【AWS】EC2インスタンスでWebサーバ起動(for Mac)
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

【AWS】EC2インスタンスでWebサーバ起動(for Mac)

on

  • 522 views

AWS EC2インスタンスを起動してWebサーバを起動する

AWS EC2インスタンスを起動してWebサーバを起動する

Statistics

Views

Total Views
522
Views on SlideShare
518
Embed Views
4

Actions

Likes
0
Downloads
1
Comments
0

1 Embed 4

http://s.deeeki.com 4

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Microsoft PowerPoint

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

【AWS】EC2インスタンスでWebサーバ起動(for Mac) 【AWS】EC2インスタンスでWebサーバ起動(for Mac) Presentation Transcript

  • クラウドサービスの一歩 Copyright Yukiko Kato 2013 1
  • はじめに AWSアカウント登録 ManagementConsoleの使い方 SSH接続、Webサーバ起動 Copyright Yukiko Kato 2013 2
  • この授業では、ネットワークの知識を AmazonWebService(AWS)を用いながら 実践することにより知識を深めていきま す Copyright Yukiko Kato 2013 3
  •  Amazonのアカウントを持ってい る場合はすぐに始められます  アカウントを持っていない場合 は、アカウントを作成しましょ う  次のスライドからアカウントの 登録を説明していきます。 4 Copyright Yukiko Kato 2013
  • 5 Copyright Yukiko Kato 2013 AWSのログイン画面でログインします。
  • 6 Copyright Yukiko Kato 2013 必要な項目を入力していきます。
  • 7 Copyright Yukiko Kato 2013 クレジットカード情報を入力します。
  • 8 Copyright Yukiko Kato 2013 携帯番号を入力するとAmazonサービスから 電話がかかってくるので、Webに表示された 番号を電話に入力します。 Webで確認完了画面が表示されればOK
  • 9 Copyright Yukiko Kato 2013 プランを選択します。 Basicを選択すると1年間はAWSの いくつかのサービスが無料で使用できます。 ここではBasicを選択します。
  • 10 Copyright Yukiko Kato 2013 これでAWSのアカウント登録は完了です。 早速、ManagementConsoleを開いてみましょう
  •  ManagementConsoleを表示して EC2インスタンスを起動します。 11 Copyright Yukiko Kato 2013
  • 12 Copyright Yukiko Kato 2013 ManagementConsoleにログインすると、 使用できるサービスの一覧が表示されます。 今回はEC2を選択します。
  •  AWSのリージョン AWSは全世界にいくつかの拠点が あり、そのデーターセンター群を リージョンと呼んでいます。 どこのリージョンに作成するかで、 ネットワークのレテンシー(遅延) や価格が変わってきます。 13 Copyright Yukiko Kato 2013
  • 14 Copyright Yukiko Kato 2013 デフォルトでは、リージョンがアメリカ西部オレゴンに 選択されています。 アジアパシフィック(東京)を選択すると、 ネットワーク遅延が低くなります。
  • 15 Copyright Yukiko Kato 2013 早速インスタンスを起動してみましょう。 Launch Instanceをクリックします。
  • 16 Copyright Yukiko Kato 2013 Classic Wizardを使って今回は起動します。 右下にあるContinueをクリックします。
  • 17 Copyright Yukiko Kato 2013 ★マークがあるものは、マイクロインスタンスの 場合に、無償で使用できることを表しています。 今回は、AmazonLinuxAMIを選択します。
  •  AMIとは Amazon Image Machineの略です。 EC2インスタンスは、何かしらの マシンイメージを基に生成されま す。 簡単に言うと、OSがインストール された状態のマシンが用意されて いると考えてください。 先ほど選択したAmazonLinuxの他 に、RedHat LinuxやUbuntu、 Windows Server2008なども無償で 使用することができます。 18 Copyright Yukiko Kato 2013
  • 19 Copyright Yukiko Kato 2013 ここでは、インスタンスの数、 インスタンスの種類、どこにインスタンスを作成 するかを選択します。 ここではマイクロインスタンスを1つ、東京リージョンに 作成します。
  • 20 Copyright Yukiko Kato 2013 ここでは追加オプションの設定をします。 特に変更はしませんので、そのままContinueを クリックします。
