• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
デブサミ関西2012[A-2]エンタープライズ開発におけるコラボレーション - JIRAによる顧客と開発チームのつなぎ方
 

デブサミ関西2012[A-2]エンタープライズ開発におけるコラボレーション - JIRAによる顧客と開発チームのつなぎ方

on

  • 6,166 views

2012/9/14に開催されたDevelopers Summit 2012 Kansai (通称:デブサミ関西)の講演【A-2】 「エンタープライズ開発におけるコラボレーション - ...

2012/9/14に開催されたDevelopers Summit 2012 Kansai (通称:デブサミ関西)の講演【A-2】 「エンタープライズ開発におけるコラボレーション - JIRAによる顧客と開発チームのつなぎ方」

Statistics

Views

Total Views
6,166
Views on SlideShare
2,760
Embed Views
3,406

Actions

Likes
6
Downloads
38
Comments
0

12 Embeds 3,406

http://arclamp.hatenablog.com 2307
http://d.hatena.ne.jp 391
http://www.gxp.co.jp 342
http://demo2.gxp.jp 246
https://twitter.com 46
http://gxp.co.jp 33
http://kamatamadai.hatenablog.com 27
http://twitter.com 6
http://webcache.googleusercontent.com 3
http://www.diigo.com 2
https://si0.twimg.com 2
http://tweetedtimes.com 1
More...

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    デブサミ関西2012[A-2]エンタープライズ開発におけるコラボレーション - JIRAによる顧客と開発チームのつなぎ方 デブサミ関西2012[A-2]エンタープライズ開発におけるコラボレーション - JIRAによる顧客と開発チームのつなぎ方 Presentation Transcript

