組込みハードウェアを
WebAPIとして提供する
Artifact Noise 代表
発明家 北神雄太
13年7月15日月曜日
自己紹介
名前:北神雄太 ( Yuta Kitagami )
職業:発明家
twitter: @nonNoise
ArtifactNoise代表
ハードウェアの設計
フレームワーク周りの開発の手伝い
ArtifactNoiseのハードウェア処理...
15分で話せる内容
組込みハードウェアをWebAPIとして提供する
WebAPIとなったハードウェアが何を起こすのか
ハードウェアと他のWebAPIを繋げたら何が起こる
これからハードウェアとWebAPIの連携時代が始まる
13年7月15日月曜日
組込みハードウェアをWebAPIとして提供する
ハードウェアは何で作るの?
どうやってハードウェアをWEBに繋げるの?
どうやってWEBでリアルタイムを実現するの?
サーバ処理はどうするの?
デバックはどう行うの?
13年7月15日月曜日
色々あって、
ハードウェア向けフレームワークを作成
13年7月15日月曜日
http://artifactnoise.com/
ArmRobotAPI/
13年7月15日月曜日
13年7月15日月曜日
WebAPIとなったハードウェアが
何を変えるのか
新しいコンテンツ
新しいサービス
新しいAPI
新しい感動体験
新しい事業開拓
13年7月15日月曜日
WebAPIとなったハードウェアが
何を変えるのか
新しいコンテンツ ビジネス
新しいサービス ビジネス
新しいAPI 事業
新しい感動体験 事業
新しい事業開拓 事業
13年7月15日月曜日
ハードウェアとWebAPIを繋げたら
何が起こるのか
RARIROと言うロボットに
iPhoneで操作出来る画面が付いた。
既存のハードウェアに付加価値が付く
その他多くの変化が起きると予想
まだまだ探検中
13年7月15日月曜日
これからハードウェアとWebAPIの連携時代が始まる
電話API Twilioと施錠感知センサーの組み合わせ
電光掲示板とTwitter連携で新しいデジタルサイネージ
介護福祉にも応用出来るよね
パン屋や書店など一般店舗にも応用出来るよね
ロボ...
今後について
Elpisをより安定したフレームワークにします。
他のWebAPIと連携し易い形で提供します。
色んな業者様、ベンチャー様と協力します。
他にもスタートアップ系イベントに参加します。
13年7月15日月曜日
そして、最後に
13年7月15日月曜日
ご連絡
ArtifactNoiseは起業を行っていません。
Elpisの開発はほぼ自費で開発しています。
Elpisの市場は広く発展が望める仕組みです。
技術に関しても自身を持って提供しています。
Elpisは生まれたてのフレームワークです。
...
投資家様、協力企業様
募集中
一緒に開発に関わってくれるエンジニアも募集中
13年7月15日月曜日
ご清聴、有難うございました
13年7月15日月曜日
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Jtf2013プレゼン 組込みハードウェアをWebAPIとして提供する方法

2,907 views

Published on

組込みハードウェアをWebAPIとして提供する方法

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
2,907
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
200
Actions
Shares
0
Downloads
6
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Jtf2013プレゼン 組込みハードウェアをWebAPIとして提供する方法

  1. 1. 組込みハードウェアを WebAPIとして提供する Artifact Noise 代表 発明家 北神雄太 13年7月15日月曜日
  2. 2. 自己紹介 名前:北神雄太 ( Yuta Kitagami ) 職業:発明家 twitter: @nonNoise ArtifactNoise代表 ハードウェアの設計 フレームワーク周りの開発の手伝い ArtifactNoiseのハードウェア処理に特化したWEBフ レームワークElpisを開発している その他、技術勉強会を主催し講師をやってます 13年7月15日月曜日
  3. 3. 15分で話せる内容 組込みハードウェアをWebAPIとして提供する WebAPIとなったハードウェアが何を起こすのか ハードウェアと他のWebAPIを繋げたら何が起こる これからハードウェアとWebAPIの連携時代が始まる 13年7月15日月曜日
  4. 4. 組込みハードウェアをWebAPIとして提供する ハードウェアは何で作るの? どうやってハードウェアをWEBに繋げるの? どうやってWEBでリアルタイムを実現するの? サーバ処理はどうするの? デバックはどう行うの? 13年7月15日月曜日
  5. 5. 色々あって、 ハードウェア向けフレームワークを作成 13年7月15日月曜日
  6. 6. http://artifactnoise.com/ ArmRobotAPI/ 13年7月15日月曜日
  7. 7. 13年7月15日月曜日
  8. 8. WebAPIとなったハードウェアが 何を変えるのか 新しいコンテンツ 新しいサービス 新しいAPI 新しい感動体験 新しい事業開拓 13年7月15日月曜日
  9. 9. WebAPIとなったハードウェアが 何を変えるのか 新しいコンテンツ ビジネス 新しいサービス ビジネス 新しいAPI 事業 新しい感動体験 事業 新しい事業開拓 事業 13年7月15日月曜日
  10. 10. ハードウェアとWebAPIを繋げたら 何が起こるのか RARIROと言うロボットに iPhoneで操作出来る画面が付いた。 既存のハードウェアに付加価値が付く その他多くの変化が起きると予想 まだまだ探検中 13年7月15日月曜日
  11. 11. これからハードウェアとWebAPIの連携時代が始まる 電話API Twilioと施錠感知センサーの組み合わせ 電光掲示板とTwitter連携で新しいデジタルサイネージ 介護福祉にも応用出来るよね パン屋や書店など一般店舗にも応用出来るよね ロボットにも応用出来るよね 13年7月15日月曜日
  12. 12. 今後について Elpisをより安定したフレームワークにします。 他のWebAPIと連携し易い形で提供します。 色んな業者様、ベンチャー様と協力します。 他にもスタートアップ系イベントに参加します。 13年7月15日月曜日
  13. 13. そして、最後に 13年7月15日月曜日
  14. 14. ご連絡 ArtifactNoiseは起業を行っていません。 Elpisの開発はほぼ自費で開発しています。 Elpisの市場は広く発展が望める仕組みです。 技術に関しても自身を持って提供しています。 Elpisは生まれたてのフレームワークです。 ver1.3でハードウェアの認証システムを組む予定です。 ver2.0には、ハードウェアにWebSocketを実装する予定です。 13年7月15日月曜日
  15. 15. 投資家様、協力企業様 募集中 一緒に開発に関わってくれるエンジニアも募集中 13年7月15日月曜日
  16. 16. ご清聴、有難うございました 13年7月15日月曜日

×