• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
第一回勉強会
 

第一回勉強会

on

  • 939 views

 

Statistics

Views

Total Views
939
Views on SlideShare
939
Embed Views
0

Actions

Likes
0
Downloads
0
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Microsoft PowerPoint

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    第一回勉強会 第一回勉強会 Presentation Transcript

    • 大分ePub研究会 2012年2月12日 第一回勉強会
    • 本日の進め方 自己紹介 メンバーからの報告 フリーディスカッション だいたい2時間程度を目処、 あとは適当に流れる予定。 2012/2/12 大分ePub第一回勉強会 2
    • 電子書籍とEPUB3について 藤野幸嗣2012/2/12 大分ePub第一回勉強会 3
    • 電子書籍の概括世界の3大潮流 Amazon Kindle Apple iPad(iBookStore) Google eBookStore☆世界の流れとは異質な日本の電子書籍 パソコン、ケータイ、電子ブックリーダー、Web・・・ 2012/2/12 大分ePub第一回勉強会 4
    • 電子書籍のフロー パソコン 制 制 御 読 作 流 貯 書 ( ( タブレット プ 通 蔵 ( オ ( ( リ ー ロ テ セ ス ー サ ー ト デ 専用端末 リ ク シ ル ッ ィ ン ス ク ン グ ョ ン ) ) グ ) ) スマホ ) ケータイ2012/2/12 大分ePub第一回勉強会 5
    • 電子書籍へのアプローチ プロが書いて出版社が配布する。 紙のメタファとしての電子書籍。 アマチュアが書いてネットで自由に配布 。 デジタルデータならではの表現の可能性 を。 ストックとしての電子書籍。 フローとしての電子書籍。 2012/2/12 大分ePub第一回勉強会 6
    • 電子書籍リーダー パソコンで読む。 アプリ毎にいろいろ。 Kindle 独自形式以外にPDFなどの利用可能。 無償の変換ツールがある。MobipocketeBook Reader スマートデバイスではアプリ毎にいろい ろ。 独自形式では端末固定が多い。 2012/2/12 大分ePub第一回勉強会 7
    • 電子書籍の形式 AmazonKindle 独自のAZW形式。 他PDFなども読み込み可能。 iPad iBookStore ibooks形式。 現状日本からは登録できない。 他アプリ毎に様々な電子書籍リーダアプリがあります。 XMDF 日本独自の電子書籍形式。 PDF、EPUB、青空文庫、.bookなどいろい ろ 2012/2/12 大分ePub第一回勉強会 8
    • 標準としてのEPUBに期待が EPUB~"Electronic PUBlication"の略。 米国の電子書籍の標準化団体の1つである国際電子出版フォーラム (International Digital Publishing Forum, IDPF) が普及促進している公開さ れた仕様の電子書籍用ファイル・フォーマット規格 電子書籍の規格の1つ。 英語圏での電子書籍用ファイルの事実上 の標準規格となっている。 ただし業界をリードするKindleとiPadは ? Webと親和性がある。 画面の大きさに応じて表示が可変→「リ フロー機能」が特徴。 2012/2/12 大分ePub第一回勉強会 9
    • PDFとEPUBの違い。 PDFは印刷イメージの配布に適している が、画面が狭いと当然見にくくなる。 PDFはページの概念を持つため、紙の書 籍と親和性が高い。 EPUBの方はWeb形式を基本としているた め、画面表示は可変、ページの概念も無 いため、紙との親和性は低い。 どちらもツールから発行する。(PDFは 印刷ドライバ) 2012/2/12 大分ePub第一回勉強会 10