    • エンタープライズ開発におけるコラボレーションJIRAによる顧客と開発チームのつなぎ方A-2 鈴木雄介#kansumiA2 グロースエクスパートナーズ株式会社 執行役員 Developers Summit 2012
    • 会社紹介 グロースエクスパートナーズ(株)  略称:GxP  創立:2008年7月  社員:85名  事業所:新宿三丁目  詳しくは  http://www.gxp.co.jp/  http://www.facebook.com/gxpinc  http://twitter.com/gxp_inc Developers Summit 2012
    • 会社紹介  SI(70%)  99%プライム案件/顧客は医衣食住情報の上場企 業/派遣なし  経営コンサルから運用保守まで  Java/.Net/Objective-C/Android/PHP/Rails…  クリエイティブ(30%)  企画~UX ~制作まで  顧客コラボ事業  流通業とファッション共有サービス、倉庫業とタイヤ 預かりサービス、飲食業とマーケティングサービス、 人材派遣業と携帯/GIS調査サービス Developers Summit 2012
    • 自己紹介 鈴木雄介  ビジネスソリューション事業本部 本部長  ITアーキテクト/SI案件の親分  執筆物  「ITアーキテクトが知るべき99のこと」監修  「拡張する空間」共著  コミュニティ  日本Javaユーザーグループ会長  日本Springユーザーグループ幹事 Developers Summit 2012
    • 自己紹介 詳しくは  https://twitter.com/yusuke_arclamp  https://www.facebook.com/yusuke.arclamp  http://yusuke-arclamp.tumblr.com/  http://arclamp.hatenablog.com/  http://www.arclamp.jp/ Developers Summit 2012
    • はじめに この講演を聴いて欲しい方  顧客/外注先とのコミュニケーションに悩ん でおり、プロジェクトとして改善したい  でも、アジャイルもウォーターフォールも しっくりこない  理論だけではなく実体験も知りたい Developers Summit 2012
    • アジェンダ エンタープライズ開発の現状 最適なプロセスを求めて コラボレーション管理 JIRA まとめ Developers Summit 2012
    • エンタープライズ開発の状況 Developers Summit 2012
    • エンタープライズ開発の状況  現場レベルで起きていること  ステークホルダーの多様化  短納期  システム連携の増加  不確定要素の増加  エンタープライズ開発はより複雑で不確 定なものに Developers Summit 2012http://www.flickr.com/photos/emagic /51069522/
    • エンタープライズ開発の状況  ウォーターフォールの限界  計画と実行における問題  スコープ管理と時間管理の計画ブレが大きい  成果物のブレ(顧客認識との乖離)が大きい  複雑で不確定なことに対応しきれない  逆に言えば計画と実行にブレがなければ全 体最適となり効率的  工程ごとの棚卸と計画立案  WBS/ガントチャート Developers Summit 2012http://www.flickr.com/photos/wsaryada/4958902288/
    • エンタープライズ開発の状況  アジャイルムーブメント  イテレーションなタイムボックス型による マネジメント  従来のWFはスコープ最優先  イテレーションごとの棚卸と優先順位/リ ソース割当判定  顧客との対話  機能による合意形成  動くソフトウェアからのフィードバック Developers Summit 2012http://www.flickr.com/photos/mshades/294215049/
    • エンタープライズ開発の状況  アジャイルの限界  人的リソースによる制約が大きい  リソース範囲内でのコミットメント  継続的な同一リソースの確保/緊密なコミュニ ケーション  外注契約(請負/委任)との不一致  アーキテクチャへの依存度が高い  全体感の事前共有ができていないと漸進的に作 業ができない  自社内の小規模な保守運用に最適 Developers Summit 2012http://www.flickr.com/photos/love_sex_and_dirty_streets/1161625021/
    • エンタープライズ開発の状況  エンタープライズ開発は「複雑かつ不確 定でありながら、短納期でスコープに妥 協が許されない」という状況へ  ウォーターフォールで解決できないことは 明らか  一方でアジャイルも完璧ではない  では、どんなプロセスならいいのか?http://www.flickr.com/photos/normanlowery/4280550428/ Summit 2012 Developers
    • エンタープライズ開発の状況 大規模/新規/オフサイト ウォーター ??? フォール 不確定確定的 なんでもいい アジャイル 小規模/保守/オンサイト Developers Summit 2012
    • 最適なプロセスを求めて Developers Summit 2012
    • 最適なプロセスを求めて どんな開発プロセスでも「作業の管理」 と「コミュニケーションの管理」が必要  作業の管理  「成果物を作成するための行為」を管理する  タスク/ワークの管理  コミュニケーションの管理  作業の明確化、成果物の検証などにおいて発生 する「関係者間でやり取り」を管理する  QA管理、バグ管理、変更管理 Developers Summit 2012
    • 最適なプロセスを求めて 作業の管理  計画:開発プロセスに関わらず一緒  作業定義>[作業順序設定|見積|担当者割当]  管理:管理対象規模ごとに違いあり  アジャイルは管理対象が不確定的で少ない/小さ いので一覧と日次共有。BTSの活用(タスク/担 当者/ステータス)  スプリントバックログ、カンバン  ウォーターフォールは管理対象が確定的で多い/ 大きいのでWBS(タスク/手順/担当者/日程/進 捗率) Developers Summit 2012
    • 最適なプロセスを求めて コミュニケーションの管理  管理:  アジャイルはBTSで実施。もしくは短サイクル なので記憶に頼る(オンサイト顧客)  ウォーターフォールではQA管理/課題管理/リス ク管理/変更管理などなど。伝統のEXCEL Developers Summit 2012
    • 最適なプロセスを求めて  結局、対象物によって適切な物を選ぶし かない  プロセスは手段。プロセス実施が目的に なった瞬間に失敗する  1システムであってもドメインやコンポーネ ントごと、あるいはフェーズごとに異なっ ている  ただし、あまりバラバラでは非効率になる のでバランスは重要http://www.flickr.com/photos/droetker0912/5542920908/ Summit 2012 Developers
    • 最適なプロセスを求めて  要は「その頭を使いなさい」  プロセスに盲目的になってはいけない  銀の弾丸は存在しない  ただ、いくつかのプラクティスはある Developers Summit 2012http://www.flickr.com/photos/eschipul/4160817135/
    • コラボレーション管理 Developers Summit 2012
    • コラボレーション管理 弊社におけるコミュニケーション管理の プラクティス  どんなプロセスであっても採用することで 効果を発揮する 大事なことは顧客/外注先とチームをい かに連携させるか Developers Summit 2012
    • コラボレーション管理 背景  利害関係者が増加&分散  顧客(ビジネス/企画/インフラ/開発/保守/…)  外注先(オフショア/ニアショア)  他システム担当者  窓口型のコミュニケーションが機能しない  窓口に求められる知識が広い  EXCELではもはや限界  見積もり計算はEXCELが最強 Developers Summit 2012
