Pruitt-Igoe解体の         要因と解決策         建築学科 11N1095 中島章子
Pruitt-Igoe
・敷地:230000㎡・11階建ての高層住宅33棟・総戸数:2870戸
1972年3月16日     爆破による解体
MINORU YAMASAKI
St.Louis
スラムとは  犯罪              アルコール依存症       覚せい剤                麻薬
解体に至った要因1、住居空間と共有スペースの境のあいまいさ2、建設途中の予算削減3、失業率の改善がない
1、住居空間と共有スペースとの境の不明確性   住居空間   共有空間
共有スペースの予想と現実設計段階の共有スペース     実際の共有スペース         の予想図
2、建設途中の予算削減【a】当初の計画にあった庭園や児童遊園といった各種公園の建設見送り
【b】エレベーターのスキップストップシステムの採用 〈エレベーターによる移動〉        〈階段による移動〉   停止可能・・・・・     7階                 6階   停止可能・・・・・     5階         ...
【a】当初の計画にあった庭園や児童遊園といった各種公園の建設見送り【b】エレベーターの停止階システムがスキップステップ   ・「住みやすさ」を考慮しない   ・スラム化と犯罪の増加
3、失業者への対応   正規雇用が増加しない1,仕事を自らで創出   2,無職
1、仕事を自らで創出    2、無職 ・露店 ・靴磨き              生活困窮 ・廃品回収              盗み、犯罪 元手のかからない仕事               スラム化
プルーイット・アイゴーの問題点1、住居空間と共有スペースの境のあいまいさ2、建設途中の予算削減による「住みにくい」空間3、失業者への対応
問題の解決策1、住居と共有スペースの境を明確にする2、公園や庭園などを設ける3、雇用に関する政策を施行する
1、住居と共有空間の明確な境  住居空間   共有空間
2、公園や庭園の設置地域住民の交流、  コミュニケーションをとる場
3、失業者への政策面でのサポート・正規雇用の供給を増やす・就職できるように職業訓練を行えるようにする
ENDThank you for your attention.
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

アーバニズム2012_A1_プルーイットアイゴーの解体とその解決策_中島章子_11N1095

614 views

Published on

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

アーバニズム2012_A1_プルーイットアイゴーの解体とその解決策_中島章子_11N1095

  1. 1. Pruitt-Igoe解体の 要因と解決策 建築学科 11N1095 中島章子
  2. 2. Pruitt-Igoe
  3. 3. ・敷地:230000㎡・11階建ての高層住宅33棟・総戸数:2870戸
  4. 4. 1972年3月16日 爆破による解体
  5. 5. MINORU YAMASAKI
  6. 6. St.Louis
  7. 7. スラムとは 犯罪 アルコール依存症 覚せい剤 麻薬
  8. 8. 解体に至った要因1、住居空間と共有スペースの境のあいまいさ2、建設途中の予算削減3、失業率の改善がない
  9. 9. 1、住居空間と共有スペースとの境の不明確性 住居空間 共有空間
  10. 10. 共有スペースの予想と現実設計段階の共有スペース 実際の共有スペース の予想図
  11. 11. 2、建設途中の予算削減【a】当初の計画にあった庭園や児童遊園といった各種公園の建設見送り
  12. 12. 【b】エレベーターのスキップストップシステムの採用 〈エレベーターによる移動〉 〈階段による移動〉 停止可能・・・・・ 7階 6階 停止可能・・・・・ 5階 4階 停止可能・・・・・ 3階 2階 停止可能・・・・・ 1階
  13. 13. 【a】当初の計画にあった庭園や児童遊園といった各種公園の建設見送り【b】エレベーターの停止階システムがスキップステップ ・「住みやすさ」を考慮しない ・スラム化と犯罪の増加
  14. 14. 3、失業者への対応 正規雇用が増加しない1,仕事を自らで創出 2,無職
  15. 15. 1、仕事を自らで創出 2、無職 ・露店 ・靴磨き 生活困窮 ・廃品回収 盗み、犯罪 元手のかからない仕事 スラム化
  16. 16. プルーイット・アイゴーの問題点1、住居空間と共有スペースの境のあいまいさ2、建設途中の予算削減による「住みにくい」空間3、失業者への対応
  17. 17. 問題の解決策1、住居と共有スペースの境を明確にする2、公園や庭園などを設ける3、雇用に関する政策を施行する
  18. 18. 1、住居と共有空間の明確な境 住居空間 共有空間
  19. 19. 2、公園や庭園の設置地域住民の交流、 コミュニケーションをとる場
  20. 20. 3、失業者への政策面でのサポート・正規雇用の供給を増やす・就職できるように職業訓練を行えるようにする
  21. 21. ENDThank you for your attention.

×