Your SlideShare is downloading. ×
DevCloud Installation and Some Hack
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Saving this for later?

Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime - even offline.

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

DevCloud Installation and Some Hack

538
views

Published on

DevCloud Installation and Some Hack

DevCloud Installation and Some Hack

Published in: Technology

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
538
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
5
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. Dev CloudInstallation CloudStack 4.0 @zero_root
  • 2. どのご家庭にもある材料MacBook AirVirtualBoxDevCloud OVA ImageInternet Connection
  • 3. 何かと助かる Virtual Boxさっさと起動しましょう!設定確認項目VT-x/AMD-V の設定MacOSX10.664bit 設定2GB VM 用メモリ20GB HDD/SSD
  • 4. 何かと助かる Virtual Box満たすべき条件!設定確認項目VT-x/AMD-V の設定MacOSX10.664bit 設定2GB VM 用メモリ20GB HDD/SSD
  • 5. 何かと助かる Virtual Box確認項目はこの辺り設定確認項目VT-x/AMD-V の設定MacOSX10.664bit 設定2GB VM 用メモリ20GB HDD/SSD
  • 6. 何かと助かる Virtual Box確認項目はこの辺り設定確認項目VT-x/AMD-V の設定MacOSX10.664bit 設定2GB VM 用メモリ20GB HDD/SSD
  • 7. DEV Cloud をダウンロー ドDEV Cloud の仮想アプライアンスをダウンロードhttp://download.cloud.com/templates/devcloud/DevCloud.ova 確認項目1.56 GBOpen Virtualization Format20GB HDD/SSD※ チェダーチーズではありません
  • 8. DEV Cloud をインポートVirtual Box に OVA イメージをインポートファイル > 仮想アプライアンスのインポートを選択
  • 9. DEV Cloud をインポート選択ボタンをクリック!
  • 10. DEV Cloud をインポートダウンロード済み OFA フォーマットの選択
  • 11. DEV Cloud をインポート確認項目 2 つのチェックポイント1) RAM 容量 2048MB2) MacAddress の再初期化にチェックなし
  • 12. DEV Cloud をインポート新型の Apatch ライセンス使用承諾に同意をっ!
  • 13. DEV Cloud をインポート約 2 分程でアプライアンスイメージのインポート完了
  • 14. DEV Cloud をインポートDevCloud が VirtualBox マネージャーに表示されるので起動!
  • 15. DEV Cloud を起動!DevCloud のログインコンソールログイン情報ID: rootPASS: password
  • 16. CloudStack WebUI にログイ ン!DevCloud のログインコンソールログイン情報http://localhost:8080/clientID: adminPASS: password
  • 17. CloudStack 設定投入ログインするとシステム処理能力に現在の状況が ..あら不思議、何も表示されていない…。
  • 18. CloudStack 設定投入/var/log/cloud/management/management-server.log をtail してみる。secondary storage VM がおかしな様子 .. 。WebGUI では問題無さそう。
  • 19. CloudStack 設定投入Zone が接続されていないっ!Zone 設定が接続断状態になっていることを確認。急いで、接続をしてみる。Zone が活性化していないと動作しないよな .. 。 SSVM を破壊検査するところだった。
  • 20. CloudStack 設定投入Zone の接続後、システムの処理能力が正しく表示されるようになった!そうだな、 Zone だよ。Zone とぶつぶつ言いながら .. 。インフラストラクチャーをクリックして確認。
  • 21. CloudStack 設定投入インフラストラクチャのメニューをクリック。それなりに色々表示されている。Zone をクリックして設定。気 になる点仮想ルーター 0感想インスタンスが出来れば作成されるだろ ..
  • 22. CloudStack 設定投入 ZoneZone 設定を確認するために Zone の [devcloud] をクリック。ここで、 MacBookAir のモニターをパシパシ叩き「よ〜し、いい子だ」とつぶやく。
  • 23. CloudStack 設定投入 Zone詳細タブに情報が表示されているので、確認。DNS1 8.8.8.8DNS2 記載なし内部 DNS1 8.8.8.8内部 DNS2 記載なしドメイン ROOTNetwork の種類 BasicNetwork Domain 記載なし
  • 24. CloudStack 設定投入 Podインフラストラクチャのメニューをクリック。Pod を選択。
  • 25. CloudStack 設定投入 PodPod 設定を確認するために Pod の [devcloud] をクリック。iPod との関連性が疑われるが。マニュアルに記載なし .. 。
  • 26. CloudStack 設定投入 PodIP アドレスの割り当てタブをクリック。 表示を確認。ゲートウェイ 10.0.2.2ネットマスク 255.255.255.0開始 IP アドレス 10.0.2.100終了 IP アドレス 10.0.2.199
