110723 カウントダウンキックオフ M T G資料.V2 (1)

854 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
854
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide
  • TOK-AAA123-20101216-
  • TOK-AAA123-20101216-
  • TOK-AAA123-20110129-
  • TOK-AAA123-20110129-
  • TOK-AAA123-20101216-
  • 110723 カウントダウンキックオフ M T G資料.V2 (1)

    1. 1. 世界一のカウントダウンイベント実現を望む会 Kick Off MTG 資料 2011 年 7 月 23 日 ( 土 ) 文責:高橋 健太、川上裕輔
    2. 2. アジェンダ Kick off MTG(7 月 23 日 ( 土 )) 1: カウントダウンイベント実現を望む会のバックグラウンド紹介 2: 日本と世界のカウントダウンイベント現状 3: 「望む会」の活動内容・計画の紹介 4: 2011 年カウントダウンイベントのコンテンツブレスト
    3. 3. 「世界一のカウントダウンイベント実現を望む会」の活動背景 <ul><ul><li>世界の大都市は大規模に、派手にカウントダウンイベントを行っており、多くの観光客をひきつけているのに対し、日本のカウントダウンイベントは、世界に誇れるようなものがない。 ( 特にアジア、中国からの観光客を惹きつけたい ) </li></ul></ul><ul><ul><li>日本は、世界の先進国の中でも、オーストラリアに次ぎ、 2 番目早く年が明ける位置にあるので、日本の年越しカウントダウンは話題性がある。 </li></ul></ul><ul><ul><li>年越しの瞬間だけでイベントが完結するので、投資額の割りには、多くの注目を集める事が出来る。 ( 年越しを日本で過ごしてもらえば、初売りセールなどに観光客を誘導しやすい。 ) </li></ul></ul><ul><ul><li>年越しの瞬間は、超大勢で「3!2!1!」と叫んで、ジャンプしたい。 </li></ul></ul><ul><ul><li>行政への交渉 </li></ul></ul><ul><ul><li>最終的に 10 年後に 50 万人規模のイベントを実施することを目的に行う。これは東京湾岸や、横浜ベイエリア一帯を使って行う規模になるので、行政との連携など非常に長いスパンでの計画、実行が必要になる。 </li></ul></ul><ul><ul><li>カウントダウンイベント実績作り </li></ul></ul><ul><ul><li>カウントダウンイベントの実績造りとして 2011-2012 年のカウントダウンイベントをどんな規模でもいいから実行する。そしてカウントダウンイベントをやっている団体がいる、ということを世間に認知させる。 </li></ul></ul><ul><ul><li>観光マーケティング・リサーチ </li></ul></ul><ul><ul><li>日本の面白い観光イベント・団体のリサーチ、世界の面白い観光ネタリサーチをし、団体として報告書発行、 facebook 上で情報発信 </li></ul></ul>背景 活動計画
    4. 4. 「世界一のカウントダウンイベント実現を望む会」の団体紹介 <ul><li>理念 </li></ul><ul><ul><li>日本には面白いカウントダウンイベントがない。年越しという記念すべき瞬間を、日本で過ごす人たちが最高に楽しめるイベントを作る </li></ul></ul><ul><ul><li>カウントダウンイベントを通じて、日本の観光に大きく貢献する。イベント自体にひきつけられ日本に来る観光客を増やす、またカウントダウンイベントがきっかけで日本に来た観光客に日本を好きになってもらう ( リピーターの観光客を増やす ) </li></ul></ul><ul><li>目標 </li></ul><ul><ul><li>2021 年- 2022 年の年越しの時に世界中から注目を集められるような大規模なカウントダウンイベントを仕掛ける。 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>世界規模であること </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>50 万人以上の集客 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>中国など海外からの観光客を増やす </li></ul></ul></ul><ul><li>代表 </li></ul><ul><ul><li>小澤隆生 </li></ul></ul><ul><ul><li>幹事長 </li></ul></ul><ul><ul><li>高橋健太 </li></ul></ul><ul><li>幹事 </li></ul><ul><ul><li>高橋知也、川上裕輔、森島聖 </li></ul></ul><ul><li>スタッフ </li></ul><ul><ul><li>15 ~ 20 名 </li></ul></ul><ul><li>後援 </li></ul><ul><ul><li>観光庁 </li></ul></ul><ul><ul><li>週例会議 </li></ul></ul><ul><ul><li>毎週土曜日の 14 ~ 16 時 </li></ul></ul><ul><ul><li>議論内容 </li></ul></ul><ul><ul><li>団体全体の会議で、それぞれの班の活動内容・方向性決め </li></ul></ul><ul><ul><li>各班の活動進捗状況共有 </li></ul></ul><ul><ul><li>月に 1 回小澤さんなどにも参加して頂き、団体の活動アドバイスをもらう </li></ul></ul><ul><ul><li>Facebook ページでの情報発信 </li></ul></ul><ul><ul><li>主にマーケティング班だが、 facebook 上で、リサーチ結果の報告、外部カウントダウンイベント実行団体へのインタビュー結果などを発表する事により、ファンページの人数を増やす </li></ul></ul><ul><ul><li>各班の活動 </li></ul></ul><ul><ul><li>行政への交渉、短期でのカウントダウンイベント実績作り、マーケティング班の活動 </li></ul></ul><ul><li>チーム作りの基本方針 </li></ul><ul><ul><li>社会人に比べて、時間の自由が利く学生も上手く混ぜながら団体を作っていく。 </li></ul></ul><ul><li>求められる人材 </li></ul><ul><ul><li>( 原則:きちんとコミット出来る人 ) </li></ul></ul><ul><ul><li>具体例・・・ </li></ul></ul><ul><ul><li>デザイナー ( ウェブ、ロゴ、アートディレクションなど ) </li></ul></ul><ul><ul><li>IT エンジニア </li></ul></ul><ul><ul><li>映像制作 </li></ul></ul><ul><ul><li>協賛企業を沢山引っ張れる人 </li></ul></ul><ul><ul><li>行政との交渉が出来る人 </li></ul></ul><ul><ul><li>語学に堪能な人 </li></ul></ul>団体理念 団体構成 ( 仮 ) 活動内容
    5. 5. アジェンダ Kick off MTG(7 月 23 日 ( 土 )) 1: カウントダウンイベント実現を望む会のバックグラウンド紹介 2: 日本と世界のカウントダウンイベント現状 3: 「望む会」の活動内容・計画の紹介 4: 2011 年カウントダウンイベントのコンテンツブレスト
    6. 6. 日本の観光収入は対 GDP 比で 0.2% と、先進国の中でも最下位レベル * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 0.8% 5.0% * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 資 料 : UNWTO Tourism Highlights   2010 edition * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 2.5% 2.5% 1.3% 1.3% 1.5% 3.1% 4.1% 6.5% 7.4% * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 0.2% 7.1% 1.0% 1.4% 年間観光収入ランキング USD; Billion, 2008 % ; 対 GDP 年間観光客数ランキング 百万人; 2008 GDP ランキング 兆円 ; 2008
    7. 7. 日本には大規模なカウントダウンイベントがないため、これらを越える規模のイベントを行えば日本一になれる * 4 * 5 * 10 * * * 2 <ul><ul><li>・年越しに向けてのスペシャルパレード、年越し時には花火打ち上げ </li></ul></ul><ul><ul><li>・この日だけの深夜特別営業をしている。有料チケット制 </li></ul></ul><ul><ul><li>・全国的認知のある場所、キャラクターを絡めたコンテンツ </li></ul></ul><ul><ul><li>・毎年、代々木第一体育館で開催される年越しライブ。有料チケット制。 </li></ul></ul><ul><ul><li>・屋内で、限定された人のみ楽しむことができるライブ型イベント。 </li></ul></ul><ul><ul><li>・ 2010 年よりライブ後にライブ映像の有料配信展開もスタート。 </li></ul></ul><ul><ul><li>・長崎にあるオランダの街並みを再現したテーマパークでのカウントダウン。 </li></ul></ul><ul><ul><li>・イルミネーションと豪華アーティストライブ、花火と複合型コンテンツを用意。 </li></ul></ul><ul><ul><li>・有料チケット制。 </li></ul></ul><ul><ul><li>・ 12 月 28 ~ 31 日の 4 日間で 165 組のアーティストが参加するフェス型イベント。 </li></ul></ul><ul><ul><li>・様々なジャンルの音楽好きが集まる。有料チケット制 </li></ul></ul><ul><ul><li>・みなとみらいのコスモワールドにて行われるカウントダウン花火 </li></ul></ul><ul><ul><li>・大観覧車「コスモクロック」を使用したファイヤーショーが目玉 </li></ul></ul><ul><ul><li>・ファイヤーショーで使用する花火は約 1500 発 </li></ul></ul><ul><ul><li>・海に面した公園にて開催。年明けと共に 5 ~ 6 分間花火を打ち上げる。 </li></ul></ul><ul><ul><li>・艦船イルミネーションや汽笛、サーチサイト、カウントダウン神輿など、 </li></ul></ul><ul><ul><li> 花火以外の演出も豊富。イベントステージ、出店なども用意。 </li></ul></ul>日本のカウントダウンイベント集客数 万人 イベントタイプ・特徴
    8. 8. 世界各国の主要都市の多くがカウントダウンイベントを実施している。またそれは、国内外の多くの観光集客と収益を集めている。 . * * * * * * * * * * * 22 * * * 40 * * * * * 110 観光収入ランキングトップ 10 のうち、カウントダウンイベントを行っている都市 カウントダウンイベント集客数 万人 * 概数 年間観光収入ランキング 10 億ドル ; 2008
    9. 9. 事例紹介①:ニューヨーク タイムズスクウェア <ul><ul><li>タイムズスクエアの特設ステージでは音楽のライブ演奏などが行われ、夜 11 時 59 分になると光のボールがビルの屋上から落下しはじめる。午前 0 時、新年を迎えた瞬間に大量の紙ふぶきが舞い興奮は最高潮に達しセントラルパークにて午前 0 時に花火が打ち上げられる。 </li></ul></ul><ul><ul><li>集客数 : 70 ~ 80 万人 </li></ul></ul><ul><ul><li>花火 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>5,000 発 (10 分 ) </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>ビルのイルミネーション、紙ふぶき、音楽ライブ </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>特徴 </li></ul></ul><ul><ul><li>専用のグッズなどを作り、町中の一体感を高めている </li></ul></ul><ul><ul><li>大量の紙ふぶきと派手なイルミネーションがインパクト大 </li></ul></ul>イベント概要 写真 基礎データ
    10. 10. 事例紹介②:台湾 101 タワー <ul><ul><li>・台湾一の高さを誇るビル「台湾 101 」 (509.2m) にて、 12/31 から 1/1 </li></ul></ul><ul><ul><li> にかけて行われるカウントダウンイベント。年越し前には電飾やラ </li></ul></ul><ul><ul><li> イトアップによりビルに光の演出がなされ、年越しの瞬間から約 2 </li></ul></ul><ul><ul><li> 分間、 2 万発もの花火がビルから発射される。 </li></ul></ul><ul><ul><li>集客数 : 100 万人 </li></ul></ul><ul><ul><li>花火 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>22,000 発 (3 分間、 188 秒 ; 2010 年 ) </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>ビルのイルミネーション </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>特徴 </li></ul></ul><ul><ul><li>-  “ビル自体”からの発射 </li></ul></ul><ul><ul><li>-  オフィス街・繁華街での花火   </li></ul></ul><ul><ul><li>   打ち上げ。厳戒な警備態勢。 </li></ul></ul>イベント概要 写真 基礎データ