    • コラボレーション管理 解決策  窓口型から多対多のコラボレーション型へ  イシュー(タスク/課題/質問/バグなど)を中心 に多様な人が関わる  イシューごとに関わるタイミングは非同期的  オンラインツールによって”共有”をする Developers Summit 2012
    • コラボレーション管理 心得  透明なマネジメント  信頼こそ最大のコスト削減  不透明(≒嘘)なマネジメントは非効率  ※直球と変化球の投げ分けは必要  窓口型併用/定期的な棚卸  窓口型であるべき部分もある(お金の話とか)  個人だけに責任を負わせない Developers Summit 2012
    • コラボレーション管理 チケット駆動開発との関係  チケット駆動は「不確定要素が強くてアー キテクチャが安定してる状態」に最適(= 保守運用)  スケジュールが立てられる(=作るものが 明確)であれば、可能な限りWBSを作るこ とを推奨  WBSで拾えない部分をBTSで拾う Developers Summit 2012
    • JIRA Developers Summit 2012
    • JIRA  そこでJIRAですよ Developers Summit 2012
    • JIRA  特徴  ともかく使いやすい  マルチPJ/認可管理/ワークフロー制御  Office連携  コラボレーション機能  強力なプラグイン  他製品連携  API  アトラシアン Developers Summit 2012
    • JIRA:特徴  ともかく使いやすい  見た目がかっこいい(重要)  連続入力に最適化  Ajaxインターフェースで直感的  マニュアルレス Developers Summit 2012
    • JIRA:特徴  マルチPJ/認可管理/ワークフロー制御  複数プロジェクトが前提  グループとロールによる認可管理  カスタマイズ可能なワークフロー機能 Developers Summit 2012
    • JIRA:特徴  Office連携  課題一覧はEXCEL/WORDで出力可能 Developers Summit 2012
    • JIRA:特徴  コラボレーション機能  メンション(@xxx)  アクティビティストリーム  シェア  ウォッチ  投票(いいね!) Developers Summit 2012
    • JIRA:特徴  強力なプラグイン:GreenHopper  アジャイルスタイルの管理を支援  スクラム対応  カンバン対応 Developers Summit 2012
    • JIRA:特徴  強力なプラグイン:Bonfire  ブラウザのプラグインから直接バグ登録  スクリーンショット加工機能付き Developers Summit 2012
    • JIRA:特徴  強力なプラグイン  あとはマーケットプレイスへ  サードパーティ製プラグインがダウンロー ド可能  もちろん、自分でプラグインを作成可能 Developers Summit 2012
    • JIRA:特徴  API  RSTful APIで外部アプリケーションとの連 携が可能  たとえMinecraftでも  http://www.youtube.com/watch?v=hMRmOIGaFnw Developers Summit 2012
    • JIRA:特徴  他製品連携 Developers Summit 2012
    • JIRA:特徴  アトラシアン  モチベーション3.0で紹介  Dog fooding  ShipIt Day(旧Fedex Day)  営業レス  開発環境ツールベンダーの3大リーダー  MS、IBM、Atlassian Developers Summit 2012
    • Developers Summit 2012http://japan.blogs.atlassian.com/2012/06/atlassian-positioned-as-a-leader-in-new-gartner-alm-report/
    • JIRA:価格  JIRA(ダウンロード)  1–10 users ¥1,000  11–25 users ¥120,000  26–50 users ¥220,000  51–100 users ¥400,000  101–500 users ¥800,000 http://www.atlassian.com/ja/software/jira/overview Developers Summit 2012
    • JIRA:価格  JIRA Enterprise(ダウンロード)  1–500 users ¥1,200,000  501–2,000 users ¥1,600,000  2,001–10,000 users ¥2,000,000  10,000+ users ¥2,400,000 http://www.atlassian.com/ja/software/enterprise/overview Developers Summit 2012
    • JIRA:価格  GreenHopper(ダウンロード版)  10 JIRA users ¥1,000  25 JIRA users ¥60,000  50 JIRA users ¥110,000  100 JIRA users ¥200,000  101+ JIRA users ¥400,000 http://www.atlassian.com/ja/software/greenhopper/overview Developers Summit 2012
    • JIRA:価格  Bonfire (ダウンロード版)  10 JIRA users ¥1,000  25 JIRA users ¥60,000  50 JIRA users ¥110,000  100 JIRA users ¥200,000  101+ JIRA users ¥400,000 http://www.atlassian.com/ja/software/bonfire/overview Developers Summit 2012
    • JIRA:価格  JIRA OnDemand(英語版のみ)  1-10 users $10/mo  11–15 users $50/mo  16–25 users $100/mo  26–50 users $200/mo  51–100 users $300/mo  101–500 users $500/mo  501–2,000 users $1000/mo http://www.atlassian.com/ja/software/jira/overview Developers Summit 2012
    • JIRA  使いこなしのコツ  今日は時間がないので割愛  作業管理よりはコミュニケーション管理から  WBSとの併用もオススメ  最初は凝らない  棚卸重要  運用上のフロー設計が重要(バトンを渡す) Developers Summit 2012
    • JIRA  こういう場合は弊社にご連絡を  日本円で購入したい  使いこなしのコツを知りたい  日本語でのサポートを依頼したい  導入コンサルを依頼したいhttp://www.gxp.co.jp/atlassian/index.html Developers Summit 2012
    • 活用事例 Developers Summit 2012
    • 活用事例 [SI]EC/通販構築案件  複数ベンダー/複数拠点での情報共有  QA管理、バグ管理など  ワークフローをカスタマイズして変更管理  設計書の章立て分のタスクを切ってレ ビュー管理 Developers Summit 2012
    • 活用事例 [SI]オンライン企業検索案件  顧客やオフショアとのQA管理  顧客内での課題の受け渡し/課題潰しレース  定例ではEXCEL化->印刷して棚卸  オフショアからの受入  外部結合テストでの他システム担当者跨ぎ 課題管理  手順書/議事録等はConfluence Developers Summit 2012
    • まとめ Developers Summit 2012
    • まとめ ソフトウェア開発は短期化/複雑化/不確 定化 プロジェクトに応じて適切なプロセスを 組み合わせる コラボレーション管理は、いつでも使え るプラクティス  JIRAがオススメ! Developers Summit 2012