  • 27. CloudStack 設定投入 Hostインフラストラクチャのメニューをクリック。クラスターを選択。
  • 28. CloudStack 設定投入 ClusterHost 設定を確認するために Cluster の状態を確認。Enable 状態である事を確認ここは .. 。階層的にいまいち表示されていない !
  • 29. CloudStack 設定投入 Hostインフラストラクチャのからホストをクリック。表示を再度確認。
  • 30. CloudStack 設定投入 HostHost 設定を確認するために Host の [devcloud] をクリック。Enable 状態を確認ここは .. 。Name=Zone-Pod-Cluster と階層的に表示されている !
  • 31. CloudStack 設定投入 Host詳細タブの情報が表示されているので、確認。マニュアルページにはIP アドレスを Host の名前に記載するとあるが、 Host の名前に hostname が記載されているのでこのまで問題なしと考える。
  • 32. CloudStack 設定投入 Secondary Storageインフラストラクチャの Secondary Storage をクリック。表示を再度確認。
  • 33. CloudStack 設定投入 Secondary Storageマウント先と状態が表示されている。確認項目は状態が Enable になっていることで問題が無さそうだ .. 。「よ〜し、いい子だ」と呟くよろし。
  • 34. CloudStack 設定投入 System VMインフラストラクチャのシステム VM をクリック。
  • 35. CloudStack 設定投入 SystemVMシステム VM の状態を念のために確認してみる。Console Proxy VM - RunningSecondary Storage VM - Runningノープロブレムだ!
  • 36. CloudStack 設定投入 Global Settingグローバルセッティングでは、色々な設定を行う事が可能。今回は最低限の設定を行投入してみる。  グローバル設定をクリックしますsmzksts さんのドキュメントも併せて御覧くださいhttp://smzksts.hateblo.jp/entry/2012/12/16/162744
  • 37. CloudStack 設定投入 Global Setting変更する値は以下の 2 種類。インスタンスの削除されるまでの時間の設定です。expunge.interval = 60expunge.delay = 60
  • 38. CloudStack 設定投入 Global SettingGlobalSetting の画面の検索窓に expunge と入力し検索。A) expunge.interval = 86400   ↓A’) expunge.interval = 60B) expunge.delay =86400   ↓B’) expunge.delay = 60
  • 39. CloudStack 設定投入 Global Settingexpunge.interval, expunge.delay の値が 60 担っている事を確認。
  • 40. CloudStack 設定投入 Global Setting設定の変更を行うためにチェックマークをクリックしして値の変更を決定。
  • 41. CloudStack 設定投入 Global SettingGlobalSetting 値の設定を変更すると、設定の反映のため管理サーバ(cloud-management) の再起動を促すポップアップが表示されるので、大人しく従います。(VirtualBox の Console から作業 )
  • 42. CloudStack 設定投入 Global SettingVirtualBox の Console 画面から以下のコマンドを発行し、管理サーバを restart します。# /etc/init.d/cloud-managementrestart正しく起動したか restart以下のコマンドで確認# /etc/init.d/cloud-managmentstatus
  • 43. CloudStack Instance 作成メニューからインスタンスを選択。 インスタンスの追加をクリック!
  • 44. CloudStack Instance 作成インスタンス追加画面が表示されるっ!Zone の選択devcloudISO または Templage の選択テンプレート[ 次へ ] をクリック
  • 45. CloudStack Instance 作成新しい仮想インスタンスのテンプレートを選択しよう!おすすめタブに template が1 つ表示されているのでこれを選択。Template: tiny Linux[ 次へ ] をクリック
  • 46. CloudStack Instance 作成インスタンスのコンピューターオファリングを選択!3 種類の Computer Offering違いについて次のページで解説です。
  • 47. CloudStack Instance 作成
  • 48. CloudStack Instance 作成コンピューターオファリングを選択!動作確認の為に、今回はミニマム構成で作成を行います。Computer Offering : tinyOffering
  • 49. CloudStack Instance 作成アタッチするディスクのボリュームを選択!4 つの選択肢と[ 設定しない ] が選択可能今回は動作確認なので[ 設定しない ] のままで[ 次へ ] をクリック
  • 50. CloudStack Instance 作成作成中の Instance のセキュリティグループの設定何も選択せず、設定も追加しないまま[ 次へ ] ボタンをクリック。
  • 51. CloudStack Instance 作成入力項目の確認名前 ( オプション ) :DevCloud-instance-001グループへの追加( オプション ) : [ 記載不要 ][VM の起動 ] にて作成開始 !
  • 52. CloudStack Instance 作成インスタンスメニューが表示されて作成中の Instance の状態が確認できますっ!状態 : Creatingしばしお待ちください。
  • 53. CloudStack Instance 作成問題なくインスタンスが起動してしまいました。表示名 : DevCloud-instance-01内部名 : i-2-3-VMゾーン名 : devcloud状態 : Creating
  • 54. CloudStack Managemet Server AccessMacBookAir からの management server へのアクセス方法 1. Mac のターミナルから NIC の IP アドレスを確認 Mac にアサインされている IP アドレスが確認できます。 IP Address = 192.168.0.3