    11. 11. 事例紹介③:シドニー ハーバーブリッジ <ul><ul><li>集客数 : 150 万人 </li></ul></ul><ul><ul><li>花火 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>100,000 発 (12 分 ) </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>ランドマーク的存在の橋、海 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>予算: 約 500 万ドル </li></ul></ul><ul><ul><li>シドニーのランドマーク〝ハーバー・ブリッジ〟で行われる花火を使ったイベント。 </li></ul></ul><ul><ul><li>  大晦日の 21 時に第 1 弾 ( 約 8 分 ) 、 24 時から第 2 弾 ( 約 12 分 ) と二回に分け、橋の回りの高層 </li></ul></ul><ul><ul><li>  ビルや、ハーバー・ブリッジ自体から合計 10 万発の花火が放たれる。花火の間には 50 隻 </li></ul></ul><ul><ul><li>  以上のライトアップされた船によるライト・パレードもある。 </li></ul></ul><ul><ul><li>  最後は最大級の花火と共に、その年のテーマを表現したイルミネーションで締めくくる。 </li></ul></ul>イベント概要 写真 基礎データ
    12. 12. アジェンダ Kick off MTG(7 月 23 日 ( 土 )) 1: カウントダウンイベント実現を望む会のバックグラウンド紹介 2: 日本と世界のカウントダウンイベント現状 3: 「望む会」の活動内容・計画の紹介 4: 2011 年カウントダウンイベントのコンテンツブレスト
    13. 13. 「世界一のカウントダウンイベント実現を望む会」の活動内容 <ul><ul><li>週例会議 </li></ul></ul><ul><ul><li>毎週土曜日の 14 ~ 16 時 </li></ul></ul><ul><ul><li>場所: EC ナビオフィス ( 渋谷 ) 、小澤邸 ( 青山一丁目 ) </li></ul></ul><ul><ul><li>議論内容 </li></ul></ul><ul><ul><li>団体全体の会議で、それぞれの班の活動内容・方向性決め </li></ul></ul><ul><ul><li>各班の活動進捗状況共有 </li></ul></ul><ul><ul><li>月に 1 回小澤さんなどにも参加して頂き、団体の活動アドバイスをもらう </li></ul></ul><ul><ul><li>Facebook ページでの情報発信 </li></ul></ul><ul><ul><li>主にマーケティング班だが、 facebook 上で、リサーチ結果の報告、外部カウントダウンイベント実行団体へのインタビュー結果などを発表する事により、ファンページの人数を増やす </li></ul></ul>行政への交渉 カウントダウン イベント実績作り 観光 マーケティング ・リサーチ <ul><ul><li>数十万人規模のカウントダウンイベント実現の為に、 10 年間かけてあらゆる方法で行政を口説いていく。横浜市や東京都がターゲット </li></ul></ul><ul><ul><li>横浜市、東京都それぞれに一回は話をしに行き、観光周りの担当者とネットワークを作る。 ( 行政に「望む会」を認識させる ) </li></ul></ul><ul><ul><li>「日本で一番カウントダウンイベントの実績・ノウハウ・ネットワークがある団体」との認識をさせる為に、今年から小規模でもカウントダウンイベントを実行し、実績を作っていく </li></ul></ul><ul><ul><li>2011 ~ 2012 年の年越しの際に、どんな規模でもいいので、カウントダウンイベントを実行する </li></ul></ul><ul><ul><li>日本国内、世界で面白い観光のイベントをリサーチ、ノウハウ・知見を貯める </li></ul></ul><ul><ul><li>実行主体へのインタビューを通して、ネットワークを広げる </li></ul></ul><ul><ul><li>Facebook ページで面白い情報を発信し、ファンを 2000 人以上集める </li></ul></ul><ul><ul><li>要議論・・・ </li></ul></ul>団体全体での活動内容 活動内容 2011 年の目標
    14. 14. 「行政への交渉」活動の ロードマップ フェーズ 1: 2011 年~ 2013 年 フェーズ 2: 2014 ~ 2016 年 フェーズ 3: 2017 ~ 2020 年 期待成果 <ul><ul><li>2011 年~ 2013 年に毎年カウントダウンイベントを実行 </li></ul></ul><ul><ul><li>毎年行ったカウントダウンイベントの実績レポート作成、行政へプレゼン </li></ul></ul><ul><ul><li>Facebook ページでも情報を発信、団体として注目度を高める </li></ul></ul><ul><ul><li>行政とタイアップして形でイベント実行をする。 </li></ul></ul><ul><ul><li>団体として貯めたノウハウが体系化されて、行政が抱えている課題解決のサポート ( 主に観光関連 ) をしている。具体的なプロジェクトが年間複数走る </li></ul></ul><ul><ul><li>2017 ~ 2020 年までの間に、 50 万人規模のカウントダウンイベントを実現 </li></ul></ul><ul><ul><li>インターネットやテレビなどのメディアを通じて、日本のカウントダウンイベントが世界でも注目されるものとなる </li></ul></ul>活動内容 「望む会」主体で小規模~中規模のカウントダウンイベントを実行し、カウントダウンイベントの実績を作る、そして、それを行政やその他団体へしっかりアピールする。また、カウントダウン以外でも「節分」など面白いイベント仕掛け手伝う 具体的に行政との連携が始まる。「望む会」主催のカウントダウンイベントに、行政が求める要素をイベント企画に反映する。「後援」という位置づけで行政に関わってもらう。 フェーズ 2 で土台を作ったカウントダウンイベントを数十万人規模にする為に、イベント会場・内容の規模拡大、世界に向けて情報発信をする
