Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Getting The Point Of Ruby 1.9.1

on

  • 4,386 views

* What is Ruby 1.9?

* What is Ruby 1.9?
* Why do we have to use Ruby 1.9?
* How is Ruby going to be developed.

Statistics

Views

Total Views
4,386
Views on SlideShare
3,462
Embed Views
924

Actions

Likes
5
Downloads
115
Comments
0

6 Embeds 924

http://idm.s9.xrea.com 849
http://yugui.jp 68
http://www.linkedin.com 3
http://bucket.tumblr.com 2
http://static.slideshare.net 1
http://www.slideshare.net 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

Getting The Point Of Ruby 1.9.1 Getting The Point Of Ruby 1.9.1 Presentation Transcript

  • Ruby 1.9の 現状と導入ポイント12-B-3 Yugui 日本Rubyの会 Ruby 1.9系統リリースマネージャー
  • 自己紹介 Yugui (Yuki Sonoda) Ruby 1.9系統リリースマネージャー Ruby Issue Tracking System開発/管理者 Railsアプリケーション開発 『初めてのRuby』
  • Agenda Ruby 1.9とは  特徴  何故Ruby 1.9か 開発体制 変更点概略 導入の手引き
  • Ruby 1.9とは
  • Ruby 1.9とは MINORバージョンアップ  6年ぶり 新しいRuby  文法の改善  ライブラリの整理  仮想マシン  M17N
  • Rubyのバージョン系統
  • Ruby 2.0への道
  • 何故Ruby 1.9か 機能向上 実装刷新 開発体制 2.0への道  RubyがRubyであるためのRuby  温故知新
  • 開発体制
  • 開発体制 Release  ドキュメント management  標準化 Redmine 開発会議  rubyspec  coverage向上計画 branch policy サポートレベル  Ruby Association
  • Redmine http://redmine.ruby-lang.org 課題追跡システム Railsアプリケーション メーリングリスト連携 (IRC連携) Wikiによる情報共有
  • 開発会議 #ruby-core@freenode オフライン(ustream)  2008年6月(筑波)  2008年8月(松江)  2008年秋(秋葉原)  2009年2月(松江)
  • branch policy 1.8系統  2つのブランチをメンテナンス 1.9系統  1ブランチをメンテナンス  3年保証? パッチレベル
  • サポートレベル Supported  継続ビルド  メンテナ Best effort Perhaps Not supported
  • ドキュメント Rubyリファレンスマニュアル刷新計画 http://doc.loveruby.net  HTML  HTMLヘルプ  man
  • 標準化 IPA 「Rubyの国際標準化に関する調査の請 負契約」に係る公募 進行中...
  • RubySpec  The Standard You Trust  実装間互換性  mspec  http://rubyspec.org
  • coverage向上計画  coverage拡張ライブラリ  http://redmine.ruby-lang.org/issues/ show/217
  • Ruby Association Ruby Association  伊藤忠テクノソリューションズ  サン・マイクロシステムズ  楽天  イーシー・ワン  ネットワーク応用通信研究所
  • 変更点概略
  • 変更点 文法の改善 ライブラリの整理 仮想マシン M17N
  • 文法改善 ブロック引数 新しいlambda ->(x,y) { x+y } オプション引数構文の制限緩和 新しいハッシュリテラル {foo: 1, bar: 2} 詳しくはNEWSを
  • ライブラリ整理 古いライブラリを削除 SOAP4R削除 RubyGems, Rake追加 minitest
  • 仮想マシン YARV 高速化 AOT / translator基盤  HotRuby  yarv2llvm  unholy 難読化?  バイトコード仕様はまだ不安定
  • M17N String#encoding, Symbol#encoding IO#external_encoding, IO#internal_encoding Encoding String#encode String#each_char マジックコメント  #-*- coding: EUC-JP -*-
  • 導入の手引き
  • 修正順序 文法エラー  ブロック  エンコーディング → マジックコメント ライブラリ確認 実行時例外  エンコーディング → 変換  String#each → Enumerator
  • 時期 スクリプティング  今すぐ ライブラリ  そろそろ 商用アプリケーション  そろそろ?
  • まとめ Ruby 1.9  次世代Ruby 開発体制  大幅改善。目下進行中 留意点  エンコーディングまわり 導入時期  今から
  • ご静聴ありがとうございました