  • 21 Copyright Yukiko Kato 2013 ストレージデバイス(ハードディスク)の設定を します。 デフォルトでは、rootに8G割り当てられています。 そのままContinueをクリックします。
  • 22 Copyright Yukiko Kato 2013 EC2インスタンスにアクセスする鍵ペアを 作成します。 Keyの名前は自由で構いません。
  • 23 Copyright Yukiko Kato 2013 Keyペアの名前を『demo-key』と入力します。 入力したらダウンロードしましょう。 Macの場合は、ドキュメントフォルダ等に ダウンロードすると便利です。
  • 24 Copyright Yukiko Kato 2013 セキュリティグループを作成します。 『quick-start-1』など適当な名称を入力して下さい。 また、デフォルトではSSH接続するためのポート22 しか開いていないため、後でWebサーバにアクセスする 80ポートをルールに追加します。
  • 25 Copyright Yukiko Kato 2013 80ポートを追加したら、Continueを クリックします。
  • 26 Copyright Yukiko Kato 2013 最後にこれまで設定した内容が確認画面で 表示されます。 Launchをクリックしてインスタンスを起動しましょう。
  • 27 Copyright Yukiko Kato 2013 インスタンスが起動しました。 Closeをクリックしましょう。
  • 28 Copyright Yukiko Kato 2013 インスタンスが実行中の場合は、 上の通り『running』になります。 インスタンスを停止する場合は『stop』、 インスタンスを破棄する場合は『Terminate』 を選択します。 インスタンスを起動していると課金されますので、 不要になったらstopにしましょう。
  • 29 Copyright Yukiko Kato 2013 EC2のインスタンスを起動すると、 PublicDNSと呼ばれるドメインが割り振られ ます。 また、デフォルトではこのドメインに対し ては、 動的なIPが割り振られます。
  • 30 Copyright Yukiko Kato 2013 ターミナルを起動します。 先ほどダウンロードした鍵ファイルのフォルダに移動します。 移動コマンド:cd
  • 31 Copyright Yukiko Kato 2013 そのままAWSにアクセスしようとすると、 秘密鍵のアクセス権限が多すぎるためエラーとなってしまいます。 アクセス権限を自ユーザのみRead、Write権限を付与します。
  •  ファイルやディレクトリのアク セス権限を変更するコマンド  所有者、グループ、その他の ユーザにそれぞれ権限を付与す ることが出来る  左から順に所有者、グループ、 その他のユーザを表す  権限の内容は、読み込み(r)、書 き出し(w)、実行(x)の3つの権限 に別れる (例) -rwxrw-r— 所有者は、全権限、グループは読 み出し、書き出し権限、その他の ユーザは読み出し権限のみ 32 Copyright Yukiko Kato 2013
  • 数字 権限 0 --- 1 --x 2 -w- 3 -wx 4 r-- 5 r-x 6 rw- 7 rwx 33 Copyright Yukiko Kato 2013 よく使用するのが8進数の表記法。 R→4 W→2 X→1 で全て足すと7になる
  • 34 Copyright Yukiko Kato 2013 ssh接続を行う。 iオプションを使用してkeyを指定します。 ssh -i demo-key.pem ec2-user@サーバ・ドメイン AWSの場合は、rootユーザはなく、ec2-userが標準。 インストールする場合はsudoを使用する。
  • 35 Copyright Yukiko Kato 2013 Webサーバのapacheをインストールします sudo yum –y install httpd ※-yは確認メッセージなしでインストール
  • 36 Copyright Yukiko Kato 2013 Webサーバのapacheを起動します sudo /etc/init.d/httpd start もしくは sudo service httpd start
  • 37 Copyright Yukiko Kato 2013 起動が完了したら、ブラウザから サーバ・ドメインを入力してアクセスします。 Apacheの画面が表示されればOK
  •  Elastic IP Addressという機能を使 用します。  EC2インスタンス1つに付き、1 つのElastic IPアドレスを無料で 使用できます。  ただし、紐付いているEC2イン スタンスが停止している場合や、 EC2インスタンスが紐付いてい ない場合は、料金が発生します。 38 Copyright Yukiko Kato 2013
  • 39 Copyright Yukiko Kato 2013 左のサイドメニューからElastic IPsを選択し、 Allocate New Addressをクリックします。
  • 40 Copyright Yukiko Kato 2013 Yes,Allocateをクリックします。
  • 41 Copyright Yukiko Kato 2013 割り当てたい固定IPをチェックして、 『Allocate Address』をクリックします。
  • 42 Copyright Yukiko Kato 2013 先ほど起動したインスタンスを選択し、 Associateをクリックします。
  • 43 Copyright Yukiko Kato 2013 Public DNSと固定IPが紐付いたことが 確認出来ます。 ブラウザから、固定IPでアクセスしてみましょう