 県 は 関 係 者 に 周 知 す る と と も に ﹁ 再 発 防 止 に 努 め る ﹂ と し て い る 。 自 主 回 収 に 関 す る 問 い 合 わ せ は 同 直 売 所 ︵ 電 話 0 2 4 7 ⑳ 1 2 1 ′ 且 へ。 双 葉 病 院 へ の 山 県 が H 誹 − 東 京 電 力 福 島 第 1 原 発 事 故 直 後 の 県 の 報 道 発 表 を め ぐ り 、 大 熊 町 の 双 葉 病 院 を 避 営 す る 医 療 法 人 格 受 会 が 県 に 謝 罪 広 告 の 掲 載 を 求 め た 訴 訟 の 和 解 で 、 県 は 3 0 日 、

×