System Development in School ver.2014

310 views
232 views

Published on

学校のシステム開発の最終発表用に作ったプレゼン資料
本当ならアプリ紹介のところで作ったアプリの動作見せてます。

発表会場のスクリーンに合わせて4:3だったりします
使用ソフト:Google スライド

Published in: Career
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
310
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
8
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

System Development in School ver.2014

  1. 1. SCHOOL NAVI 学校情報アプリ AM1
  2. 2. P
  3. 3. P Plan
  4. 4. システム概要
  5. 5. 概要
  6. 6. 概要
  7. 7. 概要
  8. 8. 概要
  9. 9. 概要
  10. 10. 環境 & 言語
  11. 11. 環境 & 言語 PHP Ubuntu MySQL Git HTML5 Android Eclipse JavaScript CSS Java
  12. 12. ACTIVITY
  13. 13. ACTIVITY TOP
  14. 14. ACTIVITY TOP
  15. 15. ACTIVITY TOP Calendar SCR Setting TimeTable
  16. 16. Management
  17. 17. Management
  18. 18. Management
  19. 19. Management
  20. 20. P
  21. 21. P D
  22. 22. P Do D
  23. 23. アプリ紹介
  24. 24. P D
  25. 25. P D S
  26. 26. P Study S D
  27. 27. AND Good & Bad
  28. 28. Good Bad
  29. 29. Good ● チームでの開発 ● AndroidやJavaを学べた ● 伝えるための工夫 ● Gitを学んだ Bad
  30. 30. Good Bad ● チームでの開発 ● 開発速度が遅い ● AndroidやJavaを学べた ● 設計が甘い ● 伝えるための工夫 ● デザインの難しさ ● Gitを学んだ ● 作業の分担
  31. 31. P D S
  32. 32. P A D S
  33. 33. P A Act S D
  34. 34. まとめ
  35. 35. Improvement
  36. 36. Improvement ● 設計の期間を短くする ● タスクの管理をしっかりする ● オブジェクト指向をもっと学ぶ ● 開発速度を上げるために工夫をする ● 適切なスコープ範囲を設定する
  37. 37. メンバー
  38. 38. メンバー 芝池 裕也 髙橋 武司 玉山 雄紀 秋丸 雄紀 塚本 亮
  39. 39. P A D S
  40. 40. Next Year!! P A D S

×