フリー雑誌におけるLibreOffceの使用例

859 views

Published on

0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
859
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
9
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

フリー雑誌におけるLibreOffceの使用例

  1. 1. オンライン雑誌における LibreOfficeの 使用 2012/9/18 がまぐ!編集長 土本 強
  2. 2. 土本は何者?● フリーの専門学校講師● フリーのプログラマ● 趣味で雑誌の編集をしている – これが「がまぐ!」
  3. 3. 「がまぐ!」って何?● 昔はあったけど今はなくなってしまった 「ゲーム制作雑誌」の現代版● フリー雑誌(クリエイティブコモンズ-表示) – 非商用をつけていないのはここから引用し たものが商用誌に載ることを意識して
  4. 4. 第1号の布陣● プログラマー・ゲームデザイナーを集める● 専用でもいいのでgmailアカウントを取っ てもらう● Google Docsに記事のひな型を土本が作る● 各記者にアカウントを共用する● 「書きあがった」ことを土本が聞いたらodt でエクスポート● 雑誌のODTに反映
  5. 5. 第1号の布陣● プログラマー・ゲームデザイナーを集める● 専用でもいいのでgmailアカウントを取っ てもらう● Google Docsに記事のひな型を土本が作る● 各記者にアカウントを共用する● 「書きあがった」ことを土本が聞いたらodt でエクスポート● 雑誌のODTに反映
  6. 6. 第一号の反省● Google DocsのODT反映がかなり適当 – 結局割り付けなどは土本がやりなおすこと になった● ガラケー、スマートフォン向けに作りこも うとすると気にすることが多すぎた。 – 「ページ書式」だけでは対応しきれない
  7. 7. 第2号の布陣● まず、使ってもかまわない書式をあらかじ め決めておく。● マスター文書をその書式で作っておく。● 各記事のひな型をその書式で作っておき、 あらかじめマスター文書に割りつけておく● マスター文書と各記事をGoogle Codesで Subversionで共有する。 – アカウントは以前使ったものを流用
  8. 8. 第2号はかなり成功した● 文章の内容はさておき、組み版をマスター 文書の側で行えるのは強い。● ガラケー向け、スマートフォン向け、印刷 向けのそれぞれを作ることができた。 – ページ書式の「用紙サイズ」でかなり融通で きる – イラストを「文字として」アンカーにしてお くのが肝
  9. 9. 結局のところ…● LibreOfficeマスタードキュメントを通常の プロジェクトでいうところのMakefile(もし くはbuild.xml)代わりに使っている● バイナリではあるがバージョン管理システ ムを使っているので最新の状態を共有でき る
  10. 10. 「がまぐ!」第3号は?● すみません、遅れてます(;_;)

×