  • 55. CloudStack Managemet Server AccessMacBookAir からの management server へのアクセス方法 1. management server のログインは自分の IPAddress の 2222port で ssh ログインが可能です。 ID: root Pass: password です .... 。
  • 56. CloudStack Managemet Server Access簡単に思いつく Management server からできること  1) 仮想ルーターへのアクセス 2) Secondary System VM へのアクセス 3) Console Proxy VM へのアクセス 4) management server のログの参照 5) Agent のログへのログの参照 6) Cloud CLI 等のツールの動作確認 ※ 他にも、できることは満載のはずっ!
  • 57. CloudStack Managemet Server Access悲しいお知らせ。 以下、仕様です。 1) 現状、 DevCloud では作成された VM Instanceに ssh login 不可 2) デフォルトの設定では VM の Console が表示不可 3) Disk Offering の機能は利用の非推奨状態
  • 58. CloudStack SSVMインフラストラクチャから SystemVM を選択SSVM ( Secondary System VM) のリンクローカル IP を GET だ !s-1-VM が SSVM と確認!
  • 59. CloudStack SSVMSecondary SystemVM へジャック・インDevCloud のコンソールから#ssh -i /root/.ssh/id_rsa.cloud 169.254.2.236 -p 3922色々表示されるがyes と入力root@s-1-VM:~#普通に入れるじゃん .. 。
  • 60. CloudStack SSVMSSVM の正体が気になるので散策/etc 辺りに何か手がかりがないかと見ているとdebian_version なんてファイルがっ! 覗いてみると debian 6.0.2 をベースのシステムと発覚!
  • 61. CloudStack SSVMSSVM の正体が気になるので散策/root 辺りには SSVM の重要なファイルが配置されています。 firewall_rule.sh ファイルにはルールの追加ロジックが。iptables で制御しているのか .. 。 SSVM 、今日はこの辺りまで .. 。
  • 62. CloudStack SSVMSSVM の正体が気になるので散策と思ったけど、挙動の気になる savepassword.sh の中身を確認。あれ、この path は仮想ルーターでも見たな .. 。スクリプトのテンプレートは同一なのか ?仮想ルーターにログインして確認してみよう。
  • 63. CloudStack SSVMSSVM のシグネチャーを確認してみる/var/cache/cloud/cloud-scripts-signature に SSVM イメージの hash 値らしきものが記載されている。 これ面白いな。
  • 64. CloudStack 仮想ルーター (VR)インフラストラクチャから仮想ルーターを選択VR (仮想ルーター ) のリンクローカル IP を GET!r-4-VM が VR と確認!
  • 65. CloudStack 仮想ルーター (VR)今度は、仮想ルーター (VR) にジャック・インDevCloud のコンソールから#ssh -i /root/.ssh/id_rsa.cloud 169.254.3.56 -p 3922色々表示されるがよく見ると debian とか kernelの ver 表示が表示されてるroot@r-4-VM:~#普通に入れるじゃん .. 。
  • 66. CloudStack 仮想ルーター (VR)仮想ルーターの中身はどうだ!?/root の中身を確認してみる。  SSVM と同じスクリプトが配置されている ...   SSVM と VR は同一テンプレートから作成されているのか .. 。
  • 67. CloudStack 仮想ルーター (VR)仮想ルーターのシグネチャーも確認してみるcloud-scripts-signature はどうなっているんだっと ..  あれ、 SSVM と同じ hash 値だ ...   SSVM と VR は同一テンプレートから作成されているのか .. 。 Console Proxy VM も同様か確認する必要があるな !
  • 68. CloudStack Console Proxy VMインフラストラクチャから仮想ルーターを選択Console Proxy VM のリンクローカル IP を GET!s-2-VM が Console ProxyVM だっ!
  • 69. CloudStack 仮想ルーター (VR)今度は、仮想ルーター (VR) にジャック・インDevCloud のコンソールから#ssh -i /root/.ssh/id_rsa.cloud 169.254.2.56 -p 3922色々表示されるがroot@s-2-VM:~#問題なくジャック・イン .. 。
  • 70. CloudStack 仮想ルーター (VR)仮想ルーターの中身はどうだ!?/root の中身を確認してみる。  SSVM と同じスクリプトが配置されている ...   SSVM と VR は同一テンプレートから作成されているのか .. 。
  • 71. CloudStack 仮想ルーター (VR)仮想ルーターのシグネチャーも確認してみるcloud-scripts-signature は同一のもの!  SSVM,Console Proxy VM, VR は1つの VM ですべての 3 つの役割が出来るのでは?!アップデートを行う時、 sysvmadm コマンドの動作が1/3 の時間で出来ちゃうとか .. 。実現するといいのにな!
  • 72. DevCloud についてDevCloud に正面で向かい合ってみました。DevCloud で出来る事、出来ないこと。 DevCloud マニュアルには記載がない事で確認するべきこと。稼働中の CloudStack ではなかなか出来ない検証等。 DevStack も楽しいなと思うような設定、動作確認、推測でした。 引き続き、 remote console redirection 機能を表示させる裏ワザ等を検証していきます。 さて、世界は DevCloud2.0 へ突入です。こちらも検証してみましょう!