Scalaコーディングの準備

555
-1

Published on

Scalaで開発するにあたって、Eclipseとデバッグの設定を行います

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
555
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Scalaコーディングの準備

  1. 1. Scalaコーディングの準備 for Windows { 漆黒のIDE導入編 CA ADvance 技術統括本部 Arakaki Yusuke
  2. 2. アジェンダ     IDEのダウンロード SBTプラグインの導入 Skinny Frameworkをプロジェクトとして読み込み アプリケーションをDebug  (前提)localhost上のJVMをport5005でデバッグ
  3. 3. GOAL   IDEを使ってコーディングできる デバッグが使える
  4. 4. IDEのダウンロード  Scala IDEをダウンロードします。  http://scala-ide.org/ ダウンロードが遅いので、お昼にでも出ましょう
  5. 5. Skinny Frameworkの ダウンロード  Skinny-blak-app.zipをダウンロード  https://github.com/seratch/skinny-framework/releases
  6. 6. SBTにEclipseのプラグインを 導入 1. Skinny FrameworkのZipを展開後、project/plugins.sbtを開く 2. 下記の設定を追記(設定同士は空白行で区切ること)  addSbtPlugin("com.typesafe.sbteclipse" % "sbteclipse-plugin" % "2.4.0")
  7. 7. SBTにEclipseのプラグインを 導入 1. SBTを起動してecplipseコマンドを叩く  sbt eclipse
  8. 8. SBTにEclipseのプラグインを 導入 1. Eclipseを起動してプロジェクトを読み込む  Fileタブ→Import…→Existing Project into Workspase
  9. 9. Debugの設定
  10. 10. Debugの設定(SBT)  sbt.batに下記のオプションを追加Fileタブ   -Xdebug -Xrunjdwp:transport=dt_socket,server=y,suspend=n,address=5005 デフォルトであれば下記の様になっているかと思います。 set SCRIPT_DIR=%~dp0 java -Xmx1024M -Xss1M -Xdebug Xrunjdwp:transport=dt_socket,server=y,suspend=n,address=5005 -XX:+CMSClassUnloadingEnabled XX:MaxPermSize=256M -jar "%SCRIPT_DIR%binsbt-launch.jar" %*
  11. 11. Debugの設定(Eclipse) 1. Run→Debug Configurations...から下記の様に設定 Project:<プロジェクト名> Connection Type:Standard (Socket Atttach) Host:localhost port5005
  12. 12. Debugの設定(Eclipse) 以上です。 Eclipse上からBreakpointを置いて確認してみましょう。

×