VSUG DAY 2012 winter Architect Academy

7,197 views

Published on

2012年01月28日(土)に開催されたVSUGアーキテクトアカデミー Vol.03での講演資料です。
http://vsug.jp/tabid/228/EventID/20/Default.aspx

Published in: Technology
0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
7,197
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
5,646
Actions
Shares
0
Downloads
29
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

VSUG DAY 2012 winter Architect Academy

  1. 1. VSUG DAY – Winter (2012.01.28) アーキテクトアカデミー Vol.3 なぜソフトウェアアー キテクトが必要なのか ご講演者名:鈴木雄介グロースエクスパートナーズ株式会社
  2. 2. 自己紹介• 鈴木雄介 – グロースエクスパートナーズ株式会社 – 出身はユーザー系システム子会社 – http://twitter.com/yusuke_arclamp – http://arclamp.hatenablog.com/ VSUG DAY - Winter 2012.01.28
  3. 3. アジェンダ• ソフトウェア、アーキテクチャ、プロジ ェクトマネジメント• プロジェクトマネジメントとアーキテク チャ• アーキテクチャ設計• 選択と覚悟 VSUG DAY - Winter 2012.01.28
  4. 4. ソフトウェア、アーキテクチャ、プロジェクト マネジメント VSUG DAY - Winter 2012.01.28http://www.flickr.com/photos/left-hand/3510633193/
  5. 5. ソフトウェアとは 影響を与える 利用時の 利用時の プロセス 内部 外部 利用時 品質 品質 行動 構造 振る舞い 依存するJISX0129-1 ソフトウェア製品の品質 第1部 品質モデル VSUG DAY - Winter 2012.01.28
  6. 6. ソフトウェアとは 特徴 例利用時の品質 ・利用状況によって評価が異な ・ユーザーAさんと る ユーザーBさんで評価 が異なる外部品質 ・システムの振る舞い ・テストケース ・誰がテストしても同じ結果 ・外部仕様 ・一般的な仕様策定の対象内部品質 ・システムを構成している要素 ・クラス図 すべて(含ドキュメント) ・フレームワーク ・後に残り、評価が可能 ・ドキュメント ・エンジニアがこだわるところプロセス品質 ・後に残らない ・コミュニケーション ・ VSUG DAY - Winter 2012.01.28
  7. 7. アーキテクチャとは• 基本は分割と統合 – 全体をどのように分けて、分けた部分をどの ように関係づけるか これ? 利用時の 利用時の 振るプロセス 構造 利用 品質 品質 舞い NO。それはストラクチャー VSUG DAY - Winter 2012.01.28
  8. 8. アーキテクチャとは IEEE-Std-1471-2000 Recommended Practice for Architectural Description of Software-Intensive Systems(アーキテクチャ記述の推奨プラクティス) VSUG DAY - Winter 2012.01.28
  9. 9. アーキテクチャとは ミッション システム制約(環境) ビュー モデルによって記述 利害関係者の 関心事 ビューポイント VSUG DAY - Winter 2012.01.28
  10. 10. アーキテクチャとは• アーキテクチャとは – システムのミッションに従い、システムのお かれた制約を前提としながら – システムに関わる複数の利害関係者の関心事 を整合させ、 • 経営者、オーナー、ユーザー、プログラマ、 DBA 、インフラ屋、PM、上司 – ライフサイクル(設計から保守)まで意識し た – システムの分け方と組合せ方のこと VSUG DAY - Winter 2012.01.28
  11. 11. アーキテクチャ設計• 「使うこと」と「作ること」のバランス を取る作業 – 使う:ミッション、制約、ユーザー、運用 – 作る:制約、PM、エンジニア• それは… – 常に事前的に行われ、事後的な対応が難しい – 先にすべてを知ることはできないため、外的 不確定要素(リスク)に対処する必要がある 11 VSUG DAY - Winter 2012.01.28
  12. 12. アーキテクチャとは 利用時の 利用時の プロ 振る 構造 ユーザー 品質 品質 セス 舞い 事前的な“つなぎ方”がアーキテクチャ VSUG DAY - Winter 2012.01.28
  13. 13. プロジェクトマネジメントとは• PMBOK – 統合管理 – スコープ管理 – 時間管理(スケジュール管理) – コスト管理 – 品質管理 – 人的資源管理 – コミュニケーション管理 – リスク管理 – 調達管理 VSUG DAY - Winter 2012.01.28
  14. 14. プロジェクトマネジメントとは • PMBOK 計画プロセス 品質 計画 スケ ジュール リスク管理 計画 スコープ 作成 PJ計画立ち上げ コミュニケーション 定義 策定 計画 コスト 調達 積算 計画 PJ計画 進捗報告 変更管理 終結 実施 コントロールプロセス 遂行プロセス VSUG DAY - Winter 2012.01.28
  15. 15. プロジェクトマネジメントとは• PMBOKは「予定と実績の差を把握する」 ために使う – スケジュール管理、課題管理、コスト管理、 リソース管理• そこから「問題を予測」し「調整」を行 うことで、プロジェクトを正しい状態に 導くことが必要 – ここがプロジェクトマネジメントの本質 VSUG DAY - Winter 2012.01.28
