Your SlideShare is downloading. ×
Jtf2013プレゼン 組込みハードウェアをWebAPIとして提供する方法
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Introducing the official SlideShare app

Stunning, full-screen experience for iPhone and Android

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

Jtf2013プレゼン 組込みハードウェアをWebAPIとして提供する方法

2,371
views

Published on

組込みハードウェアをWebAPIとして提供する方法

組込みハードウェアをWebAPIとして提供する方法

Published in: Technology

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
2,371
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
4
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 組込みハードウェアを WebAPIとして提供する Artifact Noise 代表 発明家 北神雄太 13年7月15日月曜日
  • 2. 自己紹介 名前:北神雄太 ( Yuta Kitagami ) 職業:発明家 twitter: @nonNoise ArtifactNoise代表 ハードウェアの設計 フレームワーク周りの開発の手伝い ArtifactNoiseのハードウェア処理に特化したWEBフ レームワークElpisを開発している その他、技術勉強会を主催し講師をやってます 13年7月15日月曜日
  • 3. 15分で話せる内容 組込みハードウェアをWebAPIとして提供する WebAPIとなったハードウェアが何を起こすのか ハードウェアと他のWebAPIを繋げたら何が起こる これからハードウェアとWebAPIの連携時代が始まる 13年7月15日月曜日
  • 4. 組込みハードウェアをWebAPIとして提供する ハードウェアは何で作るの? どうやってハードウェアをWEBに繋げるの? どうやってWEBでリアルタイムを実現するの? サーバ処理はどうするの? デバックはどう行うの? 13年7月15日月曜日
  • 5. 色々あって、 ハードウェア向けフレームワークを作成 13年7月15日月曜日
  • 6. http://artifactnoise.com/ ArmRobotAPI/ 13年7月15日月曜日
  • 7. 13年7月15日月曜日
  • 8. WebAPIとなったハードウェアが 何を変えるのか 新しいコンテンツ 新しいサービス 新しいAPI 新しい感動体験 新しい事業開拓 13年7月15日月曜日
  • 9. WebAPIとなったハードウェアが 何を変えるのか 新しいコンテンツ ビジネス 新しいサービス ビジネス 新しいAPI 事業 新しい感動体験 事業 新しい事業開拓 事業 13年7月15日月曜日
  • 10. ハードウェアとWebAPIを繋げたら 何が起こるのか RARIROと言うロボットに iPhoneで操作出来る画面が付いた。 既存のハードウェアに付加価値が付く その他多くの変化が起きると予想 まだまだ探検中 13年7月15日月曜日
  • 11. これからハードウェアとWebAPIの連携時代が始まる 電話API Twilioと施錠感知センサーの組み合わせ 電光掲示板とTwitter連携で新しいデジタルサイネージ 介護福祉にも応用出来るよね パン屋や書店など一般店舗にも応用出来るよね ロボットにも応用出来るよね 13年7月15日月曜日
  • 12. 今後について Elpisをより安定したフレームワークにします。 他のWebAPIと連携し易い形で提供します。 色んな業者様、ベンチャー様と協力します。 他にもスタートアップ系イベントに参加します。 13年7月15日月曜日
  • 13. そして、最後に 13年7月15日月曜日
  • 14. ご連絡 ArtifactNoiseは起業を行っていません。 Elpisの開発はほぼ自費で開発しています。 Elpisの市場は広く発展が望める仕組みです。 技術に関しても自身を持って提供しています。 Elpisは生まれたてのフレームワークです。 ver1.3でハードウェアの認証システムを組む予定です。 ver2.0には、ハードウェアにWebSocketを実装する予定です。 13年7月15日月曜日
  • 15. 投資家様、協力企業様 募集中 一緒に開発に関わってくれるエンジニアも募集中 13年7月15日月曜日
  • 16. ご清聴、有難うございました 13年7月15日月曜日