Devlove甲子園西日本大会ku_suke
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Devlove甲子園西日本大会ku_suke

on

  • 428 views

http://devlove-kansai.doorkeeper.jp/events/12334

http://devlove-kansai.doorkeeper.jp/events/12334
川畑発表文のUpload版

Statistics

Views

Total Views
428
Views on SlideShare
161
Embed Views
267

Actions

Likes
2
Downloads
2
Comments
0

5 Embeds 267

http://s.ameblo.jp 143
http://ameblo.jp 109
http://s.deeeki.com 10
https://twitter.com 4
http://feedly.com 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

Devlove甲子園西日本大会ku_suke Devlove甲子園西日本大会ku_suke Presentation Transcript

  • 30代でエンジニアから マーケターにキャリアチェンジ したら○○した! By @ku_suke
  • 考トラック ビジネス企画(マーケティング/営 業/経営企画/バックオフィス)
  • 本日の内容 • ロールモデルが見つからない20代後半 • 上手く行かなかった開発リーダー • まさかの営業部門への異動 • あれ、、、おかしい!?
  • 大体キャリアの話
  • エンジニアがマーケティングの 現場に立つと何が起こったか
  • 自己紹介 • 川畑 雄輔 @ku_suke • 緑色の会社の大阪の中の人 • ※Upload用:本スライドは 個人の見解となります。
  • 今やっていること • お客様のシステムの再構築 • お客様のタブレットサイト制作 • お客様のスマホアプリのコンサル • 社内のエクセルVBA書いて業務効率化
  • 制作会社時代と変わんないw →なぜそのような事になったか?
  • 20代後半 エンジニアのロールモデルが 見えなかった
  • ロールモデルを探して彷徨う • そもそもWebはせいぜい15年の歴史 • 定年までWebエンジニアで過ごしました。 なんてひとには会えることもない。 • それどころか35歳定年説とかあるし。
  • ロールモデルを探して彷徨う • たまに見かける40代エンジニアは大体 フリーランス。しかも凄腕。 • 「外資系なら年齢関係ないよ」と言われ るが英語でコミュニケーションできない • そんな中、マーケティングの仕事に手を 染めだした。
  • アプリマーケティング • 当時はマーケティングの マの字も知らなかった。 広告を打つかtwitterとかの 口コミしか知らなかった。 • それでも戦えたiPhoneの 黎明期。 • 調子のって本も出した。
  • しかし再びエンジニアに 上手く行かなかった開発リーダー
  • 上手く行かなかった開発リーダー • 受託企業の考え方が抜け出せなかった。 • 権限が拡大したのに、攻めることができ なかった。 • 去年一年間はだいぶ暗黒期であった。
  • まさかの営業側に異動 職種は営業ではないものの、、
  • 事前のイメージ
  • 事前のイメージ • ノルマに追われる日々 • 体育会系のノミュニケーション • 理論よりも精神論の世界
  • コミュ症には耐え難い • こんな場に出てはいるけど、1対1で話 をするのが苦手。つい目をそらしてしま うタイプ。 • 世の中的に大体営業はエンジニアの敵で 無理難題をゴリ押ししてくる存在。
  • ところが、そうでもなかった ※ただし俺に限る
  • 需要と供給のミスマッチを見た • Javascriptとかわかんない • HTMLとかわかんない • Gmailとか上手く使いこなせない • コピペに数時間費やしてる
  • どこに行っても感謝される日々 「広告がうまく表示されないんです」 ↓ 「行末のコロン抜けてるよ」 ↓ 「すごい!動いた!神!!」
  • さらに社内のみではなかった
  • お客様の先でも同じだった • 「商品マスタ、毎日手作業で更新してる んです。」 • 「広告タグ貼るのに、Sierに依頼としない といけないから、お金かかるんです。」 →マーケ部門はWebの仕組みとか知らない。 自動化とかほとんど知らない。
  • 昔はそれでよかった
  • 昔のWebのマーケといえば •純広告 •検索広告 •アフィリエイト •以上!
  • 今の企業が直面するマーケ
  • By @hirohirokon (近藤洋司)
  • http://www.amazon.co.jp/dp/4798136557
  • http://blog.katty.in/5143
  • テクノロジーの理解なしに マーケティング活動ができない なのに世の中の9割以上の 現場スタッフは知らない
  • そこでエンジニアの時代が訪れる • マーケッター(非技術者)が技術を覚え るには、かなり高いハードルがある。 • しかし、エンジニアがマーケティング技 術を覚えるのは、データドリブンな今な らできる。 →マーケティングエンジニアの時代!!
  • クリエイティブには手を出さない • 人々がクリックしたくなるようなキャッ チコピーや、魅力的な画像は考えない。 • 人々がサイトに訪れたくなるような魅力 的なコンテンツ作りも別の人に任せる。 • エンジニアがやるべき領域は、経営活動 として、数値管理から導き出される資源 の最適配置問題の解決である。
  • ブログを書いていれば開始できる ウェブマーケティングの現場担当者の基礎 1. GoogleAnalyticsで現状の分析 ↓ 2. ボトルネックを把握 ↓ 3. チューニングor金銭での解決
  • サーバチューニングと同じ ウェブアプリ運用の現場担当者の基礎 1. New Relicで現状の分析 ↓ 2. ボトルネックを把握 ↓ 3. チューニングor金銭での解決
  • 主にロジックの世界になっている • 15%の売上を増加させるには – A:検索からの流入を30%増やす – B:検索以外からの流入を30%増やす – C:サイト内での離脱を30%減らす – D:友達紹介を20%増やす – E:メルマガの反応率を20%増やす
  • そして大体製作の話になる • コンテンツ拡充するためにCMSを 作りましょう。 • ページが遅すぎて離脱するので、速度を アップさせましょう。 • 友達紹介でクーポンもらえるシステム作 りましょう。
  • それを請け負うSierでも いいのでは? 答え:良い。
  • だがしかし • さっきもあるように、マーケティング活 動の「中心」にテクノロジーがある。 • 外からやってきて、要件を聞いて、都度 都度見積もりを出すような速度ではない。 • 中に入り込んで、いうなれば5000円の作 業やアドバイスを2000回請け負うような 組み方が求められている。
  • そこで、 ソニックガーデン社 納品しない受託開発
  • ではなく
  • Yes! It’sYou!! • あなたができる。 • いますぐできる。 • テクノロジーやデータがマーケティング の中心になりつつある時代だから。
  • 第ゼロ歩 • エンジニアとしての マーケティングへの理 解 • TeamGeekの後半を 何度も読んでおけば おk
  • エンジニア時代に 「変えれなかった」現場が 動かせるようになる かもね!
  • 一緒にマーケティング エンジニアの世界へ! ヘタするとめっちゃ簡単に 世の中変えられるYo!