  16. 16. プロジェクトマネジメントとアーキテクチャ 16 VSUG DAY - Winter 2012.01.28 http://www.flickr.com/photos/drift-words/10434156/
  17. 17. PMとアーキテクチャ• ソフトウェア品質モデルとのマッピング – プロジェクトマネジメントはアーキテクチャ を内包する(当たり前ですが) 遂行とコントロール 利用時の 利用時の 振るプロセス 構造 利用 品質 品質 舞い アーキテクチャ設計 計画 VSUG DAY - Winter 2012.01.28
  18. 18. PMとアーキテクチャ• PMBOK – 統合管理 – スコープ管理 – 時間管理(スケジュール管理) – コスト管理 – 品質管理 – 人的資源管理 – コミュニケーション管理 – リスク管理 – 調達管理 VSUG DAY - Winter 2012.01.28
  19. 19. PMとアーキテクチャ• 計画立案(時間視点) – スケジュールの作成 • 「全体」を「部分」に分割 • 「部分」を成果物とするタスクを定義する • タスクの順番を整合させる • タスクの工数を見積もる スコープ管理(WBS) 時間管理(スケジュール) 10 5 アーキテクチャ設計 20 VSUG DAY - Winter 2012.01.28
  20. 20. PMとアーキテクチャ• 「アーキテクチャ」の善し悪しが「プロ ジェクトマネジメントの計画」の善し悪 しに影響する• 安定したアーキテクチャが、安定したプ ロジェクトマネジメントを生む VSUG DAY - Winter 2012.01.28
  21. 21. PMとアーキテクチャ• ソフトウェア開発では、 – 同じアーキテクチャを使い回すほうが正しく 見積もれる – しかし、現在のソフトウェア開発では新しい アーキテクチャによる効率化が、繰り返しの 効率化を上回ることがある• アーキテクチャを変えることが多い – 変えない場合はアーキテクチャが安定するの でマネジメント主導(ウォーターフォール型 での効率化)でよい。パッケージ導入など VSUG DAY - Winter 2012.01.28
  22. 22. PMとアーキテクチャ• ソフトウェアアーキテクトは、アーキテ クチャを通じてプロジェクトマネジメン トの土台を提供する – 計画段階では明らかに協業が必要 – そして、遂行とコントロールの領域にも影響 を与えている VSUG DAY - Winter 2012.01.28
  23. 23. PMとアーキテクチャ VSUG DAY - Winter 2012.01.28
  24. 24. アーキテクチャ設計 24 VSUG DAY - Winter 2012.01.28 http://www.flickr.com/photos/wscullin/3770015203/
  25. 25. アーキテクチャ設計• アーキテクチャはどこから来るのか? – そのものの内側から出る適正な力の美を「張 り」といい、そのものに外側から加わる圧力 のことを「選択圧」という。 • 深澤直人『デザインの輪郭』 VSUG DAY - Winter 2012.01.28
  26. 26. アーキテクチャ設計• アーキテクチャ設計とは、選択圧と張り のバランスを取ること 張り 選択圧 作るコト 使うコト 戦術/設計/実装ビジョン/要求/要件 ミッション 制約 VSUG DAY - Winter 2012.01.28
  27. 27. アーキテクチャ設計• 「張り」を作る技術を知っているだけで はダメ• 「選択圧」を見つける力が必要• そして「張り」と「選択圧」のバランス を取ること VSUG DAY - Winter 2012.01.28
  28. 28. アーキテクチャ設計• 「使うこと」と「作ること」をつなぐ• インプットをアウトプットに変換するだ けではバランスが取れない 使うこと 作ること VSUG DAY - Winter 2012.01.28
  29. 29. アーキテクチャ設計• 想像力と創造力 – 想像力:ビジョンを考える力 • ビジョン=未来のあるべき姿 – 創造力:ビジョンを実現手段を考える力 動的な世界 [ビジョン]選択圧を見つけ出す 張りを生み出す 使うこと 作ること VSUG DAY - Winter 2012.01.28
  30. 30. 選択と覚悟 30VSUG DAY -http://www.flickr.com/photos/behzad_noorifard/5452729134/ Winter 2012.01.28
  31. 31. 選択と覚悟• 運命:全てを知る前に選択をしなくては ならず、後から変更もできない – 後悔、先に立たず• 選択を「そうでしかない決定」にする – 「使うこと」を明確にしていった結果、そう でしかない「作ること」が現れる – 「そうでしかない決定」に至るまで我慢する – そうすれば、たとえ失敗しても学びがある 31 VSUG DAY - Winter 2012.01.28
  32. 32. 選択と覚悟• アーキテクトは中途半端な存在 – すべてのステークホルダーから独立してこそ バランスがとれる • 技術とビジネスの間 • 過去の未来の間 – 誰かのせいにできないからこそ、徹底して「 そうでしかない決定」を探す必要がある VSUG DAY - Winter 2012.01.28
  33. 33. まとめ 33 VSUG DAY - Winter 2012.01.28http://www.flickr.com/photos/tanaka_juuyoh/4295156760/
  34. 34. まとめ• プロジェクトマネジメント – 問題を予測する• アーキテクチャ設計 – 使うコトと作るコトを繋げる• プロジェクトマネジメントとアーキテク チャ – プロジェクトマネジメントはアーキテクチャ の上に成り立つ 34 VSUG DAY - Winter 2012.01.28
  35. 35. • アーキテクチャ設計 – 「張り」と「選択圧」• 想像力と創造力 – ビジョンと、そこに至る道• 選択と覚悟 – 「そうでしかない決定」を見つける覚悟 VSUG DAY - Winter 2012.01.28

×