    15. 15. * * * * * * * 企画ブラッシュアップ 小澤さんへ報告 コンテンツ具体的プラン完成 リハーサル・準備 当日マニュアル作成 活動内容 メディアリリース PR 戦略 & 計画 協賛交渉 必要物資調達・手配 予算編成プラニング 会場選定 & 交渉 2011 年カウントダウンイベント コンテンツブレスト 週例会議 コンテンツ決定 「イベント実績作り」活動の ロードマップ: 2011 年の実行プラン
    16. 16. 観光マーケティング・リサーチ:活動内容 <ul><ul><li>観光リサーチ結果発信 </li></ul></ul><ul><ul><li>日本、海外で行われている面白い観光イベント、カウントダウンイベントのリサーチ、情報発信 ( 例:牛久の大仏、スペインのトマト祭り、など ) </li></ul></ul><ul><ul><li>日本、海外での面白い観光イベントの実行主体へのインタビュー記事まとめ </li></ul></ul><ul><ul><li>カウントダウン時計 </li></ul></ul><ul><ul><li>年越しまでの日数・時間数がカウントダウンしていく時計を設置。日本だけでなく、世界の主要都市の時計を含めるのもあり? </li></ul></ul><ul><ul><li>国内カウントダウン情報まとめ </li></ul></ul><ul><ul><li>その年のカウントダウンイベント情報がしっかりまとまっているサイトは現状ないので、このページでイベント情報発信していく </li></ul></ul>コンテンツ Facebook ページ ”世界一のカウントダウンをつくる”
    17. 17. アジェンダ Kick off MTG(7 月 23 日 ( 土 )) 1: カウントダウンイベント実現を望む会のバックグラウンド紹介 2: 日本と世界のカウントダウンイベント現状 3: 「望む会」の活動内容・計画の紹介 4: 2011 年カウントダウンイベントのコンテンツブレスト
    18. 18. コンテンツブレストのやり方 <ul><ul><li>2011 ~ 2012 年の年越しのタイミングで、必ず実行可能なプランを考える </li></ul></ul><ul><ul><li>なるべく具体的にアイデアを考える。聞いている人全員が、イベントの様子を想像出来るようにする </li></ul></ul><ul><ul><li>7 月 23 日、 30 日、 8 月 6 日の 3 回のブレスト会議でコンテンツを決定させる </li></ul></ul>コンテンツ 集客規模 会場 必要な 設備・備品 <ul><ul><li>何をやるのか? </li></ul></ul><ul><ul><li>イベントに絡む要素は? </li></ul></ul><ul><ul><li>( 例:花火 × シャボン玉 × 音楽ライブ、など ) </li></ul></ul><ul><ul><li>具体的な集客数目標・イメージはどのくらいか? </li></ul></ul><ul><ul><li>どのような層を呼ぶのか? </li></ul></ul><ul><ul><li>どうやって集めるのか? </li></ul></ul><ul><ul><li>会場のタイプは? </li></ul></ul><ul><ul><li>会場候補を具体的に 2 ~ 3 つほど出す </li></ul></ul><ul><ul><li>その会場候補の場所は使えるのか? </li></ul></ul><ul><ul><li>イベントを実行する上で必要となる設備、備品は何か? </li></ul></ul><ul><ul><li>それは調達可能なものか? </li></ul></ul>予算概算 <ul><ul><li>イベントを実行する上でかかる費用をボトムアップで概算する </li></ul></ul>懸念点 <ul><ul><li>ブレストで出したアイデアを実行する上で想定される課題・懸念点 </li></ul></ul>当日の フロー <ul><ul><li>アイデアをより具体的に理解するために、イベント当日どのようにイベントが進行していくのか、書き下す </li></ul></ul>ブレスト注意点 ブレスト段階で考えて欲しい事 アイデア深堀りの際に必要な視点
    19. 19. コンテンツブレスト用シート コンテンツ 集客規模 会場 必要な 設備・備品 予算概算 懸念点 当日の フロー コンセプト ブレスト段階で考えて欲しい事 アイデア深堀りの際に必要な視点