    • EPUBを読む。 パソコンPC版Stanzaが配布を停止。基本的にフォント処理が甘いのでパソコンからのEPUBの閲覧は辛いです。http://espur.jp/http://www.epubread.com/en/(Firefoxのアドオンです) 2012/2/12 大分ePub第一回勉強会 11
    • EPUBを読む iPadで iBookアプリ →事実上の標準かな? 見やすく快適ですが、iTunesStore以外からの登録にちょっとコツが必要かも。 iPadで無料アプリ Stanza メールで受信するとこちらがデフォルトになるようです。 2012/2/12 大分ePub第一回勉強会 12
    • EPUBの要素 XHTML5(XML構文によるHTML5) SVG(ベクター画像) CSS3(スタイルシート) JavaScript(スクリプト言語) TrueType/WebOpenFontFormat)(フォント) SSML/PLS/CSS3Speach SMIL3(読上げ) XML(タグ~構造化) ZIP(圧縮) 2012/2/12 大分ePub第一回勉強会 13
    • EPUB3を昨年10月に既定 日本語の縦書きを採用! 基準が存在しない日本の電子書籍の標準 形式となることが期待されています。 日本語の課題はレファランスとなるリー ダーがないこと。 あと配布をどうするかも大きな課題。 2012/2/12 大分ePub第一回勉強会 14
    • EPUB3で扱えるファイル GIF、JPEG、PNG、SVG(画像) XHTML(ドキュメント) OPF2(EPUB2) text/css(スタイルシート) text/javascript(スクリプト言語) MP3、MP4(音声) H264、VP8(動画) 2012/2/12 大分ePub第一回勉強会 15
    • SVG~Scalable Vector Graphics XMLによって記述されたベクターグラフ ィック言語のこと、あるいは、SVGで記 述された画像フォーマットのこと。 ベクターデータなので拡大しても粗くな らないことが最大の特長。 モダンブラウザの多くで実装。 IE9でよ うやく対応。 HTML5のコアのひとつ。 2012/2/12 大分ePub第一回勉強会 16
    • SVG対応ソフト Adobe Illustrator Microsoft Office Visio 花子は書き出しのみ。読み込み不可? CAD関係は対応が多い。 2012/2/12 大分ePub第一回勉強会 17
    • iBooksAuthor Appleが無償で配布を開始したEPUBオー サリングツール。 簡単に電子書籍が作成できる。 iBooksAuthorの動画 iPadでしか読めない? 有償配布はiBookStoreのみ。 現状日本では有償配布は難しい。 2012/2/12 大分ePub第一回勉強会 18
    • 一太郎2012承 一昨日発売。 EPUB3の発行に対応! ワープロで電子書籍の発行が簡単になる ? 電子書店「ぱぶー」と連携して誰でも電 子書籍が販売できる環境を提供。 でも実際は・・・ リーダー毎にコーディング必要かも。 2012/2/12 大分ePub第一回勉強会 19
    • 電子書籍の問題 形式が多すぎる! リーダーに依存。 関連情報が多すぎて制作は大変。 サービスが終了したら? その他今後は問題が噴出しそう。 2012/2/12 大分ePub第一回勉強会 20
    • EPUBの今後 固定レイアウトの標準化。 →iBooksは独自拡張で対応。 今後はPDFからEPUB3+固定レイアウトに DRMの標準化。 協働作業対応。 ソーシャル対応。 2012/2/12 大分ePub第一回勉強会 21
    • 電子署名 DRM 暗号化は可能だがどの段階で暗号化する か? 現状は各書店によるDRMの方が多数。 →リーダー依存という弊害。 将来は著作権管理サービスが認証をする 方式に移行する可能性がある? 現状は気にしない方がよい? 2012/2/12 大分ePub第一回勉強会 22
    • 読書のソーシャル化 読書は個人で楽しむ近代的な消費行為。 ネットとソーシャルの進展で、ライブや 観劇のような共同消費行為に? あるいはクリエイターと協働して、新し い体験を作り出すステージになりうるか ? 筒井康隆によるパソコン通信を使った朝 日新聞朝刊連載小説「朝のガスパール」 の例。 2012/2/12 大分ePub第一回勉強会 23