    20. 20. アイデアブレスト例:カウントダウン合唱祭 コンテンツ 集客規模 会場 必要な 設備・備品 予算概算 懸念点 当日の フロー <ul><ul><li>「カウントダウン合唱祭~大人の合唱コン~」 </li></ul></ul><ul><ul><li>企画の要素:合唱 × 光 ( ペンライト )× ウェーブ </li></ul></ul><ul><ul><li>合唱をメインコンテンツにしたカウントダ​ウンイベントを行う </li></ul></ul><ul><ul><li>合唱の音楽 × ペンライト × ウェーブ、で年越しの瞬間を盛大に盛り上げる </li></ul></ul><ul><ul><li>主な集客の対象は内輪+ α 。内輪なので、課題曲を事前にアナウンスし、曲を知っている状態にしておく </li></ul></ul><ul><ul><li>200 ~ 300 人 </li></ul></ul><ul><ul><li>「望む会」のメンバーとその友人 </li></ul></ul><ul><ul><li>赤坂 Blitz </li></ul></ul><ul><ul><li>日比谷公園の広場 </li></ul></ul><ul><ul><li>スピーカー </li></ul></ul><ul><ul><li>マイク ( 司会用 ) </li></ul></ul><ul><ul><li>スクリーン </li></ul></ul><ul><ul><li>プロジェクター </li></ul></ul><ul><ul><li>合唱隊 </li></ul></ul><ul><ul><li>300 人収容可能な会場 </li></ul></ul><ul><ul><li>60.5 万円 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>会場費: 1970 円 / 日 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>音楽機器: 4 万円 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>機材レンタル費: 6.3 万円 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>合唱隊への謝礼: 10 万円 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>備品・スタッフバイト代: 10 万円 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>年越しの瞬間、まさにカウントダウンの瞬間の演出で盛り上げ方を工夫する必要がある </li></ul></ul><ul><ul><li>果たして、合唱がちゃんと歌えるか? </li></ul></ul><ul><ul><li>合唱って本当に面白いか? </li></ul></ul><ul><ul><li>22:00 会場がオープンし、会場内には合唱曲を流しておく </li></ul></ul><ul><ul><li>22:45 人が徐々に集まり出す </li></ul></ul><ul><ul><li>22:55 司会がイベント趣旨説明 </li></ul></ul><ul><ul><li>23:00 プロの合唱隊リードによる 1 回目の合唱練習 </li></ul></ul><ul><ul><li>23:20 2 回目の合唱練習 </li></ul></ul><ul><ul><li>23:35 最後の練習 </li></ul></ul><ul><ul><li>23:45 司会からの挨拶 </li></ul></ul><ul><ul><li>23:50 合唱開始 </li></ul></ul><ul><ul><li>23:55 ペンライト × ウェーブ × 拍手でカウントダウン </li></ul></ul>コンセプト ブレスト段階で考えて欲しい事 アイデア深堀りの際に必要な視点
    21. 21. ・会場費:噴水エリア- 1970 円程度 (63.7 平米想​定。 31 円 /1 平米 ) ・音楽機器 * 下記のものが全部付いて、 1 日レンタルたっ​たの 4 万円 -ミキサー ×1 台 -アンプ ×2 台 -スピーカー ×4 台 -有線マイク ×2 本 -マイク ( 司会者用、予備 2 本 ) - ( その他: DJ セット無料レンタル、 CD プレーヤー、​マイクスタンド ×2 、スピーカースタンド ×4 、ケーブル​各種、ワイヤレスマイク ×2 へ変更無料 ) * 業者 RTT( リメンバー・ザ・タイム ) http://www.rt-time.com/pas​etx.html ・ペンライト配布: 30 万円 (300 本 ×500 円 。電池式などで光が長持ちするもの。 1 本 1000 円想定​ ) ・合唱隊への謝礼:団体で 10 万円 ・スクリーンのレンタル: 3.3 万円 ・プロジェクターレンタル: 3 万円 * スクリーンとプロジ​ェクターは、カウントダウンのタイムカウントを表示する​為の備品 http://www.apex106.com/pro​jector/pro3/?PHPSESSID=17v​h3tm9i1vglmlfggi10pjbq1 ・バッファ: 10 万円 * イベントスタッフバイト、清掃費、パンフ作成?など 【総額概算】: 60.5 万円 Back up アイデアブレスト例:カウントダウン合唱祭 予算案の精査

    ×